SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美希「あついの~」 伊織「じゃあ離れなさいよ!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:35:34.13 ID:HRwkhJJR0

美希「はおぉ~」グデーン

伊織「だから重いってば~…」

美希「いい匂いなの~」スンスン

伊織「あぁ、もうっ!暑っ苦・し・い・のよぉ!」コツコツ

美希「ん、ん…もうでこちゃん…ミキのおでこに意地悪しちゃヤなの~」

伊織「誰がでこちゃんよ!いいから離れなさい!暑いんでしょう!?」

美希「でこちゃんの体温なら耐えられるの!」

伊織「私が耐えられないのよ」

美希「よいではないか~…よいではないか~…」ノッシリ

伊織「…はぁ…もう好きになさいよ」

美希「それでこそでこちゃんなの!やさしくてかわいいの」ナデナデ

伊織「……」

伊織「…///」ニヘラ



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:38:14.29 ID:HRwkhJJR0

美希「でも暑いものは暑いの」ガバッ

伊織「きゃ!ちょ、ちょっと!急に起き上がらないでよ!」

美希「これは対策が必要なの」

伊織「…まぁそうね。エアコンも壊れてるし、無駄に日当たりがいいし」

美希「そうそう、扇風機も壁にかかってるあれだけだから、勝手が利かないの」

伊織「…考えうる限り最悪な環境じゃないここ…死人が出るわよ」

美希「ちょっとまぶしいのもキツイの…」

美希「とりあえず、でこちゃんはリボンを外して、前髪を下すの」

伊織「…」

美希「どうしたの?」

伊織「念のため聞くけど…何で?」

美希「………………アハッ☆」

伊織「…」イラッ



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:41:50.08 ID:HRwkhJJR0

美希「怒らないでほしいの~」スリスリ

伊織「こっちだって怒らせないでほしいわよ!ていうか暑い!頬ずりやめなさい!」

美希「やっぱりスベスベプニプニお肌なの~!」

伊織「///…ふ、ふん、当然でしょう?何せ私は」

美希「とりあえずブラインドを閉めるの」スクッスタスタ

伊織「…」

美希「…あれ?こっちは開ける方のヒモで…あれ?」

伊織「…ハァ…見てらんないわよまったく…」スタスタ

伊織「それ、こう持って右側のヒモを引くのよ。ちょっとだけ力が必要…こういう風に」ジャ

美希「んっと…あ、できたの~!」ジャコジャコジャコジャコ!!

伊織「開け閉めを繰り返さない!うるさいのよ!」

美希「あっと…ごめんなさいなの」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:46:09.25 ID:HRwkhJJR0

美希「これで良し、なの!あ、でこちゃん、もうイオリボンは外さなくていいの」

伊織「イオリボンって何よ!ていうかもとからそんな気なかったわよっ!」

美希「…」ジー

伊織「?…な、何よ」

美希「…あは!うんうん、やっぱりでこちゃんはでこちゃんでないといけないの!」

伊織「はったおすわよ?」

美希「おこっちゃや~の!」ダキッ

伊織「も~~~あ~つ~い~の~よっ!」コツーン!

美希「あふぅ!」

伊織「寝ていなさい!向かいのソファで」

美希「や!こっちがいいの!でこちゃんと一緒がいいの!」ゴロン

伊織「…///」サッ

美希「何で顔を隠したかは聞かないでおいてやるの」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:48:25.32 ID:HRwkhJJR0

美希「…誰も来ないの」

伊織「そうね…小鳥も今日はオフだし」

美希「……」

伊織「…何よ、二人きりはさすがに退屈かしら?」

美希「ううん、そんなことはないの…」

伊織「…じゃあなんで黙ってるのよ」

美希「…今、次はでこちゃんにどんなアプローチで行こうか考えてるの」

伊織「嫌な予感しかしないんだけど」

美希「今のところガッチュhaaaaaaaan!が第一候補なの。どう?」

伊織「拒否却下」

美希「つれないの~。だからでこちゃんは…あっこれはさすがによしとくの…」

伊織「…何よ?」ジロ

美希「な、なんでもないから!気にしない方がいいの!」

美希「っていう風に、言われずに寸止めされるほうが腹が立つってことなの。本当に何もないんだよ?」

伊織「…」イラッ



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:50:39.25 ID:HRwkhJJR0

美希「…暑いの」ギュー

伊織「だから暑いなら…はぁ、もういいわよどうでも」

美希「でこちゃんあったかい…安心するの」

伊織「あんた私より大柄じゃない」

美希「こういうのは体じゃなくて……うん、オーラみたいなものなの」

伊織「…」

美希「王よ…ついてゆきます…なの」

伊織「それを言うなら女王でしょ」

美希「…あはっ!でこちゃんが玉座でふんぞり返る姿なんて見たくないの!」グリグリ

伊織「そんなのこっちから願い下げよ」



12 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:52:46.48 ID:HRwkhJJR0

美希「でこちゃんはどっちかって言うと、戦場では先頭に立って引っ張るタイプなの」

伊織「え?絶対違うわよ。逆逆」

美希「だけどなかなか死なないの。いつも先頭で、ちょっと不安になるような馬の走りを見せつけるの」

伊織「…軍の士気が有頂天になった…」ボソッ

美希「…………………はいィ?」ジロリ

伊織「私が悪かったわ、続けて」

美希「…こうやって、たまにボケてみたくなっちゃうけど、面白くないでこちゃんが好きなの」ナデナデ

伊織「…い、いいから続けなさいよ…///」ジワッ

美希「は、恥ずかしがりながら照れながら泣きながらデレる…」

美希「これはまさに萌えの~…?」

伊織「…」

美希「萌えの~…?」ツンツン

伊織「…いやよ、絶対に言わないわ」

美希「うん、美希もこの流れでもし言ってたら、でこちゃんを殴ってたかもしれないの」

伊織「怖いわよ!しかもふってきたの自分でしょ!?」



15 名前: >>12訂正 美希「うん、美希もこの流れで→美希「うん、ミキもこの流れで 投稿日: 2012/08/05(日) 20:55:27.09 ID:HRwkhJJR0

美希「体の内側から冷やしたいの!」

伊織「…マイペースなんだから」

美希「冷蔵庫には~…」トコトコ

伊織「今日は私も確認してないわね…一緒に行くわ」

美希「open the eyes!」クパァ

伊織「音がおかしいわよ!確かに接続部分はゴム質だけれど!」

美希「涼しい~…あ、意外とあるの~」

伊織「麦茶に牛乳に…あら、ケーキもあるのね」

美希「でこちゃん、何飲むの?」

伊織「私は…いいわ、ジュースもないし」

美希「ケーキもいいの?」

伊織「誰のかもわからないじゃない」

美希「きっとハニーがミキのために買ってきてくれたのだと思うな!」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:57:30.85 ID:HRwkhJJR0

伊織「…だとしたらなおさらいらないわ」

美希「贅沢な舌なの」

伊織「違うわよ、それが億が一でもあのバカからアンタへのプレゼントかもしれないのに」

伊織「それを、たまたまいただけの私が食べられるもんですか」

美希「…ヒューなの。でも主導権はミキにあるから、食べるも食べないもミキ次第なの」

伊織「な、何よ…い、言っとくけど、食べない本当の理由はのどが渇くからだからね!」

美希「はいはい、分かってるのー!でも~…うん!じゃあ、ミキもいいの!」

伊織「どうしたのよ?兆が一でもそれはアンタのなんでしょ?」

美希「それでも、ひとりで食べるのはちょっとつまらないの」

美希「でこちゃんと一緒に食べるのが好きだから、ジュースのない今日は遠慮しておくの!」

伊織「な…な…///」

伊織「……ふ、ふん!じゃあ戻るわよ」

美希「あ、でも麦茶だけでも飲んでおくの~」



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:00:01.42 ID:HRwkhJJR0

伊織「…あ、あれは…」

美希「帰還したの!~ってでこちゃん?それってうちわ?」

伊織「そう。そこのダンボールに入ってたわ」

美希「ナイスなの!扇ぎ合いなの!」

伊織「嫌よ、無駄に疲れちゃうじゃない」

美希「でも、楽しいよ?」

伊織「…」

美希「でこちゃ~ん?ファンでファンファンしてファンするの?しないの?」パタパタ

伊織「……はぁ、分かったわよ」パタパタ

美希「それでこそなの~」ペタパタ

伊織「って私のうちわの正面から打ち消すように扇がないでよ!意味ないじゃない!」フブフブ

美希「細かいことは気にしないの~」パタガガチャッガチ!

伊織「気にして!そしてぶつけないでよ!」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:01:36.81 ID:HRwkhJJR0

美希「…」パタパタ

伊織「…」パタパタ

美希「…」パタパタ

伊織「…」パタパタ

美希・伊織「「飽きた」の」

美希「…あは!やっぱり気が合うの!」ポーイ

伊織「冗談じゃないわ、今のは合ったんじゃなくて合わせたのよ」コト

美希「お~~でこちゃ~~ん」ゴロン

伊織「また来た…暑いってのよ…」

美希「でこちゃんの太もも…」

伊織「…な、何よ」

美希「……ううん、ミキは逆にこれぐらいの方が好きなの~」コテン

伊織「もう…相変わらず失礼な奴だこと」ナデナデ



20 名前: >>19マジ?「はいなの」って返事にまで「の」つけるから、そんな印象だった、すまんの 投稿日: 2012/08/05(日) 21:04:33.02 ID:HRwkhJJR0

美希「oh...今すっごく自然になでなでに入ったの…これはいい…」

伊織「…じ、自分でも言われてようやく気が付いたわ…//」ナデナデ

美希「やっぱりでこちゃんとの相性はいい感じなの…あふぅ」

伊織「ちょっと…寝ちゃわないでよ?」

美希「それは無理な……相談………らろ……」スゥ…

伊織「いくらなんでも早すぎるわよ!」

美希「スゥ…スゥ…スゥ…」

伊織「完全に寝てる…どうしようかしら…」

美希「スゥ…スゥ…スゥ…ニヘヘ」ニヘラ

伊織「…こんなの、起こそうにも起こせないじゃない…」

伊織「…まったくもう…」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:06:54.92 ID:HRwkhJJR0

ガチャ

P「ただ今戻りま~し!」

伊織「『た』ぐらい言いなさいよ」

P「お、その声は伊織!…と、美希?眠ってるのか?」

伊織「気にせず大声出していいわよ。コレには早く起きてほしいし」

P「珍しい組み合わせだな。でもいいね、何だか心が温まる光景だ」

伊織「ふふん、この伊織ちゃんにかかれば何気ない風景だって、一瞬で映画のワンシーンよ!」

美希「うぅん…でこちゃんうるさい…」ムクリ…

伊織「あら、やっとお目覚めかしら。おはよう」

P「おはよう美希。いい光景をありがとう。いい夢を見れたか?」

美希「あ、ハニー!帰ってきてたの?」

P「今帰ったところさ。ところで時間、まだいいのか?」

美希「時間?……う~ん、今から準備始めて少し余裕があるぐらいなの…」

P「良かったじゃないか」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:09:10.55 ID:HRwkhJJR0

美希「あんまりよくないの…ミキ的には少しはくっちゃべっていたかったの!」

伊織「よく言うわよ、私の足がしびれるくらいぐっすり寝てたくせに」

美希「あふぅ…仕方ないの。準備してくるの…」トボトボ

P「安心しろ、今日は俺付き添い行けそうだから」

美希「!!ホ、ホント!?」パァ

P「本当だよ。だからほら、早く行って来い」

美希「ハイなのー!」フッ…

P「き、消えた…!いや、消えたように見えた…音さえも…!」

伊織「高速移動ってレベルじゃないでしょ今の…」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:11:16.11 ID:HRwkhJJR0

P「そうだ伊織、美希の相手してくれてありがとうな。個人待機の予定だったからちょっと心配だったんだ」

伊織「どうってことないわ。どのみちアンタには会う用事があったんだし」

P「お、なんだ?告白か?」

伊織「違います。」ニッコリ

P「じょ、冗談だよ…前渡した報告書だろ?」

伊織「分かってるじゃない、ほら、これ。確かに預けたわよ」

P「はいはいっと」

<ハニー!ジュンビデキタノー!

P「マジ!?早!」

伊織「ほら、あんたも早く行きなさい」

P「はは、そうするよ、それじゃあ伊織!戸締りよろしくな!」ガチャ

伊織「はいはい行ってらっしゃい」フリフリ



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 21:12:46.06 ID:HRwkhJJR0

バタン

伊織「…やっと騒々しいのがいなくなったわね…」

伊織「…」

伊織「…私も帰ろう…」ピポパポ

ガチャ!

美希「でこちゃん!」

伊織「ひゃん!!え、美希…行ったんじゃなかったの?」

美希「えっとね、でこちゃんにばいばいって言ってなかったと思って!」

伊織「…はぁ…別にいいのに…」

美希「そんなことないの!これはミキの気持ちの問題なの!」

伊織「…まったくもう…分かったわよ。行ってらっしゃい、美希。これでいい?」

美希「(パァァ)…うん!行ってくるのー!」ニッコリ

バタン

伊織「…はぁ…まったくもう…子供なんだから!」

                               ――――――終わり―――





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344166534/
[ 2012/08/05 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。