SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キュアピース「目玉焼きにはマヨネーズだよね」 サニー「あん?」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:39:27.16 ID:himxNysd0

サニー「何馬鹿なことゆーとるんや?」

ピース「え?」

ハッピー「そうそう。目玉焼きにマヨネーズなんてありえないよ」

ピース「え? ええ?」

マーチ「そうだな。ピース、今のはお前が悪い」

ピース「なんで? みんななんで? え?」

ビューティ「ですね。でもくじけることはありません。人は失敗から未来を切り開くものです」



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:41:15.01 ID:himxNysd0

ピース「だってマヨネーズだよ? あんなに美味しいんだよ?」

サニー「だからそないアホなことは繰り返さんでもええっちゅーに」

ビューティ「自分の非を認められる人は、人としてとても素晴らしい人ですよ」

ピース「マヨネーズ味で卵の入ったサラダとか売ってるし、これって卵とマヨネーズは相性最高ってことだよね?」

ハッピー「確かに……お米に米酢で酢飯は美味しいし、納豆に醤油も豆腐の味噌汁も美味しいかも……」

ピース「でしょでしょ? 材料が同じもの同士組み合わせるととっても美味しいんだよ!」

ハッピー「うーん……ピースの言ってることの方が正しいのかなぁ……」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:42:01.25 ID:himxNysd0

マーチ「気を確かに持てハッピー!」

ハッピー「ひゃあ?! お、大声出さないでよマーチったら!」

マーチ「あ、ああ……悪い悪い」

ビューティ「いえ、いいタイミングでの渇でした」

サニー「せや。ピースの言ってることはまったくもってキベンちゅー奴やで」

ハッピー「はんぺん?」

サニー「それは紀文や!」

ビューティ「よく分かりましたね……」

ハッピー「ねえマーチ、キベンって何のこと?(コソコソ」

マーチ「ええ?! えーと、それはその……アレだ、ほら……な?」

ビューティ「強引に理論を押し通そうとすることですよ」

ハッピー「ふーん……」

サニー「ホンマに分かったんか?」



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:42:46.93 ID:himxNysd0

ピース「わ、私は全然間違ったことなんか言ってないもん!」

サニー「なーにがもん!や! 大体な、プリンはどうなるんやプリンは!」

ピース「マヨネーズかけると美味しいよ」

サニー「アホかぁ!! そないなことあるわけないやろ!?」

ピース「ひぃ!?」

マーチ「そうだ! お米にジャムはあわない!」

サニー「いやそれはちゃうと思うんやけど」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:43:52.19 ID:himxNysd0

ビューティ「確かにお味噌もお醤油も豆腐にあいますけど」

ピース「そうだよね!? ビューティは分かってくれるよね!?」

ビューティ「調味料と食材が同じ材料が正義、という話にするには確かに例が少なすぎますね」

ピース「ビューティ!?」

ビューティ「そもそもお醤油とお味噌は日本人は多く使う調味料ですし、大豆製品はその中の一例に過ぎませんから」

ハッピー「確かに、それを言ったらはんぺん食べる時はしょっつるをかけなきゃいけなくなるもんね」

マーチ「なんでしょっつるなんか例に持ってきたんだ?」

サニー「どや? これが民主主義やでピース?」

ピース「ぐぬぬ・・・・・・」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:44:52.71 ID:himxNysd0

ピース「狼さん!!」

ウルフルン「おお!? やっと戦う気になったのか!? よーし! 世界を! 最悪の──」

サニー「構ってもらえんからって地面にあみだ書いて遊ぶんはやめたほうがええで」

マーチ「むしろその姿からは恐怖を感じるけどな」

ウルフルン「白紙の未来を……」

ビューティ「バッドエンドの体現者ですね」

ハッピー「狼さん……なんか私たちのせいでごめんなさい」

ウルフルン「……」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:46:06.83 ID:himxNysd0

ピース「皆は黙ってて! 狼さん! ちょっと聞きたいことがあるの!!」

ウルフルン「俺はもう帰る」

ピース「狼さん待って! 待ってよぉ!!」

ウルフルン「なんだよー俺は帰って俺のバッドエナジーで悪の皇帝ピエーロ様を蘇らせるんだよー」

ピース「狼さんは目玉焼きには何をかけて食べるの?!」

ウルフルン「……え?」

ピース「狼さんは! 目玉焼きに! 何をかけて食べるの!?」

ウルフルン「……その前に一つ提案がある」

ピース「ん? 何?」

ウルフルン「右手に絵の具ついたままでちょっと収まりがつかないから、とりあえずアカンベェ呼びたいんだけど」

ピース「わかった! 呼んでいいから!」

サニー「わかったんか?! おい!」



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:48:37.75 ID:himxNysd0

ウルフルン「ウルッフフフ……これで体裁は保てる! いけ! アカンベェー!!」

アカンベェ「あかーんb」

ピース「プリキュア! ピィィィース! サンダー!!!!」

アカンベェ「ええぇぇー!!」シュワワー

ウルフルン「な、何ィ?!」

マーチ「瞬殺……だと……?」

ビューティ「ピース……そこまでして……」

ハッピー「ちょっと引く」

ピース「さあ! 洗いざらい吐いてもらうんだから!」

サニー「アカン! いくらなんでも敵の胸元掴み上げるのはヴィジュアル的にアカンで! イメージダウンや!!」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:51:10.88 ID:himxNysd0

ウルフルン「うう……分かったからその手を」

ピース「目玉焼きには何つけて食べるの?! ほら、早く!!」バチバチ

ウルフルン「ぐおおあああ電気! 電気漏れてる!!!」

ピース「スケッチブックより広い私の心もここらが我慢の限界なんだから!!」

マーチ「狭いな」

ビューティ「ちっぽけなプライドですね」

サニー「あいつ実は駄目人間とちゃうか?」

キャンディ「折角出てきたキュアデコルを無視するのはやめるクルー!!!」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:52:01.00 ID:himxNysd0

ウルフルン「わかった! 落ち着け! 頼むから電気はやめろ!!!」

ピース「言うのが先!」

ウルフルン「俺は目玉焼きを作るときは一緒にベーコンかハムを焼く! その塩味で一緒に食うんだよ!!!」

ピース「はぁぁぁぁぁー!!」

マーチ「スマイルパクトにまた気合がたまっていく?!」

ウルフルン「ま、待てやめろ! この距離でそれは……」

サニー「いや、でも狼の食い方も大概やけどな」

ビューティ「ですね。でもくじけることはありません。人は失敗から──」

ピース「プリキュア!! ピィィィィース!!!! サンダアアアアアアアアアアア!!!!」

ウルフルン「ギィヤァーオボエテロー」

マーチ「狼……泣いてたな」

ハッピー「ちょっと引く」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:53:11.78 ID:himxNysd0

~次の日~

みゆき「いやー、なんか昨日は大変だったね! 疲れちゃったよ!」

あかね「せやな。まさかやよいがあんなゲテモノ食いしよるとは思わんかったわ」

やよい「そ、そんな……だって美味しいんだもん……」

れいか「あら? 全然失敗を乗り越えてないじゃないですか」」

なお「まったくやよいは頑固だなぁ」

やよい「ぐぐぐ……」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:55:21.73 ID:himxNysd0

キャンディ「クルー!!!!!」

やよい「わひゃあ!?」

あかね「どしたん? キャンディ。何も来てへんで?」

キャンディ「違うクル! 今のはただの気合の雄叫びクル!!!」

みゆき「随分と気合満点だったね!」

れいか「でもここ学校ですよ」

なお「こいつ忍ぶ気あるのか?」

キャンディ「昨日手に入れたキュアデコルを使ってみるクルー!!!!!!!!」

れいか「そういえば……そんなもの拾いましたね」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:57:01.63 ID:himxNysd0

あかね「なんやけったいな形やな。これは一体何が出てくるんや?」

キャンディ「良いから早く使うクル! キャンディ今怒髪天を衝いてるクル!!」

なお「髪ねーじゃん……」

れいか「あら、そんなことを面と向かって言うのは割と失礼ですよ」

みゆき「じゃあやよいちゃんお願い」

やよい「え、ええ?」

キャンディ「ぶつくさ言ってないで早くやるクル! へし折られたいクル!?」

やよい「ひぃぃ……わ、分かりましたぁ……」カチッ

パクト「レッツゴー!! メ・ダ・マ・ヤ・キー!!」

五人「え?」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:58:16.11 ID:himxNysd0

キャンディ「目玉焼きが出てきたクルー!」

あかね「いや、見ればわかるんやけど……」

キャンディ「それ以上何が知りたいクル?」

なお「……何を知ればいいんだろうか」

みゆき「そうだ!!」

れいか「どうしたんです? 急に飛び上がって」

やよい「ここは屋上だしそんな隅っこでそんなことしたら危ないよぉ……」

みゆき「五人分出そう! それで皆が好きなように食べて、多数決を取ろうよ!!」

なお「そりゃいいね! そうすればやよいも考えを改めるに違いない!」

あかね「せやけど、今日の今日っちゅーんはちょっと無茶やないか?」

れいか「確かに、調味料など持ち歩いていませんし……」

みゆき「じゃあ明日! 何をかけるのが一番多数派なのか! 決定しちゃおー!!」

あかね・なお・れいか「おー!!!」

やよい「……なんにしても私は完全に少数派だよぉ……」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:59:17.33 ID:himxNysd0

~翌日~

パクト「レッツゴー!! メ・ダ・マ・ヤ・キー!!」

みゆき「いやー、スマイルパクトって本当に便利だねー!!」

あかね「ちょっとした錬金術やな」

れいか「でもこれ、食べても体に害は無いんでしょうか……」

なお「大丈夫だって。一蓮托生さ!」

やよい「それは……」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 09:59:51.27 ID:himxNysd0

みゆき「さあ! 準備出来たよ! 皆持ってきたよね?!」

あかね「オッケー!」

れいか「ええ」

なお「勿論!」

やよい「う、うん……」

みゆき「よーし! じゃあいっせーのーでっで見せっこしよー!」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:02:28.97 ID:himxNysd0

みゆき「じゃあいくよ? いっせーのーでっ!!」

あかね「どや! 目玉焼きにはこれ、や……で……」

なお「日本人はこれだ……よ、な……」

れいか「目玉焼きといえば勿論……これが……」

やよい「うう……マヨネーズマヨネーズってまた馬鹿にされちゃうんだ……もうやだ……」

キャンディ「なんてことクル……見るクル! 目を閉じてる場合じゃないクル!!」

やよい「ええ?! な、何? 何?!」

みゆき「え、ええ? 皆待って、こんなのって……」



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:05:13.42 ID:himxNysd0

あかね「な、なんやねんなお! その手にした黒々とした液体は!?」

なお「醤油に決まってるだろ! 目玉焼きには醤油だろ!? それよりあかねだって黒い液体じゃないか!!」

あかね「ソースは色々な果物の結晶、肉料理なんかとはえらい相性がええんや! 卵も肉みたいなもんやしな!」

れいか「私は……塩コショウを……」

みゆき「ええー!!? ケチャップは? ケチャップ派はいないの!?」

なお「うちじゃ卵焼きにも醤油なんだよ! 大体ソースソースってそれは大阪弁キャラの宿命なのか?!」

あかね「カッチーンと来たで今! ソースはソウルフードや! こればっかりは譲れへん!!」

なお「醤油だよ! 大豆の星からやってきた醤油だ! うちじゃ揚げ物にも醤油って決まってる!」

みゆき「ねえ? ジョークだよね? 皆も家じゃケチャップだよね?」

れいか「うちは向こう三軒両隣、皆塩コショウですが……」

やよい「この町で一体なにが起きてるの……」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:08:16.68 ID:himxNysd0

キャンディ「黙るクル!! 仲間割れはやめるクルー!!!」

五人「キャンディ!!」

キャンディ「まったくみんななってないクル! 一番は決まってるクル!!」

あかね「おーおーそこまで言うなら決めてもらおか! みんな、文句無いな?」

やよい「う、うん……(これで可能性が出てきた……!)」

みゆき「キャンディなら……(大丈夫、ケチャップが勝ってウルトラハッピーなんだから)」

なお「文句も……(醤油に決まってる。醤油に……)」

れいか「無いですね……(勝つ・・・・! 勝って勝って勝つっ・・・・・・! 勝たなきゃ駄目っ・・・・!)」

キャンディ「一番あう調味料、それは……」

五人「それは……?」

キャンディ「蜂蜜に決まってるクル!!!」



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:11:25.61 ID:himxNysd0

五人「……はあ!?」

あかね「いやいやいやいやおかしいやろそれは!?」

やよい「いくらなんでも甘い物は無いよ!」

みゆき「味覚障害どころじゃないじゃん!!」

キャンディ「なんでクル!? マヨネーズの方がおかしいに決まってるクル!!!」

なお「いや、こうなるとマヨネーズはまだ納得できるな」

れいか「ですね。あっちはまだしょっぱいですし」

キャンディ「グランドスラムパンケーキを知らないクル!? メープルも蜂蜜も一緒みたいなもんクル!!」



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:15:12.57 ID:himxNysd0

アカオーニ「おお、今日も何処かから無駄な努力の気配がするオニ! 早速行ってみるオニ!」

みゆき「ケチャップ! 絶対ケチャップなんだから!!」

キャンディ「食べたことも無いくせに蜂蜜を否定するのはおかしいクル!!」

アカオーニ「無駄無駄! 無駄オニ! そんなことは全く意味の無い行動オニ!!」

なお「鮨にケチャップつけるか? おひたしにソースかけるか? そういうことを言ってるんだぞ皆!!」

あかね「大体醤油はソイソースやん! ソースの方が存在が上や上!」

れいか「塩コショウ……」

やよい「マヨネーズ! マヨネーズだって美味しいよぉ!」

アカオーニ「……何やってるオニ?」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:18:33.59 ID:himxNysd0

みゆき「ケチャップと卵の相性の良さは抜群だよ! だってケチャップだもん!」

なお「あ! そんなこと言ったら醤油だって抜群だ抜群!」

れいか「塩コショウだって負けては……」

やよい「マヨネーズの本当の良さを皆知らないだけなんだよ!」

あかね「ソースの濃厚さと芳醇な味わいの前にはそんなもんゴミクズや!!」

キャンディ「クルー! 蜂蜜だって栄養満点クル!!」

アカオーニ「あの……無視どころか変身もしないのはやめてもらえますオニ?」

やよい「あれ? 赤鬼さん……いい、何時の間に?!」

なお「こっそり近づいて不意打ちしようなんて……この卑怯者!!」

あかね「せ、せや! ヒキョーや! ヒレツカンや!」

れいか「そんなことするなんて最低です」

アカオーニ「……」

みゆき「悪い鬼さんには石投げちゃうんだから!」

アカオーニ「痛い! や、やめるオニ!! そんなのは伝説の戦士がやることじゃないオニ!!!」



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:22:02.52 ID:himxNysd0

みゆき「ねえ! 何で邪魔するの! 酷いよ!!」

やよい「そ、そうだそうだ!」

アカオーニ「一応こっちも仕事オニ……」

あかね「ああもうアカン。とっととあの鬼ぶちのめしたるわ」

なお「そうだな。これじゃあゆっくりと話し合いも出来ない」

れいか「そういうわけで……覚悟してください」

アカオーニ「……」

五人「プリキュア! スマイルチャージ!!!」

ハッピー「キラキラ輝く未来の光!! キュアハッピー!!」

サニー「太陽さんさん熱血パワー!! キュアサニーサイドアップ!!」

ピース「ぴかぴかぴかりんじゃんけんぽん!! キュアピース!!」

マーチ「勇気凛々直球勝負!! キュアマーチ!!」

ビューティ「しんしんと塩コショウ清き心……キュアビューティ!!」



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:25:11.67 ID:himxNysd0

ハッピー「ちょ、ちょっと待ってよ! サニー、何今の?!」

サニー「何って、名乗りもいつも同じじゃマンネリやし、軽くアレンジしてみただけや?」

ビューティ「露骨に自分と目玉焼きの相性の良さを推してきましたね……」

マーチ「ビューティも大概だろ。なんだしんしんと塩コショウって」

ビューティ「なんのことです?」

マーチ「いや、それで良いなら別に何も言わんけどさ」

ピース「赤鬼さん! そうだ、赤鬼さんに聞けばいいんだ!!」

マーチ「またこの展開か……」

ハッピー「でもでも、今度こそウルトラハッピーな予感!!」

ビューティ「そうですね。もうこれ以上目玉焼きの食べ方は考えられませんし……」

アカオーニ「いや、こっちも白紙の未来をバッドエンドに変えなきゃならないから忙しいんだがオニ」

ピース「未来なら私のをいくらでも担保にしてあげるから! 輪転機も回して良いから!!」

サニー「いや、意味わからんって」



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:28:27.31 ID:himxNysd0

ピース「答えて! 赤鬼さん!! 目玉焼きには何をかけるの?!」

アカオーニ「目玉焼きって……あの目玉焼きオニ?」

ピース「それ以外に何があるって言うの? ピースはあなたの目を潰すのにも便利なんだからね!」

マーチ「敵を脅す正義の味方があってたまるか!」

アカオーニ「お、落ち着くオニ。分かった、答えるオニ……だからその指を引っ込めて欲しいオニ」

ピース「ほら、これでいいでしょ?」グッ

アカオーニ「握ったらグーだオニ……それはそれで脅威オニ……」

ピース「んん?」

アカオーニ「いや、その、言うオニ。……実は目玉焼きなんて食べないオニ。こう見えてベジタリアンだオニ」

ハッピー「ベジタリアン……?」

マーチ「へー。人は見かけによらないもんだなー」

ビューティ「ですねえ。鬼と言うからには生で人間とかかじっちゃうのかと思ってました」

サニー「例えそうやとしてもそれは放送できひんて」

ピース「プリキュア!! ピィィース!! サンダーをグーでパンチ!!!」

アカオーニ「やっぱり殴ったオニィィー!!!」キラァーン



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:32:07.99 ID:himxNysd0

~さらに翌日~

あかね「なんや昨日も決着つかずに終わってもーたな」

みゆき「ソースなんかかけて食べる人と話す口なんか持ってませんよーだ」

あかね「なにィー!? お前それでも人間かぁ!?」

れいか「まあまあ、落ち着いてください二人とも」

なお「れいかの言うとおりだ。バッドエンド王国にはもう一人居たろ? あいつに聞けば答えもはっきりするよ」

やよい「そ、そうだね! そうしよ……」

???「ヒッヒッヒ……」

あかね「なんやこの小うるさい声?」



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:35:16.10 ID:himxNysd0

やよい「あ、あなたは……!」

マジョリーナ「アカオーニとウルフルンが泣いて帰ってきただわさ……やるじゃないだわさ、お前さんたち」

あかね「最高にグッドタイミングや!!」

れいか「まさに渡りに船、千載一遇、意気投合と言う奴ですね」

なお「いやー良く来てくれたよ! どんぴしゃりだ!」

みゆき「うんうん! 魔女さんはやっぱり凄い!!」

マジョリーナ「え? 何でこんなに歓迎されてるのだわさ?」

やよい「魔女さんに質問があるの!」

マジョリーナ「質問? そんなの答える義理もないだわさ。それより白紙の未来を──」

五人「プリキュア! スマイルチャージ!!!」

ピース「はぁぁぁぁぁー!!」バチバチ

マジョリーナ「いきなり必殺技だわさ?! ま、まだ絵の具も出してないだわさ!!」



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:38:34.20 ID:himxNysd0

ピース「アカンベェなんか出させないんだから!」

サニー「せや! それよりも大事なことがあるっちゅーんや!」

ハッピー「魔女さんお願い! 質問に答えて!!」

ビューティ「あなたがアカンベェを出すのが速いか、それともこちらの必殺技が速いか……試してみますか?」

マジョリーナ「ぐぬぬ……」

マーチ「お、おい皆……これじゃこっちの方が悪役だ……」

キャンディ「容赦なんかいらないクル! 臆することもないクル! 大義は依然こちらにあるクル!!」

マーチ「そーいう発言が悪役だって言ってるんだよ!!」

サニー「正義とは時として非情なものや……わかってくれマーチ」

マーチ「うるさいよソース派」

サニー「なんやとー!?」

バチバチバチバチ

サニー&マーチ「ひぎゃあ!!?」ポテッ

ピース「ちょっと黙ってて! こっちは今真剣にお話してるんだから!!」

マジョリーナ「この娘……目が据わってるだわさ……」



61 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:42:44.15 ID:himxNysd0

ピース「答えて!!」バチバチ

マジョリーナ「ひ、ひい……分かっただわさ! 答えるから落ち着くだわさ!(二人が泣いてた理由はこれか……)」

ピース「魔女さんは目玉焼きをどうやって食べるの?!」

サニー「ゴクリ……」

マーチ「これで……やっと……」

ビューティ「決着が……」

ハッピー「つく!」

マジョリーナ「……目玉焼きには特に何もかけずに食べるだわさ。歳も歳で健康が気になるから、塩分控えめだわさ」

ピース「プリキュア! ピィィースサンダァァー!!!!」ドガァ

マジョリーナ「言ってることとやってることが違うだわさー!!」キラーン

サニー「ええアッパーやったなー」

ビューティ「まさに電撃! と言う感じでしたね」

ハッピー「すっごーい!! ピース今の凄くかっこよかったよー!!!」

マーチ「もうプリキュアはピース一人で大丈夫だろこれ……」



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:45:47.63 ID:himxNysd0

ハッピー「でもでも、これで決着がつかず仕舞いだよどうしよう!?」

サニー「落ち着くんや。こういうときは発想を逆転させるんや」

ハッピー「逆転……? 決着がもうついたって考えればいいの?」

マーチ「いやそうじゃなくて、ほら、あっちにはもう一人居るらしいじゃないか」

ハッピー「もう一人って? あ、もしかしてアカンベェ?」

ピース「それは流石に無理だよぉ。喋らないし……」

ビューティ「悪の皇帝ピエーロ……ですよ」

ハッピー「あ、そうか!」

ピース「ええ?!」



65 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:48:25.27 ID:himxNysd0

サニー「せやな。あいつに聞けば流石に食い方が被ってどれかしら多数派になるやろ」

キャンディ「確かにクル。さっすがプリキュアクル! 良く思いついたクルー!」

ピース「いいの? だってなんか凄く強そうな敵なんだよ?」

サニー「せやかてピース、自分めっちゃ強いやん。復活したらかるーくひねり潰したれ!」

マーチ「そうだ。なんたって私とサニーを沈めた実力の持ち主だからな」

ピース「そ、そうだけど……」

ビューティ「それに……今回の発端はピースの一言ですしね」

ハッピー「悪の皇帝ピエーロが蘇れば、この問題も解決できてウルトラハッピーだね!!!」

サニー「そのためにはあの三人をボッコボコにしてバッドエナジーを溜めさせなアカンな」

マーチ「話だけ聞ければそれでいいからな。何、ピース一人に戦わせはしないさ」

ビューティ「ピエーロは皆で力を合わせて倒しましょう。勿論お話を聞いた後で」

ハッピー「ね?! ピース、やろうよ!!」



66 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/11(日) 10:51:45.68 ID:himxNysd0

ピース「……わかった! 私、やってみる!!」

サニー「よう言った! それでこそプリキュアや!」

マーチ「これで私たちにも目的が出来た。更に強いつながりが生まれたな」

ビューティ「ええ。この友情は永遠に続いていくことでしょう……」

ハッピー「じゃあじゃあ、ウルトラハッピー目指してこれからもがんばろーね! みんな!!」

キャンディ「みんなの未来に向かって力を合わせるクルー!!!」

五人&キャンディ「おー!!!!」



                           キュアピース「目玉焼きにはマヨネーズだよね」サニー「あん?」
                              みんな笑顔なのでハッピーエンドでイェイイェイイェイ





[ 2012/03/11 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。