SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

胡桃「すー……すー……」 白望「……かわいい」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:30:48.86 ID:6QvCxT1K0

白望「……」ツンツン

胡桃「ふにゅ」

白望「……」プニプニ

胡桃「むにゃ」

白望「……」ビローン

胡桃「うー……?」

白望「……かわいい」



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:33:07.10 ID:6QvCxT1K0

キンコンカンコン ゲコウジコクニナリマシター


白望「あ……」

白望「部活サボっちゃったな……」

白望「塞に何か言われるかも……」ダル…

白望「……胡桃起こさないと……」

白望「胡桃ー起きろー」ユサユサ

胡桃「……んむー……」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:36:04.11 ID:6QvCxT1K0

胡桃「…………ふぁー……」

胡桃「んー、私の部屋じゃない……?」

白望「起きた?」

胡桃「あれーシロだー」

胡桃「すきー」ダキツキ

白望「…………胡桃?」

胡桃「ぎゅー」

白望「ぎゅーじゃなくって……」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:39:17.68 ID:6QvCxT1K0

白望「寝ぼけてるでしょ」

胡桃「寝ぼけてないよー……」

白望「寝ぼけてる人はみんなそう言う……」

胡桃「寝ぼけてないってばー……」

白望「……はいはい、じゃあ帰るよ」

胡桃「えー」

白望「えーじゃない」

胡桃「せっかくシロと二人っきりなのにー」

白望「……帰らないと補導される」

胡桃「しょーがないなー」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:43:33.16 ID:6QvCxT1K0

胡桃「だっこー」

白望「えー……」

胡桃「はやくー」

白望「ダルい……」ヨイショ


胡桃「……シロー」

白望「んー?」

胡桃「これだっこじゃなくておんぶだよー」

白望「こっちのほうが楽……」

胡桃「だっこー」

白望「……ダルい……」ダキカカエ



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:45:52.52 ID:6QvCxT1K0

胡桃「……シロー」

白望「今度はなに……」

胡桃「恋人どーしでだっこと言えばお姫様だっこでしょー?」

白望「……今日はこれで我慢して……」

胡桃「なんでさー」

白望「誰かに見られたらダルいことになる……」

胡桃「むー」



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:48:09.11 ID:6QvCxT1K0

胡桃「シロー」

白望「なに」

胡桃「ここどこー?」

白望「……学校」

胡桃「そっかー」


白望「胡桃ー」

胡桃「んー?」

白望「……もう寝ぼけてないでしょ」



12 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:51:29.59 ID:6QvCxT1K0

胡桃「なぜばれたし」

白望「声の調子がわざとらしかった」

胡桃「やるねシロ。胡桃ちゃん検定一級をあげよう」

白望「えー…………」

胡桃「一級には特別に胡桃で充電できる権利が与えられるよ!」

白望「…………」

胡桃「いらない?」

白望「……もらっとく」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:53:48.76 ID:6QvCxT1K0

胡桃「シロー」

白望「んー?」

胡桃「思ったんだけどさー」

白望「んー」

胡桃「シロが私のこと肩車したら、トヨネと同じくらいにならないかなー」

白望「もっと高いんじゃないかな……」

胡桃「ジャイアント馬場くらい?」

白望「ちょっとよくわからない……」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:56:03.16 ID:6QvCxT1K0

白望「胡桃」

胡桃「うん?」

白望「そろそろ降りて」

胡桃「なんで?」

白望「……ここからは道違うでしょ」

胡桃「そうだね」

白望「そうだねじゃなくて……」

白望「…………」

白望「泊まってく?」

胡桃「うんっ」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 03:58:59.04 ID:6QvCxT1K0

白望「ただいまー」

白望ママ「おかえりー。……あ、胡桃ちゃん」

胡桃「おじゃましまーす!」

白望「今日胡桃泊まるから……」

白望ママ「初夜?」

白望「なんでやねーん……」

胡桃「もうお義母さんったら!」テレテレ

白望「なんか漢字違わない……?」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:06:09.84 ID:6QvCxT1K0

胡桃「シロの部屋だー!」ボフッ

白望「ちょ……ベッドに倒れこまないで。埃が……」

胡桃「シロのにおいがするー」

白望「恥ずかしいこと言わないで……」

胡桃「くんかくんか」

白望「やめろ」

胡桃「えぇー、恋人のベッドはくんかくんかするのが礼儀だって聞いたよ?」

白望「……誰から」

胡桃「トヨネー!」

白望「……えぇー……」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:10:02.72 ID:6QvCxT1K0

胡桃「シロの部屋なう……っと」カチカチ

白望「なにしてるの?」

胡桃「塞に自慢メール!」

白望「えぇー」

胡桃「あ、返信きた!」

白望「はっや……」

胡桃「えーっと……、『明日は覚悟しろよ』!?こわ!」

白望「部活サボったからなぁ……」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:13:26.90 ID:6QvCxT1K0

白望ママ「ごはんだよー」

胡桃「はーい!シロいこー!」

白望「んー」


白望ママ「さて胡桃ちゃん」

胡桃「なんでしょうお義母さん」

白望「だから漢字……ああもういいや」

白望ママ「胡桃ちゃんには2つの選択肢があります」

白望ママ「ひとつはいつも夫が使っている椅子に座る」

白望ママ「もうひとつは白望に座る」

胡桃「シロに座ります!」

白望ママ「よしきた!」

白望「私の意見は……」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:16:55.68 ID:6QvCxT1K0

胡桃「ごちそうさまでしたー!」

白望ママ「おそまつさまでした」

胡桃「おいしかったです!」

白望ママ「ふふ、ありがと」

白望「…………ねえ」

胡桃「なに?」

白望「胡桃がどいてくれないと食べれないんだけど」

白望ママ「……盲点だったわ」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:21:49.14 ID:6QvCxT1K0

胡桃「!」ピーン!

胡桃「シロ!私が食べさせてあげる!」

白望「え……」

胡桃「こうやって……んしょ」

白望ママ「こ、これは!」

白望パパ「伝説のだいしゅきホールド体勢!」

白望ママ「どっから沸いてきたの」

白望パパ「娘が百合ってる気配を感じたので」

白望ママ「百合SSに野郎はいらないわ」

白望パパ「すみません」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:29:25.92 ID:6QvCxT1K0

胡桃「あーん」

白望「あーん」モグモグ

胡桃「おいしい?」

白望「おいしいよ」

胡桃「そっかー、私が作ったわけじゃないけど嬉しいよ!」エヘヘ

白望「いつか胡桃の料理も食べたいな」

胡桃「……///」



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:33:53.45 ID:6QvCxT1K0

白望「ごちそうさまでした」

胡桃「おそまつさま!」

白望ママ「おそまつさま。お風呂わいてるから入ってきなさい」

白望「んー。胡桃、お客様だし先に」

白望ママ「2人でね」

白望「……え?」

胡桃「はーい!」

白望「え?」



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:42:44.30 ID:6QvCxT1K0

胡桃「シロとふたりでおっふろー♪」

白望(結局断れなかった……)

胡桃「シロー、脱いだ服どこに置いとけばいい?」ゼンラッ

白望「…………」ジー

白望(……ちっちゃかわいい……)

胡桃「シロ?」

白望「あ、ご、ごめん。そこの籠に入れておいて」

胡桃「これ?」

白望「うん」



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:50:50.82 ID:6QvCxT1K0

胡桃「わ、シロって着痩せするタイプだったんだ」

白望「んー?」

胡桃「おっきい!」ポヨンポヨン

白望「こ、こら!」

胡桃「私もこれくらいほしいなー」モミモミ

白望「ちょ、ちょっと手つきやらしくない……?」

胡桃「む、シロのくせに感じてるな!?」モミモミモミモミ

白望「く、胡桃……!ストップ!ストップ!」

胡桃「ここかー!ここがいいのかー!」モミモミモミモミ

白望「ちょ、んっ……!ちょっと本当に……あ……っふぅっ……んんっ……!」



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 04:58:53.36 ID:6QvCxT1K0

--------------------------------


胡桃「……ご、ごめん、ちょっと調子に乗りすぎた……」

白望「い、いいよ。それよりお風呂はいろ……」

胡桃「う、うん」


--------------------------------


胡桃「さっぱりしたー」

白望「んー」

胡桃「そういえば私寝るとき何着ればいいの?」

白望「あー、忘れてた……」



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 05:07:59.77 ID:6QvCxT1K0

白望「私のパジャマは……大きすぎるか」

胡桃「!」

胡桃「シロのパジャマがいい!」

白望「……でもたぶんぶかぶかだよ」

胡桃「それでもいいから!」

白望「……(なんでそこまでこだわるんだ……)」

胡桃(シロのパジャマ///)



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 05:15:04.48 ID:6QvCxT1K0

胡桃(in シロパジャマ)「わー、ぶっかぶか!」

白望「ほんとにそれで寝るの?」

胡桃「もっちろん!」

白望「胡桃がいいならいいけど……」

胡桃「いいんだよー!」


胡桃「塞に自慢しちゃおー」カチカチ

白望「やめて。明日大変なことになる……」

胡桃「もう送ったよー!」



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 05:21:11.63 ID:6QvCxT1K0

胡桃「返信きた!」

白望「はや……」

胡桃「『明日二人まとめて塞ぐから』だって!」

白望「なんで私まで……」

胡桃「連帯責任!」

白望「半分はとばっちり……」

胡桃「諦めてふたりで塞がれよう!」

白望「えー……」

白望「……まぁ……たまにはそれも悪くないか……」



41 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 05:30:58.66 ID:6QvCxT1K0

白望「そろそろ寝よう」

胡桃「えー、初夜は?」

白望「……卒業してから……電気消すよ」カチッ

胡桃「えー……」

胡桃「まぁ……受験生だしね……」

白望「うん」

胡桃「一緒の大学行けたらいいね……」

白望「うん」

胡桃「……おやすみ」

白望「おやすみ。…………愛してるよ」

胡桃「……私も……///」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 05:38:25.10 ID:6QvCxT1K0

--------------------------------


白望「……」セイザ

胡桃「……」セイザ

塞「さて、お二人とも」

白・胡「は、はい」ガクガクブルブル

塞「覚悟は出来てるよね?」

白望「いや私はとばっちりで」塞「シャラップ」

白望「……ごめんなさい」



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 05:45:21.85 ID:6QvCxT1K0

胡桃「シロ」

白望「なに」

胡桃「やっぱ逃げよう!」ダッ!

白望「そうだね」ダッ!

塞「あ!待て!」ダッ!


胡桃「愛の逃避行ってやつだね」

白望「なんか違う気がするなぁ」



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/09/01(土) 05:48:31.39 ID:6QvCxT1K0

胡桃「シロ」

白望「なに」

胡桃「ずっと一緒にいようね」

白望「うん」


塞「待たんかバカップル!!」



ワーニゲロー マテー! アハハハハ ダル…




おしまい





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346437722/
[ 2012/09/01 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。