SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

咏「針生って、呼びにくいわぁ~」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:15:33.46 ID:hLd29pyt0

咏「ってことで、えりちゃんって呼ぶからよろしく~!」

えり「………」

咏「えりちゃん!お~いえりちゃん!」

えり「………」イラッ



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:19:40.88 ID:xori6Q1KO

えり「………あのですね、三尋木プロ」

咏「やだな~えりちゃん、解説してない時くらいプロって呼ぶのやめてよね、も~」

えり(面倒くさい…)

えり「……三尋木さん」

咏「咏でいいっての~!う~た~!」

えり「………」イラッ



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:23:02.07 ID:xori6Q1KO

えり「はぁ……咏さん?」

咏「ほいほい~?」

えり「仕事してください」

咏「仕事飽きたわ~やる気全然出ね~」

えり「………」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:25:06.38 ID:xori6Q1KO

咏「いやもうダメダメ、全然ダメ。仕事やめよ~ぜぃ?」

えり「そういうわけにはいかないでしょう……真面目に仕事してくださいよ」

咏「いや~お腹空いたしね~!も~ダメだわ~!」

えり「はぁ……なら、あと少し片付けたら、ランチに行きましょう?」

咏「あんみつ!それならあんみつ食べたいわ~」

えり「それご飯じゃないです…」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:27:03.37 ID:xori6Q1KO

咏「じゃあ早く行かね~?」

えり「だからあと少し片付けたら……」

咏「いや、私の分、もう終わってるし」

えり「………はい?」

咏「することなんにもねー」

えり「え…サボってたんじゃ…」

咏「私、仕事出来る女だからねぇ~」

えり「………」イラッ



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:30:51.42 ID:xori6Q1KO

咏「ほれほれ、半分よこしな?」

えり「え…でも……」

咏「さっさと済ませて、早くランチ行きたいし」

えり「は、はい…」

咏「これ全部片付けて、ランチして、そのまま直帰したいし~」

えり「さ、流石にそれは不味いんじゃ…」

咏「いやいや、やることやってるし、別にいいっしょ」

えり「無茶苦茶ですね、ほんと…」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:32:54.78 ID:xori6Q1KO

咏「ふんふ~ん」

えり「あの……三尋木さん?」

咏「ん~?」

えり「手伝ってもらって、すいません」

咏「いいよいいよ~あんみつ奢ってもらうし」

えり「ふふっ…それくらいでしたら、是非」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:35:15.38 ID:xori6Q1KO

咏「あと、三尋木じゃなくて、咏って呼べって」

えり「はいはい、咏さん」

咏「咏ちゃんでも全然構わないんだけどね~」

えり「流石にそれは……仕事中ですし」

咏「うっは~!恥ずかしがるえりちゃん可愛いな~!」

えり「もうやだこの人…」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:37:30.16 ID:xori6Q1KO

咏「ふふふ~ん」

えり「咏さん、今日ってそもそもノルマ無かったですよね?」

咏「ん~?自主出勤だね~」

えり「なにか今日中に済ませたい仕事でもあったんですか?」

咏「いんや、べっつに~?」

えり「え、ならなんで出勤したんですか?」

咏「いや、えりちゃん一人だと大変っしょ?」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:39:30.61 ID:xori6Q1KO

えり「………え?」

咏「ま、優しい優しい三尋木プロが、特別にお手伝いをしに来ただけですよっと」

えり「……すいません」

咏「謝んな~そこ。あと、勘違いもするなよ~?」

えり「え、勘違い?」

咏「あんみつの為に頑張ってるだけだし~」

えり「………ふふっ」



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:41:26.41 ID:xori6Q1KO

咏「笑ったから2杯奢りな~?」

えり「それくらい、全然いいですよ?」

咏「わぉ!えりちゃん太っ腹~!少しは痩せた方がいいよ~?」

えり「……奢り辞めようかな」

咏「ほい、終わりっと」

えり「……え?」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:43:39.80 ID:xori6Q1KO

咏「えりちゃん、まだかい~?」

えり「あ…す、すいません!」

咏「ん~~もうちょいじゃん?ほれほれ、また少し貸しな?」

えり「いや、流石にこれ以上は…」

咏「いやもう腹減って死にそう。すぐ死にそう。早くランチ行きたい」

えり「うぅ…すいません……」

咏「いんや、いいってことよ~」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:45:40.11 ID:xori6Q1KO

えり「はぁ…やっと終わりましたね」

咏「ほれほれ、早く早くランチランチ~」

えり「は、はい!すぐ準備します!」

咏「あんみつ3杯奢りが待ってるし~!」

えり「知らない内に1杯増えてる………って、そんなに入るんですか?」

咏「いや、その時にならんと知らんし」

えり「………」



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:47:37.53 ID:xori6Q1KO

咏「ま、とりあえず行かね?」

えり「……そうですね」

咏「あんみつあんみつ~っと」

えり「………」

咏「ん~~元気ないなぁ、どしたん?」

えり「いや、別に……」

咏「いや気になるわ~すっごい気になる。だから早く話し?ほれほれ~」

えり「………」イラッ



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:49:27.87 ID:xori6Q1KO

咏「ほれほれ、どしたどした~?」

えり「別に……咏さんは仕事出来て凄いなぁって思っただけです」

咏「ふむふむ」

えり「ちょっと羨ましいだけですよ」

咏「ん~……どのへんが?」

えり「………褒めてほしいんですか?」



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:51:51.04 ID:xori6Q1KO

咏「いや違うし。えりちゃんから見て、私のどの辺が仕事出来る風に見えてるわけよ?」

えり「………スピード、ですかね」

咏「ほうほう?」

えり「物事を処理する速度が速いなら、その分多くのことに手が回せますよね?………そういうとこ、咏さんは凄いです」

咏「ん~~、いや私はダメっしょ」

えり「………え?」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:54:31.70 ID:xori6Q1KO

咏「まぁ、私は速さならあるかもしれんけど、雑なところ多いしね~」

えり「でも、効率良い人の方が、会社には有用ですよ?」

咏「いや、会社の都合とか知らんし。本当に必要な人って、えりちゃんみたいな人っしょ」

えり「え……?」

咏「雑な人より正解な人。えりちゃんは仕事ミスらないし」

えり「そんなこと…」



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 12:56:47.91 ID:xori6Q1KO

咏「私らみたいな雑な人間は伸び伸び仕事やれてんのは、えりちゃんみたいな正解な人が後ろにいるからだし」

えり「………」

咏「なんか凹んでるみたいだけど、気にすんな~?」

えり「…はい!ありがとうございます!」

咏「まぁでも、えりちゃんはもうちょい仕事速い方がいいかもね~」

えり「う……精進します……」



67 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 17:26:25.59 ID:xori6Q1KO

咏「いっや~~!あんみつ美味い!超美味いっ!ふっふっふ~!」

えり「本当、美味しそうに食べますね」

咏「いやマジで美味いし!えりちゃんも一口食べるかい~!?」

えり「いや、私は……甘い物、苦手ですし」

咏「もったいね~!超もったいね~!こんなに美味しいのにな~!」

えり(この人少し黙ってくれないかな…)



72 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 17:30:38.14 ID:xori6Q1KO

咏「いやまぁでも、3杯は流石に無理だったか~」

えり「あれだけランチで食べて、あんみつ3杯も入ったら化け物ですよ」

咏「いや~甘い物は別腹っしょ!女の子だし~!」

えり「………」イラッ

咏「さてさて、じゃあ行くかね~」

えり「え、どこにですか?」



74 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 17:34:44.91 ID:xori6Q1KO

咏「ん~、買い物?」

えり「何買うんですか?」

咏「いや、知らんし」

えり「は…?」

咏「えりちゃん任せ」

えり「はい…?」

咏「晩御飯作りに来て?」

えり「はい~~!?」



77 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 17:36:36.22 ID:xori6Q1KO

咏「いや~仕事手伝ったじゃん~?」

えり「それは…」

咏「あんみつ1杯分の借りがあるし~?」

えり「はぁ面倒くさいなぁ……分かりましたよ」

咏「んで、今日はえりちゃんお泊まりコースだな~」

えり「どうしてそうなるんですか!?」



78 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 17:39:15.67 ID:xori6Q1KO

咏「いや、晩御飯一緒に食べるじゃん?」

えり「…はい」

咏「一緒にお酒飲むじゃん?」

えり「お酒、弱いくせに…」

咏「そのままベッドインじゃん?」

えり「だからなんでそうなるんですかっ!?」

咏「今夜は寝かさね~」

えり「なに然り気無くエロいこと言っちゃってるんですか!!」



82 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 17:58:04.35 ID:xori6Q1KO

咏「いや、普段からお泊まりしてるし、別に今日もいいっしょ?」

えり「まぁ、別に構わないですけど…」

咏「なら早く夕飯の買い物行かね~?早く帰って休みたいし~」

えり「はぁ…なら、晩御飯は何にします?」

咏「ん~~えりちゃんに任せた」

えり「結局丸投げ……はぁ……」



85 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:00:01.94 ID:xori6Q1KO

咏「いや、何作らせても美味しいし~」

えり「そうやって…誤魔化すの、上手いですよね」

咏「いや本心だし」

えり「………」

咏「ほれ、早く行こ~?」ぎゅ

えり「ちょっ…!?」



90 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:04:33.73 ID:xori6Q1KO

咏「どしたぃ?恥ずかしいのかい?ほれほれ~」

えり「な、なんで腕組むんですか?」

咏「ん~~?手を繋ぐ方がよかったかい~?」

えり「別に…そんなこと……」

咏「んふふ~~、えりちゃんの方がやっぱ背が高いし、抱き着き甲斐があるねぇ~」

えり「ちょっ…あんまりくっつかないでくださいよ!歩きにくいですって!」



91 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:07:35.35 ID:xori6Q1KO

咏「いや離れんし。このまま抱っことかされてもいいくらいだし~」

えり「さ、流石にそれは視線が痛いんで勘弁してください…」

咏「ほれほれ、もっと恋人っぽく~」

えり「こ、恋人って…!」

咏「いや、今更っしょ?」

えり「そ、そりゃあ……まぁ……」



93 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:09:48.12 ID:xori6Q1KO

咏「え……私ら、恋人じゃなかったの……?」

えり「い、いや違っ…」

咏「えりちゃんは…恋人じゃない私に、あんなこと……」

えり「ちょっ!急にしおらしくしないで下さい!」

咏「嫌がる私を組み伏せて、無理矢理……」

えり「あぁもう辞めてください!お願いですから~!!」



95 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:12:42.12 ID:xori6Q1KO

えり「って言うかですね!?最初に告白してきたの、咏さんじゃないですか!」

咏「いや、そんなん知らんし…」

えり「へ~そうですかそうですか!なら、今ここであの時の言葉を言ってあげましょうか!?」

咏「い、いや悪い……流石にそれは勘弁……」


えり「ふふんっ!」



99 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:16:05.00 ID:xori6Q1KO

咏「……いや、あのな~」

えり「なんですか?」

咏「えりちゃんがヘタレ過ぎて、告白されるの待ち切れなかっただけなんだけど」

えり「………」

咏「私、プロポーズまではしないからな~?」

えり「すいません……精進します……」



101 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:19:26.44 ID:xori6Q1KO

えり「ん~~……」

咏「まだ悩んでるん?」

えり「ん~~~………」

咏「適当でよくね~?」

えり「こういうのは、少しでも安くて良い物を買いたいんですよ」

咏「ふ~ん、そんなもんかね~………おぉっ!試食コーナー!?うはは~っこれ美味しいよえりちゃん!」

えり「子供ですか、あなたは……」



102 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:21:36.80 ID:xori6Q1KO

えり「よいしょ、と」

咏「また随分買ったね~」

えり「まとめて買っておかないと駄目でしょう?咏さん、買い出しとかしないし」

咏「さっすがえりちゃん!よく分かってるね~!」

えり「少しは自炊してくださいよ、まったく…」

咏「ん~~いや、もういっそえりちゃんがうちで暮らせばよくね?」

えり「はいぃ~~!?」



104 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:23:58.20 ID:xori6Q1KO

咏「いやもう半分くらい同棲してるし、えりちゃんもいちいち帰るの面倒くさくね~?」

えり「いや、確かにそうですけど…」

咏「………ほれ、今がプロポーズのチャンスだったよ」

えり「え……あっ!えぇっ!?」

咏「ま、無理だよね~~んふふ~」

えり「うぅ……」



106 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:26:51.29 ID:xori6Q1KO

咏「ん~~まだ晩御飯には早いな~」

えり「ですね~……って、本当に冷蔵庫に何も入ってない…」

咏「おいおい、ちゃんと見てみろ~?」

えり「え…?」

咏「入ってるだろ~アイスとか~~」

えり「ほんと、どんな生活してるのやら……」



107 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:29:41.61 ID:xori6Q1KO

咏「そのうち、えりちゃんがなんとかしてくれるっしょ?」

えり「またそうやって私に丸投げする…」

咏「とか言って~、えりちゃんの部屋だって結構汚れてね~?」

えり「自分の部屋なんて、そんなもんですよ」

咏「私の部屋は掃除してくれるのに~?」

えり「………」

咏「愛されてるねぇ、私」

えり「気になるから、仕方ないじゃないですか…」



110 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:32:20.05 ID:xori6Q1KO

咏「ま、実際私はえりちゃんがいないとまともに生活出来ないし~?」

えり「そ、そんなこと…」

咏「……いつもありがとうね、えりちゃん?」

えり「は、はいっ!」

咏「うはぁ~っ!褒められて嬉しそうにするえりちゃん可愛いなぁ~!」

えり「なんで毎回最後に苛めてくるんですかっ!?」



114 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:35:36.74 ID:xori6Q1KO

咏「ふぃ~~、まぁとりあえず座ってゆっくりしね~?」

えり「えぇ、そうしますか…」

咏「よ……っと」

えり「ちょっ!?」

咏「ふっふっふ~~」

えり「なに満足気に人の膝の上に座ってるんですかっ!?」



117 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:41:12.71 ID:xori6Q1KO

咏「いや~~ラブラブしたくなってね~」

えり「いや、ちょっ…どさくさに紛れて胸とか触らないでください!」

咏「いいじゃんいいじゃん~?減るもんじゃないしさ~」

えり「そういう問題じゃないです!あ~もうっ!」

咏「うひゃあっ!?あぶねっ…急に動くなよ~えりちゃん~……」


えり「………都合よく抱き着いてきて、よく言いますね?」

咏「ふっふっふ~」



118 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:43:05.28 ID:xori6Q1KO

えり「って言うか、相変わらず軽いですね」

咏「ん~~?そうかい~?」

えり「あんなに食べてるのに…」

咏「えりちゃんは食べた分がちゃんと付いてるね~」

えり「怒りますよ?怒りますね?」

咏「うひゃ~怖い怖い~」



121 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:45:00.21 ID:xori6Q1KO

えり「ほんと、細いですよね~」さわさわ

咏「ひゃっ…!?」ビクンッ

えり「…え?」

咏「あ……」

えり「……咏さん?」

咏「………」

えり「なんで目を合わせようとしないんですか~?」

咏「いや、別に…知らんし……」



123 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:48:08.99 ID:xori6Q1KO

えり「ふ~ん?」

咏「………」

えり「………脇腹ですか?」ふにふに


咏「んっ……くぅ~……っ」

えり「弱いんですか?」

咏「いや、誰だってくすぐったいっしょ、そんなん………って、ひゃんっ!?」

えり「人のこと、散々苛めておいて……少しは反省してください!!」



125 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:52:33.09 ID:xori6Q1KO

咏「いや、ちょ待っ…!……うひゃぁっ……えりちゃ……んっ!」

えり「随分可愛い反応するんですね~?」

咏「や……そこっ…弱っ……んんっ……」

えり「そんなに気持ちいいんですか~?」

咏「やっ……くすぐ……たぃ……ふぅっ……」

えり「どうですか?少しは反応して……」

咏「も……ゃ……うぅん……」

えり「………」



128 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:57:32.74 ID:xori6Q1KO

咏「はぁ…はぁ…んっ、く……」

えり「う、咏さん…っ!」ぎゅっ

咏「し、しんどい……」

えり「その反応はずるいでしょう!?可愛い過ぎますって!!」

咏「いや、知らんし…脇腹弱いし……ダメや……」

えり「あ~もう!もうっ!!」

咏「いや……なんで私抱き締められてんの……?」



130 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 19:01:23.54 ID:xori6Q1KO

えり「いや…もう…可愛すぎる……」

咏「あぁ…そ……?」

えり「もう…むちゃくちゃにしてやりたい…ですよ」

咏「いや、もう疲れたし……なんでもいい……」

えり「……咏さん?」

咏「ん~~?」

えり「んっ……ふ……」

咏「んぅっ……ん………はっ……んんっ………」



133 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 19:07:13.73 ID:xori6Q1KO

えり「……はぁ、咏さん、私……」

咏「ん~……好きにすればよくね?」

えり「優しく……出来ないですけど」

咏「いや、構わんよ……好きにし~?」

えり「いっぱい……鳴いてくださいね?」

咏「ん~~、それは…ちょっと恥ずかしいし、頑張って我慢するかな~」

咏(あ~…どうせ我慢出来ないんだろうけどなぁ…)

咏(優しいえりちゃんも優しくないえりちゃんも好きだし……いいけどさ~)

うん、終わりで。



148 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 19:29:56.07 ID:xori6Q1KO

えり「やっ…ん……」

咏「ふふ~、またこんなにして~」

えり「やっ……ちが……っ」

咏「違う?なにが~?」

えり「あぁっ……やぁっ……ひゃぁっ…!」

咏「ねぇ、何が違うの~?身体こんな風にしてさ~?」

えり「やっ…も……やぁっ……!」

咏「ん~?もうイっちゃうの?えりちゃんは我慢が足りないね~」

えり「だ、だめっ……あっ…ぁ…~~っ!」

こんなんでよければ



150 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 19:40:54.49 ID:xori6Q1KO

咏「も~、えりちゃんは早いなぁ~?」

えり「はぁ…はぁ…」

咏「もう何回目かね~?」

えり「…知りませんよ…そんな…の……」

咏「ふ~ん?」

えり「やっ…今イったばかり……あぁっ…!」

咏「いや、知らんし?今日はあと何回する?」

えり「やっ……咏さっ…もうやめっ……っ!」

咏「夜は長いぜ~えりちゃん?」

これで限界です、すいません。



94 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:11:07.33 ID:pp0nvS1C0
咏えり1
咏えり2
咏えり3
咏えり4
咏えり5



108 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:30:55.08 ID:pp0nvS1C0
おまけ
咏えり6



126 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/04(水) 18:52:50.14 ID:pp0nvS1C0
ジゴロ咏さん
咏えり7





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341371733/
[ 2012/07/04 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。