SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小蒔「遊びに来ました」 白望「真夜中なんだけど……」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 22:52:14.62 ID:HdXWKhu70

―二回戦当日深夜―

白望「」スヤスヤ

ガサゴソガサゴソ……スタスタ……

白望(んん……?物音……?)

ユサユサ

白望(んー……?)

ユサユサユサユサ

白望(なんなんだ……)ムクリ

白望「だれ……」


小蒔「遊びに来ました」

白望「」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 22:59:00.38 ID:HdXWKhu70

小蒔「こんばんは」

白望「…………」

白望「…………おやすみなさい……」パタッ

小蒔「ちょ、ちょっと!寝ないでください!」ユサユサ

白望「……眠いから寝かせて……」

小蒔「ねーなーいーでーくーだーさーいー!」ユサユサ

白望「やだ……」

小蒔「せっかく遊びに来たんですから!」

白望「えー……」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 23:03:35.87 ID:HdXWKhu70

白望(このまま放置するともっとダルいことになりそうだなぁ……一応話だけでも聞くか……)

白望「……なにしにきたの?」

小蒔「遊びにです」

白望「……遊びに来られるほど仲良くなった覚えはないんだけど」

小蒔「これから仲良くなりましょう」

白望「今度合同で海行く予定でしょ……そのときにして……」

小蒔「そう!それですよ!」

白望「…………?」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 23:12:38.41 ID:HdXWKhu70

小蒔「永水女子と宮守女子で一緒に海水浴。とても魅力的です」

小蒔「他校の方と仲良くなれる機会はあまりありません。貴重な機会です」

小蒔「ですが、周りがどんどん友達を作っていく中、自分だけ他校の方とお話ができない。そんなことになったら……考えすぎて眠ってしまいました」

白望「そのまま寝てれば良かったのに……」

小蒔「するとどうでしょう。夢の中に神様が現われ、私に告げたのです」

小蒔「『だったら先に友達作っちゃえば良いじゃない』と」

白望「…………」

小蒔「『先鋒のあの人ならなんか友達少なそうだしいけるよ』とも」

白望「やな神様だなぁ」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 23:23:48.48 ID:HdXWKhu70

小蒔「神様のお告げが終わると同時に目が覚め、そのまま行動に移りました」

白望「せめて明るくなってから行動して欲しかった……」

小蒔「思い立ったが吉日と言いますし」


白望「……そういえば、鍵掛かってたはずなんだけど?」

小蒔「……それは私にとっても誤算でした」

小蒔「苦労して目的地に辿り着いたにも関わらず、扉は堅く閉ざされているなんて」

小蒔「どうしましょうと悩んでいるうちに、寝てしまいました」

白望「またか」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 23:33:20.48 ID:HdXWKhu70

小蒔「そして目が覚めると、なんと扉の鍵が開いていたのです」

白望「……」

小蒔「きっと神様が……ってなんで携帯電話を取り出してるんですか?」

白望「不法侵入犯を見つけたので警察に通報しようかと」

小蒔「それって私ですか!?」

白望「他に誰が……」

小蒔「わわわ、ま、待ってください!」

白望「観念してお縄にかかれー……」

小蒔「やめてくださいー!」


白望(……楽しくなってきた……)



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 23:44:03.10 ID:HdXWKhu70

白望「まぁ、そっちの言い分はわかった」

白望「海でぼっちになるのが怖いので、神様も認めるぼっち候補の私と事前に友達になりにきた、と」

小蒔「そうです」

白望「……寝ていい?」

小蒔「ど、どうしてそうなるんですか!?」

白望「だってダルいし……」

小蒔「せ、せめて私と友達になってから寝てください!」

白望「えー……ダルい」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 23:50:23.65 ID:HdXWKhu70

小蒔「お話しましょう。楽しくお話すれば眠くなくなります」

白望「対局中すら寝てる人の言うことかなぁ……」

小蒔「わ、私のことは置いといてください」

白望「じゃあ……どうぞ」

小蒔「あ、はい」

小蒔「…………えっと……」

白望「…………」

小蒔「……あー……」

白望「…………」

小蒔「……うーん……」

白望「おやすみ」

小蒔「ま、待ってくださいー!」



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/08(土) 23:55:25.87 ID:HdXWKhu70

小蒔「えーと……そ、そうだ、最近暑いですよね」

白望「うん」

小蒔「だんだん暑くなってきて、元気になってきますね」

白望「暑いとダルくなるなぁ」

小蒔「そ、そうですか……」

白望「うん」

小蒔「…………」

白望「…………」



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 00:01:23.22 ID:HhdgT+i90

小蒔「そ、その……あ、今年のインターハイはどこが優勝すると思います?」

白望「さぁ……白糸台だっけ、あそこじゃない?」

小蒔「私もそう思います。臨海女子が対抗馬でしょうか」

白望「あの留学生チームかぁ……」

小蒔「はい」

白望「ふーん……」

小蒔「…………」

白望「…………」



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 00:13:58.82 ID:HhdgT+i90

小蒔「そ、そういえば、小瀬川さんって3年生なんですよね。進路とか決まってるんですか?」

白望「別に……」

小蒔「そうですか……」

白望「うん……」

小蒔「大学には行かないんですか?」

白望「行くんじゃないかなぁ……」

小蒔「べ、勉強頑張ってくださいね」

白望「うん」

小蒔「…………」

白望「…………」



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 00:24:54.59 ID:HhdgT+i90

小蒔「」ジワッ

小蒔「会話続けてくださいよぉ!」

白望「ダルい……」

小蒔「お友達らしい会話を!」

白望「……そもそも友達ってそういうものじゃないんじゃないの?」

小蒔「えっ?」

白望「一緒にいると何となく居心地が良いとか、本音を言い合えるとか、そういうのが友達でしょ」

白望「一人ぼっちが嫌で一緒になったり、無理に会話を繋げたりするのは、友達とは違うんじゃないの?」

小蒔「そ、それは……」



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 00:32:35.99 ID:HhdgT+i90

白望「まぁ、なんでもいいけど」

小蒔「ごめんなさい……」

小蒔「……」シュン…

白望「……」

白望「……私は寝るから」

小蒔「……すみません、帰りますね……」トボトボ

白望「待って」

小蒔「……?」

白望「もう真夜中だし女の子の一人歩きは危ない」

白望「今日は泊まっていって」



63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 00:43:28.79 ID:HhdgT+i90

小蒔「えっ!?」

小蒔「い、いいんですか?」

白望「構わない」

小蒔「で、でも……」

白望「……シングルベッドなのが気になる?」

小蒔「そ、そこじゃなくて……」

小蒔「真夜中に押しかけて、迷惑をかけてしまったのに……」

白望「……まぁ、確かに迷惑だったけど」

小蒔「うぅ……」

白望「そんなことは寝ればどうでもよくなる。それに、誘ったのは私のほう」

小蒔「……はい」



66 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 00:53:06.23 ID:HhdgT+i90

小蒔「……って、シングルベッドなんですか!?」

白望「ここでツッコミが入るとは」

小蒔「そ、そ、そ、それでは、私と小瀬川さんがどどど同衾することになりますよ!?」

白望「なんでそんなに慌てる……」

小蒔「だ、だって、私たちはお友達ですらないんですよ!?」

白望「友達になりにきたんでしょ」

小蒔「同衾はお友達の一線すら越えてますー!わ、私は床で!」

白望「……うるさいなぁ」グイッ

小蒔「えっ!?」パタン

白望「おやすみ」

小蒔「え、えー!?」



69 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 01:02:41.51 ID:HhdgT+i90

小蒔「こ、小瀬川さーん!?」

白望「耳元で大声出さないで……早く寝よう」

小蒔「ね、寝れませんよ!」

白望「大丈夫……」

小蒔「何が大丈夫なんですか……」

白望「んー……」

小蒔「んーって……」

白望「……」

小蒔「あのう……」

白望「……」スヤスヤ

小蒔「ね、寝てる……」

小蒔(お、お友達になりにきたはずが……、目標達成前に同衾なんて予想外にもほどがあります……)



74 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 01:11:09.57 ID:HhdgT+i90

小蒔(神様のお告げは正しかったのでしょうか……)

小蒔(………………)

小蒔(寝ればどうでもよくなる……)

小蒔(……私も、寝ましょうか……)

小蒔「おやすみなさい、小瀬川さん……」

ーーー

ーー





77 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 01:15:47.79 ID:HhdgT+i90

ドンドン!ドンドン!

小蒔「……んん……?」

塞「シロ、起きてる!?」

小蒔(宮守の副将の方の声……?)

小蒔(小瀬川さんは……ぐっすりお眠りですね)

小蒔(起こすのも忍びない……お急ぎのようですし、私が出ましょう)

小蒔「今開けます」ガチャッ

塞「シロ!永水の神代さんが行方不明なんだって!何か知らな……え?」

小蒔「え?」



80 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 01:24:44.83 ID:HhdgT+i90

塞「じ、神代……さん……?」

小蒔「は、はい……」

塞「なんでシロの部屋に……?」

小蒔「えっと、それは……」

塞「…………」

小蒔「…………」

小蒔(なんだか凄くまずい雰囲気です……!)


塞「……永水に、連絡しますね……」

小蒔「……は、はい。お願いします……」



82 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 01:32:28.27 ID:HhdgT+i90

小蒔(そ、そういえば、お泊まりの連絡をしてませんでした……)

小蒔(凄く大変なことになってそうです……)

小蒔(……とりあえず、小瀬川さん起こしましょう)

小蒔「小瀬川さん、起きてください」ユサユサ

白望「んー……あと1時間……」

小蒔「そんな場合じゃないですよ」ユサユサ

白望「なに……?」

小蒔「大変なことになってるんです!」ユサユサ

白望「……?」ムクリ



85 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 01:43:38.48 ID:HhdgT+i90

白望「なにかあったの?」

小蒔「実は……」カクカクシカジカ

白望「……だるっ」

小蒔「どうしましょう……」

白望「特に何かすることもないんじゃない?それより寝よう……」

小蒔「えぇー!?」

白望「たぶん永水から迎え来るから……今日はそれで帰って」

小蒔「でも、まだ……」

白望「……友達になるのは、海で」

小蒔「!」ぱあああっ

小蒔「はいっ!」



87 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 01:50:25.22 ID:HhdgT+i90

ーーー

ーー



白望「…………」

小蒔「…………」

塞「…………」

霞「…………」

トシ「…………」

白望(なんだこの空気……)

小蒔(視線が痛いです……)



89 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 02:00:42.39 ID:HhdgT+i90

トシ「私は悲しいよシロ……。まさかあんたがこんなことやらかすなんて……」

エイ「シロ……」

白望「え?」

胡桃「そんなに女の子に飢えてたなら、一言相談してくれれば良かったのに……」

白望「え?飢え?え?」

豊音「信じたくなかったよー、シロが女の子をホテルに連れ込むなんて……」

白望「……ホテル?……あぁ、ホテルか……」

塞「シロ……正直に罪を認めて」

白望「つ、罪?なんで!?」



102 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 03:04:15.34 ID:HhdgT+i90

霞「深夜に女の子をホテルに連れ込んで、同じベッドで一晩をともに過ごす……」

初美「犯罪ですねー」

白望「私も女なんだけど……」

春「……」ポリポリ

巴「姫様……おいたわしや……」

白望「えぇー……」


小蒔「ちょ、ちょっと待ってください!」

霞「小蒔ちゃん?」

小蒔「小瀬川さんは悪くありません!」

初美「どういうことですかー?」



104 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 03:12:28.27 ID:HhdgT+i90

小蒔「その……」

ーーー

ーー



霞「ふんふむ、つまり小蒔ちゃんから夜這いに行ったのね」

小蒔「夜這いじゃありません!」

初美「姫様にそんな積極的なところがあったなんて意外ですねー」

小蒔「誤解を招く表現はやめてください!」


豊音「疑ってごめんねシロぉー」ペコペコ

エイ「ゴメンナサイデシタ!」ペコペコ

白望「別にいいけど……」

トシ「私は信じてたよ」

胡桃「シロがそんなことするはずないからね!」

白望「どの口が言うんだ」



107 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 03:21:45.90 ID:HhdgT+i90

塞「…………シロ」

白望「んー?」

塞「何もなかったの?」

白望「……どういう意味?」

塞「神代さんと一晩寝て、何もなかったのかって聞いてるの!」

エイ「!」

胡桃「!」

霞「!」

白望「……何か?」



108 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 03:30:43.77 ID:HhdgT+i90

豊音「塞、何かってなにー?」

塞「き、決まってるでしょ……///」

初美「いわゆるセッ」春「くらえ」黒糖ドバア 初美「むぐぅー!?」


白望「何かもなにも、ただ寝ただけだけど……」

塞「本当に!?」

白望「本当だって……」

霞「本当に何もなかったのね小蒔ちゃん!?」ユッサユッサ

小蒔「な、何もありませんでしたよー!揺すらないでください!」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 22:08:03.35 ID:q2gRte3s0

ーーー

ーー



小蒔「というわけで、私たちは一緒に寝ただけで本当に何もなかったんです!」

霞「一緒に寝たって卑猥な響きよね」

巴「ややこしくなること言わないでください……」

豊音「塞、何が卑猥なの?」

塞「私に振るなっ!」

豊音「えー、教えてよー!」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 22:21:03.74 ID:q2gRte3s0

白望「……ダルい……」グテー

初美「小瀬川さんには迷惑おかけしましたねー」

小蒔「すみませんすみません!」ペコペコ

白望「謝られるのもダルい……」


トシ「まぁ、何事もなくて良かったよ。何かあったら私の監督責任になって面倒だからね」

胡桃「ほの黒い大人の本音が出たよっ」

エイ「オトナハ、キタナイ!」

塞「……どこでそういうの覚えてくるの?」

エイ「ネット!」

豊音「エイスリンさんインターネット出来るんだー。すごいなー」

エイ「エッヘン!」



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 22:32:25.43 ID:q2gRte3s0

霞「さて、私たちはそろそろ戻りましょうか」

初美「ちょっと長居しちゃいましたねー」

霞「小蒔ちゃん、いいかしら?」

小蒔「はい」


豊音「もう帰っちゃうの?寂しいよー」

胡桃「こら!そういうこと言っちゃ迷惑でしょ!」

豊音「ご、ごめんなさい」

塞「まぁまぁ、怒らなくても」

白望「……ねむ」

エイ「シロ!ミオクリイク!」

白望「んー……」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 22:46:27.76 ID:q2gRte3s0

霞「それではまた」

豊音「一緒に海水浴楽しみだよー!」


初美「臼沢さんの水着ってちょっと想像できませんねー」

塞「……塞いでほしい?」

初美「ご、ごめんなさい」


春「…………」ポリポリ

胡桃「何かしゃべりなよ!」


エイ「……」カキカキ

エイ「」バッ!

巴「絵?……えっと、一緒に遊ぼう、ですか?」

エイ「ヨロシクデス!」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 22:57:03.87 ID:q2gRte3s0

小蒔「小瀬川さん」

白望「うん」

小蒔「…………では」

白望「ん……またね」



塞「え!?何今の!?」

初美「言葉がなくてもつながってますアピールですかー?」

胡桃「やっぱ夜になんかあったんだよ!」

霞「一線越えちゃったの小蒔ちゃん!?」

小蒔「な、なにもありませんでしたって!」

エイ「シロノバカ!タラシ!」

白望「なんでそうなる……」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 23:08:29.63 ID:q2gRte3s0

小蒔「か、帰りましょう!」

初美「必死になって話そらそうとするあたり怪しいですねー」

春「これは追求が必要……」

霞「それじゃあ、今日の予定は皆で小蒔ちゃんいじりで決まりね」

小蒔「えぇー!?」

巴「あはは……」

小蒔「笑ってないで助けてくださいー!」

霞「あら、巴ちゃんはこっち側よね?」ニッコリ

巴「……姫様ごめんなさい!」

小蒔「そんなー!?」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 23:18:47.97 ID:q2gRte3s0

霞「それでは今度こそさようなら」

初美「さよならですよー」

豊音「またねー!」


塞「……嵐のようだったね……」

エイ「タノシイヒトタチデシタ」

塞「それ、なんか嫌味に聞こえるよ」


白望「……じゃあ寝てくる」

胡桃「ちょっと待った!私はシロに聞きたいこといっぱいあるよ!」

豊音「私もー!」

塞「永水にならって、今日はシロいじりだね!」

エイ「サンセイ!」

白望「……えー」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 23:26:10.94 ID:q2gRte3s0

塞「さあ、神代さんと何があったか洗いざらい吐きなさい!」

胡桃「黙っててもシロのためにならないよ!」

白望「何もないって……」

トシ「私も引率として聞いておきたいねぇ」ニヤニヤ

白望「熊倉先生まで……」

エイ「トシサントシカンガエロー」

トシ「あ゛?」

エイ「ゴ、ゴメンナサイデシタ……」

豊音「さすがに今のは面白くなかったよー……」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/09(日) 23:39:25.37 ID:q2gRte3s0

胡桃「って、今はシロだよ!」

塞「さぁ吐け!吐かないと塞いじゃうから!」

豊音「事情聴取だよー!」

エイ「ウワキチョウサ!」

トシ「多少のことなら目瞑ったげるから、正直に言っちゃいな」


シロ「…………」


シロ「だるっ」



カン!





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347111694/
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347195250/
[ 2012/09/10 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。