SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京子「私達なりの別れ」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:17:13.99 ID:NVIbFSFM0

・・・・・・・・・・


「私達……別れようか」


背筋が凍りついた。

だって、突然のことだったから。

今日、私達は映画見に行ったり、買い物をしたり、

はたから見れば仲のいい女の子同士が遊んでいる、ように見えるけど

確かに、私と結衣はデートをしていた。

なのに――



2 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:19:51.24 ID:NVIbFSFM0

「別れよう?やっぱりさ、ダメなんだよ……女の子同士で付き合うなんて」

結衣は真剣な表情で、優しく、それでいて切なさを含めた声色でそう言った。

「え?結衣から告白してきたじゃん、勝手すぎるよ」とは言えずに、


「そ、そうだね……分かった」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:20:21.44 ID:NVIbFSFM0


としか言えなかった。

結衣のことは大好きだ。

でも、この表情をした結衣は多分何を言っても折れないから。

そこで私が「嫌だ」と駄々をこねても、何の解決にもならない。

むしろ、幼馴染という関係には戻れなくなる。


「じゃあ、明日から……幼馴染の関係に戻ろっか」

「うん……」



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:23:47.81 ID:NVIbFSFM0


沈黙が訪れる。

いつもなら、こんな沈黙も心地いいものだったけど、

今の沈黙はただ切なさが募るだけ。

でも、お互い何も言わない。

そろそろ、帰ろうかなと思っていたところ――


「勝手だと思うけど、ごめんな……元に戻るのは明日からだから」ギュ



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:25:50.98 ID:NVIbFSFM0

結衣に抱きしめられた。


「京子、これは私の最後の我が儘だから……許してくれ」


そう言って、結衣は私にキスをし、そのまま振り返らず去っていった。

私のファーストキスは、涙の味だった。



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:28:02.95 ID:NVIbFSFM0

結衣と私が付き合い始めたのは、高校2年生の林間学校の時。

高校生にもなって、林間学校があるとは思わなかった。

けど、案外この林間学校は生徒から人気があった。

「林間マジック」

というものが、この学校では代々伝わっていたからだ。

林間マジック、と言っても本当にマジック……手品を発表することではない。

ましてや、マジックペンのことでもない。

林間マジックというものは、簡潔に言うと、

林間学校中に告白すると成功する、という言い伝えだ。

なぜ、マジックかは分からないけど、その林間マジックで私と結衣は付き合うことになった。



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:30:22.45 ID:NVIbFSFM0


付き合い始めは、お互い顔を見合わせると照れてしまって逸してしまうし、

周りからは喧嘩したのではないか、と心配されたりもした。

でも、恋人という関係になれてからは

幼馴染の時よりもスキンシップをとったし、手つないだりもして、なかなか充実していた。

高校3年生になってからは、受験ということもあり、

あまりデートしなくなったが、その分一緒に勉強をした。

そんな風にすごして、付き合ってから半年がたった。

半年のうちに、結衣とはいろんなことをした。

でも、キスだけはしなかった。

私が拒んだからだ。



12 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:32:53.32 ID:NVIbFSFM0

以前に、結衣の顔が近づいてきた時に

私は咄嗟に結衣を突き飛ばしてしまった。

結衣を拒んだわけではない。

本当に、驚いただけだった。

正直に、突き飛ばしてしまった理由を言った時、

結衣は、

「驚かせてごめんね、次やった時優しくするから驚かないでね?」

と、悲しげに笑ってそう言った。



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:34:21.46 ID:NVIbFSFM0

次はやってこなかった。

私からやってあげれば良かったんだけど、

私と同じような反応されたら、と思うと怖くてできなかった。

多分、結衣もそう思ってやってこなかったんだと思う。


そして、結衣との最初で最後のキスをした。

胸があつくなって、苦しくて、その場にしゃがみこんで静かに泣いた。



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:35:44.69 ID:NVIbFSFM0

・・・・・・・・・・


翌日


「おはよう、京子」

「お、おはよう……」


朝、京子の家に迎えに行った。

幼馴染として。

多分、ちゃんと挨拶出来てたと思う。

だけど、京子は昨日のこと引きずっていたのかな……。

目の下にクマができていた。

ごめんな……。



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:36:54.80 ID:NVIbFSFM0


「あ、結衣ちゃん、京子ちゃんおはよう」

「おはようございます!」


あかりとちなつちゃんとも合流した。

あかりもちなつちゃんも、私と京子がいる高校へ入学した。

他にも、生徒会メンバーや千鶴さんも同じ高校だ。


「あれ?京子ちゃん、元気なさそうだけど……どうかしたの?」


あかりは周りの様子をしっかり見てるから、こういうことにもよく気がつく。



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:38:26.36 ID:NVIbFSFM0


「あ、うん……ちょっとね、寝不足ってとこかな」

「そっかぁ、ちゃんと睡眠をとらなきゃだよ?」


やっぱり、京子は私のせいで寝れなかったのか……。

私が、京子に別れを告げた理由、それは――



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:39:01.58 ID:NVIbFSFM0

~~~~~


デート前日


「結衣、そこに座りなさい」


突然、父がそんなことを言った。


「嘘であって欲しいが、お前、歳納さんとこの娘さんと付き合っているのか?」


頭の中が真っ白になった。


「どうなの?……結衣?」


隣で母も心配そうに訊いてきた。



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:40:54.65 ID:NVIbFSFM0


「…………」

「否定はしないんだな?」

「…………」


私は何も答えられなかった。

どう答えたら良いかわからなかったからだ。


「単刀直入に言う、別れなさい、同性と付き合うなんて世の恥さらしだ」


父は言った。そして、こう続けた。



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:41:49.29 ID:NVIbFSFM0


「船見の名を汚すんじゃない、お前はこの家のたった1人の娘なんだぞ、

 自覚をもちなさい」


父の言う言葉はもっともだった。

確かに、同性間で付き合うことは普通ではない。

でも、それを知っていてもなお、私は京子に告白したのだ。

京子が好きだから。

なのに、大げさかもしれないが、その勇気や頑張りを

全否定されるのは許せなかった。



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:42:44.95 ID:NVIbFSFM0


「嫌です、別れません」

「…今なら、まだ間に合うのよ?」


間に合っていたのなら、私は京子と付き合っていない。

間に合わなかったから、京子に告白した。

絶対口に出して言えないけど、私にとって歳納京子は大きい存在なのだ。

だから――


「とにかく、私は京子と別れるつもりはないので」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:45:32.68 ID:NVIbFSFM0


パチンッ


「っ!」


初めて父に殴られた。


「頭を冷やしないさい」スタスタ


と言って、私を押入れに閉じ込めて去っていった。

大人は自分勝手だ。都合の悪いことがあるとすぐに手をだす。

そんな人になりたくないと思った。



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:47:12.28 ID:NVIbFSFM0


そして、数時間後


「結衣?ご飯持ってきたわよ」


母がご飯を持ってきてくれたようだ。

だけど、今はそんな気分ではない。


「あのね、結衣……」


また説教か、と思ってため息をついた。



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:49:01.92 ID:NVIbFSFM0

「京子ちゃんとのことなんだけどね、結衣は京子ちゃんのこと本当に好き?」


当たり前だ。私は頷いた。


「だったら、京子ちゃんのこともちゃんと考えて欲しいの」


ちゃんと、考えた結果だって。

京子も私のことが好きだ。

だから、別れない。



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:50:27.48 ID:NVIbFSFM0


「結衣、今日お父さんに言われたこと……すごい悲しかったでしょ?

 辛かったでしょ?いつかは、京子ちゃんにもこういうことが起きると思うわ

 京子ちゃんも1人っ子よね……だったら尚更」


何が言いたいの?


「酷な話だと思うけど、親から反対される――全てを否定される――悲しみより、

 恋人から別れを告げられる悲しみの方がまだ軽いと思うの」

「…………」

「私が言うのもなんだけど……結衣はもう、親から反対される悲しみを知ったでしょ?

 それを京子ちゃんにも――」

「もういいっ!」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:54:00.95 ID:NVIbFSFM0

聞きたくない。聞きたくなかった。

母の話はもっともだ。

結局、私が選んだ道は同時に京子にも悲しみを背負わせる道で、

かと言って、別れるという道も京子に悲しみを与えてしまう。

でも……。


……私は、自分の無力さを思い知った。

そして、私は――



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:54:48.10 ID:NVIbFSFM0




「……分かった、京子と別れます」



~~~~~




31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:57:12.14 ID:NVIbFSFM0


自分では、京子の悲しみを共に背負って

京子と幸せに過ごせる自信がなかったから。

いや、悲しみを知った時点で、本当の幸せにはなれないと思う。

そんなこと言ってしまうと、

私が京子に告白した時……京子のことが好きになった時から

私は間違った道を歩んでしまったことになるのかな?



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 19:57:48.05 ID:NVIbFSFM0

でも、もう終わった恋だ。

京子のことは多分、ずっと好きでいると思うけど、

これからは、幼馴染として過ごさなきゃならない。

もう、戻れないから。



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:00:13.40 ID:NVIbFSFM0

「先輩方、また放課後です!」

「またあとでね~」


そんなこと思っているうちに、もう学校についていたのか。


そういえば、去年から、私達は娯楽部として放課後を過ごしている。

それも、生徒会……綾乃や千歳のおかげだ。

まぁ、正式な部活ではないんだけど。



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:02:33.98 ID:NVIbFSFM0

・・・・・・・・・・


放課後


「歳納さん~、ちょっと時間ええ?」


結衣と、部活に行こうと思って教室を出たところ、

千歳に話しかけられた。まぁ、話の内容はなんとなく……。


「お、おう」

「じゃあ、さきに部活行ってるぞ?」


結衣はそう言って部室に向かった。



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:04:11.68 ID:NVIbFSFM0

「で、話は?」

「ずばり言うで?船見さんと何かあったん?」


おぉ……。さすが千歳。もう、気づいたのか。


「別れたよ」

「やっぱり……、にしてもさっぱりしてるな~……歳納さんからなん?」


さっぱりしてるのか?そんなことない。

そう見えるのなら、私は自分を褒めるよ。



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:07:04.27 ID:NVIbFSFM0

「いや、結衣から」

「えっ……ちょっと驚いたわ~、まさか船見さんが……」

「うん、私も驚いたよ

 でも、しょうがないことだし」


そう、しょうがないことなのだ。

私は、結衣の別れを受け入れたのだから。


「しょうがないことって言ったけど、歳納さんはそれでええの?」

「……うん」

「本当に?」

「…………い、いいわけないよ」



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:09:39.06 ID:NVIbFSFM0

いいわけないじゃん!

まだ、結衣から別れの理由すら聞いてないんだよ?


「だったら、ちゃんと話し合わなきゃいけへんな?」


千歳はそう言って微笑んだ。

今、千歳と話してて気づいたけど、

理由きいてないじゃん!!

別れがあまりにも急すぎて、忘れてた……。



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:11:10.24 ID:NVIbFSFM0

帰り道


私は、部活へ行かず結衣たちが帰るのを待った。

1人で頭の整理をしたかったから。

また、別れることには変わりないと思うけど、

せめて理由が聞きたかったから。


そして、今私と結衣の2人きり。


「結衣、ちょっと公園よらない?」

「いいけど……」


話すなら、公園でゆっくり話し合いたい。



41 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:13:20.06 ID:NVIbFSFM0

「ちょっと、話し合おうよ」

「何について?」

「私たちについて、かな」

「もう、話すことはないと思うんだけど……」


私は、息を吐いた。

そして、大きく息を吸った。



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:15:07.79 ID:NVIbFSFM0


「理由!」

「は?」

「理由が知りたいの!結衣が別れを告げた理由」

「…………」


結衣は、黙ってしまった。

言いにくいこと、なのかな……。

でも、絶対聞き出してやる!



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:17:22.56 ID:NVIbFSFM0

「…………」

「結衣~?早く教えてくれないと……、

 結衣の恥ずかしいこと皆に暴露するよ?」


結衣がずっと黙っていたもんだから、脅してみた。


「……っ//」


あ、恥ずかしがった。


「お願い、教えて?納得ができないんだ」

「……それは――――」



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:19:09.02 ID:NVIbFSFM0

結衣の告白が続いた。

主な理由は、親に反対されたから。

親としては、そうなるだろうな~と1人納得する。

でも――


「結衣、ぶっちゃけて言っちゃうね?

 私の親、結衣と付き合ってること知ってたよ?」

「えぇぇぇええええ?!」


あ、驚いた。まぁ、そうだよね。うん。

結衣と付き合い始めてから、数週間のうちに

親にバレた。と言うのも、私が、口を滑らしたからだけど。



46 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:21:21.25 ID:NVIbFSFM0


~~~~~


「~~~~♪」

「あら、京子機嫌がいいじゃないの、何かいいことでもあったの?」

「うん!結衣がね~、デートに誘ってくれたからっ!…………あ」

「デート?!」

「あ、いや……」


うっかり言ってしまった。



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:23:24.08 ID:NVIbFSFM0

「え?!結衣ちゃんと付き合ってるの?女の子同士で?!」


ヤバい。……まずは、否定しなきゃ。


「……ち、ちが」

「否定しなくてもいいのよ?お母さんは、応援するからね?!」


呆気にとられた。

まさか、応援されるとは……。



48 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:24:56.74 ID:NVIbFSFM0

「じゃあ、今日はお赤飯ね!お父さんにも言っとくけど、多分大丈夫よ

 恋に性別なんて関係ないものっ、確かに日本では認められてないけど、

 同性愛が認められている国もあるのよ?」

「あ……はい」

「だからね、今のうちにそういう恋を経験しときなさい、

 さっき言ったことと矛盾しちゃうけど、

 結婚とかの話になっちゃうと、さすがに許せないかな

 でも、ほら、どうせ高校で付き合った子が結婚まで続くことは稀だし、ないとは思うんだけど」


お母さん、言ってることむちゃくちゃですが。



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:26:48.24 ID:NVIbFSFM0


「とにかく、今は今!未来は未来!

 女の子との恋愛は珍しいのよ?!いつか、別れると思うけど

 その時まで、精一杯恋しなさい!」


……びっくりしたぁ。

お母さん、さっぱりしすぎ!

というか、絶対好奇心とかでしょ!

はぁ、素直に喜べばいいのかわかんないよ。

でも、結衣には言わないほうがいいかな……。



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:29:00.25 ID:NVIbFSFM0

~~~~~


「って、ことがあったから」

「ま、マジですか」


結衣は、案の定呆然としている。

まぁ、この話を聞いたからね……。

一般世間ではあり得ない会話だと思う。



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:30:56.77 ID:NVIbFSFM0


「でも、良かった、ちゃんと理由がきけて……うん、

 これで、心おきなく幼馴染に戻れるよ」

「そっか……、私達これでよかったのかな」

「分かんないけど、私はよかったと思うよ」



56 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:31:27.02 ID:NVIbFSFM0


うん。こんな清々しい別れは、これから先経験することないだろうから。

別れを告げられた時は、悲しみで一杯だったけど、

なんか、吹っ切れた。一日で吹っ切れるのはどうかと思うが、

女の子同士だからこそ、別れても……今度は、友達からやり直せる。

結衣と付き合えて本当によかった。


「結衣、ありがとうね」



57 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:33:08.74 ID:NVIbFSFM0

・・・・・・・・・・


京子の話を聞いた。驚いた。まさか、親公認だったとは……。

このこと、私の親には言わないほうがいいよな。

母が言ってたこと実際ハズれてたし……。

また、ややこしくなりそうだし。



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:34:37.68 ID:NVIbFSFM0


……京子の話を聞いたとき、私は少し期待してしまった。

京子が、恋人であることを望むのを。

でも、京子は別れを選んだ。

案外、未練が残ってるのは私の方だったりして。


けど、確かにこれは恋だった。

私は自分の無力さを呪って、別れを選んだんだけど

むしろ、この選択で良かったと思う。

まぁ、親に感謝する気はないけど……癪だし。

何か、親に説教され殴られ1人悲しんで……

すごい遠回りしたけど――


「京子、ありがとう」



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:35:46.65 ID:NVIbFSFM0

・・・・・・・・・・


後日


あれから、私達は幼馴染として過ごしている。

もう、ギクシャクするようなこともないし、

むしろ……恋人だった頃よりは、心も体も楽かな~なんて思い始めた。

でも、それもちゃんとした思い出で、

いつか大人になった時に、結衣と一緒に懐かしみたいな。

これからも、そんな日々を送っていたい。



61 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:37:40.04 ID:NVIbFSFM0

「おい、京子何ぼーっとしてんだ?ほら、早く勉強しろよ」


むー、せっかく人がいい感じにまとめてるのにさー。


「はいはい、今からやりますよーだ」


そんな感じで今は、受験勉強頑張ってます。

結衣と同じ大学にいくために!



63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/18(水) 20:38:12.23 ID:NVIbFSFM0



おわり





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342606633/
[ 2012/07/18 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。