SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

淡「温泉!?」 尭深「うん」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 21:51:35.30 ID:LV3Jpxop0

~とあるローカル線の車内~

ガタンゴトン ガタンゴトン


淡「いや~ やっぱり都会と違って空気がおいしいなあ!」ガバッ

尭深「そんなに窓から体を出すと危ないよ! 淡ちゃん!」

淡「大丈夫 すぐ終わるから!」

尭深「そう…? ならいいんだけど…」

淡「もう少しで到着だね! タカミ」

尭深「そうだね 淡ちゃん」

淡「あっ! 駅が見えて来たよ!」


尭深(私たち二人は今 電車で地方の温泉街に向かっている)

尭深(1泊2日の小旅行 私自身もとても楽しみにしていた)

尭深(温泉はあるし お茶も美味しいらしい)

尭深(それにしてもなぜ こんな事になったかというと…)



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 21:56:37.15 ID:LV3Jpxop0

1週間前

白糸台高校 麻雀部 部室


菫「渋谷 ちょっといいか?」

尭深「は… はい 弘世先輩 何か御用ですか?」

菫「実は一週間後の麻雀部の慰安旅行の件なんだがな… 私と照は行けなくなってしまった」

尭深「えっ!? 一体何でですか?」

菫「それが 3年生の修学旅行が訳あって延期になってしまってな…」

菫「本当は今週行くはずだったんだが… 延期のせいで丁度麻雀部の旅行の日と被ってしまった」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:00:31.10 ID:LV3Jpxop0

尭深「そうですか… それは残念ですね」

菫「せっかくの旅行だ 亦野と大星と3人で行って来い 良い息抜きになるだろう」

尭深「えっ? 良いんですか?」

菫「構わん 楽しんでくるといい」

尭深「分かりました 楽しんできます!」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:05:36.78 ID:LV3Jpxop0

麻雀部前 廊下


尭深(そうか…先輩方2人は来れないのか… 残念だなぁ)



亦野「おはよう 尭深」ガチャガチャ

尭深「あっ 誠子ちゃんおはよう…  ってどうしたのその大量の荷物!?」

亦野「いや… ちょっと一週間ばかり用事で出かける事になって… 私も旅行は無理そう」

尭深「そうか…それなら仕方がないね」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:11:32.12 ID:LV3Jpxop0

亦野「そうだ! 電話とメールはしない方がいい 海外だし料金が高くなる」

尭深「海外? 事情は分からないけど… 行ってらっしゃい」

亦野「ありがとう 頑張って来る! 生きて帰ったらまた会おう!」タッタッタッ…

尭深「あっ! ちょっ…   ……行っちゃった」



尭深(生きて帰ったら…って 一体どこに行くつもりなんだろう?)

尭深(よく見るとライフルみたいな物がリュックから見えていたし…)

尭深(本当 誠子ちゃんは良く分からないな…)



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:18:38.05 ID:LV3Jpxop0

尭深(これで二人っきりになっちゃったか)


??「だ~れだ! タカミ」ギュッ

尭深「ひゃあっ!?」ビクッ 

尭深(ま…前が見えない…) 

尭深「あ… 淡ちゃん?」

淡「大当たり! ビックリした?」

尭深「もう 心臓が止まるかと思ったよ…」

淡「ゴメンね タカミ~」

淡「そういえば… さっき亦野先輩と話してたけど何かあったの?」

尭深「実はね… かくかくしかじか」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:25:18.87 ID:LV3Jpxop0

淡「へえ~ て事は…」

尭深「うん… 私達2人だけでの旅行だね」

淡「タカミと二人っきりか~ 凄い楽しみだなぁ!」

尭深「そうだね! 淡ちゃん!」

淡「早く一週間後にならないかな~」

尭深「もう淡ちゃんったら   気が早いんだから…//」

淡「エヘヘ…///」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:31:25.35 ID:LV3Jpxop0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

某所 とある温泉街近くの駅

淡「ふぅー 着いた着いた!」

尭深「いや~割と早かったね 淡ちゃん」

淡「そうだね~ ところでここは何で有名なんだろう?」

尭深「えー…と ここはどうやら温泉で有名みたいだね あと…」

淡「温泉!? そうと分かればのんびりしてられないね! 行くよ! タカミ!」タッタッタッ…

尭深「あ ちょっと淡ちゃん! 待ってよ~」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:35:44.96 ID:LV3Jpxop0

温泉旅館前


淡「地図によるとこの旅館だね」

尭深「うん それにしても大きくて歴史のありそうな旅館だね…」

淡「早く入ろうよ タカミ!」

尭深「そうだね 入ろっか」

淡「すいませーん」ガラッ

従業員「は~い!」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:42:51.74 ID:LV3Jpxop0

従業員「本日はようこそお越し下さいました!」

尭深「本日予約した者ですが…」

従業員「少々お待ち下さい…」



従業員「白糸台高校 麻雀部様ですね?」

淡「あっ はい」

従業員「5名様と伺っておりましたが…」

尭深「その… 他の3名は事情により来れなくて…」

従業員「そうでしたか…では お部屋にご案内致します」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:47:19.44 ID:LV3Jpxop0

従業員「こちらがお部屋になります」ガラッ

淡 尭深「「うわあ~~~~!!」」

淡「タカミ見て! 窓から富士山が見えるよ!」

尭深「どれどれ? 本当だ! 凄く綺麗!」


従業員「ご満足いただけたようで何よりです」

従業員「お食事は7時からとなりますので… では ごゆっくり」バタン



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:52:02.47 ID:LV3Jpxop0

淡「いや~ 疲れた疲れた」

淡「それにしても 凄くいい所だね!」

尭深「そうだね… 空気も美味しいし 旅館も綺麗だし」

淡「さて 荷物も降ろしたし 早速温泉行こっか!」

尭深「うん そうしようか」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 22:57:04.95 ID:LV3Jpxop0

旅館内 大浴場 脱衣所


尭深「この旅館は露天風呂もあるみたいだね」

淡「本当!? 嬉しいな~」

淡「そうと分かれば… 早く入ろっと!!」ヌギヌギ

尭深「」ヌギヌギ

淡「?」チラッ

淡「!!」

尭深「…どうしたの? 淡ちゃん」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:02:17.78 ID:LV3Jpxop0

淡「タカミって結構良いスタイルしてるよね…」

尭深「えっ!? そ…そんな…照れるなぁ////」

尭深(淡ちゃんに褒められちゃった…)

淡「特にこのおもちが… 羨ましい!!」モニュモニュ

尭深「あっ…ふあぁっ!! あ…淡ちゃん!」ビクビクッ

淡「~♪」モミモミ

尭深「あ……あ……っ!!」

淡「……な~んて ゴメンね! 驚いた?」

尭深「はあっ…はあっ… もう 淡ちゃんったら…///」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:06:40.47 ID:LV3Jpxop0

淡「うわー! 凄く広い! しかも貸切状態!」ダッ

尭深「待って 淡ちゃん!」

淡「何 どうかしたの?」

尭深「温泉に入る前に まずは体を洗わないと…」

淡「そういえば… すっかり忘れてたよ~」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:10:41.79 ID:LV3Jpxop0

淡「そうだ! タカミ!」

尭深「何?」

淡「背中洗ってあげよっか?」

尭深「えっ///」

淡「だってせっかく二人っきりなんだからさ~ ね? お願い//」

尭深「う…うん  じゃあ お願いします…///」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:14:06.31 ID:LV3Jpxop0

淡「じゃあ まずはタカミーから洗ってあげるね!」

淡「」ゴシゴシ

尭深「あっ…///」


尭深(淡ちゃんが私の背中を…)

尭深(何でだろう 凄い落ち着くなぁ…)

尭深(それに気持ちいい… 癖になりそう…///)



淡「はい 終わったよタカミ! じゃあ今度は私をよろしくね!」

尭深「あ… うん」



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:18:55.20 ID:LV3Jpxop0

尭深「」ゴシゴシ


尭深(これが淡ちゃんの背中…)

尭深(透き通ったような白い肌 華奢な体つき きちんと手入れされた髪…)

尭深(淡ちゃん 凄く綺麗……)


尭深「」ゴシゴシ

淡「♪~」



尭深「…はい 終わったよ」

淡「ありがと~ タカミ 気持ち良かったよ!」

尭深「ど… どういたしまして///」



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:24:46.65 ID:LV3Jpxop0

~~~~~~~~~~~~~~~~

淡「はぁ~…」カポーン

尭深「ふぅ~…」カポーン

淡「やっぱり温泉は気持ちいいね~」

尭深「そうだね……」



尭深「…あのね 淡ちゃん」

淡「どうしたの? タカミ」

尭深「その… 淡ちゃんの体… 凄く綺麗だったよ…」

淡「えっ!?」

尭深「う…ううん 何でもないの! 気にしないで!」

尭深(わ… 私ったら 何言ってるんだろう…///)



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:30:44.89 ID:LV3Jpxop0

淡「ふふっ タカミ… 顔真っ赤だよ?」

尭深「…これは …その!  ……すこしのぼせただけで…///」カアア…

淡「あははっ! やっぱりいつものタカミだね~!」



淡「…でも 嬉しかったな タカミに褒めてもらえて」

尭深「淡ちゃん…///」




淡「…さっ! そろそろお風呂出ようか!」

淡「あんまり入ってると本当にのぼせちゃうよ?」

尭深「う…うん///」



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:38:07.21 ID:LV3Jpxop0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

淡「ふう~ 温泉気持ち良かったぁ~」

尭深「気持ち良かったね…」

淡「まだ夕食まで時間あるね… どうしよっか?」

尭深「う~ん そうだね…」

尭深「じゃあ この辺りを散歩でもしない?」

淡「それがいいね! 少し涼みたい気分だし…」



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:44:08.34 ID:LV3Jpxop0

旅館前 


淡「この辺りは木や田んぼがいっぱいで静かだね タカミ」

尭深「東京は自然が少ないからね… 自然が多い所はとっても新鮮だね」

淡「はぁ~ 風が気持ちいいよ~」

尭深「そうだね~」

淡「……」トコトコ

尭深「……」トコトコ



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:47:46.94 ID:LV3Jpxop0

淡「あっ! あのお店 お土産屋さんだってさ!」

尭深「ホントだ!」

淡「ちょっと見ていかない?」

尭深「まだ時間はあるし… ちょっと位なら大丈夫だよ」

淡「じゃあ 早速寄ってみようかな~」



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:52:17.48 ID:LV3Jpxop0

お土産屋 店内

尭深「凄い商品の数だね…」

淡「見てタカミ! 「ニワカは相手にならない辛さ20倍カレー」だってさ! 一つ買っていかない?」

尭深「う~ん… 私辛い物苦手だからちょっと…」

淡「そう? じゃあ「はやりん☆のおっぱいプリン」! コレはどうかな?」

尭深「ちょっと… 恥ずかしい…かな///」

淡「これもダメかぁ~…」



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/15(土) 23:58:34.79 ID:LV3Jpxop0

淡「う~ん それだと… あっ! これならどう?」

尭深「今度は何?」

淡「このペアの湯飲み! 大きい方が私用で 小さい方がタカミ用!」

淡「これなら部室でお茶飲むとき 一緒に使えるよ!」

尭深「えっ…/// でもこの湯飲み…///」



48 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:00:01.43 ID:BX5IWvg70

淡「ダメ…かな…?///」

尭深「い…いや… 凄くいいと思うよ 淡ちゃん!」

淡「やったぁ! じゃあこれに決定だね!」

淡「すいませ~ん このペアの湯飲みをセットで下さ~い!」

尭深(これって夫婦湯飲み…/// 淡ちゃん…知らないのかな…///)



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:02:58.26 ID:BX5IWvg70

~~~~~~~~~~~~~~~~~

淡「いや~ いいお土産が買えたね! タカミ」

尭深「う…うん 私もそう思う…///」

尭深(どうしよう… 淡ちゃんやっぱり知らないのかな…)

尭深(今 淡ちゃんにこれだけは聞いておかないと…!)



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:08:16.20 ID:BX5IWvg70

尭深「………ねぇ 淡ちゃん」

淡「何? タカミ」



尭深「その… こんな事聞くのは失礼だけど……」

尭深「淡ちゃんは… 好きな人っている?」

淡「え~ 凄い事聞くね タカミ~」

尭深「ご… ゴメンね…」

淡「いいの いいの! 女の子はこういう事気になるよね!」



54 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:12:23.34 ID:BX5IWvg70

淡「う~ん…………  気になってる人なら一人いるかな?」

尭深「そ… それってどんな人!?」

淡「誰かは言えないけど… 大人しくて 泣き虫だけど 凄く優しい人」

淡「その人はね 誰よりも私の事を大切に思ってくれていて…」

尭深「そ… そうなんだ…」

尭深(その人と相思相愛…って事なのかな…)

尭深(はぁ…)



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:14:47.67 ID:BX5IWvg70

淡「タカミ?」

尭深「………あっ ごめんね…」

淡「どうしたの? ボーっとして」

尭深「ゴメンね ちょっと考え事をしてて…」

淡「そう… でもタカミが元気そうで安心したよ!」

尭深「あ… ありがとう 淡ちゃん…」

淡「日も暮れてきたし そろそろ旅館に戻ろ?」

尭深「そう…だね…」



56 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:18:03.19 ID:BX5IWvg70

~~~~~~~~~~~~~~~~

旅館内 淡と尭深の部屋

淡「いや~ ご飯美味しかったね!」

尭深「う…うん そうだね!」

淡「流石 温泉旅館というか… ええと…とにかく凄かったね!」

尭深「ははは……」



57 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:21:06.81 ID:BX5IWvg70

淡「明日は早いし… もう寝ちゃう?」

尭深「そうだね… 寝ちゃおっか」

淡「じゃあ お布団を敷かないと…」

淡「えー…とシーツに枕に掛け布団に…」ガサゴソ

淡「……はい! これがタカミの分!」ドサッ

尭深「あ… ありがと 淡ちゃん」

 5分後

淡「さて! 布団も敷いたことだし… おやすみ~ タカミ」

尭深「う…うん おやすみなさい… 淡ちゃん」



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:24:02.63 ID:BX5IWvg70

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

尭深(眠れない…)

尭深(胸の奥が痛いよ…)


尭深(私は淡ちゃんの事が好き… だけど…)

尭深(淡ちゃんは私以外の人の事が好きで…)

尭深(そんなの絶対…嫌だ…)


尭深(でも… これで淡ちゃんが幸せになれるなら…)

尭深「ううっ… 淡ちゃん… グスッ」



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:27:32.54 ID:BX5IWvg70

淡「……タカミ 大丈夫?」

尭深「淡ちゃん…」

淡「怖くて眠れないの?」

尭深「……うん 怖いというか… 寂しいというか…グスッ」



淡「…じゃあ こうすれば寂しくないよ」ギュッ

尭深「あっ…///」



61 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:30:35.74 ID:BX5IWvg70

尭深(あっ…淡ちゃんが…私に…抱き着いて…)


尭深(淡ちゃんの体が…こんな近くに…)


尭深(でも 淡ちゃん…とてもあったかい…)


尭深(凄く… 安心するな…)



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:34:17.63 ID:BX5IWvg70

淡「大丈夫? 震え止まった?」ギュッ

尭深「う…うん 大…丈夫だよ…///」

淡「辛いことがあったなら… 私にいつでも相談して」

淡「タカミは…私の…大切な人なんだから…」

尭深「あわ…い…ちゃん…!」

淡「タカミ…」

尭深「私ね… 淡ちゃんの事…」



64 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:38:09.48 ID:BX5IWvg70

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌朝

尭深「ふぁ~あ…」

尭深(何だろう… このあたたかい感覚…)チラッ

淡「スー…スー…」

尭深(淡ちゃん… そうだ… あのまま私寝ちゃったんだっけ)

尭深「淡ちゃんは… まだ寝てるのかな」

尭深「なら もう少しだけ… この幸せな時間を…」



65 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:42:53.12 ID:BX5IWvg70

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

淡「さぁ 荷物もまとめたし 忘れ物もなし!」

淡「そろそろ行くよ タカミ!」

尭深「待って! 淡ちゃん」

淡「どうしたの?」

尭深「帰る前に一つだけ… どうしても寄っていきたい場所があるんだけど…」

尭深「ダメ… かな?///」

淡「いいよ! でも一体…どこに行きたいの?」



66 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:47:17.10 ID:BX5IWvg70

某温泉街近く 神社


淡「神社?」

尭深「そう! 帰る前にここにお参りしていきたくて…」

尭深「凄く由緒正しい神社なんだって」

淡「へぇ~ じゃあ早速…」

淡 尭深「」チャリン パンッ パンッ

淡「……」

尭深「……」



69 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 00:57:26.68 ID:BX5IWvg70

淡「ふ~ お参り終わり! タカミは何をお願いしたの?」


尭深「私は… 淡ちゃんとずっと一緒にいられますようにって…」

淡「えっ…」

尭深「昨日の夜… 淡ちゃんは私を優しく抱きしめてくれた…」

尭深「私…凄く 嬉しかった…」

淡「タカミ…」



尭深「今だから言えます。 私 淡ちゃんの事が大好きです。」

尭深「楽しい時も辛い時もいつも隣にいてくれた そんな淡ちゃんが大好きです。」



70 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 01:02:54.87 ID:BX5IWvg70

淡「私も…」

淡「私も…タカミの事が大好き…だよ」

尭深「えっ!?」

淡「タカミからこの言葉が聞けて… 凄く嬉しい」

尭深「淡ちゃん…」

淡「これからもずっと一緒だよ タカミ!」

尭深「淡ちゃん… ありがとう…!」



71 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 01:08:25.45 ID:BX5IWvg70

~~~~~~~~~~~~~~~

10年後

淡「ただいま~」

尭深「おかえりなさい 淡ちゃん!」 

尭深「疲れたでしょう? 少し横になってて…」

尭深「今お茶を淹れるからね」

淡「ありがとう タカミ~」



73 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 01:14:16.84 ID:BX5IWvg70

尭深「おまたせ 淡ちゃん~ はい どうぞ」コトッ


淡「ありがと~ …ってあれっ? その湯飲み…」

尭深「あれ 気がついちゃった?」

淡「あの時買った夫婦湯飲み…」

淡「あれからもう10年か…」



74 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/16(日) 01:20:33.96 ID:BX5IWvg70

尭深「あれから10年経ったけれど… 私は淡ちゃんの事が大好きだよ」

尭深「これまでも… そして…これからも」

淡「私もタカミと同じ気持ちだよ…」

淡「これからもずっと一緒だね!」

尭深「うん!」

カン





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347713495/
[ 2012/09/16 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。