SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

華菜「人の心が読めるメガネ?」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:05:19.01 ID:vcXf/n1n0

華菜「華菜ちゃん凄いもの手に入れたし!」

華菜「これでキャプテンの心をのぞいてやるし!」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:14:10.46 ID:vcXf/n1n0

==風越高校屋外==

美穂子「~♪」

華菜「キャプテン引退したのにまだ雑用してるし…」

華菜「…」

華菜「はっ!しまったし!」

華菜「本来の目的を忘れてたし!」

華菜「とりあえずメガネかけるし」カチャ

華菜「装着完了!」

華菜「早速、キャプテ~ン」タタッ



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:19:18.34 ID:vcXf/n1n0

美穂子「?」

美穂子「あら華菜、おはよう」

華菜「おはようございますだし!」

美穂子(なぜ、メガネをかけてるのかしら?)

美穂子(目は良かったほうだと思うけど)

華菜(なんでメガネかけてるのとか思ってるし!)

華菜(見える!見えるぞ!キャプテンの心が!)



12 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:25:53.17 ID:vcXf/n1n0

華菜(とりあえず、メガネのことは適当に言っておくし)

華菜「キャプテン、これただの伊達メガネです」

華菜「ファッションってやつです!」

美穂子「そうなの。安心したわ華菜の目が悪くなったとばかり…」

華菜(キャプテン優しいな~)

華菜(でも今日はとことん心を読んで)

華菜(キャプテン好みの女を目指すし!)



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:31:32.48 ID:vcXf/n1n0

華菜(それでは、質問タイムに…)グヘヘ

華菜「キャプテン、質問何個かいいですか?」

美穂子「質問?別に構わないけど…何を聞きたいのかしら?」

華菜(まずは、ストレートに聞くし!)

華菜「キャプテンはどんなタイプの人が好きなんですか?」

華菜(さぁ、どんなタイプが好きか言うし!)



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:39:12.95 ID:vcXf/n1n0

美穂子「な、なんでそんなこと急に//」

華菜(キャプテン可愛いな~)

美穂子「そ、そうね強いて言うなら…大人で、優しくて」

華菜(フムフム)

美穂子「私のすべてを受け入れてくれる人かしら?」

美穂子(そうね、上埜さんのように大人で、優しくて)

美穂子(私のこの右目をきれいといってくれる…)

華菜(…)



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:43:09.44 ID:vcXf/n1n0

華菜(あれ?)

華菜(もしかして一発目の質問からBAD END?)

華菜(キャプテンがあの女を気にかけていたことは知ってたけど…)

華菜「つ、つまり清澄の部長みたいな人ですか?」

華菜(って、華菜ちゃん何聞いてるし!?)



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:50:01.18 ID:vcXf/n1n0

美穂子「なっ、何を言ってるの華菜!?」

美穂子「べ、別に上埜さんのこととは…//」

華菜(バレバレだし。心を読むまでもないし…)

華菜(だめだなー私)

華菜(こうなるって分かってたのに)



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:51:17.76 ID:vcXf/n1n0

美穂子「あっ!いけない、もうこんな時間だわ」

美穂子「華菜、部活始まるわよ!」

華菜「え?」

華菜「は、はい!」

華菜(キャプテン、あなたは私の手の届かないところにいるんですね…)



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 22:57:32.84 ID:vcXf/n1n0

==風越麻雀部部室==

華菜(何か、今日はもうやる気でないなぁ)

久保「…以上だ」

久保「それじゃあ各自、卓について始めてくれ」

部員「ハイ!」

華菜「…はい」

久保「池田ァ!気合が入ってないぞ!やる気あんのかてめぇ!?」

華菜「は、はい!すいません!」ペコペコ

久保(ん…こいつメガネなんてかけてたか?)



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:07:20.17 ID:vcXf/n1n0

久保「池田ァ!」

華菜「は、はい!」

華菜(まだ何か用だし?)

久保「てめぇ目でも悪くなったのか?」

久保(メガネかけた池田も悪くないな…)

久保(いや、むしろ可愛い!これはこれでアリだな!)

華菜「」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:12:32.79 ID:vcXf/n1n0

華菜(し、しまったし!?)

華菜(メガネかけたまんまだったし!)

華菜(て、ていうかコーチ何考えてるし!!)

久保「池田…?」

華菜「い、いやこれは伊達メガネだし!」

華菜「ファッションの一環だし!」

久保「そ、そうかファッションか…」

久保「そ、その何だ似合ってるぞ…//」ボソ



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:17:11.48 ID:vcXf/n1n0

華菜(いやいやいや)

華菜(ボソっと言ってるつもりかもだけど)

華菜(心読めちゃってますからー)

久保「すまん。無駄な時間を取った」

久保「練習に戻ってくれ」

久保(今晩はメガネだなメガネ)ウンウン

華菜「」ガクガク



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:27:44.93 ID:vcXf/n1n0

華菜「と、とりあえず空いてる卓を探すし!」

華菜「あ、あそこが空いてるし」

華菜(メガネはかけたままで良いか)

==30分後==

華菜「ツモだし!4000オールだし!」

華菜(よしっ、今日は調子いいし!)

部員A「す、すいません先輩。私少し頭が痛くて」

部員A(体重いな熱かな?)

華菜(本当に辛そうだなー)

華菜「早く保健室行くし」

部員A「すいません。失礼します」



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:30:25.12 ID:vcXf/n1n0

華菜(う~ん。卓が3人になってしまった)

華菜(誰か空いている人は…)

華菜「」チラ

久保「」メトメガアウ

華菜(コーチと目が逢ったし、嫌な予感が…)



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:37:56.11 ID:vcXf/n1n0

久保(池田の卓1人足りねぇのか)

久保(しかし、ランキング制のこの部活でコーチが打つのはなぁ)

久保(いやでも、風越の未来のためにはコーチの私が打って教えるというのも)

久保(そ、そうだ風越のためだ!私は風越のために打つんだ!)

久保(決して池田と打ちたいわけではない!決して!)

華菜(いらんお世話だし…)



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:43:36.62 ID:vcXf/n1n0

久保「一人空きができちまったみたいだな」

久保「私が直々に打ってやろう」

華菜「い、いやランキングに関わってくるのでコーチが打つのはちょっと…」

華菜(何が何でも阻止するし!)

久保「…」シュン

久保(断られた。そりゃそうだよな)

久保(あれだけひっぱたかれた奴と打ちたくないよな…)

華菜(…なんだか可哀相になってきたし)



66 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/26(水) 23:53:03.58 ID:vcXf/n1n0

部員B「わ、私コーチと打ちたいです!」

部員C「私も、もっと強くなりたいです!」

部員B、C「「だからよろしくお願いします!!」」

部員B(ここで、池田とコーチに勝てば一気にランキングは上がるはず!)

部員C(コーチが池田を潰せば私のランキングがあがるのは必然)

華菜(先輩には敬語使えし…)

華菜(ていうか考えてることが黒いし…)

華菜(でも、二人ともレギュラーに入りたいのは事実)

華菜(レギュラーの私がこんなんじゃダメだし!)

華菜「コーチ先ほどはすいませんでした」

華菜「自分からもよろしくお願いしますし!」ペコ

久保「」パァア

華菜(メッチャ笑顔だし)



78 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 00:23:40.49 ID:sqbzKUvQ0

よくよく考えたら心読めたら相手のマチが分かるじゃん
対局中はメガネはずしてることにしてください。

==約10分後==

久保「ロン、3900」

華菜「っはい…」

華菜(やっぱりコーチは一筋縄ではいかないし)

華菜(でも天江や宮永咲を超えなきゃ全国はないんだし!)

華菜「リーチだし!」

・・・



80 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 00:29:44.89 ID:sqbzKUvQ0

久保「よし、今日はここまでだ!」

久保「最後のやつは部室の鍵を事務に返しておけ!」

部員「ありがとうございました!」

華菜(結局、コーチには及ばなかったし)

華菜(でも、諦めないし!来年は風越を私が全国に連れて行くんだ!)

華菜「よし、特打ちするし!」

華菜「と、暇そうなみはるん発見!」



82 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 00:40:09.12 ID:sqbzKUvQ0

華菜「みはるーん一緒に特打ちするし!」

未春「うん、いいよ」

未春「ちょうど、キャプテンと打とうと思っていたから」

華菜「キャプテン…」

華菜(コーチのことがあって完全にキャプテンに振られたこと忘れてたし!)ハッ

華菜(なんか、キャプテンと打つの気まずいな~)

華菜(別に、直接振られたわけじゃないけど…)

華菜(こんなことならあんなこと聞くんじゃなかったし)

未春「華菜ちゃんどうしたの?」

華菜(ま、今は麻雀を打つことだけ考えよう!)



83 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 00:45:29.64 ID:sqbzKUvQ0

華菜「ごめんだし!ちょっと考え事してたし!」

華菜「そういえば、もう一人はどうするし?」

未春「そうだね…どうしようか?」

華菜「文堂はいないし?」

未春「用事があるからーって帰っちゃった」

華菜「そうなのか」

久保「ッフン」チラ



85 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 00:50:08.82 ID:sqbzKUvQ0

華菜「…」

未春(今の咳コーチだよね?)

未春(あ、そうだコーチにお願いしてみよう)

未春「コー、ガシッ華菜「みはるんダメだ、それだけはダメだ」

華菜(コーチはあからさまにこちらに入りたがっている)

華菜(さっきは可愛い?後輩のために一緒に打ったが今回は…)

華菜(それに対局にはキャプテンもいるし)



86 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 00:53:29.16 ID:sqbzKUvQ0

ガチャ

美穂子「ごめんなさいね吉留さん待たせてしまって」

未春「いえ、それよりまだもう一人相手が見つからなくて」

美穂子「そうなの困ったわね」

久保「」チラチラ

華菜(キャプテンダメだ、気づいたらダメだ)

華菜(その視線に気づいたら最後だしぃ~)



87 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 00:56:35.11 ID:sqbzKUvQ0

美穂子「そうねじゃあ、とりあえず三人で打ちましょう」

美穂子「誰も余ってないようだし」

未春「そうですね」

華菜(華菜ちゃん勝ったし!コーチに勝ったし!)

久保「…」

久保(強攻策にでるか)

華菜「!?」



89 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:00:32.64 ID:sqbzKUvQ0

華菜(今、なんて…)

華菜(なぜこっちに来るし…)

華菜(なぜそんなにニコニコしながら華菜ちゃんたちの卓に向かってくるし…)

華菜(なぜ!?)

久保「一人足りないようなら、混ぜてもらって良いか?」

未春「コーチが?」

美穂子「私は全然構いません」

未春「私もコーチがいいんでしたら、よろしくお願いします」

華菜(終わったし…)ゼツボウ



90 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:04:00.00 ID:sqbzKUvQ0

美穂子「華菜?」

華菜「あ、すいません」

華菜「コーチまたよろしくお願いします」

久保「あぁ」

久保(やっぱり池田は可愛いなぁ)

華菜「…」

華菜(なんで今日のコーチはこんなに積極的だし?)

華菜(よりによってこんなメガネかけているときに…)



94 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:10:56.55 ID:sqbzKUvQ0

==2時間後==

華菜「やっと終わったし」

未春「ありがとうございました」

美穂子「いいのよ、引退した私にはこんなことくらいしか出来ないから」

華菜「そんなことないしキャプテンがいないと私たち全然ダメだし!」

美穂子「華菜…」

美穂子「ありがとう」ナデナデ

華菜「えへへ」

久保「」ムッ

久保(池田のやつ、福路にデレデレしやがって)

華菜(コーチがキャプテンに嫉妬してるし)



97 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:14:51.54 ID:sqbzKUvQ0

久保「じゃ、私は帰るぞ」

久保「お前らも気をつけて帰れよ」

三人「はい!」

未春「今日のコーチなんか積極的に卓についてましたね」

美穂子「そうね、たまには打ちたくなるんじゃないかしら?」

華菜(言えない、私目当てで卓についてたとは言えない)



99 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:19:06.15 ID:sqbzKUvQ0

==華菜自宅==

華菜「結局このメガネも出落ちだったし」

華菜「キャプテンは清澄の部長のことしか眼中にないみたいだし」

華菜「はぁ、このメガネもういらないな捨てちゃおう」

華菜(にしてもコーチがまさか自分をそういう風にみていたとは驚きだし)

華菜「明日からどう接すればいいんだし~」

華菜「…コーチか」ボソ



102 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:26:24.21 ID:sqbzKUvQ0

華菜(思い返せば池田ァ!と叫ばれ、ひっぱたかれた覚えしか…)

華菜(でも、そのたびにキャプテンが抱きしめてくれて…)

華菜「きゃぷてぇん」グス

==30分後==

華菜「…よし、泣いてても仕方ないし!」ゴシゴシ

華菜「キャプテンが誰が好きでも、誰と付き合ってもキャプテンだし!」

華菜「キャプテンを応援するし!」

華菜「明日も頑張るし!」



103 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:31:30.63 ID:sqbzKUvQ0

==次の日==

華菜「結局メガネ捨てられなかったし…」

華菜「べ、別にまだコーチの心を読みたいわけじゃないし」

華菜「でも人間好かれることに抵抗はないわけで」

華菜「むしろ好かれるのが嫌いな人間なんていないし…」

華菜「と、とりあえず学校行くし!」



111 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:45:07.97 ID:sqbzKUvQ0

==麻雀部部室==

久保「それじゃあ各自始めてくれ」

部員「はい!」

未春「華菜ちゃん一緒に打とう」

華菜「喜んでだし!」

華菜「」チラ

華菜(コーチは携帯いじってるし)

久保「」クス

華菜「!?」

華菜(コーチが笑ってやがるだと…)



112 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:45:56.72 ID:sqbzKUvQ0

華菜(相手は相手は誰だ!?)

久保(やっぱり靖子は面白いな)

華菜(靖子?)

久保(今日当たり晩飯でも誘ってみるか)

華菜「…」ムッ

華菜(って何で華菜ちゃんが嫉妬してるし!)

華菜(華菜ちゃんには関係ないし!)



115 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:51:23.56 ID:sqbzKUvQ0

華菜(でも凄い気なるし…)

華菜(そういえばコーチ可愛いとは言うけど好きとは言わないんだよな…)

華菜(もう、考えるのは止めたし!とにかく打つし!)トン

未春「ロン、12000」

華菜「」



117 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 01:59:20.90 ID:sqbzKUvQ0

久保(ん…)

久保「池田ァ!てめぇまた適当な牌捨てやがったな!」

華菜「す、すいません!」

華菜(あんたのことが気になって集中できなかったんだし!)

久保「てめぇまた決勝でへま踏みてぇのか!?」

華菜「すいません…」

華菜(メガネかけるし)カチャ

久保(お前の悲しい顔はもう見たくねぇぞ、こんちくしょう)

華菜「…コーチ」

華菜「来年は絶対に全国行くし!」

久保「??お、おうその意気だ頑張れ…」

久保(私何かへんなこと言ったか?)



118 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:03:21.21 ID:sqbzKUvQ0

未春(何か昨日といい、今日といい華菜ちゃん一喜一憂が激しいんだけど)

華菜「よし、やるし!やってやるし!」

未春(まぁいいか、楽しそうだし)クス



121 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:08:51.09 ID:sqbzKUvQ0

==部活終了==

久保「…私からは以上だそれでは解散」

部員「ありがとうございました!」

華菜(靖子って結局誰だし)

華菜(後をつけるか?)

華菜(チビたちの迎えにはまだ時間あるし!)

華菜(あっ、でも会うのは今晩だっけ…)

華菜(とりあえず後をつけるし!)



124 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:16:57.69 ID:sqbzKUvQ0

久保「」ポチポチ

華菜(歩き携帯は危険だしコーチ!)

華菜(ほら、自転車とぶつかりそうになったし!)

華菜(ちゃんと前見て歩くし!)

華菜(ん、建物の中に入っていくし!)

華菜(ここが家なのかな?)



125 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:23:23.87 ID:sqbzKUvQ0

久保「」ピンポーン

華菜(インターフォンを押したってことは自宅ではない)

靖子「はーい」

ガチャ

靖子「お、来たか。とりあえず上がってくれよ」

久保「ああ」

華菜「あれが、もしかして靖子?」

華菜「ていうか今の藤田プロじゃあ?」

華菜「藤田…靖子」ハッ

華菜「ピカンと来たし!」

華菜「そうか藤田プロのことだったのかあ」

華菜「って何も解決していない」

華菜「こうなったら藤田プロとの関係を暴いてやるし!」



126 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:26:23.11 ID:sqbzKUvQ0

華菜「作戦は簡単だし」

華菜「宅配業者に化けてこのメガネで藤田プロの心を読んでやるし!」

華菜「では早速」ピンポーン

華菜「宅急便でーす!」

靖子「はーい」



128 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:29:18.65 ID:sqbzKUvQ0

==靖子宅==

靖子「なんか頼んだっけ?」

靖子「貴子荷物とってきてよ」

久保「なんで私が行かなきゃならないんだ!」

靖子「お前ののろけ話に付き合ってやるのは誰だ?」

久保「ハイ…」



129 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:34:51.45 ID:sqbzKUvQ0

ガチャ

久保「すいませんお待たせしました」

華菜(ってえええええーー!!)

華菜(なんでよりによってコーチが出てくるし!)

久保「あの、すいません荷物受け取りますが…」

華菜(仕方ない何とかやり過ごすし)

華菜「では、こちらにサインを…」ウラゴエ

久保「…ん?」

久保(この手、この声、この身長…)

久保「お前!池田じゃねぇか!?」

華菜(ば、ばれたしー!)



133 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:40:24.84 ID:sqbzKUvQ0

久保「てめぇ、何やってるんだ!?」

久保(バイトしないといけないくらい家が大変なのか!?)

華菜(あれぇ?勘違いが思わぬ方向に)

華菜「い、いえ別に何も…」

久保「困ってるんだったらなぜ相談しないんだ!?」

久保(私だったらいくらでもお前の助けに…)

華菜(コーチが助けてくれるだって、初めて聞いたし!)

華菜(まぁ、実際言ってないんだけど)



134 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:43:53.31 ID:sqbzKUvQ0

華菜「って、もうこんな時間だし!妹達を迎えにいくし!」

華菜(わざと、らしいけどこれで撒く!)

華菜「じゃあ荷物は渡しましたんで失礼しましたし!」ピューン

久保「ちょ、まて池田ァ!」ダッ

靖子(閉めていってくれよ)



136 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:48:51.83 ID:sqbzKUvQ0

華菜(華菜ちゃんの足の速さから考えてもコーチの年齢で追いつけるわけないし!)

久保「まてぇぇ池田ァ!!!!!」

華菜(なっ!?早い!)

華菜(何なんだしこのスピードは!?)

久保「池田ァアアアアア!!!!!!」

華菜(やばい追いつかれるし!)

久保「捕まえたぁあああああ」ガシ

華菜「つかまったしぃ」



137 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:52:35.10 ID:sqbzKUvQ0

華菜「はぁ、なんでコーチは追いかけてきたし!」

華菜「追いかけられる覚えはないし!」

久保「それは…お前が心配だからだ」

久保(まぁ体が勝手に動いちまったってのが本音だが)

華菜「…コーチ」

華菜(なんかよくわかんないけど、今聞いてみたいことがあるし!)



138 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 02:57:55.27 ID:sqbzKUvQ0

華菜「コーチ質問良いですか?」

久保「何だ言ってみろ」

華菜「コ、コーチは藤田プロのことが好きなんですか?」

華菜(そうじゃないし!聞きたいことはそうじゃなくて)

久保「んあ?なんだその質問?靖子は普通に好きだが…」

久保(でも恋愛対象としてお前が好きだぜ!なんて言えねぇ)

華菜「えっ?今なんていったし…?」



140 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 03:01:49.82 ID:sqbzKUvQ0

久保「だから、靖子は好きだと」

華菜「そっちじゃないし!」

華菜「華菜ちゃんに対して何て言ったし!」

久保「だから、靖子は普通に友達として好きだといってんじゃねぇか」

華菜「あ~もう単刀直入に聞くし!」

華菜「華菜ちゃんのこと好きか?って聞いてるんだし!//」

久保「…」

久保「なっ//」ボッ



142 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 03:09:12.19 ID:sqbzKUvQ0

久保「そ、そりゃてめぇのことは」

久保「それなりに後輩として、私なりに可愛がってるつもりだ…」

華菜「意気地なしだし…」

華菜「恋愛対象としての意味で聞いてるんだし!」

久保「ちょ、おま//」

久保「そりゃ、もちろん」

久保(なんだこいつ?誘ってやがんのか?)

久保(なら、いけ!貴子勇気を振り絞って…)グッ

久保「わ、私は…お前が好きだ!大好きだ!」

久保「池田ァ!のすべてが大好きだ!」



143 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 03:12:56.91 ID:sqbzKUvQ0

久保(いってやったぞ!)

久保(女同士とはいえ教師が生徒に告白しちまった…)

久保(終わっちまった…)

華菜「終わってないし!」

華菜「別に教師と生徒が付き合っても、バレなきゃいいだけだし!」

久保「へっ?どういうことだ?」

華菜「コーチさえ良ければ、華菜ちゃんが付き合ってやるし!」



144 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 03:18:18.41 ID:sqbzKUvQ0

久保「ほ、本当にいいのか?」

久保「お前を何回もぶったんだぞ?」

華菜「でも大将に任命して期待してくれたのはコーチだし!」

華菜「華菜ちゃんは愛のムチってことで大目に見てやるし!」

久保「池田ァ…ありがとう」

華菜「じゃ、じゃあはい」ス

久保「?」

華菜「手つないで帰るし//」

久保「あ、あぁ//」ギュ



145 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/27(木) 03:21:00.60 ID:sqbzKUvQ0

久保「そういえば、帰るたってどこへ?」

華菜「と、とりあえず妹達を迎えにいくし!」

華菜「おねぇちゃんの彼女だって自慢してやるし!」

久保「い、池田ァ!//」


=====

靖子「良かったな、貴子」

カンだし!





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348664062/
[ 2012/09/27 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。