SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豊音「むにゃむにゃ……」 末原「重いねん……」



豊音「追っかけるよー」 末原「何でついて来んねん……」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:03:43.14 ID:DCbt4Nkc0

ブロロロロロロロ…

洋榎「フフ、豊音ぐっすりやな」

豊音「くー……」

末原「ああもう、もたれてこんといてや」

絹恵「でも手は繋いでるんですね」

末原「こ、これは姉帯が勝手に……」

洋榎「ラブラブやな」ヒューヒュー

末原「だからちゃいますって」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:05:35.46 ID:DCbt4Nkc0

末原「というか、何で主将と絹ちゃんまで来てるんですか」

洋榎「千里山に殴り込みに行こうとおもてな」

絹恵「おねーちゃん、暴力はあかんで」

洋榎「冗談やって、そんなんしたらオカンに殺されてまうわ」

末原「主将……」

洋榎「なんや、恭子――!!」

雅枝「洋榎ェ!」ゴッ

洋榎「げぇっ!」

絹恵「おかーさん前見て! 前!」

――――



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:06:50.78 ID:DCbt4Nkc0

――千里山女子高校――

雅枝「到着や」

末原「姉帯、着いたで」ユサユサ

豊音「ん……もう着いたのー……?」パチ

末原「ほら、降りて」

絹恵「頭気をつけてな――」

豊音「痛っ!?」ガン

絹恵「ちょっ……」

洋榎「お約束やな」

豊音「痛い……」

末原「ほんまアホやな……」ナデナデ

豊音「アホじゃないよー……」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:08:16.63 ID:DCbt4Nkc0

末原「おばさん、送ってくれてありがとうございます」ナデナデ

豊音「ありがとうございます!」

雅枝「どういたしまして。
    ほな私は先行っとくから」

洋榎「おう、行ってらっしゃい」

絹恵「仕事頑張ってなー」

雅枝「フフフ、当たり前や」ツカツカ



豊音「愛宕さんのお母さん、ちょーかっこいいねー」

愛宕姉妹「せやろーさすがやろー?」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:09:50.96 ID:DCbt4Nkc0

末原「私たちもそろそろ行きましょうか」

絹恵「そうですね、暑いしさっさと中に――」

洋榎「待てぃ!」

末原「なんですか主将……」

洋榎「サインをもらうにはな、インパクトが大事なんや!」

豊音「そうなの?」

洋榎「せや!」

絹恵「お姉ちゃん普通にサインあげてたやん」

洋榎「細かいことはええねん。豊音、ちょっと耳貸してみ」

豊音「うん」

洋榎「――」ゴニョゴニョ

豊音「おおー!
    いいね、その作戦!」キラキラ

洋榎「せやろー?」

末原(どうせロクでもないこと考えてるんやろな……)



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:13:19.56 ID:DCbt4Nkc0

――千里山女子高校麻雀部――

怜「……」トン

竜華「……」ピシッ

セーラ「……」タン

泉「……」コト

ガラッ

船Q「大変です! 洋榎が攻めて来ました!」

セーラ「なんやて!?」ガタッ

泉「はっ……!?」ビクッ

ガシャ

泉「あ」

怜「チョンボやな」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:14:23.71 ID:DCbt4Nkc0

セーラ「洋榎のとこ行ってくる、だから勝負はお預けや!」ダッ

泉「え、ちょっ」

竜華「あちゃー、セーラ行ってもたから代わりに誰か――」

怜「竜華、疲れたから膝枕して」

竜華「怜、今は泉の特訓中やろ?」

怜「竜華はうちのこと嫌いなん?」

竜華「なっ……//
    そんなことないわ、大好きやで怜っ!!」ダキッ

怜「うちも好きやで。
   だから膝枕しよ。な? な?」



泉「特訓……」ショボーン



12 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:15:08.86 ID:DCbt4Nkc0

――――

タッタッタッ

船Q「こっちです」

セーラ「洋榎!
     ……って何やアレ!?」

船Q「肩車してますね」


ザワザワ……ガヤガヤ……


洋榎「ビビっとるビビっとる」ドヤアアア

豊音「わー、江口さんだー!」

洋榎「危なっ、揺らすな!」グラッ

絹恵「おねーちゃん危なっかしいわ……」

末原「……」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:16:51.28 ID:DCbt4Nkc0

セーラ「おお……」キラキラ

船Q「どないしました?」

セーラ「あ、あれ! あれなんて名前なん!?」

船Q「ん? 確か……姉帯豊音やったかと」

セーラ「姉帯豊音……!
     何か強そうやな!」

船Q「小学生男子か」

セーラ「ちゃうわ!
     で、でもオレも乗ってみたいな」ソワソワ

船Q「かわいいですね」ニヤニヤ

セーラ「はっ!? かわいくないわっ!///」ダダッ

船Q「あっ、逃げた」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:18:24.87 ID:DCbt4Nkc0

洋榎「どや豊音、ごっついインパクトあるやろ!」

豊音「うんっ、江口さんもこっちに走ってきたしね!」

洋榎「よっしゃ、迎え撃つで!」

末原「何するつもりですか」

洋榎「ちぃとばかり驚かせるだけや!」

末原「はあ」

洋榎「フフフ、豊音! 発進や!」

豊音「発進だよー――ってわわ!?」コケッ

洋榎「なんでこけるね――ぶっ!?」ビターン

絹恵「おねーちゃん!?」

末原(アホや……)



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:19:46.39 ID:DCbt4Nkc0

洋榎「絹……うちはもうダメや……」

絹恵「うう、おねーちゃん……目ぇ開けてーや……」

洋榎「グフッ……。ご、ごめんな、絹……」ガクリ

絹恵「あ……ああ……。
    そんな……うわあああああああ、おねーちゃああああああああああん!!!!」

末原「……」

末原(なんやこの茶番)



豊音「いたた……」

セーラ「大丈夫か?」

豊音「江口さん!」パァァ

セーラ「お、おお?」ビクッ

豊音「サイン下さい!!」

――――



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:21:00.69 ID:DCbt4Nkc0

――再び千里山女子高校麻雀部――

怜「やっぱり竜華の膝は最高やな」スリスリ

竜華「もう、くすぐったいわ」

泉「……」

ガラッ

船Q「侵入者、捕えました」

怜「おう、おかえり。
   ……ってえらいおっきい人やな」ムクリ

豊音「こんにちはー」

怜「園城寺怜や、よろしくな」スタスタ

豊音「姉帯豊音でーす。よろしくねー」ニコニコ



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:22:19.85 ID:DCbt4Nkc0

豊音「園城寺さん! サイン下さいっ!」

怜「ん? ええで」

豊音「ありがとー!
    あっ、それと『豊音ちゃんへ』って書いてくれないかな、豊かな音で豊音だよー」

怜「了解や。竜華、ペン貸して」

竜華「はい」スッ

怜「おおきに」

豊音「……」ワクワク

セーラ「なあなあ」

豊音「どうしたの? 江口さん」

セーラ「怜のサインもろてからでええんやけどさ、オレにも肩車してくれへん?」

豊音「いいよー」

セーラ「よっしゃ!」キラキラ



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:24:22.51 ID:DCbt4Nkc0

怜「書けたで」スッ

豊音「ちょー感激だよー」パァァ

怜「そっか、よかった」ニコッ

豊音「ありがとねー!」

怜「ほな、うち疲れたから竜華の脚の間に挟まってくるわ」モゾモゾ

竜華「ちょっ、ほんまにやらんといてや!///」バッ

豊音「アハハッ、園城寺さん面白いねー」

セーラ「そんなことより豊音! はよ乗せて!」ワクワク

豊音「うん、分かった」ヒョイ

セーラ「うおっ!?」ジタバタ

豊音「わわっ、暴れないで!」

セーラ「つ、つい……」

豊音「もう、じゃあ乗せるねー」

セーラ「おう!」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:25:28.31 ID:DCbt4Nkc0

洋榎「うちの豊音取られた……」ガーン

絹恵「元気だしーや。別におねーちゃんのちゃうし」ポンポン

末原「絹ちゃんの言うとおりですよ、だって姉帯は私の――っ!?」バッ

洋榎「んー? 今なんて言いかけたん?」ニヤニヤ

末原「今のはちゃいますから!//
    ただちょっと口が滑ってもただけで……」

怜「フナQ、口が滑るってどんな意味やっけ?」

船Q「言ったらあかんことをうっかり言ってまう、って意味ですね」

怜「せやって。つまり今のは恭子の本音――」

末原「はあ!?
    べべべべっ、別に好きちゃいますし!!!!!!」

怜「え? 誰もそんなん聞いてないで」

末原「!?」

洋榎「ぶふっ! 恭子が、あの恭子が必死になっとるで! ほんまおかしゲホッゲホッ」ゲラゲラ

絹恵「もう……っ、おねーちゃん笑いすぎやで……ッフフ……あかん、私もわろてまう……っ」プルプル

末原(メゲるわ……///)カァァァッ



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:26:43.01 ID:DCbt4Nkc0

洋榎「むせたわ……」ハァハァ

絹恵「私も……」ゼエゼエ

末原「笑いすぎですよ……//」イラッ

怜「でもあの恭子がなぁ……まさか姉帯さんのことす――もがっ」

竜華「こら怜、あんまりイジメたら可哀想やろ」ギュゥゥ

怜「やめっ、死ぬ! 竜華の膝で窒息死する……っ!」モガモガ

末原「ナイスや、清水谷さん」

船Q「おっ、冷静になった」

末原「さっきは少し取り乱しただけや」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:28:14.58 ID:DCbt4Nkc0

船Q「取り乱しただけ、ですか」

末原「何がおかしいねん」

船Q「末原さんは何で取り乱したんですか?」ニヤ

末原「……!!」プイ

船Q「何で目ぇ逸らすんですか?
    質問に答えて欲しいんですけどね」ニヤニヤ

末原「うう……///」

末原(何でこんな顔熱いねん……わけわからんわ……///)

豊音「どうしたの?」ヌッ

末原「姉帯っ!?
    セーラと遊んでたんやないんか……?」

豊音「江口さんならトイレに行ってるよー」



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:29:56.02 ID:DCbt4Nkc0

豊音「恭子ちゃん顔赤いけど……」

末原「そ、そんなことあらへんわ!///」アセアセ

豊音「そうかな?」ズイ

末原「ちょ!?
    何で顔近づけとんね――」

豊音「じっとして」

末原「――っ///」

末原(ほっ、ほら、どうせアレやろ! デコくっつけて熱計るとかそう言うのやろ!///)ドキドキ

末原(うう……それやのに、何でこんな……っ///)ドキドキ

豊音「計るよー」

末原「いちいち言わんでええわ。やるならさっさとせえ///」ドキドキ

末原(姉帯の顔が近づいて――)

船Q「おっと、手が滑りましたわ」ドン

末原「!?」ヨロッ



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:31:20.04 ID:DCbt4Nkc0

末原「――!
    あれ、なにこれ柔らかい……」ギュッ

豊音「大丈夫ー?」

末原「」

末原(私何で姉帯に抱きついて――)

船Q「すみません末原さん」ニヤニヤ

末原(お前の仕業か船久保ァ!)

豊音「恭子ちゃん?」

末原「あ、ああ。ごめん……///」バッ

船Q「……そのままキスすればよかったのに」ボソッ

末原「せえへんわ!」

――――



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:33:36.69 ID:DCbt4Nkc0

それから姉帯さんと泉ちゃんが麻雀を打ったり
ボッコボコにされた泉ちゃんと末原先輩との間に妙な友情が芽生えたり
船Qが姉帯さんにスケベな動画を見せようとしたところを末原先輩が必死に阻止したりしましたが
全て染谷さんがキンクリしてくれました



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:34:55.08 ID:DCbt4Nkc0

――帰り道――

ブロロロロロロロ…

豊音「くかー……」

末原「重い……」

洋榎「豊音はまた寝てんのか」

絹恵「寝る子は育つっちゅーもんな」

末原「育ちすぎでしょ……」

洋榎「でもそんな豊音も好きなんやろ?」

末原「もう乗せられませんよ」

洋榎「……」

絹恵「それにしてもお腹空いたなぁ」グゥゥ

洋榎「晩ごはんはからあげがええわ……」ホワーン

絹恵「からあげ……」タラー

雅枝「今日はラーメンやで」

愛宕姉妹「ラーメン!」



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:36:19.91 ID:DCbt4Nkc0

――ラーメン屋――

雅枝「っちゅーわけで今日は私のおごりや、遠慮せんと食べてな」

豊音「わー!
    ありがとうございます」キラキラ

末原「何から何まですみません……」

雅枝「ええってええって。
    ほら、はよ食べやな伸びるで」

末原「そうですね、ほないただきます」

豊音「おかわりいいですかー?」

洋榎「早ッ!?
    くっ、うちも負けられへんわ」ズルズル

絹恵「そんなに急いで食べたら喉詰まるで――」

洋榎「うっ」

絹恵「おねーちゃん!?
    水! 誰か水持ってきて!」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:37:41.53 ID:DCbt4Nkc0

洋榎「死ぬかと思った……」ゼエゼエ

雅枝「アホなことするからや」

末原「ところで明日どうすんの?」

豊音「ん? 三箇牧に行くけどー」

雅枝「三箇牧やったら一旦帰ってからよりここから行った方が早いんちゃうか?」

豊音「えっ、そうなんですか?」

洋榎「フフフ、こんなこともあろうかと……」スッ

豊音「?」

洋榎「さっき浩子にメールしといたわ。
    『豊音を一晩泊めたってくれ』ってな」

豊音「!!」

末原「用意周到ですね」

洋榎「さすがやろー」



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:38:19.97 ID:DCbt4Nkc0

洋榎「で、返事がこれ。
    一晩泊めてくれるらしいわ」

豊音「わーい、ちょーうれしいよー!」パァァ

洋榎「ただし条件が一つ。
    恭子も一緒に泊まること」

末原「お断りします」

洋榎「そうはいかへん。絹!」

ガシッ

末原「えっ、絹ちゃん何を――っっ」

絹恵「堪忍なー」コチョコチョ

末原「ひっ、やめっ、はははっ」ケラケラ

洋榎「泊まるっちゅーまでくすぐり続けるでー!」コチョコチョ

雅枝「行儀悪いわ!」

ゴチンッ!

――――



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:39:14.23 ID:DCbt4Nkc0

――――

ブロロロロロロロ…

雅枝「まったく……」

洋榎「」プシュー

絹恵「」プシュー

末原(結局泊まることになってもたわ……)ハァ

豊音「眠いよー……」

末原「また寝んのかい」

豊音「ふぁぁ……」コックリ コックリ

末原「……。
    寝る前に言うとくけどもたれてこんといてや」

豊音「わかってる、よー……」コテン

末原「あーもう、お約束やなこれ」

豊音「くー……」



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/28(火) 23:41:24.90 ID:DCbt4Nkc0

末原「……」

末原(そういえば姉帯はサイン貰いに来たんやったな)

末原(姫松にも千里山にも行ったし、残すは三箇牧だけ)

末原(……。
    それが終わったら岩手に帰るんか……)

豊音「むにゃ……」ギュ

末原「!!」ドキッ

末原(なんや、手握っただけか……//)ドキドキ

末原「……はぁ」

末原(そろそろハッキリさせやなあかんな)

末原(この気持ちを……)



おしまい





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346162623/
[ 2012/08/31 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。