SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女友「えへへーもう逃げられないよ?」 女「いや、やめてぇ…!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 21:30:38.78 ID:8Pjsvqyy0
いきなり友達に押し倒されてぱたぱた暴れるけどさんざん抵抗したあげくに結局堕とされちゃうノンケだった娘可愛い



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 21:42:14.74 ID:8Pjsvqyy0

女友「だって女ちゃんってすっごく可愛いんだもーん♪これはもう襲うしかないじゃない」

女「だからっていきなり体育館倉庫に呼び出して押し倒すな!!」



・・・書きだめはないよ。



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 21:51:50.67 ID:8Pjsvqyy0

女友「ほんとは授業中に体操服着てる女ちゃんを無理やりここに連れ込んで襲いたかったんだけど・・・」

女「はぁはぁしながらわけのわからないこと言わないでっ・・・!!」

女友「あーあ!私に押し倒されて紅くなって必死で抵抗してる女ちゃんは本当に可愛いなぁ・・・!!」

女友「じゃあそろそろ美味しく頂いちゃおうかなっ♪」

女「いやぁ!!!離してっ!!」ぱたぱた

女友「えへへーっ♪」



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 21:58:11.53 ID:8Pjsvqyy0

陸上部の娘1「あー疲れたーゼッケンってここに片づければいいんだよね?」

がらがら。

女友「」

陸上部の娘1「……。」

陸上部の娘2「……///」

女「・・・。」


女友「あっいやっ!!! これはっ・・・!! そのっ・・・・・・!!!!」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:03:47.25 ID:8Pjsvqyy0

女「ごめん、この娘が体育館倉庫にロッカーの鍵落としちゃったっていうから一緒に探してたの。」

女「だけど暗いからこの娘が何かにつまづいて私のほうに倒れてきて、それで二人で転んじゃって・・・。」

陸上部の娘1「そうだったんだ・・・」

女「あれ?もしかして変なことしてるんだと思った?私はノーマルだよ?」

女友「」(すごく切なそうにおねだりするみたいな上目使い

女「」(華麗にスルー



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:09:52.34 ID:8Pjsvqyy0

女友「うぅ・・・ひどい・・・(泣」

女友「こうなったら今日の夜中に部屋に忍び込んで、寝込みを襲ってあんあん言わせてやる」

女「私の家、マンションの5階で電子ロックなんだけど・・・?」

女友「うぅ・・・ひどいよ・・・。だってこうやって強気なノーマルな娘を百合堕ちさせるのってすごく萌えるじゃない・・・!」

女「またワケのわからないことを・・・。」

陸上部の娘2「わかる。」

女「!!?」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:20:10.98 ID:8Pjsvqyy0

――かえりみち。

女友「もう少しだったのに結局襲えなかった・・・。」

女「・・・。」

女友「もう少しで・・・もう少しで女ちゃんが美味しくいただけると思ったのに・・・!!」(泣

女「よしよし」ナデナデ

女友「うぅ・・・女ちゃーん!」(だきっ

女「もう・・・。」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:26:10.68 ID:8Pjsvqyy0

女友「えへへっ女ちゃんってやわらかいんだね♪」(ぎゅーっ

女「え・・・?」

女友「ねぇ?女ちゃんってどうしてこんなに体が細くて綺麗なの・・・?」(すりすり

女「そんなこと、ないよ・・・ただ痩せてるだけじゃない?」

女友「それに凄くいい匂いがする・・・」(くんかくんか

女「・・・。」

女友「?」

女「・・・いい加減離れろ。」

女友「ごめん。」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:32:10.11 ID:8Pjsvqyy0

――その日の夜。

女友「えへへーっ!電子ロックなんて私の愛の前じゃ無力なのよっ!」

女「そんなぁ・・・!!!」

女友「だいじょーぶ!女ちゃんが寝てる間に体が動かなくなる薬を飲ませてあげたから!もちろん口移しで!」

女「うぅ・・・///」

女友「だからあきらめて私のモノになってねっ!」

女「うん・・・好きにして、いいよ・・・?」



女友「・・・!」

女友「ちぇー、夢か・・・。」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:35:48.05 ID:8Pjsvqyy0

女友「えへへーっ!電子ロックなんて私の愛の前じゃ無力なのよっ!」

女「・・・!!!」

女友「だいじょーぶ!女ちゃんが寝てる間に体が動かなくなる薬を飲ませてあげたから!もちろん口移しで!」

女「!!! 体がうごかない・・・!!!」

女友「だからあきらめて私のモノになってねっ!」

女「そんな・・・!! 女友ちゃん・・・!お願いやめて・・・!!!」



女「・・・!」

女「夢でよかった・・・。」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:40:25.87 ID:8Pjsvqyy0

――翌朝

女友「おはよー♪」

女「うん、おはよ・・・。」

女友「実はね、昨日女ちゃんを夢の中で抵抗できないようにして晴れて襲おうとしたら・・・」

女友「・・・あれ?」

女「なに?」

女友「もしかして・・・あんまりよく眠れなかった?」

女「うん、ちょっとね。」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:44:01.14 ID:8Pjsvqyy0

女友「そっか・・・。もし何かあったら私でよかったらいつでも相談に乗るよ?」

女「うん。ありがとう・・・!でももう大丈夫だから!」

女(この娘のこういうところ・・・すごく好き・・・。)

女友「あっ・・・!もしかして私に襲われるところでも想像しちゃって、ドキドキして眠れなかったとか・・・!!」

女「なっ・・・!///」

女友「あっ紅くなってる。」

女「なってないっっっ!!!!」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:48:41.10 ID:8Pjsvqyy0

女友「もうやっぱり可愛いっ!!」

女「もう・・・。」

女友「ねぇ?学校ついたら一緒にトイレ行かない?」

女「いいけど一緒の個室に入ろうとか言わないでね?」

女友「!!!!!」

女「・・・。」

女友「・・・・・・///」

女「・・・上目使いしてもダメ。」

女友「」(泣



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 22:51:05.89 ID:8Pjsvqyy0

――2時間目:科学

女(正直この授業だるいなぁ・・・早く終わらないかな?)

女(それにしてもこの授業でこんなにノートが取れるなんて女友ちゃん凄い・・・。)隣の席をチラッ



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:02:13.53 ID:8Pjsvqyy0

怒り狂う化け物―ヴァンダー・スナッチが可憐な姫―(女の下の名前)をめがけて飛び掛かる・・・!

ヒュオォオォォォォォ・・・!

女「・・・!」

女(私・・・ここで死ぬのかな・・・?もう女友ちゃんに逢えなくなるのかな・・・?)

女(だけどあんな綺麗な人に出逢えたんだから、満足かな・・・。)

女(嗚呼、もしも2人が生まれ変われるのなら、次はちゃんと女友ちゃんにこのキモチを伝えたい・・・!!)

ガキンッッ!!!!!!

女友「ヴォーパルの剣よ・・・悪夢を切り裂けぇぇぇ!!!!」

ヴァンダー・スナッチ「ギャアアァァァァアアア」

女「女友ちゃん・・・私を助けに来てくれたの・・・!?/////」




女「・・・・・・なにこれ?」

女友「!!!! 人のノート勝手に見ないでぇぇぇ!!!!!」



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:09:43.06 ID:8Pjsvqyy0

――4時間目:体育(水泳  @教室


女友「・・・///」

女「あれ?どうしたの?私の服に何かついてる?」

女友「うぅん?なんにもついてないよ?」

女「・・・?先着替えるね? 女友ちゃんも早く着替えないと時間なくなっちゃうよ?」

女友「」(じー

女「」(着替え中

女友(・・・えへへっ可愛い下着♪)

女「声に出てるわよ、バカっ・・・」

女友「ごめん。」



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:16:26.97 ID:8Pjsvqyy0

女友「ねえ?水着貸してくれない?」

女「えっ忘れちゃったの・・・? ごめん、予備の持ってきてないや・・・。」

女友「大丈夫。女ちゃんには私のを貸してあげる♪」

女「いや、自分のあるんならそれ使えよ。」

女友「くすん・・・。」



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:18:25.32 ID:8Pjsvqyy0

女友「ねえ女ちゃん?」

女「なに?女友ちゃん?」

女友「水着交換しない??」

女「往生際が悪い。」

女友「くすん・・・。」



46 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:26:53.49 ID:8Pjsvqyy0

――4時間目:体育(水泳

女友「えいっ・・・!」(だきっ!

女「きゃぁっ!! がぼっ・・・!」


女「はぁ・・・はぁ・・・急に抱き着かれたら溺れそうになっちゃったじゃないっ!」

女友「ごっごめん!スク水女ちゃんが可愛すぎてつい・・・!」

女「もう・・・お願いだから溺れさせないでね?それに変な呼び方しないで!!」

女友「うん・・・」



48 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:33:14.29 ID:8Pjsvqyy0

女友「あれ?」

女「ん?」

女友「だけど溺れてる女ちゃんも可愛いかも・・・!」

女「ちょっ・・・!」

女友「けほっけほっってなりながら必死で細い足と可憐な腕をぱたぱたさせてる女ちゃん・・・!!」

女「ちょっと女友ちゃん!!」

女友「えへへ、本気にしちゃった?冗談だから怒らないでっ?」(水の中で必死に両手をとって上から目線

女「本気にしちゃったも何も本気だっただろ?」

女友「・・・・・・。」

女「せめて嘘でもいいから否定してよ!!!」



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:42:28.62 ID:8Pjsvqyy0

女友「ねえ、女ちゃん?」

女「・・・?どうしたの急に真剣な顔して・・・?」

女友「その水着の下って、何も着てないんだよね?着てないんだよね?」

女「そりゃ水着なんだから着てないに決まってるでしょ?」

女友「・・・・・・//////」(はぁはぁ

女「」(無言でビート版で頭を叩く




女(・・・だけどここまでオープンだと逆にちょっと可愛いかもって一瞬思っちゃったのがすごく悔しい。)



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/06(火) 23:50:14.33 ID:8Pjsvqyy0

――昼休み

女友「はいっあーん♪」

友「うっうん・・・///」

友「美味しい・・・!女友ちゃんって料理上手だよね!」

女友「えへへっ もし私のモノになったらいつでも手料理食べさせてあげられるのに♪」

女「えっこのお弁当を毎日・・・!? だけど・・・ その・・・///」

女「だけど私・・・女同士とかよくわからないし・・・」

女「だけど女友ちゃんのタコさんウィンナーとか卵焼きが毎日・・・」


女友(・・・なんか素直に喜べない。)



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 00:02:21.46 ID:f0f+FENF0

――放課後

女友「ねえ、体育館倉庫いこう!」

女「え・・・ちょっと・・・!!」

女友「すぐに終わるから!」

女「にやにやしながら言うな!」

女友「優しくしてあげるから・・・///」

女「十分優しくしてもらってるからいいよ!!」

女友「大丈夫、怖くないよ?」

女「その言い方が逆に怖いよ!!!!」



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 00:05:57.67 ID:f0f+FENF0

女(けっきょく連れてこられちゃった・・・。)

女友「えへへ~♪」ぴとっ

女「・・・。」

女友「大丈夫♪二人なら怖くないよ?」(なでなで

女「ちょ・・・変なことしたら帰るからね!?」

女友「いいからいいから♪」

がらがら。



63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 00:13:01.34 ID:f0f+FENF0

陸上部の娘1「ちょっ・・・やめて!! あぁ・・・!」

陸上部の娘2「ふふっ・・・あなたの唇ってとっても甘いのね♪」

陸上部の娘1「もう・・・/// ・・・じゃあこれはお返し♪」(チュッ

女友「」

女「・・・。」



女「帰る?」

女友「帰ろっか。」



66 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 00:23:51.41 ID:f0f+FENF0

――下校中

女友「うぅ・・・。」(ぐすん

女友「今日こそ女ちゃんを美味しく頂けると思ったのに・・・!!」

女「よしよし」

女友「折角の私たちの愛の巣が・・・!!」

女「いや、体育館倉庫は生徒たちみんなの物だろ。」

女友「うん・・・そうだよね・・・。」

女友「私が間違ってたよ・・・。」

女友「だから明日こそは体育館倉庫で美味しく頂かれてね・・・。」

女「さりげなく変なこと言っても普通に聞こえてるから。」

女友「ちぇー。」



70 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 00:41:24.58 ID:f0f+FENF0

女友「ねえ、今晩泊まっていい?」

女「? 別にいいよ?」

女友「やったあ・・・!いままでずっともう少しってところでお預けされてたから、その分おなかいっぱい・・・」

女「やっぱりダメ。」

女友「わかった・・・寝込み襲ったりしないからお願いっ!!!」

女「しょうがないな・・・」

女友「やったぁ・・・!!!!」(だきっ

女「もう・・・//」



72 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 00:51:02.61 ID:f0f+FENF0

――女の家

ピンポーン

女「もう開いてるよ?」

がちゃっ

女「いま丁度夕ご飯作ってて手が離せなくって・・・窓から女友ちゃんが見えたから先に空けておいたの・・・。」

女友「うん・・・ありがとう・・・。」

女「ごめんね、出られなくて。」

女友「ううん、気にしないで?」



73 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 00:54:50.14 ID:f0f+FENF0

女友「うう・・・折角でてきたところをぎゅっっと抱きしめられるように荷物減らしてきたのに・・・。」

女「なんか・・・ごめんね?」

女友「そしてそのまま押し倒して、女ちゃんの可憐で柔らかい体をあちこちさわさわしようと思ったのに・・・!」

女「やっぱ先に鍵開けておいて正解だった。」

女友「うぅ・・・。」



76 名前: 眠い・・・ 投稿日: 2012/03/07(水) 00:58:45.61 ID:f0f+FENF0

――夕食

女友「ごちそうさまっ・・・!!女ちゃんの手料理、すごく美味しいよ・・・!」

女「ほんと!? ありがとう・・・!!」

女友「えへへっ♪だけどまだ一つ美味しいデザートが残ってるんだよね♪」

女「・・・!」



79 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 01:07:30.48 ID:f0f+FENF0

女「せっかく頑張って作ったメロンゼリーをすっかり忘れてた!」

女「女友ちゃん、前に作ったメロンゼリーすごく美味しそうに食べてたから・・・作ってみたの。」

女「だけど・・・どうして私がデザート作ってたって分かったの?」

女「やっぱり私たちの付き合いが長いからかなっ♪」

女友「・・・! このゼリー、すっごく美味しいよ!!」

女「よかった・・・!」



女友「うぅ・・・手料理作ってもらえるって聞いてからずっと
   『女ちゃんの手料理も美味しいけど、一番のデザートは女ちゃん自身だよ♪』
    って言おうと思って楽しみにしてたのに・・・!!!」



83 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 01:20:15.79 ID:f0f+FENF0

――お風呂

女友「えっと・・・バスタオルは・・・?」(荷物をがさごそ

女友「ごめん、すぐに入るから一足先に入ってて?」

女「うん、分かった。」



85 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 01:24:35.57 ID:f0f+FENF0

女(あれ?女友ちゃんどうしたんだろ?)

女「何か忘れ物?」

がらっ

女友「ひゃぁ! あっ開けるんなら言ってよ!」

女「いいじゃない・・・二人で入るんだし・・・」

女「って、なんで私の上着なんか手に持ってるのよ!?」



87 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 01:34:22.30 ID:f0f+FENF0

女友「これはっ・・・その・・・!!」

女友「ごめんなさい・・・!!!」

女友「なんていうか・・・別に服に顔をこすりつけようとしてたわけじゃなくって・・・!!」

女友「本当だよ!!」

女友「ただ・・・なんていうか・・・・・・腋のところの匂いがほんのちょっとだけ気になって・・・!」

女友「友達同士でもやっちゃだめだって事は分かってるの・・・!!!」

女友「だからまだ未遂なの!!!まだ匂いをかいでないの。だからお願い許して・・・!!」


女「いや、女友ちゃんなりの誠意は分かったけど、なんていうかそこまで真面目に説明されると逆にイヤだ。」



89 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 01:38:26.18 ID:f0f+FENF0

女友「本当にごめんね・・・!」(しょぼーん

女(あらら・・・これは本気で沈んでる・・・?)

女(たしかにビックリしたけど、そこまで不愉快だったわけじゃないし。)

女(なんかするだろうってのは、大体想像はついてたし・・・)

女(ここはひとつ気を利かせて冗談でも・・・!)



92 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 01:47:38.50 ID:f0f+FENF0

女「もう・・・。女友ちゃんって腋フェチなの?やだー!」

女友「・・・・・・ごめんなさいっっ・・・!!!」

女「・・・いや、なんで本気で沈んでるんだよ!?ていうかそこは否定しろよ!!」

女友「」ぐすん・・。

女「なんていうか・・・今のは気の利いた冗談でも言おうかと思って言っただけで・・・!」

女友「ほんと・・・?」(上目使い

女「うん、本当。」

女友「うぅ・・・ありがとう。」

女「よしよし」ナデナデ


女友「あ!だけど、ウェストのラインかも好きかも!」

女「聞いてないよ。」



93 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 01:56:14.47 ID:f0f+FENF0

――それから少しあと。

女友「じゃあ、背中流してあげるねー♪」

女「うん・・・ありがとう・・・。」

女友「あれ?ちょっと紅くなってる?」

女「うん・・・友達と一緒にお風呂に入るのってこれが初めてだから・・・ちょっと緊張してるの。
  あはは・・・友達同士なのに緊張するなんておかしいよね・・・//」



女友「う゛っ・・・!!」

女「女友ちゃん、大丈夫っ!?」

女友「ごめん・・・ちょっと鼻血が・・・。」

女友(うぅ・・・折角お風呂でゆーわくしようと思ったのに逆に無垢さで私を誘惑してくるなんて・・・!
    恐ろしい娘・・・!!!)

女「?」



94 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 02:04:02.57 ID:f0f+FENF0

――その夜

女友「女ちゃん、もう寝ちゃった?」

女(襲われると困るから寝たふりをしよう・・・。)

女友「もう、本当は起きてるんでしょー♪」

女友「もう♪私に美味しく頂かれちゃうのがそんなに怖いの・・・?」

女(また体育館倉庫みたいな目に合うと困るからこのまま寝たふりをしよう・・・。)



96 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 02:07:26.16 ID:f0f+FENF0

女友「・・・本当に寝ちゃったの?返事しないとキスしちゃうよ?」

女(あれ・・・これって寝てても襲われるパターン・・・!?)

女友「今なら聞こえないよね・・・?」

女友「大好きだよ・・・!!」チュッ♪

女友「・・・////」

女友「」Zzzzz・・・・

女(・・・・・・!!!!!)



98 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 02:14:49.23 ID:f0f+FENF0

――次の日の朝

ピピピピピピ

女友「あっもうこんな時間かー」

女「うぅぅ・・・」

女(ただでさえ朝弱いのに、昨日はあれからドキドキしてあんまり眠れなかったから眠い・・・。)

女友「えへへっ そういえば女ちゃんって朝弱かったんだっけ?じゃあこのまま襲っちゃおうかな・・・♪」

女「えっ・・・!!」

女(どうしよう・・・! ただでさえ眠くて力が入らないのにあんな事された後じゃ、抵抗できないかも・・・!)



99 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 02:18:37.59 ID:f0f+FENF0

女友「えへへっ♪つかまえたっ♪」

女「きゃぁ・・・やめて・・・!!」ぱたぱた

女友「だーめ♪今日こそは美味しく頂いちゃうんだから・・・!」

女「いやっ・・・!!」

女友「じゃあ何でこんなに可愛く暴れて私を誘ってるのー?」

女「そんな・・・誘ってなんか・・・!!」

女(どうしよう・・・逃げられないよ・・・!!!)



102 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 02:25:08.24 ID:f0f+FENF0

ピピピピピ

女友「きゃあっ!!」

女「ひゃっ!」


女友「うぅ・・・この目覚まし二回鳴るの忘れてた・・・」

女友「もう少しで女ちゃんを頂けたのに・・・!!!」

女「・・・///」ドキドキ

女友「とりあえず、朝ご飯作ってくるね・・・?」

女「うん・・・。」

女(助かった・・・!)


女友「だけど、その前に・・・ちょっとだけ女ちゃんをつまみ食いさせて?」

女「きゃあぁぁ!?」



104 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 02:32:36.99 ID:f0f+FENF0
ごめんなさい・・・
今日はここまでです・・・。


ここまで見てくださった方、、支援してくださった方、本当にありがとうございました・・・!!!


需要があれば明日の夜中あたりに続編もひっそり書きたいと思います。。。




109 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 02:46:21.74 ID:mrbCa+iF0
百合って、いいよね



127 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/07(水) 08:55:19.70 ID:lOEd9w0h0
 {/    \__..../`''ー- : : : :゚》: : : ニ=-: : : : : : :}{:( i::rァ:l: :/ノ: : : :レ: : : :。ll゙ト--}   }: : : : : : : : : : : :i:
彡    ノ: :/   / {: : : : :。〃: :ミZzx;_;: : : : : : \ゞミo=彡'" : : : : : : : : : 。ll :ゞシ__ノ_: : : : : : : : : : }
彡ィ"ノ /:/ ___ / 〉: : : : {{ミ: : : : : : : : : : : : : : : f: : j}: :i: : : : : : : : : : : :\}} : : : : }::::::::::: ::}`"''ー--‐‐"
 廴{/" /-―-、 ̄ : : : :/゙、: : : : : : : : : : : : : : :`{: : : : : : \: :\ : : : : : ゚:ヾ: : : : ト、_::::::::::ハ:::::::::::l:::::}:::
 i  / //\::::::::::/ ゙ヽ、/  》: :斗====ミ、: : : : \: : : : : : :`ー- : : : : : : : ゚}}: : : : : :}__:::/  i::::::::::l::::;':::
 { i  / /`<ァ、_7~z_r、Kj/ 〉} r‐-、_}_ `ヽ: /:::::\: : : : : : : : : : : : : : : :/乂_斗=―ミx、}:::ハ::i::/::/
 ゝ {  i /  _,,ノ::::/:::::/::::::廴/⌒ー┘::::::::lll⌒⌒/::`メ、〃\ : : : : : : : : : : /::::::lll::::lll:::::::ヽ:::::::ヽ:::}:j:::::/::
ゞ  i i { /=≠ミ=z/::::〃::::::〃::::::::〃:::::lll:::::::;;;j::::〃:::}ト、lll::\: : : : : : :/::jl!:::::;llト、{{=ヽ:::ハー-┘jノ/::/
    ゝ/::/〃::::/:::〃ミ#==#=ミx〃::::::ll!ィ'"::/`メx:/〃::{{ミxlll::`ヽ、/l:::::::jj/:::lll::::::㍉::゙\!::;;;;メ<::::::/
   /=≠=#ミ/=≠ミx;jlj::::::::jlj:::::;ィ/::::/:::::/:::〃::/゙メ::::::}}:::::jlト、:lll:::::lll/〃::::::::lll:::::::::::゙、::ヽ:`く {:::::/
  /.:/: 〃:::jli:::::/:::〃:::/X、:::::::jll/jll::::::::ヽ:/ヾ::〃::/〃:::`#ミlll:::`llト::::}}}::::ji!/::::}}}::::::::::::lll:::::゙;::ヾ\:{
 /.: /::〃::::jlj:::::;'::〃:::/〃:::ミ=/=#ミx:::く:::::::::〆:::/〃::::::〃:::::llト、::lll:::::jlj:::ji!斗=井===井z、i:::::|i:::ヽゞ=-
 {.:/≠ミ/=jli=;=#=/〃:::::::}/:::/:::lll:::::::`ミlヾ〃:::::/`メ、/::〃:::::〃::::♯=#〃:::>''" ̄~"'<ll::::`i=lll=ミヘ
<{7〃:::/:::::jlj::::i::::lll::::i::llト彡/:::::L;;;:lll:::::::::::::lll:::`7z/:〃/ミ#=jミ#=z、:lll::〃::j!"           \::l:::::lll::::::::ハ
 辷Lミ{、::::jlj:::::i::::lll:::i::jll::/" ̄   ̄`ヽ::::jlj::::;'  ゙ヽ/:::〃:::/:::lll:::::`#jl!/               }--―-ミ、:}
    j  ̄~~'''''"⌒辷/         乂lll::::i     ̄ ̄ゝ、:lll:::::::/::::llf:::{              !:::::::::::彡'"
     !         /           ) ト;:i          ̄7;;r、lll|;;;:!              !''"''"´
    i       /            >-)i          /     i   ,,....-―‐-...、 i
    i      /                / <ハi         /       } /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`i
    !     /           /   j;人           /      {/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
   j      /          /     !;:;:;:\     //         i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
   i     /         /     i;:;:;:;:;:;:;:`ー-‐'";:;/          i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i
   i    '           /        i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/            i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
   j    i          /          j;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/          i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i
   /    i         ̄ヾヽ      i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/           i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i





[ 2012/03/07 ] SS | TB(0) | CM(1)
いいキマシだ!
[ 2012/03/07 15:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。