SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

淡「尭深先輩が可愛すぎてつらい」 照「同意」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:38:52.40 ID:T0rtca3/0

淡「正直、同性ですけどムラムラきてます」

照「お前そっちの気が・・・」

淡「尭深先輩はあの小動物的な可愛さが最大の魅力だと思うんです」

照「ほう。詳しく聞こうか」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:48:28.91 ID:vjKDySm5O
前々からたかみーのことは可愛いと思ってた



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:50:33.52 ID:T0rtca3/0

淡「ちょっとしたことで驚いて体がビクッて反応するんですよ」

淡「この前何気なく首筋をなぞってみたんですけど」

淡「そのときの尭深先輩の反応を録画したものがこちらです」

~~~~~~~~~携帯~~~~~~~~~~~~~~

淡『尭深~先輩~』ダキツキ

尭深『ひゃぅ!?きゅ・・・急に抱きつかないでよ大星さん///』

淡『いいじゃないですか減るもんじゃないし』

淡『それにいつも言ってるじゃないですか~淡って呼んでくださいって』



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:52:44.60 ID:RqlHFQ3o0
たかみちゃん!



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:56:55.86 ID:mBxexVI30
たかみちゃんのお茶のみたい



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:57:44.37 ID:T0rtca3/0

尭深『うぅぅ~///あ、淡ちゃん、抱きつくのやめて~///』

淡『えっへへ~やめませんよ~。本当に先輩って可愛いですよね』

尭深『冗談はやめて?あ、淡ちゃん///』

淡『冗談じゃないですよ、ほんと可愛いなぁ。食べちゃいたいくらい』ペロ

尭深『ひゃう///く、首なんか舐めて・・・きたないよ~///』

~~~~~~~~映像終わり~~~~~~~~~

淡「という感じです」

照「おい淡」

淡「大丈夫です。こちらがコピーしたものです」

照「さすがだ淡」



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:59:12.87 ID:1LUkyzfj0
あわあわマジ策士



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:02:03.35 ID:szaTwlT60
すばらです淡さん



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:03:11.96 ID:fXqy1yEC0
かわいい!!



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:03:20.50 ID:T0rtca3/0

淡「というわけで今日は尭深先輩のもっとかわいい反応を見ていきたいんですが・・・」

照「どうした?」

淡「可愛さを引き出すシチュエーションが思い浮かばなくて・・・」

照「らしくないな」

淡「スランプです」

照「ならばパソコンの向こうの紳士諸君に安価を出してみよう」

>>20
お好きなシチュを書いてください



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:03:52.68 ID:T0rtca3/0

すいません>>24で



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:05:26.14 ID:PQTR2T460
スカートめくり



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:06:02.87 ID:szaTwlT60
>>22



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:06:03.98 ID:jDD6LOAZ0
玉露を沸騰するほど熱い温度で入れようとする



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:06:05.89 ID:1LUkyzfj0
メイド服着て皆をもてなす



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:06:14.62 ID:mBxexVI30
おもらし



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:06:15.76 ID:ctW0fYE90
湯のみで間接キス



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:09:51.01 ID:T0rtca3/0

淡「玉露を沸騰するほど熱い温度で入れようとする・・・」

照「怒るんじゃないか?」

淡「確かにお茶についてはうるさそうですからね」

照「でもあいつの性格なら怒りたくても怒れない」

淡「その時の尭深先輩の表情はさぞいいものになるでしょう」ジュルリ

照「おいよだれでてるぞ」ダラダラ

淡「先輩は鼻血でてますよ」



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:13:54.91 ID:gz41B9MXO
淡尭の時代がキタデー



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:16:34.64 ID:T0rtca3/0

淡「さて部活の時間ですね、尭深先輩は・・・っと」キョロキョロ

照「いたぞ。亦野といっしょだ」

淡「うわ~厄介な人といっしょですね」

照「しかたない、私が亦野を練習にさそう。お前は計画を実行しろ」

淡「わかりました。映像はしっかり撮影しておきます」

照「生で見れないのは残念だが・・・しかたない。幸運を祈る」

淡「わかりました」

照「おい亦野、どうだ一緒に打たないか?」

淡「尭深先輩~玉露の茶葉手に入れたんですが飲みますか~」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:17:43.30 ID:s7/aSx9f0
お前ら亦野さんをなんだと思ってるんだ



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:19:56.40 ID:ceTAe88D0
>>35
公安9課のメンバーだろ?




39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:21:49.22 ID:EcUmmm8k0
>>35
しろがねOって聞いたけど




38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:21:29.54 ID:RaUK5Vvj0
matano1



41 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:27:23.69 ID:mBxexVI30
アニメやったらそんなでもないのに・・・



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:27:27.54 ID:T0rtca3/0

亦野「あ、照先輩わかりました。それじゃあ尭深、またあとで」

尭深「うん、それじゃあ・・・それで大星さん、玉露の茶葉って本当?」キラキラ

淡(うわ、すっごい満面の笑み・・・尭深先輩こんな顔できるんだ・・・っといけないいけない)

淡「はい、商店街の福引で当たったんですけど、家コーヒー派なんで・・・あと淡でお願いします」

尭深「ありがとう淡ちゃん、じゃあ早速淹れてもいい?」ルンルン

淡(尭深先輩マジ妖精///じゃなくてここは・・・)

淡「せっかくなんで私が淹れますよ~先輩は座っててください」

尭深「でも、玉露は淹れるの難しいんだよ、まずは・・・」

淡「いいから座っててください!私もちゃんとお茶の勉強してますし」

尭深「そ、そう・・・じゃあおねがいね」ションボリ

淡(しょんぼりたかみーかわええのう)



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:30:47.31 ID:1LUkyzfj0
しょんぼりたかみー可愛い!



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:36:19.68 ID:T0rtca3/0

淡(大星淡、今このとき鬼になることをお許しください)

ヤカン    ピィーーーー

尭深「?」

淡(まずは急須に茶葉をてんこ盛りに入れる)

尭深「!?」ガタッ

淡(そこにすかさず沸騰したてのお湯を・・・IN!!)

尭深「!!!!!!!!」ガタタタタッ

淡(さて、これで3分くらい待って完全に抽出させて終了・・・さて尭深先輩のようすは・・・)チラッ



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:41:54.25 ID:T0rtca3/0

尭深    ブツブツブツブツ

淡(え・・・なにあれ・・・人でも呪い殺そうとしてるの?なんか黒い霧みたいなのでてるのは見間違い!?)

淡(な、なにを言ってるんだろう?怖いけど近づいてみよう)ソー

尭深「怒っちゃだめ、淡ちゃんが善意でやってることなんだから、ね?尭深?怒っちゃだめ」ボソボソボソ・・・

淡(ごめんなさい~本当はこんなことしたくないんです~あなたが可愛いのがわるいんです~)

淡(とかなんとかやってるうちに時間だ・・・湯飲みにいれて・・・うわ緑茶より緑・・・)

淡(・・・殺されるかも・・・)



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:43:08.96 ID:mBxexVI30
ええ子や・・・



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:45:03.41 ID:RqlHFQ3o0
なんてことを…



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:52:39.86 ID:T0rtca3/0

淡「お、おまたせしました~お茶がはいりました~」

尭深「ありがと・・・淡ちゃん・・・うっ」ズズー

淡(すっげー嫌そうな顔した、ごめんなさい。でも100点満点のいい顔です!)

尭深「お、おいしいよ。さすがだね淡ちゃん///」

淡(拝啓イエスキリスト様・・・天使はここにいます)

尭深「あんまりにもおいしいから淡ちゃんのももらっていい?」

淡(すいません、天使は女神でした)

淡「いいですよ・・・というかごめんなさい!」

尭深「あ、謝る必要はないよ、今度一緒にお茶いれよっか///」

亦野「お、尭深ー、それがさっき言ってたお茶?」

淡(!?え、亦野先輩?さっき照先輩と・・・ってまさか)



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:57:40.88 ID:gz41B9MXO
ちょー怖い人が来たよー



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:04:10.83 ID:T0rtca3/0

亦野「いや~今日の照先輩なんか気合入ってて気迫が凄かったですね~」

照「飛ばして終了しちゃった」テヘペロ

淡(こんの人はぁ~!時間稼ぎの意味わかってんのかよ!)

尭深「あ・・・それは///」

亦野「ん?なんか変な味のお茶だな?煮詰めたように濃い味・・・というか苦い!」

亦野「淡・・・これを尭深にも飲ませたのか?」

淡「え・・・えっと・・・その・・・」モジモジ

亦野「飲  ま  せ  た  の  か  と聞いている」

淡「は・・・はい!」

尭深「お・・・怒らないであげて、悪気はなかったんだし・・・」

亦野「・・・尭深がいうならそれでいいよ・・・」



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:05:37.72 ID:XXmwXodh0
ちびった



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:07:39.88 ID:mBxexVI30
あわあわ「あわあわ・・・」



64 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:08:21.32 ID:T0rtca3/0

淡(なんだろう・・・この申し訳なさ・・・)

淡(ちゃんと告白して・・・謝ろう許してもらえないかも知れないけど・・・)

淡「先輩たちすいません、実は・・・」

照「淡!言っちゃだめだ」

?「ほぅ、何を言ってはだめなんだ、照?」

照「こ、この声はまさか・・・」



65 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:08:28.87 ID:RqlHFQ3o0
あわあわまじあわあわ



68 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:15:51.50 ID:T0rtca3/0

菫「私が不在の間に何かあったようだな?しかもおまえが原因のなにかが」

照「な、なんのはなしかな?」

菫「あくまでシラを切るか・・・まあいい淡に聞けばわかるだろう」

菫「亦野、逃げないように照を羽交い絞めにしておいてくれ」

亦野「了解!」ガシッ

照「痛っ!もっとやさしくしてくれ、頼むから、たのむから~!」

尭深「??///」

淡(自分が騒ぎの中心なのに状況把握が追いつかず、?が目に浮かんでる尭深先輩萌へ~)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして私は先輩たちに事件のあらまし、動機などを細かに説明した・・・



70 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:20:05.15 ID:WBoADEMW0
いつも頬を染めてる尭深先輩かわいい



72 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:25:20.21 ID:T0rtca3/0

菫「・・・小学生か?お前らは」ハァ

照「ため息つくと幸せ逃げるよ?」

菫「余計なお世話だ」スパーン

照「痛っ」

亦野「まぁ確かに尭深はかわいいからイタズラしたくなるのもわかるけどね?こんな風に!」スカートメクリンチョ

尭深「キャァ!!な、なにするの誠子///」

亦野「いいじゃないか、減るもんじゃなし」

菫(イチャイチャすんな馬鹿ップル)

淡(イチャイチャすんな馬鹿ップル)

照「イチャイチャすんな馬鹿ップル」



77 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:36:08.41 ID:T0rtca3/0

亦野「?カップル?やだなぁ私はノーマルですよ異性愛者、アハハ」

淡「そ、そうなんですか?」

亦野「まぁ尭深は女の子が・・・特に部内の誰かが好きなんだっけ?」ニヤニヤ

尭深「ちょ、ちょっと誠子!それ以上言ったら・・・///」

菫・照・淡「」

淡(もしかして私?も、もしそうなら・・・わーーーー!!どうしよ?どうしよ!?//////)ワーワーキャーキャー

菫(ふむ・・・部内恋愛禁止にするか・・・しかしそうすると私と照が・・・)ブツブツブツ・・・

照(たぶん私だろうが、残念だが私にはすでに妹の咲と言う運命の相手がいる)キリッ



78 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:40:25.43 ID:qSGrBP6X0
尭深のおもちを優しく揉んであげたい



84 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:53:00.96 ID:T0rtca3/0

菫「ま、まぁこの話はひとまず終わりにしよう」

菫「いつの間にかもう下校時刻だ、気をつけて帰れよ」

菫「おっと照、お前は帰り私と付き合え。少し教育してやる」ニッコリ

照「ま、まさかまたアレをやるのか・・・頼む、アレだけは・・・アレだけはやめてくれ!」ブルブルブr

淡(アレってなんだろう・・・凄く気になるよ~)

亦野「・・・・・・」チラッ

尭深「?///」チラ

亦野「ガンバレ」ボソッ

尭深「//////」コクン



86 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:00:59.76 ID:T0rtca3/0

亦野「それじゃあ私用事あるから先に帰るね、ホラ先輩たちも帰りましょ」

菫「お、押さなくても歩けるぞ、亦野」

照「アレだけは・・・アレだけはいやだ」ブツブツブルブル

~~~~~~~~~~~~~~~

シィン

尭深「あ、淡ひゃん///」

淡「は、はい、尭深先輩なんですか?(噛んだ、かわいい)」

尭深「その・・・きょ、今日は楽しかったよありがとうね///」

淡「いえいえ~こっちこそ先輩を困らせちゃいましたし」

淡「それに困った顔も可愛かったですし~」ニコッ

尭深「うぅう~///」



92 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:12:19.62 ID:VyCtkU/J0

尭深「淡ちゃんはいっつもずるいよ・・・」

淡「え・・・」

尭深「人の気持ちも知らないで・・・いつも私を困らせるの・・・」

淡「・・・」

尭深「もうおさえらんないよ、淡ちゃん///」

淡「せ・・・先輩?///」

尭深「だからごめんね///」チュ

淡「え?///」

尭深「っ~~~~//////」タタタタタタタッ

淡(突然ほっぺにキスされて、逃げられた///)



98 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:22:23.91 ID:VyCtkU/J0

淡(尭深先輩、反則ですってあなたの可愛さは///)

亦野「淡、おめでとう」

淡「ありがt・・・うわあ!?ま、亦野先輩いつの間に!?」

亦野「ついさっき・・・かな。尭深が飛び出してきたあたりで」

淡「覗き見なんて悪趣味ですよ」

亦野「まぁいいじゃないか」

亦野「それでどうするんだ、つきあうのか?」

淡「・・・正直いきなりだったんでわからないです・・・うれしいんですけど・・・」

亦野「けど?」



102 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:31:32.14 ID:VyCtkU/J0

淡「・・・自信ないんです・・・尭深先輩にずっと好きでいてもらえる自信が・・・」

亦野「そうか・・・よし!それじゃあ今日うちに泊まれ!」

淡「はぁ?いきなりなんですか?」

亦野「私はあいつと仲いいからな、いろいろアドバイスできるかもしれない」

淡「た、たしかに・・・でもいきなりいいんですか?」

亦野「両親ともに海外で傭兵やってるからいないし大丈夫だよ」

淡「よ、傭兵!?本当ですか!?」

亦野「ハハハ冗談だよ、マイケルジョーダン」

淡「古すぎますよ、そのダジャレ」



104 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:34:25.05 ID:oe7t93fSO
男前すぎるわ



105 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:34:43.15 ID:0EbQvz2U0
せーこちゃんかわええww



110 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:41:02.43 ID:VyCtkU/J0

~~~~~帰宅中~~~~~~~

亦野「淡、あそこが私の家だ」

淡「あそこですか」

亦野「それでちょっと先に入っていてくれるかな?」

淡「買い物とかですか?それなら付き合いますけど」

亦野「いや個人的な用事だからいいよ、鍵はしまってるけど呼び鈴ならせば開けてくれるよ」

淡「?まぁわかりました」

亦野「それじゃあ、また後で」ニヤリ

~~~~~~~~~~~~~

淡(あぁ~緊張するな~、先輩の家始めてだし)ピンポーン

?「は、はーい、今空けます///」



112 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:45:55.74 ID:VyCtkU/J0

淡(ん?この声聞き覚えが・・・)

尭深「お、おまたせしました~って淡ちゃん!?どうしてここに?///」

淡「尭深先輩こそなんで・・・」

亦野「そ・れ・は~私が呼んでおいたの」

淡「先輩!?どうして?」



118 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:54:28.40 ID:VyCtkU/J0

亦野「そりゃ二人の様子を見れば一目瞭然」

亦野「尭深は重度の恥ずかしがりや、それが告白なんてしようものなら」

亦野「恥ずかしくなって逃げ出すだろうし」

尭深「///」

亦野「淡は淡で突然の告白にパニックになってたみたいだし」

淡「///」

亦野「推測なんだけど告白の返事もしてないんじゃないか、淡?」



123 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:08:28.81 ID:VyCtkU/J0

亦野「まぁ玄関で立ち話もなんだし、中に入ろう」

尭深「う、うん///」

淡「そ、そうですね///」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

淡(家に入った後は、亦野先輩の提案で三人で晩御飯を作ることにした)

(普段から料理をするという亦野先輩の提案でカレーになった)

(私が野菜の皮むき、尭深先輩が食材を切って、亦野先輩が炒めて煮る・・・)

(尭深先輩の切り方かわいかったなぁ・・・尭深「ね、猫の手ニャーニャー///」・・・萌え死ぬかも)



127 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:16:20.54 ID:VyCtkU/J0

淡(そして今に至る)

淡(簡単に言おう・・・お風呂である)

淡(亦野先輩の気遣いにより私と尭深先輩の二人風呂)

淡(やばい!やばい!!やばい!!!)

淡(先に入っててといわれ現在in湯船)

淡(・・・今脱衣所に尭深先輩がいる!それだけで私のぼせちゃう!)



129 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:23:08.21 ID:VyCtkU/J0

カタッ・・・ カラララ・・・

淡「キタ!」

尭深「お待たせ///」

淡(うわぁ~おいしそうなおもちだぁ~)

淡(…ダメダメッ、淡。先輩に嫌われちゃう。ここは淑女として発言しないと)

淡「すばらしいおもちですね」キリッ

尭深「え///あ、ありがとう・・・?///」

淡(なにをいってるんだ~!私~!と、とりあえず・・・)

淡「背中流しますよ」

尭深「あ、ありがとう///」



133 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:31:32.77 ID:VyCtkU/J0

尭深「背中流してもらうの初めてかな///」

淡「そうなんですか、それじゃあ私が初めての相手ですね」

尭深「そう…なるね///」

淡(なんか私凄い発言した気がする・・・)

淡「あ~///えっと先輩綺麗ですね」

尭深「ひゃう///と、突然そんなこといわないでよ///」

淡「せ、背中ですよ・・・」

尭深「ふぅ~///」



134 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:37:35.37 ID:VyCtkU/J0

尭深「そ、そろそろ交代しよっか?・・・あ///」クルッ

淡「わっ、急に振り向かないで・・・って」

尭深「ん///」

淡(顔が近い・・・尭深先輩顔真っ赤・・・それに目も瞑って・・・これはつまり・・・)

淡「・・・いいんですね?」

尭深「言わせないでよ///」

淡(そして二人は互いに唇を近づけていった・・・)



136 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:45:36.93 ID:VyCtkU/J0

淡(互いの唇が交わろうとしたそのとき・・・)

亦野「バスタオル脱衣所においておくよ~」

淡「わっ///」

尭深「///」

亦野「?大丈夫・・・あ、もしかして邪魔しちゃったのかな?」

淡「も、も~からかわないでください!!」

亦野「ごめんね~ごゆっくりどうぞ~」

淡「も~~~~~!」

尭深「///」



140 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:59:08.03 ID:VyCtkU/J0

淡(亦野先輩の乱入?もあり、またお互いに体を流し始めた)

淡(背中を流し終わり、湯船に二人で入った)

淡(お互いに向かい合う形・・・自然と言葉を発することができなかった)

淡(尭深先輩の、まるで私のすべてを見通してしまうかのように黒い瞳)

淡(私の煩悩を見通してるみたいでなんだかうれしかった)

淡(そしてどちらともなく唇を近づけ触れ合った)

淡(邪魔が入らないことがわかるとさらに貪りあった)

淡(これが私と尭深先輩のファーストキスであった)



144 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:07:49.50 ID:VyCtkU/J0

淡(お風呂をあがると亦野先輩に寝室に案内された)

亦野「この部屋客間なんだけどここでいいかな?」

亦野「ベッドはひとつしかないんだけどね」

尭深「///」

淡「こ、この部屋でお願いします。いろいろありがとうございます」

亦野「ん~?ははぁ~ん、なるほどなるほど~」

淡「ど、どうしたんですか///」

亦野「なんかいい顔になったなって思っただけ」

淡「も、もう///」

亦野「ちゃんと返事してあげなさいよ」ボソ

淡「・・・はい///」



148 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:22:50.55 ID:VyCtkU/J0

淡(そして二人でベッドに入った。亦野先輩は自分の部屋だそうだ)

亦野「他人の恋路を邪魔するやつは馬にけられて何とやら~」

淡(だそうだ。明日改めてお礼を言おう)

淡(ベッドの中で向かい合うような体勢で、目を見つめ告白の返事を囁いた)

淡「尭深先輩・・・ううん、尭深・・・これからもよろしくね///」

淡(それからのことは伏せておこう)

淡(ただひとつ、これだけは言っておく)


淡(尭深のおもち、ごちそうさまでした)



156 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:57:59.75 ID:VyCtkU/J0

~~~~~翌日~~~~~

淡「おはよう・・・た、尭深///」

尭深「おはよう、淡///」

亦野「おやおや朝からお暑いね~」

淡「おはようございます、先輩。ってちゃかさないでくださいって///」

尭深「おはよう、誠子」

亦野「朝ごはんできてるから食べて学校だよ」



157 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:00:09.40 ID:VyCtkU/J0

淡「それじゃあありがとうございました亦野先輩」

亦野「うん、またなにかあったらまた来な」

尭深「それじゃ誠子・・・先行ってるね」

淡「尭深///」サッ

尭深「うん、淡///」ギュ

亦野「ヒューヒューあついねお二人さん」

淡「微妙に古いですよそれ…」

亦野「うっさい早く行け」


亦野「・・・はぁ、青春だね~」



159 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:04:49.39 ID:VyCtkU/J0

~~~麻雀部~~~

照「痛いよぅ。お尻が、真ん中が痛いよぉ。咲ぃ~・・・咲ぃ~・・・」

淡「・・・弘世先輩、あれ・・・なんですか?」

菫「・・・世の中には知らないほうがいいこともあるんだぞ?」ニコッ

淡「ひっ」ゾクッ

尭深「淡、こっちに来て///」

淡「尭深、なに?///」

菫「ん?お前たちまさか・・・」



161 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:09:38.45 ID:VyCtkU/J0

淡「えっと・・・なんていうか///」

尭深「お付き合い・・・しています///」

菫「そうか・・・まあ喜ばしいこと・・・になるかな」

菫「あまり羽目をはずさないようにな」

淡「はい」///
尭深「はい」///



162 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:19:48.11 ID:VyCtkU/J0

淡「尭深、それで何の用事?」

尭深「昨日の玉露なんだけど・・・淹れてようか///?」

淡「うん、尭深の淹れてくれたお茶飲みたいな」

尭深「それじゃ今淹れるね・・・淡///」

淡「ありがと、尭深///」



淡・尭深(私たちの日常は少し変わった)

尭深(準備する湯飲みがふたつになって)

淡(お茶の時間が楽しみになって)

淡・尭深(私の隣にはあなたがいる)

カン



164 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:21:57.59 ID:8EI1btAF0
亦野さんマジイケメン



165 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:22:54.56 ID:0EbQvz2U0
お幸せにーもー!
なにこれすごい幸せな気持ち。すばらです!




166 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:24:21.93 ID:MSP0zcPO0
乙乙
渋谷さんとあわあわの絡み新鮮だったわ




169 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:29:39.67 ID:VyCtkU/J0

>>166
生意気なんだけど寂しがりやのあわあわが大人しい渋谷さんに突っかかっていくけど
なぜか優しくされていくうちにいつしかそれが恋となり・・・

とかいう妄想の産物です

女の子の数だけ百合があるのでどうぞおためしあれ




168 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:28:34.29 ID:zGwqK6ZE0
乙!





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344170332/
[ 2012/08/06 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。