SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊織「あわわわ……」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 02:57:01.69 ID:orLUOMMt0

伊織「あわわわ……どうしよう、小鳥のデスクからイケない本を発掘してしまったわ」

伊織「……こんなの持ってくるなんて、小鳥ったらレディーの風上にも置けないわねっ!」

伊織「……」チラ

伊織「ちょ、ちょっとだけ……これは、そう、後学の為よ」

ペラ

伊織「こ、これは……!」

伊織「ふお、ふおぉおお……っ! そんな、これ……えっ、まさかこんなところに……」

伊織「お尻の穴と、その……男性器の間に、私の知らない穴が……!」

伊織「あわわわわ……」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:02:36.68 ID:orLUOMMt0

ガチャ

小鳥「ただいま戻りましたー……うう、暑い暑い」

伊織「!」ドッキーン

小鳥「あら、伊織ちゃん。帰ってたのね」

伊織「ええ。小鳥、買出しご苦労様」

小鳥「伊織ちゃんはいつでも涼しそうね~。羨ましいわ~」

伊織「何言ってるのよ、私だって人並みに暑さは感じてるわ」

小鳥「そうは見えないけど……」

伊織「小鳥。暑いと思っても、それを表に出したりしたら、はしたないわよ? 淑女なら、もっと落ち着いていないとね♪」

小鳥「はーい……」

伊織(あわわわ……とっさに、服の中に例の本をしまってしまったわ)

伊織(バレたらどうしよう……あわわわわ)



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:10:14.71 ID:orLUOMMt0

伊織(こんなの持ってたら、ヘンタイだと思われちゃうじゃない!)

小鳥「さーってと! 一息ついたし、私もお仕事の続きを……あら?」

伊織「どうしたの?」

小鳥「あ、いやね……なーんか、私のデスクの配置が変わってるような気がして」

伊織「!」ドッキーン

小鳥「気のせいかしら……」

伊織「普段からごちゃごちゃした小物ばっかり置いてるのに、そんなわかるわけ?」

小鳥「わっわかりますとも! むしろ私にとっては、あの配置がベストなんですっ! ……あら?」

伊織「今度は何よ」

小鳥「伊織ちゃん、それ……私の、キン消しじゃない?」

伊織「!」

伊織(あわわわわ……そうだった、私はこのロビンマスクが欲しくて、小鳥のデスクを漁っていたんだったわ)



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:20:45.50 ID:orLUOMMt0

伊織(名残惜しいけど、ここで油断してイケない♂本を持っているのがバレたら、そっちの方が問題ね……)

伊織「きっと、さっきの地震で落っこちたんでしょ……はい」

小鳥「ありがと♪ 良かったわ、これは一生の宝物なんだから。……でも地震なんて、あったかしら?」

伊織「外に出ていると、案外気付かないものよ。千早の胸が揺れて大変だったんだから」

小鳥「そ、そうなの?」

伊織「ええ。それじゃ、私はもう帰るわね。今日はもう何も予定もないみたいだし」

小鳥「見たかったなあ、千早ちゃんの胸揺れ……」

伊織「にひひ♪ そんなこと言ってるから、旦那さんの候補がいないんじゃないの?」

小鳥「そっ、そんなこと関係ありませんっ!」

伊織「どうかしら♪ それじゃあね~」

伊織(あわわわ……この場を逃げ切るために、とっさに嘘をついてしまったわ)

伊織(本当はこのあと、竜宮小町でミーティングがあったのに……あわわわわ)



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:26:39.47 ID:orLUOMMt0

ガチャ

伊織(ハッ! しかも私、♂イケない♂薄い本を持ったままじゃない!)

伊織(は、早く! 一刻も早く、この本を処分しないと……)

やよい「あれ? 伊織ちゃーんっ!」

伊織「!」ドッキーン

やよい「どうしたの、そんな顔して……汗がドバーって!」

伊織「そ、そう? ま、まあ今日は暑いからね」

やよい「事務所から出てきたばっかりに見えたけど……」

伊織「冷房が壊れてたのよ……まったく、この季節にクーラー無しなんて、信じられないわ」

伊織(あわわわ……どうしよう、またひとつ嘘をついてしまったわ)

伊織(本当は冷房は壊れてなんかいなかったのに……あわわわわ)



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:33:53.30 ID:orLUOMMt0

やよい「? あれーっ?」

伊織「どうしたっていうのよ……そんなに見つめないでちょうだい。ドキドキしちゃうじゃない」

やよい「伊織ちゃん! お腹からなにか出てるよっ!」

伊織「!」ドッキーン

やよい「本? なんの本かなー」

伊織(そうだった……私は、ちょうど腹巻を巻く感覚でエロ本をしまっていたんだった)

伊織(薄着だから、バレバレじゃない! あわっわわっわ)

やよい「ねえねえ何の本? お料理の本? 歌の本?」

伊織「なんでもないわよ! ど、どうしてそんなに興味持つわけ?」

やよい「えへへ……」


やよい「私 伊織ちゃんのことなら なんでも知りたいんだもん」



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:38:12.74 ID:orLUOMMt0

伊織「やよい……」

やよい「ねえねえ」

伊織(私は……なんてことをしてしまったのかしら)

やよい「ねえねえねえ」

伊織(やよいは、私にとってかけがえのない親友。いや、それ以上の存在だって言うのに、嘘をつくなんて)

やよい「ねえ」

伊織(やよい……ごめんね、私……いえ、私たちは!)

伊織(ふたりでひとつ! 地元じゃ負け知らずだもんげ!)

やよい「ね」

伊織「やよい! こっちに来なさいっ! 一緒にこの本を読むわよっ!」グイグイ

やよい「はわわっ そ、そんなにひっぱらないでーっ」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:45:13.29 ID:orLUOMMt0

伊織(あわわわ……やよいを、路地裏に連れ込んできてしまったわ)

やよい「はぁっ……んっ……いおりちゃん……ご、強引すぎるかなーって……」

伊織「あんた、体力には自信あったでしょ? これくらいの距離で、何へばってるのよ」

やよい「だ、だって……んっ……んはぁっ……」

伊織「……」

やよい「伊織ちゃんに手をつながれると、それだけで……」

伊織「…………!」

伊織(ハッ! こ、この状況……これはまさに、この本に書いてあったシチュと一緒じゃない!)

やよい「心臓がバクバクーってなって……それでね……」

伊織(誰もいない路地裏……汗がびしょ濡れになって、服がぺったりと張り付いた、受け役……)

やよい「……聞いてる? 伊織ちゃん……」

伊織「あわわわ……はっ、声に出してしまったわ! 聞いてる、聞いていますとも!」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 03:52:51.49 ID:orLUOMMt0

やよい「伊織ちゃん……」ペロリ

伊織「!」ドッキーン

伊織(言っておくけれど、やよいが私のことを舐めたわけじゃないわ。やよいはただ、自分の唇をペロリと舐めただけ)

伊織(それなのに、私ってば……)

やよい「うんっ……ここ、暑いね……」

伊織「そう? 日が照ってる表よりは、いくらか涼しいと思うけど」

やよい「ううん、暑いですー……はぁ、はぁ……」

伊織「……」

伊織(やよいの唇……リップも口紅も付けていないのに、なんでこんなに、ぷるんとはずんでいるのかしら)

伊織(そう、これはまるで……)

やよい「伊織ちゃん……」ペロリ ペロリ

伊織(まるで……キン肉スグル……)



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:02:07.49 ID:orLUOMMt0

伊織(だ、ダメよいおりん! やよいは純粋なのよ!)

伊織(そんな……スグルみたいに、私の心を惑わせるなんてこと、あるわけないじゃない!)

伊織(でも……)

やよい「……」ぷるん

伊織「じゃ、じゃあさっそく、見ましょうか……」

やよい「……うん! それじゃあ、私が伊織ちゃんのお腹から、本を出してあげるね」

伊織「あら、気が利くわね。それじゃあお願いするわ」

伊織(あわわ……やよいが近づいてくる。私の手を煩わせないように取ってくれるなんて、なんて優しい子なの)

伊織(やよいの匂い)

やよい「えへへ……まだまだ先は長いもんね」ボソボソ

スルッ…… スルルッ……

伊織「あわわんっ」

伊織(あわわわあわわ……お腹と本がこすれて、変な声が出てしまったわ)



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:08:06.74 ID:orLUOMMt0

やよい「……んっ、出たよ……いっぱい出ましたーっ……」

伊織「あ、ありがと……良かったわよ、やよい」

伊織(あら? よく考えたら、別にやよいに取ってもらわなくても、自分で本を抜けばよかったじゃない)

伊織(むしろ意味がわから――

やよい「それじゃあ伊織ちゃん! 一緒に読もっか!! ねっ!!」

伊織「そ、そうね」

伊織(やよいの大きな声のせいで、何を考えていたか忘れてしまったわ)

伊織(……ハッ! いけないいけない、やよいのせいにするなんて……)

伊織(すべてはそう、小鳥のデスクからこの本を持ち去ってしまった、私の罪(ギルティ)なんだから)

やよい「……」チラ

伊織(やよかわ)



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:18:33.05 ID:orLUOMMt0

伊織「ふたりで読むには、どうしたら良いかしら……」

やよい「……それじゃあ、地面に見開いて置いたらどうかな?」

伊織「天才ねやよい即採用やよいかわいいわやよい」

パサッ

伊織「そ、それじゃあ……開くわよ」

やよい「うんっ!」

伊織「ゴクリ……」

伊織(今から、私はこの本を再び開くのね……思えば長い道のりだったわ)

伊織(そう、あの時……テリーマンとロビンマスクを求めて小鳥のデスク荒らしをしていた時)

伊織(私はこの本と出会ったのよ。そう……)

ペラリ

やよい「!!」

伊織(この……ロビンマスク×ウォーズマン本と)



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:27:47.91 ID:orLUOMMt0

やよい「はわわっ……えっ、そんな……! こ、こんなところで……!」

やよい「ロビンマスクさんの股間のタワーブリッジが……えっ! はわわわ」

伊織「あわわわわ……ウォーズマンの……やおい穴に……王道だけど、邪道だわ! あわわわ」

やよい「はわわわ」

伊織「あわわわ」

ミーンミンミン…… ミーンミンミン……

伊織(――それはとても暑い、夏だった。私たちは、まだまだ何も知らない、子どもだった)

伊織(どうしてこうなってしまったのか、私にもわからない。けれど……)

伊織(大好きな親友と、こうして一緒の時間を過ごせているだけで、それだけで私は満たされていた)

伊織「……」チラ

やよい「はわ、はわあわ……」プルン

伊織(なんてこと! この体勢だと……だらんとくたびれたノースリーブの隙間から、やよいのパイオツが見えちゃうじゃない!)



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:34:20.43 ID:orLUOMMt0

やよい「うぅ……こんなことって……」チラ チラ プルルン

伊織(やよいのパイオツ)

伊織(未成熟だけど、だがそれがいい……)

やよい「ちら……ちら……」

伊織(やよいが見せ付けるような表情をしているように見えるけど、それは錯覚ね)

伊織(それは、私の不純な気持ちが生んでしまった、夏の陽炎……なんといっても、やよいは純粋だもの)

やよい「伊織ちゃん……」ピト

伊織「!」ドッキーン

伊織「ど、どうしたっていうのよ。こんなに暑いのに体をくっつけてくるなんて」

やよい「うん、熱いね……なんだか、体が熱くなっちゃいましたー……」

伊織(あわわっわっわっわわわっほい!)



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:42:27.09 ID:orLUOMMt0

やよい「伊織ちゃんは、なんだかいつでも涼しそうな顔してるから……お肌も冷たいのかなーって」

伊織「そ、そんなことあるわけないでしょ? 私だって人間なんだから、体温くらい……」

やよい「んー……冷たくてきもちーですー……」

伊織「そ、そう? やよいが言うなら、そうなのかもしれないわね。私はいつの間にか、変温動物になっていたのかも」

やよい「……ずーっとこうして、一緒にいられたらいいね」

伊織「……そうね」

ミーンミンミン…… ミーンミンミン……

伊織(――それはとても暑い、夏だった。私たちは、まだまだ何も知らない、子どもだった)

伊織(私たちは、ただ……先の見えない将来のことを、少しだけ不安に思いながら……)

伊織(いつ消えてしまうかもわからない、お互いの体を……少しばかり期待を胸に抱きながら、必死に寄せあっ

やよい「 ず ー っ と 、 い っ し ょ だ よ 」ニコォ…

伊織「そ、そうね」



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:51:01.61 ID:orLUOMMt0

律子「伊織ぃい! どぉーこ行ったぁあああ!!」ドテドテ

伊織「!」ドッキーン

やよい「あれ? この声、律子しゃ――んぐんぐ」

伊織「しっ! やよい、静かに……!」

伊織(そうだった……私は、竜宮小町のミーティングがあるにも関わらず、一刻も早くこの本を読――)

伊織(じゃなくて、処分するために、嘘をついて事務所を抜け出してきてしまったのだ)

やよい「……」

はむっ

伊織「!」ドッキッキーン

伊織(やよいのキューティリップを押さえる、この私の手の平に……なにやら妙な感覚が巡ったわ)

伊織(これは……)

はむはむ……ぺろり

伊織「あわっわっわん」ゾクゾク



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 04:57:31.16 ID:orLUOMMt0

ぺろぺろ……

伊織「やよい、どうしてこんなっ……」

やよい「……もがもが」

伊織「え? なになに……?」

伊織(やよい読唇術をマスターした私にとっては、手の平の感覚だけで、やよいが何を言いたいのかがわかるわ)

伊織(やよいが言いたいのは、つまりこういうことね……さ・い・き・ん……)


 『最近、春香さんの体重増えてきてるかなーって』


伊織「バカヤロー! 今そんなこと話してる場合か!」

律子「!! 伊織、そこにいるのねっ!」

伊織「!」ドッキーン

伊織(あわわわ……律子にバレてしまったわ……あわわわわわ)



46 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 05:05:16.15 ID:orLUOMMt0

律子「……」ズンズン

シュア シュワア…

伊織(あわわ……律子の体から出ている蒸気が……鬼の顔を描いている)

伊織(このまま見つかったら、元殺し屋の暗殺術にかかって死んでしまうわ)

やよい「……!」

ぺろかぷ

伊織「や、やよい? 今度は何を……あ、あっ、あわわんっ」

『伊織ちゃん、このダンボールの中に!』

伊織「だ、ダンボール? ……ハッ」

伊織(なんてこと! ちょうどいいところに、私とやよいがすっぽり隠れてしまいそうな大きさの)

伊織(業務用ダンボールがあるじゃない! でかしたわ、やよい!)



48 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 05:10:55.17 ID:orLUOMMt0

ガサゴソ……

伊織(こちらスネーク。やよいと共に、路地裏に潜入した)

伊織(これでやり過ごせるはずね。なんて言っても、ダンボールは世界がほこ――

律子「フンッ!」

バシュン

伊織「……!」ガクガク

律子「バレないと思ったか、このゲーム脳め」

伊織(指示を! やよい、指示をくれ、やよいー!!)

やよい「り、律子さん……ごめんなさい、私……イケないとは思ったけど、伊織ちゃんに……ぐすっ」

律子「やよい……」

やよい「で、でも! 伊織ちゃんを怒らないでくださいっ! 止められなかった、私が悪いんですっ」

伊織(大佐ぁあああああ)



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 05:16:54.21 ID:orLUOMMt0

律子「やよい……あなたは悪くないわ。無理矢理連れてこられたんでしょう?」

やよい「そっ、それは……そうですけどーっ……」

伊織「やよい!? あんた、私を……」

律子「じゃあ何、やよいが嘘を付いているって言うの?」

伊織「そんなことありえないわ。やよいは悪くない」

伊織(やよいが嘘をつくなんて、そんなことあるはずないじゃない。なんといっても、やよいは純粋なのよ)

伊織(そうよ。ここに連れてきたのだって、確かに私が勝手にしたこと)

伊織(やよいと、このロビウォー本を読むために……)

小鳥「」ゴゴゴゴ

伊織(あわわわわ……小鳥もいるなんて、聞いてないわよ……あわわわわわ)



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 05:21:23.49 ID:orLUOMMt0

小鳥「――を」ボソボソ

伊織「え?」

小鳥「……を付けたな……」

伊織「な、なによ。もっとはっきり喋ってちょうだい」

小鳥「泥を付けたなと言っているッッ!! この薄汚い、路地裏の泥をッッ!!」

小鳥「私のッッ! ロビンマスクのッ! ロビンスペシャル本にッッ!!!」

伊織「っ!」

伊織(小鳥が怒るのも、無理はないわ……私、なんてことを……あわ……)



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 05:26:20.00 ID:orLUOMMt0

やよい「……そんな伊織ちゃんには」ボソリ

律子・小鳥「「……!」」

…… ティーン ……

伊織(な、なに? やよいが呟いた瞬間、ふたりの目から光彩が消え――)

やよい「おしおき、しないといけませんね♪」ニコォ…

律子「ソウネ」

小鳥「ヤヨイチャン、ソノトオリダワ」

伊織(あわわわ……なんてことなの、やよいが言霊使いだったなんて)



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 05:31:20.18 ID:orLUOMMt0

律子「サァ、コッチヘキナサイ」

小鳥「ダイジョウブ、サキッチョダケダカラ」

律子「イタイノハ、サイショダケダカラ」

伊織「……わかったわ」

やよい「伊織ちゃん……」

伊織「やよい……ごめんなさい、ここまであなたを巻き込んでしまって」

やよい「ううん、いいの。私、伊織ちゃんのこと、攻めたりしないから」

やよい「私は……誘い受けだから」

伊織「やよい……」

ミーンミンミン…… ミーンミンミン……

伊織(――それはとても暑い、夏だった。私たちは、まだまだ何も知らない、子どもだった)

伊織(やよいが言った言葉は、私にはまだ早すぎて、よくわからなかったけど……これだけは言える)

伊織(そう、私たちはふたりでひとつ。地元じゃ負け知らず……だから、私とやよいは、これからも―――)

やよい「 ず ー っ と 、 い っ し ょ だ よ 」ニコォ…

おわり





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344535021/
[ 2012/08/10 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。