SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

郁乃「まずは見かけから~」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 12:54:31.61 ID:asH6imdY0

恭子「は……!?」

郁乃「末原ちゃんかわええで~」

恭子「いや、そういう問題ではなく……」

ドア「ガラ!」

咲「そのスカート、穿く必要なし!」

恭子「き、清澄!?」

咲「宮永咲です」

郁乃「スカートを穿く必要がないって、どういう事や~?」

咲「言葉通りの意味です。末原さんにはスカートよりスパッツが似合っています!」

恭子「は……!?」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:03:12.39 ID:asH6imdY0

郁乃「確かにスパッツの末原ちゃんもかわええ。せやけど、スカートにはチラリズムというロマンがある!」

咲「チラリズム……確かに魅力的な要素です。ですが、スパッツには破るというプレイもあるんです!」

郁乃「ぐぬぬ」

咲「ぐぬぬ」

恭子「は……!?」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:11:58.46 ID:NsoKBImn0
間を取ってブルマで



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:12:48.36 ID:asH6imdY0

漫「二つを合わせてみるのはどうでしょうか?」

咲&郁乃「貴様はなにも判っていない!!」

漫「え?」

郁乃「私はスカートによるチラリズムが見たいんや!」

咲「私はスパッツを穿いた事で強調される腰のラインが見たいんです!」

咲&郁乃「つまり、この二つは共存できない!!」

恭子「は……!?」


アカン、これ以上ネタが出てこない



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:14:10.14 ID:NsoKBImn0
水着でパレオ付けとけば共存出来るぞ



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:24:57.04 ID:asH6imdY0

咲「パレオなら共存できるという意見が出ました」

郁乃「パレオ、か~。試してみる価値はあるかもな~」

咲「というワケで」

~着替え中~

恭子「は……!?」

咲&郁乃「うん! 悪くない!」

郁乃「せやけど、すでに実がほとんど出ていてチラリズムとはまたちゃうんやよな~……」

咲「水着だと強調されるのがお尻だけで、スパッツ派の需要とも微妙に違うような……」

恭子「……もう脱いでもええでしょうか?」

咲「あ、ちょっと待っていてください」

郁乃「別の衣装を用意するからな~」

恭子「は……!?」


とは言ったものの、どんな衣装がいいだろうか



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:30:00.86 ID:QeIGlEuXP
もうめんどくさいしウェディングドレスでいいんじゃないかな



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:32:06.18 ID:asH6imdY0

咲「そういえばさっきブルマという意見がありましたね」

郁乃「なら早速お着替えや~」

~お着替え~

恭子「は……!?」

咲「ブルマから延びる健康的な太股!」

郁乃「強調する事をしらない慎ましい胸!」

咲&郁乃「たまりません!」

恭子「もう最初の目的と違うような……」

咲「次はどんな服にしましょうか」

郁乃「私、大抵の服は持って来とるで~。もちろん全部末原ちゃんサイズでな~」

恭子「は……!?」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:37:06.93 ID:asH6imdY0

咲「ウェディングドレスですって」

郁乃「当然あるで~」

咲「末原さんであれば、ウェディングドレスも似合うでしょう」

郁乃「せやね。せやけど問題は……」

咲&郁乃「どちらが新郎役をやるか!」

恭子「は……!?」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:42:23.11 ID:asH6imdY0

咲「私、譲る気はありませんよ?」

郁乃「私もやで~?」

咲「となると……」

郁乃「……本人に決めてもらう他ないな~」

恭子「は……!?」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 13:51:04.53 ID:asH6imdY0

咲「末原さん、こんななに考えているか判らないような人に新郎やってほしくなんてないですよね?」

郁乃「末原ちゃん、こんなついさっき出会った子に新郎やってほしくなんてないよな~?」

恭子「は……!?」

咲「末原さん?」ジィー

郁乃「末原ちゃん?」ジィー

恭子「た、助けて……主将」

咲&郁乃「は……!?」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:03:44.21 ID:asH6imdY0

郁乃「ちょ、ちょっと末原ちゃん? なんでそこで洋榎ちゃんの名前が出てくるん? ん?」

咲「そ、そうですよ! 洋榎さんはうちの部長が目をつけているのでムリです。私達のどちらかを選ぶしかないんです!」

郁乃「さあ!」

咲「さあ!」

咲&郁乃「さあさあさあさあさあ!!」

恭子「……ないやろ」

咲「え?」

郁乃「なんて?」

恭子「アンタらから選べるワケないやろ!!」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:11:45.43 ID:asH6imdY0

咲「そ、それって、どちらの事も同じくらい好きって事ですか?」

恭子「なんでこの状況でいい方捉えられるんや。どちらの事も同じぐらい嫌いって事に決まっとるやろ」

郁乃「す、末原ちゃんも冗談がうまくなったな~。私の事嫌いなんて~」

恭子「本気で冗談だとでも?」

郁乃「末原ちゃん……」

恭子「ウチは帰らせてもらいます。あとは二人でくだらない話し合いでもしていてください」

ドア「バタン!」

咲「……」

郁乃「……」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:20:47.19 ID:asH6imdY0

恭子「……いくらなんでも少し言い過ぎたやろか」

恭子「いいや、二人共悪ふざけが過ぎる。少しはこっちの事も考えてもらわな」

恭子「兎に角ホテルに戻ろう。今日はもう疲れたわ……」

~~~~~~~~~~

咲「赤阪さん……」

郁乃「判っとる……。もう、強硬手段しかあらへんな……」

~夜 姫松の宿泊するホテル~

恭子「……」zzz

咲「フフフ、よく眠ってますね」

郁乃「せやね。これからどんな酷い事をされるのかも知らずに……」

カン!



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:23:33.99 ID:asH6imdY0

エロはムリや
他の人任せた



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:25:47.22 ID:KPH0D7sT0
まだ嶺上牌を取ってないみたいだぜ



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:32:15.06 ID:asH6imdY0

恭子「う……」

咲「あ、起きちゃいました?」

郁乃「おはよ~、末原ちゃん」

恭子「え? 宮永? 代行? どうしてここに? しかもなんでウチは縛られとるんや?」

咲「判らないって事はありませんよね?」

郁乃「末原ちゃんみたいな美少女の縛ってする事と言ったら、一つしかないやろ~?」

恭子「や……いやや……」カタカタ

咲「大丈夫ですよ」

郁乃「優しくするからな~」


こんなんか?



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:36:24.26 ID:KPH0D7sT0
いけるやん!



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:38:08.78 ID:asH6imdY0

咲「末原さん、こっちを向いてください」

恭子「みやな……!?」チュ

咲「あれ? その反応、もしかして初めてでしたか?」

恭子「うぅ……」

咲「涙目な末原さんもかわいいですよ」チュ

恭子「!?」

咲「へへへ、これで二回目も私の物ですね」



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:45:47.84 ID:asH6imdY0

郁乃「宮永ちゃんばっかりずるいで~。末原ちゃん、私とも」チュ

恭子「……」

郁乃「なんや反応が薄いなぁ~」

恭子「……もう、好きにすればええやないですか」

郁乃「言うたな~? それなら末原ちゃんの胸、見せてもらおか~」

恭子「うぅ……」スルスル

郁乃「フフ、やっぱり小さくてかわいらしいおっぱいやな」ペロ

恭子「あ!///」

郁乃「ええ感度やね~」ペロペロ

恭子「んん~!///」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 14:55:03.66 ID:asH6imdY0

咲「末原さん、胸にばかり気を取られてないで、私とも」チュー

恭子「!?」

恭子(し、舌が入って来た! 舌と舌が絡んで……///)

郁乃「こっちでも感じてくれないと、私寂しいなぁ~」ペロペロ

恭子(口も胸も気持ちよくて……頭がボーッとする……///)



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:02:56.72 ID:asH6imdY0

咲「随分できあがっちゃってますね、末原さん」

郁乃「乳首もこんなにピンピンにしちゃって」

恭子「あ、アンタらがめちゃくちゃにするから……///」

咲「下の方はどうなってますか?」スルスル

恭子「あ、ダメ!」

郁乃「もう遅いで~。あ~、こんなに濡らして、やっぱり感じてくれてたんやね~」

恭子「……///」



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:12:06.24 ID:asH6imdY0

咲「ねえ、末原さんが嫌だって言うんでしたら、これ以上酷い事はしませんけど、どうしますか?」

郁乃「せやで~。こっから先はさすがの私らでも、いけない事やと判ってるからな~」

恭子「人をこんなにしておいて、その言い方はズルイ……」

咲「なんですか? ハッキリ言ってもらわないと判りませんよ?」

恭子「……してください」

郁乃「聞こえないで~?」

恭子「……最後まで、してください……///」



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:23:03.31 ID:asH6imdY0

咲「よく言えました」チュ

恭子「ん///」

郁乃「それじゃあ挿入れるで~」クチュ

恭子「んん~~!///」

恭子(代行の指が……ウチの膣に……///)

郁乃「末原ちゃんの膣、あったかくてヌルヌルでヒクヒクしてるで~」

咲「赤阪さんばっかりずるいですよ。私にもヤらせてください」

郁乃「なら一緒に挿入れようか~。キツイけどもう一本ぐらいは入るやろ~」

恭子「え?」

咲「それじゃあ失礼して……」クチャ

恭子「んあ~~!!///」



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:29:39.47 ID:asH6imdY0

咲「あれ? もしかしてイっちゃいました?」

郁乃「末原ちゃんは感じやすいなぁ~」

恭子「だって、だって……///」

咲「でもこれだけじゃあ終わりませんよ?」

郁乃「せやで。私らはまだ満足できてないからな~」

恭子「え? ちょ、ちょっと待って。今イったばかりだから……」

咲&郁乃「ダ~メ」クチュクチュ

恭子「ああ~!!///」



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:36:03.86 ID:asH6imdY0

~一時間後~

恭子「」ピクピク

咲「少しヤり過ぎちゃいましたかね?」

郁乃「私らは悪くないで~。かわい過ぎる末原ちゃんがいけないんやで~?」

咲「そうですよね」

郁乃「……アンタとはええ同士になれそうやな~」

咲「私もそう思います。でも、末原さんは渡しませんよ?」

郁乃「私も渡すつもりはないで」

咲&郁乃「ガシ!」アツイアクシュ

カン!


やっぱりエロはむずいや



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:47:10.44 ID:/+DsAkF50
乙!

逆転のもいっこくるー?




57 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:55:26.89 ID:asH6imdY0

咲さんと代行相手に攻める末原ちゃんは想像できないから、逆転は書けないな~
スマンな



56 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/13(月) 15:54:42.13 ID:KPH0D7sT0
おつおつ





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344830071/
[ 2012/08/13 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。