SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春香「プロデューサーさん!事後ですよ!事後!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:09:46.90 ID:1NrYnot/0

春香「あっ、起きたんですか?おはようございます。」

春香「何って…朝ごはん作ってるんですよ。ごめんなさい、お台所借りちゃいました。」

春香「プロデューサーさん、冷蔵庫の中ビールと調味料しか入ってなかったですよ?」

春香「急いで下のコンビニまで買いに行っちゃいました。ちゃんと自炊しないとダメですよ。」

春香「はい!できました!愛情たっぷりの特製オムライスです!なーんて☆」

春香「あっ…」

春香「あ、あはは…なんか…こうして、面と向かうと、恥ずかしいですね…///」

春香「えっと、その…」

春香「き、昨日はあ、ありがとうございました!」

春香「…って、私何言ってるんでしょうね!あは、あはははは…」

春香「さ、さあ!冷めないうちに食べましょう?」



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:14:40.34 ID:1NrYnot/0

あずさ「はぁ…はぁ…す、すごかったです~…」

あずさ「私、知りませんでした~。男の人が、こんな…」

あずさ「え?何が…って?」

あずさ「も~、何言わせるんですか。プロデューサーさん。」

あずさ「プロデューサーさんも赤ちゃんみたいで可愛かったですよ?」

あずさ「ふふ、お返しです。」

あずさ「あの…責任、とってくださいね…?」

あずさ「もちろん~。私はプロデューサーさんが運命の人だって前から思ってましたから~」

あずさ「これからもよろしくお願いしますね。プロデューサーさん。」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:19:59.04 ID:1NrYnot/0

響「……あっ、やっと起きたのか変態プロデューサー。」

響「ふん!変態プロデューサーは変態プロデューサーさー。」

響「え?何で怒っているのかわかんないって?それ本気?」

響「…プロデューサー…優しくするって言ってたぞ…」

響「それなのに…それなのに…あんな…」

響「…自分もっとロマンチックなのだと思ってたぞ。すーーっごく恥ずかしかったんだからね!」

響「…いまさら謝ったってもう遅いよ。」

響「ええ!?やり直させてくれって…!そ、それってつまり…」

響「ちょ、ま、待ってってば…!うわーん!やっぱりプロデューサーは変態さー!」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:25:25.13 ID:1NrYnot/0

真美「兄ちゃん…シャワーありがと…」

真美「うん…まだ少し痛いけど、大丈夫だと思う…」

真美「え…あ、うん…じゃあ、兄ちゃんの隣に座るね。」

真美「やだ、兄ちゃん。もう真美は子どもじゃないんだからナデナデしないでよ。」

真美「わ、わわわっ!謝んないでよ!」

真美「ま、真美だって兄ちゃんとこうなりたいと思ってたし…」

真美「そ、その…今日のことは…」

真美「うん…ありがと…」

真美「えへへ…これで真美と兄ちゃんはコイビト同士、なんだよね…」

真美「ねえ、これからは兄ちゃんの部屋、時々遊びにきてもいい?」



12 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:33:20.39 ID:1NrYnot/0

やよい「あ…これで、終わりですか…?」

やよい「は、はい…なんとか大丈夫です…」

やよい「…グスッ」

やよい「…よかった…いつものプロデューサーですー。」

やよい「…さっきのプロデューサー…何だか怖かったから…」

やよい「だから今はいつもの優しいプロデューサーに戻ったのが嬉しくて…」

やよい「…えへへ。やっぱりいつものプロデューサーの方がいいです…」

やよい「大好きです…お兄ちゃん。」

やよい「あ、でもでもー。これ以上兄弟が増えてもこまるかもー。」

やよい「あれ?兄弟じゃなくて娘だから…うー…?」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:39:19.49 ID:1NrYnot/0

真「あ…起きちゃいましたか。」

真「へへ、残念です。お姫様のキスで起こしてあげようと思ってたのに。」

真「え?起こすのは王子様の役目だろうって?」

真「じゃ、じゃあボクは王子様ってことに…?」

真「うわぁ…そんな…せっかくプロデューサーに女の子にしてもらったのに…」

真「…え?」

真「そ、そうですか…なんか照れますね…」

真「こ、これからはずっと…プロデューサーだけのお姫様、ですから…」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:45:41.75 ID:1NrYnot/0

千早「…プロデューサー?そろそろ起きてください。」

千早「もう、休みだからっていつまでも寝てたらダメですよ。」

千早「え?あ、当たり前です!下着のままだなんて、そんな、恥ずかしい…!」

千早「…からかわないでください。私の下着姿なんか見たって面白いわけないじゃないですか。」

千早「…か、可愛かったって…///あ、あれは、その春香に選んでもらったから…」

千早「ふふ。それでも…嬉しいです…プロデューサー…」

千早「んっ…んむっ……ふぁ…・」

千早「…今日は一日こうしていましょうか…?」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:52:35.13 ID:1NrYnot/0

亜美「うわー、兄ちゃん見てみて!こ~んなにたくさん出てきたよー!」

亜美「え?だって~もうすんだことは仕方ないじゃん?」

亜美「んっふっふ~。こうなっちゃったらもう言い訳できないね。亜美と兄ちゃんはコイビト同士!ってことだね!」

亜美「うん!よろしくね。兄ちゃん!」

亜美「い~っぱいおねだりしちゃうからね~。覚悟してね。」

亜美「…あ。」

亜美「…兄ちゃん、今日のこと、真美には絶対ナイショにしてね…」

亜美「…ううん。付き合ってることも…」

亜美「だって…真美、兄ちゃんのこと…」

亜美「とにかく!
    チュー学生と付き合ってるのがバレたら兄ちゃんもまずいっしょ!だからこれはトップシークレットだよ!」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 00:58:51.29 ID:1NrYnot/0

律子「はあ…とうとうやってしまったわ…」

律子「『何が?』じゃありませんよ!成り行きとはいえ、こんな事になってしまって…」

律子「ああ…あの子達になんて説明すればいいのかしら…」

律子「却下。全部言うなんてそんなのダメに決まってるでしょ?プロデューサーも少しは考えてください!」

律子「…え?いや、私はこうなってしまったのが嫌だと言ってるんじゃなくて…事務所やアイドルのみんなが…」

律子「…そ、それは、私ももともと下心があったからこうなったわけですし…」

律子「嬉しくないといったら嘘になりますけど…でも、やっぱり…」

律子「ちょ、ちょっと、今そんな事言うのずるい…やっ…んっ…」

律子「あ……お願い…カーテン…閉めて?」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 01:04:28.45 ID:1NrYnot/0

貴音「はぁ…はぁ…」

貴音「…ああ…このようなことがこの世にあろうとは…」

貴音「貴方様…大変はしたないところをお見せしてしまいました…」

貴音「あれは私ではないのです…どうか、どうか忘れて下さいまし…」

貴音「…なりません!あのような嬌声をあげる姿…恥ずかしくて死んでしまいそうです。」

貴音「貴方様にはもっと淑女たる私を見ていただきたいのです…」

貴音「そのためにはもっと研鑽をつまなくては…さあ、今一度、私と契りあいましょう」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 01:11:09.89 ID:1NrYnot/0

美希「ううっ…ぐすっ…ふぇ…」

美希「…ううん…違うの。悲しくて泣いてるんじゃないの。ハニーは全然悪くないよ?」

美希「…ミキ、いっつも子ども扱いされて…ハニーに本気にされてないんじゃないかって思ってて…」

美希「でも…ハニーがミキのこと…ちゃんと一人の女の子として見てくれて嬉しくて…」

美希「うん…うん…ハニー…ありがとう…」

美希「ミキ、本当はすっごく怖かったの。
    お話とかでは知ってたけど、実際にハニーのを見た時…その…壊れちゃうかも、って…」

美希「でもハニーのだから大丈夫!ってずっと心の中で繰り返してたの!」

美希「それに…ハニー、とっても優しかったの…だからミキ、ギューって目をつぶって耐えられたんだよ?」

美希「あ…でもでも…さっきは必死だったからよくわからなかったの…」

美希「だから…もう一度……ね?ハニー…?」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 01:19:23.96 ID:1NrYnot/0

伊織「…ほんっと!信じられない!どんだけ変態なのよ!」

伊織「こ、こんなにしたら…その…赤ちゃん…できちゃうじゃない…」

伊織「…へ?ば、ばかぁ!」

伊織「この伊織ちゃんが『大好きよプロデューサー』とか、『そのまま!ぎゅってして!』とか!」

伊織「あまつさえな…な…なかで…だ、だし……なんて、言う訳無いでしょ!」

伊織「…だ、だから、もしそんなこと言ってたとしても…それはきっと空耳よ!」

伊織「忘れなさい!今すぐわすれなさーーっい!!」

伊織「この変態!変態!変態大人!」

伊織「…?ちょっと!?だ、大丈夫…?」

伊織「何下手な芝居してんのよ…さっさと起きなさいよ…」

伊織「…」

伊織「…ど、どうしよう…もしかして打ちどころが悪かったのかも…」

伊織「…ごめんなさい…私、私…・・・って、キャーーーー!!」

伊織「あ、あんたやっぱり騙して!…な、何よその携帯は?ま、まさか…」

伊織「変態!変態!あんたやっぱり変態よーーーーーー!」



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 01:26:15.56 ID:1NrYnot/0

雪歩「えへへ…プロデューサー、寝顔かわいい♪」

雪歩「今のうちにシャワー借りちゃおっかな…」

雪歩「起こさないようにそーーっと…」

雪歩「いたっ!」

雪歩「あ、アソコが…プロデューサー…よかった。起きてない…」

雪歩「あうう…歩きにくい…まだなんか変な感じがするよぉ…」

雪歩「あ…やだ…出てきちゃう…」

雪歩「…これが…プロデューサーの…」

雪歩「…」

雪歩「…変な味ですぅ…」

雪歩「でも、なんか…」

雪歩「…んっ…ちゅるっ…」



61 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/17(土) 01:34:28.51 ID:1NrYnot/0

小鳥「…こっち見ないでください。」

小鳥「……そんなにいつまでも笑わなくてもいいじゃないですか…」

小鳥「…わ、私だって漫画やネットでしか見たことなかったんですから!」

小鳥「え?…プロデューサーさんは違うんですか?」

小鳥「そっか…そうですよね…プロデューサーさん、かっこいいですもんね。」

小鳥「彼女の一人や二人ぐらいいてもおかしく無いですよね!」

小鳥「わ、私みたいな影キャラとは違って…きっと学生の時もリア充で…」

小鳥「こ、こんな…2x歳になるまで経験のない女なんて…きっと…グス…」

小鳥「…泣いてなんかいませんよ…」

小鳥「でも…でも…うぇ…わだしが…ぷろでゅうさぁさんの、はじめてだったらうれじがった…なあ…って…」

小鳥「…」

小鳥「…ううん。いいんですよ。過去に嫉妬しても仕方ないですもんね…」

小鳥「これからは私だけがプロデューサーさんのナンバー1でオンリー1ですからね☆」

小鳥「絶対、浮気なんかしちゃダメですよ!」





[ 2012/03/17 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。