SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

唯「おいっすあずにゃん」 梓「唯先輩!?卒業したのになんで部室に」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 18:18:49.33 ID:o1p3iQBl0

唯「まだ卒業できてないからだよ」

梓「ええっ!そんな…唯先輩やっぱり留年してたんじゃないですかっ!」

唯「ううん、そうじゃないよ」

梓「へ?」

唯「ちゃんと学校は卒業したよ~、あずにゃんも卒業式に出てたじゃん」

梓「あ、そういえばそうでした…」

唯「んふふ~このうっかりさんめ~」ツンツン

梓「にゃっ!?うぅ…もうっ唯先輩、じゃあ卒業って何の話なんですか?」

唯「あずにゃんからまだ卒業してない」

梓「…はい?」

私、あずにゃんからまだ卒業できてないんだよ



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 18:26:45.83 ID:o1p3iQBl0

梓「えっと……話よくわからないです」

唯「うん、だと思うよ」

梓「はい」

唯「………」

梓「唯先輩?」

唯「う、うん……え~と、私ね、まだあずにゃんに言ってない事がいっぱいあるんだよ」

梓「言ってない事……ですか?なんですか?なんでも言ってみて下さいです」

唯「う、うん」

梓(唯先輩、珍しく緊張してる……なんなんだろう)



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 18:36:28.79 ID:o1p3iQBl0

唯「えっとね、その……あ、あずにゃんは私の事をさ、普段はどう思ってるのかな~?」

梓「え?なんですかソレ?今更すぎませんか」

唯「え、えへへ…もう卒業したんだし、ぶっちゃけあずにゃんの気持ちが知りたいな~なんて…でへへ」

梓「ぶっちゃけもなにも…別に今までも特に隠してないですけど」

唯「ホントに?」

梓「はい。唯先輩は普段はおちゃらけてて頼りないと思っちゃったりしますけど、かけがえのない先輩だと思ってます」

唯「そんだけ?」

梓「こ、これ以上は言いませんよ…」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 18:42:27.64 ID:o1p3iQBl0

唯「ほえ、あずにゃんなんか隠してるね」

梓「……言いませんよ」

唯「ちゃんと聞きたいな、じゃないと卒業できないよ、これからもちょくちょくここに来るかもしれないよ~?」

梓「え?……唯先輩ここに遊びに来てくれないんですか?」

唯「ん~そだね~やっぱちょくちょく来るのは難しいよ」

梓「…そうですか」

唯「ほえ?」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 18:49:24.66 ID:o1p3iQBl0

唯「あずにゃんもしかしてさ」

梓「はい」

唯「私が来ないと寂しいんだ」

梓「まぁ…はい、そりゃそうですよ」

唯「おひょっ、あ、あずにゃんもしかして私にゾッコンLOVE!?」

梓「へ?ち、違いますよっ!私はただ純粋に寂しいだけですから、勘違いしないで下さい」

唯「ちぇっ、な~んだ」

梓「はい」ニコニコ



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 18:57:28.01 ID:o1p3iQBl0

唯「あずにゃんは私に会いに来て欲しい?」

梓「それはできれば。でもよくわかんないですけど、唯先輩は私から卒業したら来なくなるんですよね?」

唯「へ?…う、うん、そだね」

梓「じゃあ卒業させてあげません、よくわかりませんですけど」

唯「ホントにわかってない?」

梓「はい。ちっともわかってないです」ニコニコ

唯「んん~……あずにゃんは強敵だね」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 19:06:46.56 ID:o1p3iQBl0

梓「唯先輩、確か私になにか言いたい事があったんですよね?それも今日は聞かないです」

唯「えっ」

梓「また今度にしてください」ニコッ

唯「そっ、それはダメだよっ!今日こそは言うって決めてるんだからっ!」

梓「そうなんですか?それじゃあしょうがないですね、聞きますよ」

唯「ホント!?」

梓「コホン、はい、唯先輩がそこまで言いたいならしょうがないですから」ニコニコ

唯「う、うんっ!私頑張るからっ!頑張って言うよっ!」

梓「はい」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 19:15:14.53 ID:o1p3iQBl0

唯「私はあずにゃんが好きっ!大好きだよっ!」

梓「はい」

唯「あずにゃんっ!愛してるっ!」

梓「はい」

唯「あずにゃんなんかそっけないね」

梓「え、もう終わりですか?」

唯「え」

梓「え?……ホントに終わりなんですか?そんなの唯先輩に出会った時から聞いてますよ」

唯「うっ、で、でも愛してるは今日初めて言ったじゃん!」

梓「…そうでしたっけ?」

唯「そうだよっ!」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 19:22:12.20 ID:o1p3iQBl0

梓「そうなのかな?唯先輩には好き好き言われすぎてあんまり覚えてないです」

唯「がーん!?」

梓「ふふっ、唯先輩」

唯「ほ、ほえぇ?」ヨロヨロ

梓「もっと言って下さい」ニコッ

唯「がーん!?」

梓「それじゃないです」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 19:29:41.25 ID:o1p3iQBl0

梓「私の事愛してるって、もっと言って下さい」

唯「う、うん」

唯「あずにゃん愛してるよっ!」

梓「はい♪」ニコッ

唯「えへへ♪あずにゃんあずにゃん、私も返事が欲しいよっ!」

梓「えっ、あ、そ、そんな事より今日は抱きついてこないんですね?唯先輩らしくないです」

唯「先に返事が聞きたいんだよ」

梓「んーそうですね、まだ言いません」ニコニコ

唯「な、なんで?」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 19:39:21.45 ID:o1p3iQBl0

梓「よくわからないですけど唯先輩をまだ卒業させたくないですもん」

唯「おお……ちょっと待ってね、私もよくわからなくなっちゃった」

梓「唯先輩は難しい事考えちゃダメです、似合いませんです」プッ

唯「ぶー、あずにゃんひどいよぅ」

梓「ふふっ、すいません♪」クスッ

唯「あずにゃんにはお仕置きだべー」ギュー

梓「にゃっ!?」



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 19:46:48.42 ID:o1p3iQBl0

唯「あずにゃんあずにゃんあずにゃん」スリスリ

梓「ふふっ、唯先輩はこういう時でもホントにいつもと変わらないですね」

唯「ほえ?あずにゃんはいつもと違う事してもいいの?」

梓「え?……まぁ、そうですね。……ちょっとだけなら」

唯「おほぉぉぉおお!!!ホントにっ!いいのっ!?」

梓「きょ、今日は特別ですっ!」

唯「でもその前に返事を先に聞きたいなぁ」チラッ

梓「い、言いませんてばっ」



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 19:57:29.28 ID:o1p3iQBl0

唯「ぶー、言わないとちゅーしちゃうよー」ムチュチュー

梓「へ?」ドキッ

唯「んふふっ♪それもほっぺじゃないよー唇と唇、マウストゥーマウスだよーあずにゃんはそれでもいいのかなあ?」

梓「………」ジー

梓は唯の言葉を聞くと口にチャックを閉めるような動作をした

唯「あ、あずにゃん?」

思ってもみなかった梓の行動に戸惑う唯

梓「………」

しかしその戸惑いも、梓の表情を伺うと全ての疑問は吹きとび唯は理解した

唯「あずにゃんはホントに照れ屋さんだね…好きだよあずにゃん……あずにゃんもだよね」

梓「……」コクン

顔を真っ赤にした梓は無言でうなづく



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/07(金) 20:00:41.38 ID:o1p3iQBl0

唯「えへへ♪」ニコニコ

梓「ふふふ♪」ニコニコ

そう、もはやこの二人に言葉など入らない

後はお互いの顔を伺うだけで全ての事柄はうまく終了した







http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347009529/
[ 2012/09/07 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。