SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

P「俺はハイタッチがしたいのにやよいがローキックしてくる」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:05:36.20 ID:mz9wV69d0

P「や、やよい!今日こそいくぞっ!はい、た~っ…」

やよい「ろーきっく!」ゲシッ

P「あぎゃぁぁぁぁあああ!!!!!」

やよい「……ぷ、プロデューサー!今日も頑張って下さいっ!」ダッ




P「……痛い…………ちくしょうっ……!」ジンジン



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:14:14.55 ID:mz9wV69d0

やよい「………うぅ…またやっちゃった……」

やよい「プロデューサー、足痛そうだった……ごめんなさいぃ……」

千早「高槻さん、どうかしたの?」

やよい「……ちぁゃさぁん……!」



千早「何ですって?プロデューサーについローキックを!?」

やよい「そうなんですぅ……ぅぅ……」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:18:52.66 ID:mz9wV69d0

やよい「他の人ならちゃんとできるはずなのに……」

千早「そうね。ちょっと私とやってみましょう」

やよい「……はい…!」


千早「行くわよ…はい、たーっ」

やよい「ち!」パチン

千早「……特に問題ないわね…」

やよい「はい……」


P「あ、やよい」

千早「あ、ちょうどよか」

やよい「どぅるぁっ!!」ゲシッ

P「うがああぁぁああっ!!!!!!!」

千早「!?!!?!?」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:23:56.57 ID:mz9wV69d0

P「んんんんんんぎいいいいいいい」ジタバタ

千早「たっ、高槻さん!!何を血迷ったの!?」

やよい「ぷっ、プロデューサー!お疲れ様ですっ!!」ダッ

千早「高槻さん!?」

P「ふぅっ……ふぅっ……!!んんぐぅぅぐ……!!」ジンジン

千早「プロデューサー、大丈夫ですかっ!!」

P「…いたぃ……いたいよぉっ……」ジンジン

千早「無理もありません、あんなに勢いをつけた後ろ回し蹴り見たこと……」

P「ちがうっ…違うんだよっ……」ジンジン


P「……やよいがハイタッチしてくれないんだぁ……脛より痛いのは心だよっ……!!」ズキズキ

千早「プロデューサー………」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:31:32.98 ID:mz9wV69d0

千早「どうにかして、原因を探らないと。どうして高槻さんはプロデューサーにあんなことを……?」

P「……分からないんだ……」ジンジン

千早「でも、高槻さんだってわざとそんなことするような……そんなの、ありえません」

P「…………どうしたら……」




やよい「……うぅっ……またやっちゃった…ごめんなさぃぃ……」

やよい「……どうしてプロデューサーだと、手より先に足が出ちゃうんでしょう……はぁ……」

春香「やよい。どうかした?」

やよい「……はぅかさぁん……!」


春香「えっ!?プロデューサーさんについついローキックを!?」

やよい「そうなんですぅ……うぅ……」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:36:08.57 ID:mz9wV69d0

やよい「他の人ならちゃんとできるはずなのに……」

春香「だ、だよね。試しに私とやってみる?」

やよい「はい……」


春香「いくよ。はい、たーっ…」

やよい「ち!」パチン

春香「……やっぱり。大丈夫だね」

やよい「はい……」


P「やよい!」

春香「プロデューサーさん!」

やよい「あぁっ!またっ!」ゲシッ

P「おんぎゃああああああぁぁぁぁぁああ!!!!!」

春香「!!!???」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:41:59.22 ID:mz9wV69d0

P「うぉぉぉぉおおっぉぉぉおっ……!!」ジタバタ

春香「や、やよい!!一体どうしたのっ!!??」

やよい「ぷっ、プロデューサー!あのっ……」ダッ

春香「やよいっ!!??」

P「ふぐぅっ!!んんぐぅっ……ぅぅぁああっ……!!」ジンジン

春香「だ、大丈夫ですかプロデューサーさん……」

P「……んぐぐぐぐっぐ……!!」ジンジン

春香「まっ、待っててください!今冷やすものを……」

P「だめだっ!!!」

春香「!!??」


P「これはきっと俺の問題なんだ……やよいが止めてくれるまで、自分で向き合わないとだめなんだっ……!!」ズキズキ

春香「……プロデューサーさん…」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:46:14.54 ID:mz9wV69d0

やよい「……はい、たーっち!」

やよい「……はい、たーっち!いぇい!」

やよい「……はい!たーっっち!!いぇいっ!!」

やよい「……頭の中なら平気なのに……うぅ……」


やよい「…………はいっ!たーっち!いぇいっ!!」

やよい「………はぁ……」

真「やよい?一人で何してるの?」

やよい「……まことさぁん……!」


真「えぇっ!?プロデューサーにローキックを!?」

やよい「そうなんです……」



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:49:40.78 ID:mz9wV69d0

やよい「他の人ならちゃんとできるはずなのに……」

真「だよね…試しにボクとやってみようよ」

やよい「…はい……」

真「いくよ。…はい、たーっ」

やよい「ち!」パチン

真「……ほら、何も問題ないじゃないか」

やよい「はい……」


P「やよいっ!俺ともハイタッチしてくれっ!」

やよい「あ、はいっ!」ゲシッ

P「うんばっ!!!!!」

真「!!??!」



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 00:54:50.54 ID:mz9wV69d0

真「やよい!?一体何してるのさ!?」

やよい「あぅ、あの、その……ご、ごめんなさいっ……!!」ダッ

真「やよいっ!?」

P「あうあぃうんぐぅううぅぅっ……!!」ジンジン

真「ぷ、プロデューサー!しっかりして下さい!!!」

P「ん゛ん゛ん゛ん゛んっ……!!!!」ジンジン

真「……一体なんでこんなことを……」

P「…ふーっ…!ふーっ…!ふーっ…!」ジンジン

真「ぷ、プロデューサー。サッカー用の脛当て貸しましょうか……?」

P「……だめだっ…」

真「!?」


P「道具に逃げちゃだめなんだっ…おれは正面からやよいの気持ちに応えないといけないんだっ……!!」

真「…プロデューサー……」



68 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 01:12:38.74 ID:mz9wV69d0

──────

春香「…どうです?良くなりました?」

P「ああ、大分痛みは取れた……氷持ってきてくれてありがとう」

真「で、何か心当たりはないんですか?怒らせるようなことしたとか」

P「そんなのしないし、やよいはめったに怒るような子じゃないし…分からん」

真「うーん……やよいもどうしちゃったんだろう」

P「よくは分からんけど、俺に何かいいたいことがあるらしいのは分かる。やよいのところに行かないと」

真「また行くんですか?もっと蹴られますよ」

P「……いい」



やよい「…………」


やよい「………クはぁ……」

やよい「……プロデューサー痛そうだった……」

やよい「……私がけっちゃうから……うぅ……」



74 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 01:16:58.97 ID:mz9wV69d0

千早「高槻さん」

やよい「千早さん…」

千早「何か無理してることでもあるんじゃない?プロデューサーに言いたいこととか」

やよい「い、いいたいこと……」

千早「プロデューサーに対してだけ外角からのローキックで崩しつつ攻めるのには、きっと理由があると思うの」

やよい「………わかりません…」

千早「いつからこうなったの?」

やよい「最近だと思います……」



80 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 01:29:10.62 ID:mz9wV69d0

やよい「はじめのうちは何とも思わずに、普通にできてたんですけど……」

千早「他の皆とするときはどう?」

やよい「いつも通りです……」

千早「…ということは、やっぱりプロデューサー自身に何か問題がありそうね」

やよい「そんな…私が悪いんです!がんばってハイタッチしようとすると、いつも足を蹴っちゃうのが悪いんです……」

千早「でも、プロデューサーの泣き所に執拗な物理ダメージを蓄積するなんて芸当、よっぽどのことがないと出来ないわ」

やよい「自分で理由が分かればやめてますよぉ……ぅぅ……」



P「やよい!」

やよい「!」

千早「プロデューサー!」



86 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 01:35:38.55 ID:mz9wV69d0

P「やよい!もう一度ハイタッチに挑戦しよう!」

やよい「だっ…だめです!また蹴っちゃいますよ……」

千早「プロデューサー、もう足は平気なんですか!?」

P「なんの……ハイタッチのためならこれくらい……」

千早「なんて無謀な……」

P「心配するな。真からサッカー用の脛当てを借りてきた」

やよい「!」

P「これで何発かは食らっても大丈夫だ!やよいのローキックの原因が分かるまで頑張るぞ!」

やよい「…………わ、私……」


P「やよい!」

やよい「……わ、分かりました!」



90 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 01:38:46.63 ID:mz9wV69d0

P「よしこい!いくぞ!! はい、た~っ」

やよい「は、はい、たーっ……!!!」




ガチャ

やよい『おはようございまーす!』

P『お、おはよう!やよいはいつでも元気だなぁ』

やよい『えへへー、今日はなんと朝から卵かけご飯3杯もお代わりしちゃったんです!!』

P『そうかそうか。朝ごはんは一日のエネルギーだからな!』

やよい『はい!あの、プロデューサー。いつものアレ、行きましょう!』

P『おっ、いいな。よし、やるか!』



94 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 01:46:28.66 ID:mz9wV69d0

P『しかし、やよいはホントにこれ好きだな。何か特別なおまじないなのか?』

やよい『いえ、大したことじゃないんですけど…』

やよい『これを仲のいい人と一緒にやると、モリモリーってエネルギーが湧いてくる気がするんです!』

P『なるほど。じゃあ俺も、やよいと一緒にエネルギーモリモリつけちゃおっかな!』

やよい『はい!プロデューサーが元気いっぱいだと、私もとっても嬉しいかなーって!』


P『よーし。じゃあ今日も、お仕事がんばろーっ!』

やよい『いきますよー……せーの、はい!た~っ……』

P『はい!た~っ…』





やよい「プロデューサー!しっかりしてください!!」

P「」

やよい「プロデューサー!!!!」


※サッカー用の脛当てを着用していても、トウキックのダメージは防げません。



107 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 01:57:41.22 ID:mz9wV69d0

──────

P「…………」


P「………あれ、ここ………」

千早「プロデューサー、目が覚めましたか?」

春香「大丈夫ですか!?」

真「も、もう痛くないんですか!?」

P「痛く?何が………」


P「うっわアァァァアアっxtぅx!!!!?!?なんだこれ痛い痛い痛い痛いイタイイタイいたいぃたいぃいやああああああ!!!!!!!!」ジタバタ


千早「ま、真!プロデューサー押さえつけて!!!」ガシッ

真「暴れたら余計悪くなりますよっ!!」ガシッ

P「いぃぃいぃいいいいひぃいい……!!!い゛だい゛ぃ゛ぃぃいいいっ!!!!!!」ジタバタ

春香「うぅ…ごめんなさいプロデューサーさん…痛くても氷乗せとかないと……」



112 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 02:05:08.57 ID:mz9wV69d0

P「うぐぉぉぉおおおっ……!!!!!!」ジンジンジンジン

春香「……も、もう見てられないよ……ていうか、プロデューサーさん…今自分の脛見ないほうがいいと思います……」

P「ヒッグ…!どうなっでんだよっ……エグッ…!」

千早「オブラートに包んで表現すると…高木社長がプロデューサーの脛の上でお昼寝してる、といったところです」

真「……脛当てのおかげで骨は無事ですけど…」

P「……オブラートに包んでくれてありがとう……!!」ジンジンジンジン



やよい「…………」ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!



P「…………あの、あそこにいるやよいは……?」


春香「さっきからずっと壁を蹴ってるんです……」



118 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 02:13:50.52 ID:mz9wV69d0

やよい「…………」ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!


P「あの……やよいさん……?」

春香「……やよいー、プロデューサーさん起きたよー…」

千早「……高槻さーん…」

真「………………」


P「……やよい…?」


やよい「………ウグッ…!グジュッ…!ヒッグ…!ングッ……!」ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!

やよい「……ゲォホッ…!……ジュグッ…!ウグゥッ……!」ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!


千早「高槻さん……プロデューサーも…一応無事みたいだから…そんなに落ち込まずに…」


やよい「……ゥグッ…!!エグッ…!!ウウゥッ…!!…イッグ……!!」ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!


P「……やよい、何してるんだ…?」


千早「………プロデューサーを蹴った足をお仕置きしてるんだそうです」



125 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 02:22:23.88 ID:mz9wV69d0

P「……おいバカ!止めろ!!早くやめさせろ!!!」

春香「でっ、でも…何を言っても聞かなくて……!」

P「引っ叩いてでもこっちに引きずって来い!!!早くっ!!!!!」

真「はっ……はいっ!!!!」ダッ


やよい「はなじでぇっ……!!やだぁっ……!!ぅぁぁああああんっ………!!!」ジタバタ

真「やよいっ!!!落ちついてっ……!!」

やよい「やめでくだざいぃっ……!!!!」ジタバタ

真「足から血が出てるんだよっ!!おとなしくしてっ………」

やよい「うああああああああっ………!!!あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あっっっ………!!!」

春香「やよい!しっかりして……!」


やよい「ごべんなざいぃっ………!!!!ごべんなざいぃっ………!!!!」

P「…………」

やよい「……こんな足ないほうがいいんでずぅぅぅう゛う゛っ………!!!!!」

千早「…………」



128 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 02:50:56.53 ID:mz9wV69d0









やよい「……ぁぁあっ………プロデューサーがおおけがしちゃいましたぁっ……」

やよい「うぅん………ごめんなさいぃっ…ごめんなさぃぃっ……!うぅんっ……」

やよい「…………うぅっ………うぁぁぁぁっ………!」


やよい「!!!」




やよい「あれ………?」



130 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 02:55:15.33 ID:mz9wV69d0

やよい「…………」ガバッ


長介「……zzz……」

かすみ「zzz………」


やよい「…………」ゴソゴソ


やよい「…………血出てない」



やよい「……………ふぅ~っ……」ボスンッ

やよい「………怖かったぁ……」グスッ



131 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 02:59:18.16 ID:mz9wV69d0

──────

やよい「……お、おはようございますプロデューサー……」

P「おはよ………どした?」

やよい「あの………足は大丈夫ですか……?」

P「足?何のこと?」

やよい「…………いえ……なんでもないんならいいんです…ふぅ……」

P「……今日元気ないじゃないか。大丈夫か?」

やよい「………はい…」



P「ほらほら!元気ないぞ!そうだ、いつものアレやれば少しは元気出るか?」

やよい「!!!!!」



132 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 03:04:15.60 ID:mz9wV69d0

やよい「きょっ、今日はやめときます!」

P「えっ?何で?」

やよい「何でもです!」

P「えーっ……」

やよい「今日はハイタッチはナシです!」

P「…そっか」


やよい「…………」

P「………」

やよい「…………ぇぃっ」チョコン

P「えっ?」

やよい「……あの……痛くないですか…?」



133 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/11(火) 03:06:28.35 ID:mz9wV69d0

P「……い、いや…痛くないけど、何で蹴ってくるの……?」

やよい「………ぇぃっ」チョコン

P「…………?」

やよい「ち、違うんです……これはその……し、調べようと思って……」チョコンッ

P「………」

やよい「…………ぇぃっ」チョコン


P「………何故だ」


P「俺はハイタッチがしたいのにやよいがローキックしてくる」

終われ





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347289536/
[ 2012/09/11 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。