SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

櫻子「お待たせっ 帰るよ!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:14:50.79 ID:KsPE7WS50

櫻子「お待たせっ 帰るよ!」スパァン

向日葵「いたあ!!?」

結衣「わっ……だ、大丈夫古谷さん……??」

向日葵「なにすんのよバカ娘ッ!!」グラグラ

櫻子「あらっ、先輩方。珍しいメンバーですね。」

京子「よー。」



2 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:15:42.01 ID:KsPE7WS50

結衣「あはは……それじゃ古谷さん、またね。」

向日葵「あっ……お話して頂いてありがとうございました先輩。」

京子「二人は仲良いね~」ニシシ

向日葵「よくないですわ!」
櫻子「よくないです!」


京子「でも一緒に帰るんでしょ?」

向日葵「えっ……」

櫻子「ん、ま、まぁ…………///」


結衣「ほら京子、いくぞ。」

京子「あいよー」


櫻子「い、行くぞ向日葵っ」

向日葵「あっ……はい。」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:16:08.95 ID:KsPE7WS50

櫻子「…………」すたすた

向日葵「…………」とことこ

『でも一緒に帰るんでしょ?』

向日葵(一緒に帰る……)

向日葵「ねえ櫻子……私たちってなんでいつも一緒に帰ってるんでしたっけ」

櫻子「えっ………」


櫻子「は、はあっ!!?」

向日葵「えっ?……な、なんですのいきなり」ビクッ

櫻子「そ、それはこっちのセリフだっての……!」

向日葵「……??」

櫻子「……ぼぇて……ぃのかょ………」ボソッ

向日葵「え?」



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:16:37.62 ID:KsPE7WS50

櫻子「もういい! 向日葵なんて一人で帰れ!!」ダッ

向日葵「あっ……櫻子!」

向日葵「……行ってしまいましたわ。」

向日葵(何か……そんな気に障るようなこと言いましたっけ?)



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:17:08.03 ID:KsPE7WS50

ピンポーン

ガチャ

撫子「おお、ひま子。」

向日葵「あっ……撫子さん、櫻子は?」

撫子「いるけど……櫻子ー、ひま子が来たよー?」

『………………』

撫子「ちょっと呼んでくるね」

向日葵「あ……すみません。」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:17:38.45 ID:KsPE7WS50

コンコン

撫子「何やってんのさ櫻子。ひま子が呼んでるぞ」

櫻子「……今会いたくない。」

撫子「なに、ケンカしたの?」

櫻子「……………」

撫子「…………はぁっ。」


撫子「ごめんね。櫻子、今は会いたくないんだってさ。」

向日葵「えっ………」

撫子「またケンカ? そのクッキーはお詫びってわけ?」

向日葵「あっ……これ、一応渡しておいて下さい。」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:18:02.30 ID:KsPE7WS50

撫子「ふーん……今回の原因はなに?」

向日葵「え、えっと……私にもよくわからなくて……」

撫子「なにそれ。アンタと櫻子以外の人にはわからないんだからさ、アンタもわからないんじゃ解決しようがないじゃん。」

向日葵「それはまぁ、そうなんですけど……」


撫子「……ま、よくよく考えてみな。」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:18:48.60 ID:KsPE7WS50

〈学校:給食の時間〉

あかり「シチューおいしいね~」

櫻子「…………」ぶすっ

向日葵「…………」(ニンジン残してる……)

ちなつ「あの、二人とも今日はどうしたの……? ケンカ?」

向日葵「え、いや……」

あかり「ケ、ケンカはだめだよ~??」

櫻子「……ケンカなんてしてないよ。」


ちなつ「でも二人って、ケンカしててもいつも一緒に帰るから凄いよねー。」ニヒヒ

櫻子「!!」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:19:40.80 ID:KsPE7WS50

向日葵「さっ、櫻子………」

櫻子「………向日葵、今日は一人で帰れよな。」

向日葵「…………」

ちなつ「あ、あれ!? 私余計なこと言っちゃった!?」

向日葵「い、いえ吉川さんは何も……」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:20:14.82 ID:KsPE7WS50

〈放課後〉

『きりーつ、れい。 さようならー』

櫻子「…………」すたすた


向日葵「あ、櫻子……」

あかり「行っちゃったね……」

ちなつ「ご、ごめん向日葵ちゃん! 私が変なこと言ったからっ!」

向日葵「いえ、だから……吉川さんのせいじゃありませんわ。昨日からこんな調子でしたの。……それではお二人とも、さようなら。」

あかり「あっ、バイバイ向日葵ちゃん……」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:20:54.73 ID:KsPE7WS50



向日葵(……一人で帰るなんて、本当にどれくらいぶりかしら……)とことこ

向日葵(いつも櫻子が隣にいて……)

向日葵(終わったら絶対二人で会って、それから帰るのが当たり前で……)

『ねえ櫻子……私たちってなんでいつも一緒に帰ってるんでしたっけ』

向日葵(そう、昨日あんなこと言ってからずっと機嫌が悪いんですわ。)


向日葵(いつも一緒に帰る理由……? 家が隣だから?)

向日葵(いえ……何かあった気がしますわ。なにか大きな理由が……)

「おーあの子かわいくね?」



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:21:33.96 ID:KsPE7WS50

向日葵「!」

「わっ……すげーでけーよアレ……」

「あれって七森中の制服だろ? おいおい中学生であれかよwww」

向日葵(男の人……高校生かしら……全部聞こえてますわよ! 全く……)

「おいちょっと、お前行ってこいやwwww」

「えーマジすかwwwwんじゃちょっとだけっすよ?」

男「ねーキミ!」

向日葵「は、はい……?」(話しかけてきた……)

男「キミ七森中の子だよね? 何年生?」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:22:13.90 ID:KsPE7WS50

向日葵「え、えっと、一年…………」

男「い、一年!?」

「一年でアレはやべえぞオイwwwww」

向日葵「あ、あの私急いでますので……」

男「え? いいじゃんいいじゃん、俺らこれからゲーセン行くんだけどさ、一緒どう?」

向日葵「いえあの、遠慮しておきますわ……それでは」

男「いやいやマジで!キミ可愛いしさー!」ぐいっ

向日葵「はっ、離し……」

ぱぁんっ!

男「うぉっ…………」


櫻子「離せよ、嫌がってんだろ」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:22:54.04 ID:KsPE7WS50

向日葵(さ、櫻子!?)

男「あ、じゃ、じゃあキミもどう!? 二人なら

櫻子「行かねーよ。……いくぞ向日葵」ぐいっ

向日葵「あっ……はい……」


「おい何やってんだよー!せっかくの逸材をさー!」

「まあ童貞に任せた俺たちが悪かったなwwwww」

「ど、童貞じゃねーし!」

ギャハハハハハハハ……



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:23:35.21 ID:KsPE7WS50



向日葵「…………」

櫻子「…………」

向日葵(……思い出しましたわ。)



ねえキミかわいいねぇ、おじさんと一緒にどっかいかない?

「えっ、あの、 いきません!」

いやいや、きっと楽しいよ? だからさ……

「は、はなして! いやあっ!」

ほら、大きな声出さないで……

「う、うぇぇぇぇん! さーちゃああん!」

「あっ、おいっ! はなせよジジイ! 人呼ぶぞ!!」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:24:07.49 ID:KsPE7WS50

「う、うぇぇぇん……こわかったあ……」

「だからひとりで帰っちゃダメって先生に言われたじゃん! ひまちゃん聞いてなかったの?」

「だ、だって………」

「もう……ひまちゃんこれからひとりで帰るのきんし! ぜったいわたしと帰ること! いい!?」

「う、うん! わたしもその方がうれしい!」

「おそうじ終わってもわたしがくるまで待ってること!」

「まいにち?」

「そうまいにち! そしたらわたしがいつでもまもってあげる! わかったらゆびきりね?」

「わかった! ゆびきりする!」

ゆーびきーりげーんまーん……



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:25:13.92 ID:KsPE7WS50



向日葵「……櫻子、ありがとう」

櫻子「…………」

向日葵「ごめんなさい……私、忘れちゃってましたわ。 櫻子との約束…………」


櫻子「………まったく、向日葵は昔から弱っちいんだからさ」

櫻子「あんなのすぐに振り払って逃げればいいんだよっ」

向日葵「ええ……そうですわね。」


向日葵「……さーちゃんはもう守ってくれないんですの?」

櫻子「っ!!」


櫻子「そ、そんなの……向日葵が私から離れなければいいんだよっ!/// つーかその呼び方やめてっ」

向日葵「そしたら……さーちゃんが守ってくれるんですのね?」

櫻子「ううっ……///」

向日葵(うふふふ……)



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/05(月) 21:26:05.35 ID:KsPE7WS50

櫻子「…………」スッ

向日葵「??」

櫻子「ゆびきり、やり直しな……ひまちゃん。」

向日葵「……!」


向日葵「……ええ、わかりましたわ。」



ひまちゃんはわたしといっしょにいないとダメなんだからね!

さーちゃんといっしょにいれば、どんなときでもまもってくれるんだよね?

そういうこと! じゃあきょうはわたしのおうちであそぼっか!

うん!


~fin~





[ 2012/03/05 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。