SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紬唯梓「進撃の幼馴染」



律「進撃の澪」
澪「進撃の律」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:07:40.45 ID:mPUWv+5y0

律「なぁムギ、聞きたいことあるんだけど」

澪「…」

紬「私も聞きたいことあるけど、りっちゃんからどうぞ」

律「では僭越ながら」

律「…」

律「スモールライトとか持ってない?」

紬「私はドラえもんじゃないわよりっちゃん」

律「だよな」


紬「(りっちゃんの中の私はどういう風に見えてるのかしら)」

紬「じゃあ今度はこっちの質問」

紬「二人ともなんで見上げるくらいに大きいの?」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:13:28.13 ID:mPUWv+5y0

律「実は今朝変な夢見てさ」

紬「夢?」

律「そう夢」

律「夢ん中にあたしと澪が居てさ、夢ん中のあたしはすっごい巨人なの」

律「で、なんで夢ん中のあたしが巨人になったかというと」

紬「うんうん」

律「自分で自分の手を噛んだかららしい」

紬「なにそれ」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:18:20.34 ID:mPUWv+5y0

律「さぁ?あたしも分かんない」

律「とりあえずやけにリアルな夢だったからさ」

律「朝起きた後にもしかしたらなーって、試しに外で噛んでみたんだ」

紬「そしたら」

律「こんなんなっちゃいました」

紬「なるほど」

紬「澪ちゃんはどうして?」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:24:07.88 ID:mPUWv+5y0

澪「…私も律と大体同じだ」

澪「夢を見たあとに興味半分で手を噛んだ」

紬「そしたら」

澪「こうなった」

律「ん?澪もあたしと同じ夢見たのか」

澪「こっちの夢だと私が巨人になってたけどな」

律「ふーん」

律「…」

律「澪の夢の中にさ、あたしっていた?」

澪「!」



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:31:09.30 ID:mPUWv+5y0

澪「…」

澪「い、居なかった」

律「えー!居なかったの?本当に?」

澪「ほ、本当だ!」

律「ちぇー、残念だなー」

紬「どうしてりっちゃん?」

律「いやー夢ん中の澪が有り得ないくらい可愛くてさ」

律「澪もあたしと似たよーな夢見たなら、その夢ん中にあたしが居てもおかしくないだろ?」

律「そのあたしはどんなんだろうなって気になった」

紬「なるほど」



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:36:18.72 ID:mPUWv+5y0

澪「い、居なくて残念だったなーあはは」

澪「はは…」

澪「(本当は居たけどさ…)」

澪「(夢とはいえ律にあんなことしてたなんて言える訳ないだろおおおおお///)」

澪「///」

紬「(澪ちゃんの顔が赤い?)」

紬「…」

紬「(ははーん)」

律「?」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:45:13.97 ID:mPUWv+5y0

紬「事情は概ね分かったわ」

紬「にわかには信じ難いけど…」

紬「実際に巨人化してる以上、信じざるを得ない…か」

律「まさかこんなことになるとは」

澪「全くだ」

紬「巨人化したのが合宿中だったのが幸いね」

紬「もし、家や学校で二人が巨人化したらと考えると…」

澪「…新聞の見出しを飾れるな」

律「…か、考えたくもない!」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:51:49.79 ID:mPUWv+5y0

紬「むむぅ…」

澪「ムギ?どうした?」

紬「ねぇ」

紬「私も巨人になれるのかな?」

律「へ?」

紬「二人は手を噛んだら大きくなったのよね?」

澪「そうだけど」

紬「私も噛んでみる!」

律「えぇ!?」

澪「だ、駄目だムギ!もしムギまで大きくなったら!」

律「そ、そうだぞムギ!あたしら誰に頼れば…」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 22:58:10.17 ID:mPUWv+5y0

紬「私、ウルトラマンになるのが夢だったの!」

紬「琴吹紬、変身!」

がぶっ

律澪「「ああっ!」」

紬「…」

紬「…」ぷるぷる

紬「…痛ぁい」ぐすん

律「…見事な歯形の跡だな」

澪「良い歯の形してるよな」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:13:04.58 ID:mPUWv+5y0

紬「なんで私だけ大きくならないのかしら…」

律「うーん」

澪「ムギだけ巨人になる夢を見てないからじゃないか?」

澪「私達のこの状況と今朝見た夢は無関係じゃないと思う」

律「あー…それっぽいな」

紬「私ちょっと寝てきます!当分起こさないでね!」たたたっ

律「今から寝たって巨人の夢を見れる保証なんて無いからやめなさい、あたし達の為にもやめなさい」むんず

紬「は、離して~」

澪「エヴァでこんなシーンあったな」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:21:49.90 ID:mPUWv+5y0

すたすた

梓「おはようございます、今日が合宿最終日ですよね?」

梓「今日こそちゃんとれん…」ぴたっ

唯「むぎゅ!」どんっ

唯「痛たた…あずにゃあん、急に止まったら危ないよ~」じ~ん

梓「ムムムムギ先輩…!」

唯「ほえ?ムギちゃん?」

梓「ムギ先輩が巨大な律先輩に食べられそうになってるー!?」

唯「な、なんだってー!?」がーん



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:30:28.83 ID:mPUWv+5y0

澪「あ、梓に唯か。おはよう」

梓「こっちには巨大な澪先輩!?」

唯「すっごいねぇ」

律「誤解だー!あたしはムギを食べようとなんかしてねー!」

紬「お父様…お母様…先立つ不幸をお許し下さい…」

律「悪ノリすんなー!」

梓「ちょっと待って脳の整理と処理が追いつかない」

唯「おっきいねぇ」

澪「唯も唯で追いついてなさそうだな」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:40:55.23 ID:mPUWv+5y0

りつりつみおみお

律「…という訳だ」

澪「まぁ、信じられないよな」

梓「信じるも信じないも無いでしょうこれ」

梓「実際にお二人の姿を見ると」

唯「つまりウルトラマンになったんだね!」

律「ちっがーう!何を聞いてたんだ!」

紬「りっちゃんと澪ちゃんだけ変身出来るなんてずるいよね唯ちゃん!」

唯「ずるいねムギちゃん!」

澪「(ムギはそんなになりたかったのか…)」

澪「(…なんで?)」



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:48:29.27 ID:mPUWv+5y0

唯「ねーねーりっちゃん」

律「なんだー唯?」

唯「りっちゃんの肩に乗ってみても良い?」

律「あたしの?」

唯「駄目?」

律「別に良いぞ。ほら、まずは手に乗ってくれ」

唯「よっと」

律「落っこちるなよー」

律「ほい、肩に移って」

唯「よよっと」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 23:55:17.33 ID:mPUWv+5y0

律「どうだー?」

唯「すっごーい!高いよりっちゃん!」

唯「水平線が見えるよ水平線!」

律「壮観だろ?」

唯「創刊?」

律「壮観」

唯「そうかん!」

律「そうかん!」

唯律「「あははははは!」」

梓「(…なんか楽しそう)」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:02:57.93 ID:mPUWv+5y0

梓「…」うずうず

澪「…」

澪「梓も私の肩に乗ってみるか?」

梓「へっ!?わ、私は別に…」

澪「本当に?」

梓「…やっぱり乗りたいです///」

澪「よし来た」

澪「こちらの手へどうぞ」

梓「はっ、はい!」

紬「(嬉しそうねー)」



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:13:50.56 ID:4PRySALM0

澪「どう?梓」

梓「ちょっと怖いですけど…」

梓「…それ以上に気持ち良いですね」

澪「それは良かった」

梓「こんな経験、普通じゃ出来ないです」

澪「私としては経験したくなかったけどな」

澪「まぁ…」

澪「この景色が見れるなら、ちょっとだけ巨人化して良かったって思うよ」

澪「(お、良い歌詞が浮かびそうかも)」

紬「(うー、良いなぁ)」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:22:57.84 ID:4PRySALM0

唯「ねぇねぇりっちゃん!もっと上に乗ってみて良い?」

唯「具体的には頭の上!」しゅたっ

律「わ!駄目だって唯!ていうか立つな!」

唯「えー、ほんのちょっとの間だけだよ」

律「駄目だって!今はカチューシャ付けてないから掴めるもの無いし」

唯「ぶー」ぐらっ

唯「わあっ!」

律「ゆ、唯!?」



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:29:07.59 ID:4PRySALM0

唯「あーれー!」

律「唯ー!!!」

澪「律!どうした!?」

律「ゆゆゆ唯が肩から落っこちた!」

梓「唯先輩が!?」

律「急いで助けなきゃ!」

律「…って、あれ?…唯が下に居ない」

律「ムギー!唯がそっちに落ちなかったかー!?」

紬「いいえー!落ちて来てないわー!」

澪「…律」



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:34:37.68 ID:4PRySALM0

律「なんだよ澪!急いで唯を見つけなきゃ…」

澪「見つけた」

律「へ?」

澪「見つけた」

律「え?ど、どこに…」

梓「り、律先輩の後ろ髪にぶら下がってます!」

律「なにー!?」

唯「う、腕がもう限界です…」

律「わーわー!澪取って取って!助けて助けて!」



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:42:01.28 ID:4PRySALM0

唯「…」

律「…」

澪「…」

梓「…」

紬「(あ、私肩に乗り損ねた)」

唯「…ご、ごめんなさい」

律「全く…なんとか落ちずに済んだものの…」

律「急に立ち上がるんじゃない!」

唯「ごめんなさい!りっちゃん!」

梓「背筋がヒヤっとしましたよ…」

澪「次からは気を付けろよ」

紬「(え!次があるの!?良かった~)」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 00:49:03.27 ID:4PRySALM0

唯「はい!気を付けます!」

ぐぅ~

唯「お?」

紬「あ、そういえばまだご飯食べて無かったわね」

澪「怒られてるというのに緊張感の無い奴だな、唯は」

唯「いや~///」

梓「褒めてないです」

紬「じゃあ、このままバーベキューしましょうか!」

律「ちょっと待って!あたしと澪はどうすんだよ!」



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:01:31.47 ID:4PRySALM0

梓「そうですね…お二人ともこれだけ大きいと何を食べても食べた気しないんじゃ…」

澪「というか、食材が小さすぎてまず掴めないだろ」

紬「ふふふ、琴吹をなめちゃいけないわよりっちゃん!」

律「うん?」

紬「この別荘の冷蔵室にはカット前の牛肉やら巨大ベーコンやらビッグハムやらがやたら貯蔵されてるのよ!」

唯「すごいね!」

紬「それをそのまま焼けば大丈夫!」

律「こ、これが資本主義か…!」

澪「(全部肉だな)」



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:07:46.24 ID:4PRySALM0

ばーべきゅー!

唯「美味しい!」

梓「美味しいですね!」

紬「たくさんあるからね~」



律「…」

澪「…」

律「なんか…肉が大きすぎるからか、なかなか焼けないな」

澪「そうだな…」

澪「(野菜食べたかったなぁ…太るぞこれ)」



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:16:14.99 ID:4PRySALM0

唯「りっちゃん、澪ちゃん、食べないの?」もぎゅもぎゅ

律「いや、肉に火が通らなくてさ」

律「ゆっくり待ってんの」

唯「ふーん」ごっくん

紬「唯ちゃ~ん、こっち焼けたよ~」

唯「はーい」とてとて

律「…」

律「(くぅ~!唯が純粋ゆえにムカつく!)」

澪「(もう唯を食べようかな)」



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:22:08.31 ID:4PRySALM0

律「…」

澪「…」

律「もう良いかな」

澪「ん」

律「ほい、澪の」

澪「ありがと」

律澪「「いただきます」」

律「…」もぐもぐ

澪「…」むぐむぐ



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:27:17.26 ID:4PRySALM0

律「美味しいけどさ」

澪「うん」

紬唯梓「「「あははうふふ」」」

律「なんか温度差を感じる」

澪「もっと焼くか?」

律「そうじゃねぇよ」

澪「冗談」

律「はぁ…早く戻りたい」

澪「…」



56 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:38:35.71 ID:4PRySALM0

唯「ごちそうさまでした!」

梓「ごちそうさまです」

律「ごちそうさまー」

澪「ごちそうさま」

紬「おそまつさまでした♪」

梓「食べる時間遅かったせいか、もう夕方ですね」

唯「もう帰る準備しないとね」

律「帰る…あっ」

澪「今日が最終日だからな…あっ」

律澪「「どうやって帰るんだ?ていうかこれからどうするの?」」



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:47:40.34 ID:4PRySALM0

律「のほほんとしてたけど、あたしら巨人のままじゃん!」

澪「問題の解決に向かって何の進展もしてないぞ…」

梓「ど、どうしましょうか」

紬「…仕方無いわ、二人にはここに残ってもらいましょう」

唯「え!二人を置いてくの!?ムギちゃん!」

律「ム、ムギの薄情者~!!!」

澪「律、落ち付けって。ムギがそんな奴な訳無いだろ」



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 01:58:10.63 ID:4PRySALM0

紬「そうよりっちゃん」

紬「二人には一時的にここに居て貰うだけ」

紬「私はこれから戻って、琴吹グループの総力を挙げてスモールライトを開発するよう頼んできます!」

律澪「」

紬「2、3日以内には試作品を持って戻って来るから我慢しててね!」

ブオ~…

唯「あ、汽笛の音だ」

梓「帰りはあの船みたいですね」

紬「それじゃ!待っててね~りっちゃん、澪ちゃん!」たたたっ

律「ちょっ!ムギ!」



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:04:07.69 ID:4PRySALM0

紬「後で斉藤に救援物資を持って来させるから~」

唯「頑張るんだよ!りっちゃん!澪ちゃん!」

梓「学校や家族の皆さんには私達が上手いことごまかしておくです!」

ブオ~…

律「行っちゃったよ…」

律「信じて待つしか無いか…」

澪「…」

律「どした澪?さっきから静か…」



61 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:10:01.60 ID:4PRySALM0

がばっ

澪「りつぅ!りつぅ!うわぁ~ん!!!」しくしく

律「み、澪!?いきなり抱きつくなよ!重いって!///」あせあせ

澪「重くない!うわぁ~ん!!!」しくしく

律「お、落ち付け!///」

澪「うえ~ん!!!」

律「ど、どうしよ!?」



63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:19:08.85 ID:4PRySALM0

律「(とりあえず落ち着かせなきゃ…)」

だきっ

律「ほーら、泣くなって。泣いてちゃ分かんないだろー?」

澪「…ひぐっ」

律「(お、効いたか?)」

律「…落ち着いたか?じゃあ離…」

ぎゅっ

澪「…もう少しこうしてる」ぐすっ

律「…おう」

律「(かっ…可愛い…///)」



67 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:27:57.11 ID:4PRySALM0

律「…」

澪「…」

律「(な、長い///)」

澪「…」

すっ

澪「…ありがと律、落ち着いた」

律「そ、そうか?そりゃ良かった」

律「(終わるとなると名残惜しい…)」



68 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:36:38.12 ID:4PRySALM0

律「…で」

律「急にどうしたのさ」

澪「…ずっと我慢してた」

律「何を」

澪「…怖がるの」

澪「ずっと考えてたんだ…もし戻れなかったらって」

澪「今日一日ずっと泣きそうだった」

澪「でも皆の居る手前、子供みたいに泣く訳にもいかなくて…」

律「…道理で変に冷静だったり、下手な冗談飛ばしてた訳だ」



70 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:43:40.32 ID:4PRySALM0

澪「…律は怖くないのか?ずっとこのままなのかも知れないんだぞ?」

律「…怖くない訳じゃない」

律「正直なところ、不安有りまくりだよ」

律「でもさ」

律「澪と一緒なら、あたし怖くないよ?」

澪「!」

律「なーんてのは、カッコつけすぎかな?」

澪「…ばかりつ」



71 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:49:57.40 ID:4PRySALM0

律「へへ…でもこれは本当の気持ち」

律「あたしの大事な気持ち」

澪「それって…」

律「うん」

律「多分さ」

律「あたし…澪が好き」

澪「…本当に?」

律「多分ね」

ぎゅっ

澪「そこはちゃんと好きって言え…馬鹿」



73 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 02:59:23.98 ID:4PRySALM0

律「…ごめんごめん」

ぎゅっ

律「心の底から好きだよ、澪」

澪「(りつ…いいにおい…)」

澪「私も…好き」

澪「ずっと」

澪「ずっと前から好きだったんだから…」

律「本当に?」

澪「…多分な」

律「…そこはちゃんと好きって言え馬鹿」

澪「…お返しだ」



74 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:06:08.90 ID:4PRySALM0

律「じゃあ、あたしもお返し」

ちゅっ

澪「…んっ///」

律「…まいったか///」

澪「…お前がお返ししてどうするんだよ」

澪「もう一回私がお返しだ」

ちゅっ

律「んむっ…///」

律「(みお…いいにおい…)」



75 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:12:53.53 ID:4PRySALM0

澪「…ど、どうだ///」

律「…」

律「…澪のこと、もっと好きになったかも///」

澪「…わ、私も律のこと、もっと好きになった///」

律「へへ///」

澪「ふふっ///」



76 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:19:46.74 ID:4PRySALM0




澪「あ…見て律、星」

律「…本当だ」

澪「…綺麗だな」

律「ってか、もうそんな時間なのか」

澪「…ムードの無い奴だな」

律「失礼ね!あたしだって年頃の乙女ですのよ!」

澪「はいはい」



79 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:25:19.52 ID:4PRySALM0

律「んー…」

律「よっと!」ぴょん!

澪「何してるんだ」

律「いやー」

律「今のあたしなら、星に手が届くかなって」

澪「…届く訳無いだろ」

律「知ってるよ」

律「でも手を伸ばさずにはいられないんだなー」ぴょん!

澪「…ばか」



80 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:32:01.96 ID:4PRySALM0

律「なぁ澪」

澪「なぁに律」

律「あたしらが大きくなったのって、もしかしたら神様からのプレゼントかもな」

澪「なんで?」

律「だってそれのおかげであたし達は想いが通じあったんだぞ?」

律「そう考えると、悪くなくない?」

澪「…悪くない」

律「だろ?」

澪「だな」



82 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:38:04.40 ID:4PRySALM0




律「…澪、もっとこっち来て」

すっ

澪「…」

律「目、閉じて」

澪「ん」

ちゅっ

律澪「「………」」

がばっ

律「…もう止まんない」

澪「…りつ」



84 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 03:42:06.75 ID:4PRySALM0

律「澪、あたし澪に言いたいことあるんだ」

澪「奇遇だな…私も律に言いたいことあるよ」

律「みお」

澪「りつ」

律「あたしと」

澪「私と」



律澪「「ひとつにしてあげる」」

おしまひ





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344172060/
[ 2012/08/06 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。