SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恭介「理樹と鈴の性事情を詳らかにしたい」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:32:36.96 ID:qmlx4dV/0

恭介の部屋――

恭介「さて、選ばれしバスターズのメンバーたちよ。まずはよく集まってくれた、協力に感謝する」

真人「おめぇがしつこく召集かけたからだろうが。宗教の勧誘かよ、ったく」

謙吾「で、恭介。一体俺たちを集めて何の話だ? 俺の部屋に来い、としか聞かされていないぞ」

葉留佳「しかも、何で部屋がこんなに真っ暗なんですかネ?」

小毬「ちょ、ちょっと怖いかも…」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:33:31.35 ID:zcaqgySH0
                     - ―― - 、_
               ,..:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.
             /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.ヽ
              /:/:.:./.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.';:.:.ハ.
              /ィ.:.:./:.:.:./.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:.i:.:.l.:.:..:.!:.:.:.!
              /.:./.:.: /.:.:/.:,イ:./.:.:.: /:l:.:.:.:/_,」.:.:.:.;.:.:.:.!
.           ,'.:./.;.:./:.::./メ、lイ.:.:.:./i斗イル/.:/.:/.:.:.:,'..  Sha La La Ecstasy~♪
           l.:/lイ:/!.: ==z !:.:./レ1z==,7/:./´`V
           レ' レ'1.:.:;イ/ ̄ !:/   ̄ /イ:./7 ノ
.              l:./!:l      ,     /イ- ィ'
           /´〉 レ' l∧  __ ,-‐¬z、.  /!:.:/
           | ! _, - 、ー、/.::::.`ヽ 丿/イ:./
           ! l/ ヽ ヽ , イ:::::::..i_'イ /ィ::ヽ
           l,..:'‐ヘ ヘ ∨ {:::::::::/ _ ノフ:::::ハ
       , _,....::‐'::´::::::::::.ゝ._ト、」〉 }-‐イ-'r<、::::::::::::〉、_
    _,..:‐:'::::::::::::::::::::::::::_;::-‐' ´ /j | !  ノ::::::!l::::::::://:::::`::ー- 、_
、 r'´.:::::::';:::::::::::_;::-‐'´、_, -‐ '´ヽ;⌒ヽ j |::::::|l:::::://:::::::::::::::::::::::::` ー- 、
丶l」:::::_;: -‐'l´「   l_!  i   ヽノ 〉-〈 レ!.|::::::!L.//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:35:46.31 ID:qmlx4dV/0

来ヶ谷「恭介氏。有無を言わさず連れてきたんだ。なるべく手短に用件をお話し願いたいところだな」

美魚「来ヶ谷さんに同じです。わたしたちも暇というわけでもないですし」

恭介「ああ、分かってるさ」

美魚「そ、それと…部屋の電灯も点けていただきたいところです……」

来ヶ谷「ふっふっふ。美魚君は可愛いな。このままペロリと食べてしまいたい」

美魚「っ! か、からかわないで下さい」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:35:59.05 ID:Bz86vRM/0
littlebusters



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:40:20.12 ID:qmlx4dV/0

恭介「悪いが、これは雰囲気づくりによるものだ。我慢してくれ」

クド「雰囲気、ですか? …ハッ! ま、まさか…これから怪談を始めるおつもりですかっ」

美魚「ひっ」

来ヶ谷(ああ、可愛い)

恭介「怪談じゃない。ただ…もっと刺激的な内容だ」

葉留佳「恭介さん、もったいぶらずに早く教えてくださいよー」

小毬「あの~…それと、りんちゃんと理樹君がいないのは、どうしてなんですか?」

恭介「いい指摘だ、小毬君。中心メンバーのあいつらがこの場にいないのは、もちろん意味がある」

恭介「…というより、あいつらがいては困る、といった方が正しいな」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:43:59.33 ID:qmlx4dV/0

来ヶ谷「理樹君と鈴君に関する話題か」

恭介「その通りだ、来ヶ谷」

小毬「ふぇ? 二人がどうかしたの?」

謙吾「それをこれから話すんだろ、あいつは」

葉留佳「あー、理樹くんと鈴ちゃんにナイショの話ってことですかネ?」

クド「内緒の話…どきどき」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:47:20.31 ID:qmlx4dV/0

真人「なんだ? 二人に秘密でみんなで筋トレして、ボディビル大会であいつらに恥でもかかせようってのか」

謙吾「そんなわけあるか…。いや、ありうるな」

来ヶ谷「ねぇよ」

美魚「恭介さん、お願いします」

恭介「ああ。単刀直入に言おう」

一同「………………」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:52:40.32 ID:qmlx4dV/0

恭介「…………と、その前に」

真人「おおおおぉぉぉいっ!!」

謙吾「なに? なに? なんなんだよ、いったい!?」

来ヶ谷「お前たち、ノリノリだな…」

美魚「これが深夜のテンション…というものなのでしょうか」

葉留佳「あーん、もうっ! 気になって仕方ないですヨ!」

クド「わふーっ! 恭介さん、引っ張りすぎですー!」

小毬「み、みんなー、あまり大きな声出しちゃダメだよぉ」

恭介「悪い悪い、まずはあいつらの関係について確認しておこうと思ってな。言うまでもないとは思うが、一応だ」

恭介「…ひと月前に直枝理樹と棗鈴。俺の可愛い幼馴染と妹が、晴れて恋人同士になった」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 23:58:20.71 ID:qmlx4dV/0

小毬「うん、知ってるよー」

葉留佳「ほ、本当に今更ですネ…」

恭介「まあそう言うな。本題はここからなんだからよ」

恭介「この事実を踏まえ…心して耳を傾けてほしい」

真人「いいから早く言えって。気になってんだからよ」

恭介「ああ、もちろんだ。そのためにお前らを集めたんだから。んじゃ、言うぞ」

一同「……………………」

恭介「俺は――」














恭介「――理樹と鈴の性事情を詳らかにしたい」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:04:01.17 ID:E0TKQ1Yr0

真人「…」

謙吾「…」

美魚「…はい?」

小毬「きょ、恭介…さん?」

クド「政治上…が、あのお二人に何の関係があるのでしょうか?」

来ヶ谷「クドリャフカ君、おそらく漢字を間違えている。性別の性に事件の事、情報の情だ」

クド「わふ? ……?」

クド「……っ!? わふーっ!?」

来ヶ谷(暗闇で判断できないが、きっと顔を真っ赤にさせているのだろう。かわゆい)

葉留佳「せ、性事情って……マジですかっ」

恭介「ああ、マジもマジ。マジマジだっ!」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:08:51.04 ID:E0TKQ1Yr0

来ヶ谷「正直……あの二名がいない時点で、このような展開になる可能性は考えてはいた」

恭介「おっ、そうなのか。さすがだな、来ヶ谷」

来ヶ谷「だがあくまで可能性の話だ。見知った友人の情事の観察など、プライバシーの侵害も甚だしいからな」

来ヶ谷「恭介氏は、もっと常識のある人間だと思っていたが」

美魚「…言動が衝撃的過ぎて、未だに理解が追いついていないのですが」

小毬「きょ、恭介さん? そういうのはダメなんじゃないかな」

クド「わわ、私も、そう思いますですっ…わふぅ……」

恭介「お前たちの言うことも尤もだ。……だがよ」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:12:30.00 ID:EHzwEyi70
クドが可愛すぎて連れ去りたい



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:13:12.51 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「俺は、ガキの時から…あいつらを見続けてきたんだぜ?」

恭介「それが、いつの間にか成長して…気づけば俺よりもでっかい人間になっちまった」

真人「え? 理樹も鈴もお前より小さいだろ」

葉留佳「えっ」

美魚「…とぼけているのでしょうが、この場合は身長の話ではなく人間性のことを指しているのではないかと」

真人「……」

謙吾「真人……」

真人「ああそうだよ! 分かってなかったのは俺だけだよ、ごめんなさいでしたーーーーーっ!!」

来ヶ谷「……それで?」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:18:42.70 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「寂しいじゃねえか」

恭介「そりゃ、俺はあいつらが成長するのを願ったさ。実際、頼もしくなったのは素直に嬉しい」

恭介「そして二人が恋に落ちるのも分かっていたし、付き合う話を聞いて俺も心から祝福した」

恭介「だが、考えてもみろ」

恭介「恋人になっちまったら…あいつらは俺たちのことを忘れてしまうんじゃないか」

真人「いや、それはねえだろ」

恭介「いいや、あるっ!」

真人「断言しやがった……」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:24:35.34 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「いいか? あいつらは恋人同士、彼氏彼女の関係だ」

恭介「そう考えると当然、恋人らしい行為に励むだろう。手をつないだり、抱きしめあったり、キスをしたり…」

恭介「そして、セックスだ」

小毬「ふぁぁ!?」

クド「ひ、ひぇ~なのです…」

恭介「おっと…表現が直接的過ぎたか。性交とか、交接と言った方が良かったか? もしくは交尾か」

葉留佳「ふ、フツーにえっちでいいですヨ…」

恭介「そうか?」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:28:31.01 ID:26iIzRDg0
俺のさみしげなさざなみ様の出番あるのか



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:30:49.80 ID:EHzwEyi70
>>26
さ さ せ が わ さ さ み で す わ !!




27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:28:30.94 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「で…えっちをしたりして、より深く、濃密にお互いを理解し合う」

恭介「幸福感に満たされ、そして二人はやがて気づくんだ」

恭介「あれ? もう自分たち二人だけでいればいいんじゃね?」

恭介「恭介とか、別にいなくてもいいんじゃね?」

恭介「つーか、いらなくね? ……と」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:32:49.02 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「俺は、あいつらに自分の足で強く歩いて行ってほしいと願った。…俺たちと永遠に離れ離れになったとしても、だ」

恭介「だが…俺たちはあの二人に救われた。そして今はもう、俺もそんなことは微塵も思っちゃいない」

恭介「むしろ、ずっと一緒にいたいくらいだ」

恭介「俺は言いたい。いつだって俺たちはお前らと一緒にいたいんだと、そう伝えたい」

恭介「そしてそのために俺は――」




















恭介「――理樹と鈴の性事情を詳らかにしたい



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:36:38.94 ID:ddXp60zV0
相変わらずぶっ飛んでやがるぜ



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:40:12.42 ID:E0TKQ1Yr0

来ヶ谷「要約すると、興味本位で理樹君と鈴君のセックスを見たいと」

恭介「仕方ないだろっ! あいつらのことが気になって夜も眠れないんだよっ!」

真人「こいつ、否定しやがらねえ」

謙吾「途中までは美談だったんだがな…」

恭介「何なんだよ、何でこんなに理不尽なんだよ、畜生っ!!」

美魚「理不尽も何も、ただのわがままかと」



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:46:02.84 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「余計なことは一切考えずに答えてくれ」

恭介「ぶっちゃけ、興味あるだろ?」

来ヶ谷「それはまぁ…興味津々だが」

小毬「だ、だめですよ恭介さん。二人には二人だけの時間が~」

恭介「小毬は、興味ないのか?」

小毬「あ、あう~……」

葉留佳「面白そうっ! はるちん興味ありますヨ!」

美魚「同じく幼馴染である、井ノ原さんに宮沢さんはどのように考えていらっしゃるのでしょうか」

真人「…まぁ興味あるな」

謙吾「俺もだ」



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:53:07.59 ID:E0TKQ1Yr0

クド「わ、私、私は…やっぱり、そのぅ」

恭介「ああ、みなまで言うな。…分かってるから」

クド「絶対誤解されてますっ!?」

美魚「ですが恭介さん。あの二人はまだ付き合ってひと月です。そこまで事を運んでいない可能性も十分考えられます」

恭介「ああ、その通りだ西園。だから余興として、みんなで予想してみようじゃないか」

謙吾「予想というのは、奴らが…その、肉体関係を持ったか否か、ということか」

恭介「ああ」

謙吾「お前最低だな」

謙吾「…だが、そこがいいっ!」



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 00:55:21.89 ID:EHzwEyi70
相変わらずおかしくなってしまった謙吾かわいい



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:01:19.13 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「最低で結構! 気になるんだからしょうがないんだよっ!」

葉留佳「もはややけくそで開き直ってますネ…」

美魚「恭介さん、女性として申し上げておきますが」

美魚「あなたの提言していることは、十分にセクハラに該当していますよ」

恭介「ああ。それは重々承知の上だ。もしも本当に嫌だったら、今からでも遠慮なく帰っていい」

恭介「まあ、この馬鹿二人には問答無用で協力してもらうがな」

真人「おい!」

謙吾「いいじゃないか、真人! 最近は理樹も鈴も、俺たちとあまり遊ばなくなったのはまごう事無き事実だ」

真人「それにしたってよ…身勝手過ぎだろうが」

謙吾「もしも理樹が、お前の部屋を出ていくと言ったら?」

真人「うおおおおおおおぉぉーーーーっ!! 理樹がいなくなったら俺は生きていけなくなるーーーーーっ!!!」



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:06:11.24 ID:26iIzRDg0
男子寮だけどいざとなれば「騒がしいわねなんなのあなたたち」って登場してくれることを祈る



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:08:44.80 ID:E0TKQ1Yr0

美魚「全く、困ったお兄さんですね」

恭介「さて、この話についていけない、という奴はいるか?」

一同「…………」

恭介「さすがお前たちだ」

来ヶ谷「言っておくが、根掘り葉掘り探るのはあまり感心しないぞ」

恭介「ああ。俺だって、全てを暴きたいわけじゃない。ただ、ホンの少し覗いてみたいだけなんだ」

美魚「まるで盗撮魔の言い分ですね」

小毬「さっき、詳らかって言ってたような…」

恭介「言葉のあやだ」



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:14:53.11 ID:E0TKQ1Yr0

美魚「それで予想ですが…」

美魚「もうとっくに初体験を済ませているのではないかと思います」

恭介「ほう? それはまた、なぜ?」

美魚「はい。直枝さんも鈴さんも、どちらかといえばシャイな性格です」

美魚「なので、一見するとその手の話にまだまだ無縁であると考えるのが妥当でしょう」

真人「西園、なんかお前いつもより言葉が弾んでないか?」

美魚「は、弾んでいません!」

葉留佳(ほほう…みおちんは意外とムッツリなんですネ)



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:20:17.93 ID:E0TKQ1Yr0

美魚「…しかし、わたしは見たんです」

クド「見た、とは?」

美魚「……直枝さんと鈴さんが、放課後の空き教室でキスしているのを」

一同「!?」

恭介「そ、それはマジか西園!? で、キスだけか、それ以上のことは……っ!?」

美魚「落ち着いて下さい、恭介さん。鼻息がかかって気持ち悪いです」

美魚「…わたしが見たのはそこまででした」

クド「わ、わふぅ~…」

恭介「そ、そうか……」



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:24:26.31 ID:bymRev9v0
こいつらは相変わらず楽しそうだな



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:26:08.94 ID:E0TKQ1Yr0

美魚「しかし、シャイとは言ってもあの二人は幼馴染…通じるところが、やはりあるのでしょう」

美魚「そんな特別な二人なら、わたしたちのイメージなど吹き飛ばし盛りまくっているのでは」

美魚「……以上がわたしの意見です」

葉留佳「……おー…」

来ヶ谷「熱弁だな、西園女史」

真人「やっぱりお前、言葉弾んでないか?」

美魚「弾んでいません」



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:33:48.22 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「なるほど。西園はイエスか」

恭介「他は? 言っておくが、これはイエスかノー。二者択一だ。『分からない』は通用しないからな」

恭介「んじゃ、小毬はどう考える?」

小毬「ふええ、わ、私!?」

恭介「ああ、聞かせてくれ」

小毬「え、ええと…私は……」

小毬「や、やっぱり二人はまだそういうことはしてないんじゃないかなぁ…?」

小毬「りんちゃんは恥ずかしがり屋さんだし、理樹君もプラトニックな関係を望んでる…と思います……」



57 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:38:58.67 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「なるほど。小毬はノーだな」

クド「あ、私も…小毬さんと同じですっ……わふ」

恭介「オーケー。能美もノーか」

恭介「来ヶ谷、三枝はどうだ?」

葉留佳「私もノーかなぁ。 全然想像できないっすヨ」

来ヶ谷「私はイエス、としておこう」

恭介「理由は?」

来ヶ谷「理由も何も、あの年頃の男女ならヤリまくるだろう普通」

恭介「そ、そうか」



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:44:15.79 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「んじゃお前らは?」

真人「イエス」

謙吾「ノーだな」

恭介「真人、どうしてそう思った?」

真人「好き合ってるなら、そうなんじゃないのか? よくわかんねーけどよ」

恭介「そうか。謙吾は?」

謙吾「ふ、あいつらはまだまだ子供だからな。そんなことまで気が回らんだろ」

恭介(お前が一番子供だっつの)



65 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:50:07.35 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「…で、当然俺はイエスと」

恭介「よし、分かった。お前ら、もう帰っていいぞ」

小毬「ふえ?」

葉留佳「え…そ、それだけ?」

恭介「十分だ。あいつらの関係について、お前らの意見も聞けたしな」

クド「あ、あのー…それなら、メールだけでもよろしかったのでは……」

恭介「いや、メンバーが一堂に会し直接意見を交換し合う。このことに意味がある」

来ヶ谷「恭介氏。いくら勝手知ったる旧友とはいえ、プライベートな問題だ。あまり踏み込み過ぎると……」

恭介「分かってるよ。うまくやるさ」

恭介「それじゃあ、解散!!」



66 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:54:08.25 ID:E0TKQ1Yr0

翌日――

恭介「さて…これを言うのも久々だな。ずっと理樹に任せていたからな」

恭介「……棗恭介。ミッションスタートだ」



70 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 01:59:45.05 ID:bymRev9v0
BGM脳内再生



71 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:02:37.67 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「おはよう恭介」

恭介「おう、おはよう理樹に鈴。仲いいじゃねえか」

鈴「当たり前だっ」

理樹「あはは。そんな喧嘩なんてしないよ」

恭介「そりゃそうだな。ハハ」

恭介(クク……理樹、鈴! 余裕かましていられるのも今のうちだぜ! 丸裸にしてやる!)



76 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:10:09.47 ID:E0TKQ1Yr0

昼休み――

理樹「恭介、次の試合なんだけどさ」

恭介「おう、どうした」

理樹「たまにはみんなのポジションを変更してみるのも面白いかと思って」

恭介「なるほど。確かに思い返してみれば、試合だと固定しているな」

理樹「うん。だから今度は色々弄って新しい選択肢を開拓しようよ」

恭介「いいな、それ。そうしようか」

鈴「……あたしは理樹とじゃないと嫌だぞ」

理樹「試合中だけだから、ね」

恭介(微笑ましいな)

恭介(……とてもこいつらが情事に励むとは考えられないが)



80 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:16:08.55 ID:E0TKQ1Yr0

放課後――

恭介(さて、放課後だ)

恭介(西園の話だと空き教室でイチャイチャしていたらしいが…)

恭介(……まあ、いきなり今日見つけられるとは俺も思ってないさ)

恭介(とりあえず、適当にセックスできそうな場所を潰していくか)



83 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:21:29.32 ID:E0TKQ1Yr0

体育倉庫内――

恭介(……何とはなしに寄ったんだが……)
恭介(……!!)




鈴「……理樹っ」

理樹「うん」

理樹「……ちゅっ」

鈴「んっ……」

鈴「………ふぁ」

理樹「もう……甘えん坊だな、鈴は」

鈴「うるさい」

鈴「……もう一度だ」

理樹「うん。……ちゅ」



恭介(お…おいおい、始まっちまったぞ……!)
※恭介は全て見えている状態です



84 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:22:42.48 ID:E0TKQ1Yr0

1.リトバスにエロが不要なのは周知の事実、見る価値なし。当然、スキップモード発動

2.たまにはエロだっていいだろう。スキップなんてするか、バーカ!


>>86>>90まで多数決
1、2以外は無効



86 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:23:34.58 ID:pZjfUclF0
2



87 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:23:43.98 ID:5bYinEjC0
2



88 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:24:57.47 ID:bymRev9v0
おもしろそうなので2



89 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:25:20.42 ID:TfllW7Tk0




90 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:25:22.32 ID:m1MCnHa8O
例え恭介氏でもそれ以上はまずいだろう

2だな




93 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:32:44.51 ID:gPsKCTb80
そんなにエロティックな展開が見たいのか?安価に出まくってるぜ!



92 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:32:42.00 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「……鈴。毎日、こんなことしてるとさすがにバレるって」

鈴「……だって、あたしはもっと理樹と一緒にいたいんだ」

鈴「……んっ!」

理樹「り、鈴……」

鈴「ちゅ…」




恭介(ま…毎日ッ……だとぉ…………!?)
恭介(いつからか知らんが…俺は今まで気づいてなかったのかよっ!)



97 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:39:04.36 ID:E0TKQ1Yr0

鈴「理樹……っ」

理樹「……」

鈴「んぁっ!」

理樹「そんなこと言われたら、僕っ……!」




恭介(おお……理樹が鈴を熱烈に抱きしめている……)
恭介(男らしいぞ、理樹)



99 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:45:41.60 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「鈴っ……鈴…」

鈴「……理樹だって甘えん坊だろ……」

理樹「うんっ……」

鈴「……ふふっ、ばーか」




恭介(……つーか、あいつら鍵閉めやがったから俺身動きとれねえ……)
恭介(…まぁいいか。どの道、見るつもりだったしな)
恭介(……徹底的に見尽くしてやんよ!)



104 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:51:31.40 ID:E0TKQ1Yr0

鈴「ほら、出せ……」

鈴「あたしがお前の、舐めてやるっ」

理樹「うっ…鈴……。今日はかなり、積極的だね…」

鈴「……だって、今日の昼……」

鈴「お前がっ、あたしとバッテリー組むのやめる、とか言われた気がしたからっ……」

鈴「……ちゅぷっ」

理樹「そ、それはちが……クッ!」

鈴「ふふ…ちゅ、腰が動いてる、ぞ……? ちゅぱっ」




恭介(うおおお、鈴が…あの鈴がフェラチオしてやがるぅ……)
恭介(……たまらんっ!)



106 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:54:35.96 ID:bymRev9v0
お兄ちゃんちょっと



108 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:57:08.28 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「鈴っ…」

鈴「ちゅぷっ……ちゅ……」

鈴「……きもちいいか?」

理樹「うんっ、すごい……くは」

鈴「よし……もっとしてやるから、な」

鈴「じゅるっ…じゅるる……」

理樹「ふわぁ……っ!」




恭介(理樹っ……なんて気持ちよさげな声を出しやがる!)
恭介(俺も興奮してきたぜ、ヒャッホゥ!)



110 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 02:58:33.63 ID:BUOGWxWw0
美魚「……」ピキーン



111 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:02:54.98 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「り、鈴! ……りんっ!!」

鈴(……びくびくし始めた)

鈴(そろそろか)

鈴「んっ、んっ」

理樹「…………っっ!!」

びゅくっびゅるるるっ
びくっびくん……

鈴「……っ!」




恭介(理樹の射精シーン……これは貴重だな。よく目に焼き付けておこう)
恭介(そして鈴の顔が精液まみれに……やばい。18禁レベルだ)



113 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:04:44.23 ID:Sk2RXSo80
シャラララララウーワー



115 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:05:29.68 ID:hRKpUn2t0
アーアアアーアー エーークスタシーーー



116 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:08:23.28 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「ふわ…りん……」

鈴「……相変わらず、すごい勢いだ」

鈴「……ちゅるっ」

理樹「……り、鈴。だからそんなの舐めなくても」

鈴「……まずいなっ」

理樹「無理しないでよ…」

鈴「……でも、理樹のだからっ」




恭介(鈴のやつ……なんて健気なんだ)
恭介(兄として、見習わなければならないな)



117 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:09:09.06 ID:FdbCGiZs0
美鳥「…ん?」ピキーン



119 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:10:44.69 ID:JiaztBvG0
美魚「…アリです」



122 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:16:46.76 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「鈴っ」

鈴「うんっ。次はこっち、だろ」

理樹「……ごくっ」

鈴「理樹のそれ…もうそんなに反り返ってるぞ」

理樹「だ、だって鈴がそんなにしてるから…」




恭介(ヴァギナを見せつけ理樹を誘う、か)
恭介(……お、理樹のナニ見えた)
恭介(確かに、すげえ角度で反ってやがる。すげえな)
恭介(……おっと、二回思ってしまった)



123 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:20:23.05 ID:JiaztBvG0
理樹のナニのほうに興味津々な恭介であった



124 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:22:53.84 ID:E0TKQ1Yr0

鈴「いま出したくせにっ」

理樹「入れるね鈴…もう、我慢できないよっ……!」

鈴「ーっ! んぁっ…」

理樹「すごい……びしょびしょだ」

理樹「…鈴っ!」

鈴「は、入った、ぞ…」

理樹「うんっ」




恭介(挿入シーン……しかも、俺の幼馴染と妹の)
恭介(……いかんな、新たな性癖に目覚めるかもしれん)



125 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:28:30.74 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「う、動かすよっ……!」

鈴「ふぁっ」

理樹「っ! きつい……っ」

鈴「~っ!? んんっ、んぁぁ!」

理樹(き、気持ちいいっ……!)




恭介(ピストン開始か)
恭介(……すげぇぴちゃぴちゃ音するな。鈴、愛液出しすぎだろ)



128 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:35:15.40 ID:E0TKQ1Yr0

鈴「り、りきっ! おまっ…は、はげし……すぎっ、ぁんっ!」

理樹「だ、だって、鈴がこんなに……締め付け……っ!」

鈴「んあああっ!! り、りきっ! りきぃぃっ!!」

理樹「りんっ! ……りんっ!!」

鈴「だ、だせっ…! あたしの、んぁっ! ……なか……にぃっ!」




恭介(ラストスパート……理樹も鈴も、よくここまで頑張った)
恭介(さぁ、あともうすぐだ! 二人とも、イッてしまえ!!)



129 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:36:16.53 ID:fBqco9+L0
避妊につっこめよあにき!!



130 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:36:35.48 ID:hRKpUn2t0
恭介「もう迷うな!とっととイケええええええ!!!」



134 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:41:47.79 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「でっ……出るッ…!」

鈴「んにゃっ……! りきぃぃ!」

理樹「っ!! うぁぁっっ!!」

どびゅるるるっびゅっびゅるるっ!
びゅくっびゅるるっびくんびくん!

鈴「んんんーっ!! んああぁぁっ!!」




恭介(おっ……おおおっ!)
恭介「……お前らっ」



136 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:49:24.12 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「すっ…すごいっ……! まだ、出る……!」

びゅるるるっびゅくっびゅる……
びゅるる、びくっびくっ……

鈴「ふぁぁぁ……っ」

鈴「……り、りきぃ………っ」

理樹「はぁっ…はぁっ……」

鈴「……すごいぞ、りきっ……」

鈴「……こんなに、おまえのせーえきが溢れてる」

理樹「……鈴」

鈴「……理樹」

恭介「くぅーーーーっ! お前ら最高だぜっ!!」

恭介「ひゃっほーーーーーーーーーーーーーーぅ!!!」



138 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 03:54:19.20 ID:E0TKQ1Yr0

鈴「っ!!?」

理樹「えっ!?」

恭介「ッ!!?」

恭介(……っ! し、しまった、俺としたことが…! つい、膣内射精で熱くなって…!)

恭介(まるで馬鹿じゃないかっ!!)

理樹「きょう…すけ……?」

鈴「……」



141 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 04:01:22.22 ID:E0TKQ1Yr0

理樹「え……もしかして、全部」

恭介「ま、待て! 待ってくれ理樹、鈴。これはよくある、不可抗力というやつだっ」

恭介「ほら、俺は教師に頼まれてさ、用具を持ってこいとか言われたんだよ」

鈴「……きょうすけ」

恭介「で、俺が着いてみればお前らが仲良く…なっ。だから、これはだな」

鈴「~~~っ!!」

鈴「し、死ねっ! 馬鹿兄貴ーーーーーーっっ!!!」

恭介「ぐぼォ!!?」



142 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 04:07:32.00 ID:E0TKQ1Yr0

翌日――

恭介「なぁ、悪かったって! この通りだっ」

鈴「シネ」

理樹「……」

恭介「おいっ! 頼むっ、無視しないでくれよ!」

謙吾「ミッションは、失敗だったな……」

真人「恭介も衰えたな……まあ最近の理樹と比べりゃ仕方ねーか」

来ヶ谷「あれほど気をつけろと釘を刺したんだが……」

美魚「究極の自業自得、ですね……」



144 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 04:12:50.53 ID:E0TKQ1Yr0

恭介「おい、小毬! 三枝に能美もっ! お前らからも言ってやってくれよ!」

葉留佳「い、いや~……さすがにこれははるちんもフォローできないと言いますか……」

クド「きょ、恭介さんがいけないと思うですっ…わふ」

小毬「恭介さん、調子の乗り過ぎはめっ! ですよ~」

恭介「お、お前たちまで……っ!」



145 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/19(木) 04:14:14.54 ID:E0TKQ1Yr0

謙吾「諦めろ、恭介」

恭介「ク、クソォ……!」





恭介とか、別にいなくてもいいんじゃね?

つーか、いらなくね?




恭介「……はっ!?」



いらなくね?



恭介「ーーーーーーーーーッ!!」

恭介「俺のバッカヤローーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!」



END





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342621956/
[ 2012/07/19 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。