SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京子「それなら何回だって、何十回だって」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:06:38.71 ID:hEZ0U1Y6O




京子「ゆ~い~」


結衣「ん……なに?」


京子「キスしよ」


結衣「おう、いいよ」




ンー……





2 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:08:24.62 ID:hEZ0U1Y6O

~ごらく部部室~



ちなつ「……ってななな、何してんですかぁーっ!?!?」ミギャー!

あかり「京子ちゃんと結衣ちゃんが……ききき、キス……しちゃう……!///」ドキドキ




京子「ん~……って、お前早くつっこめよぉ!!!///」カァー

結衣「……え?この状況でなんでつっこまなきゃいけないんだよ?」

京子「ほ、ほんとにちゅ~しちゃうだろが!!冗談なんだから、お前が嫌がってくれないと止まらないだろ!?///」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:09:12.99 ID:hEZ0U1Y6O

結衣「じょう……だん……?」ウルウル



あかり「あぁ!結衣ちゃんが泣いちゃう!」

ちなつ「京子先輩!今すぐ結衣先輩に謝ってください!!」

京子「えっ!?ゆ、ゆい~、ごめんよぉ!私が悪かった!だから泣くなよぉ~!」オロオロ



結衣「……」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:10:03.63 ID:hEZ0U1Y6O

結衣「……ま、冗談だってわかってたけどね」ケロリ



京子「嘘泣きかよっ!?」

ちなつ「結衣せんぱ~い!嘘泣きも素敵でした~!」ガバッ

あかり「あかり、本当に心配しちゃったよぉ……」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:10:50.56 ID:hEZ0U1Y6O

結衣「……で、なんで急にキスしたいとか言い出したんだよ?」

京子「いやね、ミラクるんを読んでたら、ミラクるんとライバるんがキスするシーンがあってねー」

ちなつ「あの漫画、そんなシーンがあるんですか……しかもミラクるんもライバるんも女の子じゃ……?」

あかり「あ!最新刊のお話だよね!あのシーンはあかりも読んでてドキドキしたよぅ///」



結衣「……で、キスがどんなものかと私で試してみたってところか」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:12:15.53 ID:hEZ0U1Y6O

京子「そーいうことっ!まぁ、マジでキスしようとは思ってなかったけどさ……」

結衣「私は別にキスくらいしてもよかったんだがな」

ちなつ「!?」ピキーン

ちなつ「じじじ、じゃあ!私と熱いききき、キッスをーっ!!」

結衣「ち、ちなつちゃんはまた今度で……」アセアセ



京子「ちっなちゅ~!!私ならいつでもキッシュするよ~!!」ンー

ちなつ「死んでもいやです」ニコッ

京子「がーん」ガックリ



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:13:07.99 ID:hEZ0U1Y6O

京子「そういや、みんなってキスの経験あるの?」

結衣「私は……そういえば、千歳のアレはカウントするのか……?」

京子「アレは事故ってことでノーカンっしょ?」

結衣「そっか……じゃ、私は1回だけだな」

ちなつ「!?」

ちなつ「だだだだだだ、誰とキスしたんですかぁっ!?」

結衣「本当に小さい頃なんだけど、その……京子と……///」



ちなつ「」バタッ

あかり「ち、ちなつちゃーん!?しっかりしてぇ!!」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:14:49.21 ID:hEZ0U1Y6O

京子「そういえばそんなことあったなぁ……すっかり忘れてた」

ちなつ「ノーカンっ!そんな記憶にも残らないキス、ノーカンですからっ!!」ブワッ



京子「ほらほらちなつちゃん、今なら私とのキスは結衣との間接キスになるよ~?」ニヤニヤ

ちなつ「うっ……ゆ、結衣先輩との……間接……!!」

結衣「オイコラ、やめんか」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:16:28.57 ID:hEZ0U1Y6O

京子「じゃあ、あんま興味ないけど……あかりはキスの経験とかは……ないな?じゃ、ちなつちゃんは……」

あかり「ちょっと!スルーの仕方が強引すぎるよ!?」

京子「だって、キスしたことないでしょ?」

あかり「あかりだってキ、キスくらい……ちなつちゃんと……///」カァー

京子「ああ、あれか……」



ちなつ「あかりちゃん!あれは練習だからっ!結衣先輩、あれはキスじゃないんです!!」アセアセ

結衣「まぁいいじゃない、キスくらい」フフッ

ちなつ「ああああー!誤解なんですよーっ!!」ワタワタ



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:17:36.96 ID:hEZ0U1Y6O

京子「さて、じゃあ他の奴らにもキスせがんでこよっかなぁー」

結衣「おい、まさか生徒会でキスしようとか思ってないよな……?」

京子「え、ダメなの?」

結衣「お前が『キスして』って言うだけで、教室が血の海になるんだから」

京子「ああ……そういえば」




京子「まぁ、話を聴きに行くだけだから!じゃ、ちょっくら行ってくる!」ダダッ





結衣「面倒なことにならなきゃいいけど……」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:18:40.08 ID:hEZ0U1Y6O


…………………


~図書室~


千鶴「……」ペラリ



京子「……」ソーット



京子「……ちっづるーっ!!!」ダキッ

千鶴「うわっ!?」ビクッ

京子「ちゅっちゅー!!あんどすりすりぃ~!!」スリスリ

千鶴「ちょ、お前!抱き着いてくんなっ!うざい!///」ジタバタ



17 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:19:17.15 ID:hEZ0U1Y6O

京子「まーた難しそうな本なんか読んじゃってー」

千鶴「もう、ほんと邪魔だからどっか行ってくれ……」イライラ

京子「あ~ん、いけずぅ~!」

千鶴「……」ペラリ



京子「……むぅー」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:20:11.04 ID:hEZ0U1Y6O

京子「ちーづーるっ」

千鶴「……なんだよ」





チュッ





千鶴「!!」

京子「……んちゅー」ンー



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:21:43.61 ID:hEZ0U1Y6O



ピリピリッ…



京子「……っ!?///」ゾワゾワッ

千鶴「んっ!?///」ビクンッ





バッ

京子「んはっ……はぁっ……はぁっ……///」



京子(な……なんだよ今の……!?)

京子(千鶴とキスした瞬間、身体がゾクゾクってして、口がピリピリして熱くなって……!///)カァー



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:22:38.50 ID:hEZ0U1Y6O

千鶴「お……おま……!///」





千鶴(あいつ何で私にキスなんか……!?)


千鶴(というか、今のキス……凄く気持ちよかった……///)



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:24:04.79 ID:hEZ0U1Y6O

千鶴「……///」



京子「あ、あの……ごめんっ……!///」ダダッ


千鶴「お、おい!何逃げて……っ!///」

千鶴「……///」ポー



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:25:13.90 ID:hEZ0U1Y6O


~ごらく部部室~


ガラッ


京子「はぁっ……はぁっ……!!///」ゼェゼェ

結衣「あれ、ずいぶん早いお帰りで……」

あかり「おかえりー、京子ちゃん」

京子「……ふぅ」

ちなつ「どうしたんですか?そんな息切らして」

京子「……」





京子「うわあああああああああああああああああああっ!!!!///」




23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:26:15.53 ID:hEZ0U1Y6O

あかり「!?」ビクッ

結衣「な、なんだよ!?」

京子「わ、わた、わたわたわたわたわた、私何してんだよぉぉぉぉっ!!!!///」

ちなつ「……何かあったんですか?」



京子「……///」ガックリ

京子「今日はもう……帰るわ、私……」ションボリ

あかり「えっ、そんな……」

結衣「じゃあ、私たちも一緒に帰るよ」

京子「……」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:27:17.14 ID:hEZ0U1Y6O


~帰り道~


あかり「じゃあ結衣ちゃん、京子ちゃん、また明日ねー!」バイバイ

ちなつ「また明日ー!」



結衣「うん、また明日……」

京子「……」




結衣「……」テクテク

京子「……」トボトボ



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:28:22.55 ID:hEZ0U1Y6O

結衣「で、さっき何があったんだ?」

京子「……///」

結衣「綾乃とキスでもしたか?」

京子「ち、違うよっ!」

結衣「じゃあ何が……?」

京子「……///」




京子「……今日、結衣んち行ってもいい?」

結衣「ワケを聞かせてくれるならな」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:29:25.87 ID:hEZ0U1Y6O


~結衣の部屋~


結衣「……はい、ラムレーズン」コトッ

京子「あ、ありがと……」ボンヤリ

結衣「これでもテンションが戻らないとか、よっぽどのことがあったんだな」

京子「……///」コクリ




京子「あの……さ、私、千鶴とキスしちゃって……///」

結衣「えっ、千鶴さんと!?」

京子「ふざけて、ちゅーって……///」



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:30:34.52 ID:hEZ0U1Y6O

結衣「あぁ、それでめちゃめちゃ怒られて凹んでるわけか」クスッ

京子「いや、怒られても殴られてもないよ?」

結衣「え、それじゃ……」

京子「キスして、怖くなって逃げちゃった///」



結衣「……そりゃひどいな」

京子「だ、だって!キスした時、変な感じしたんだもん!!///」

結衣「変な感じ?」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:31:26.91 ID:hEZ0U1Y6O

京子「うん……なんかこう、ピリピリってして、ほわほわってして、身体がゾクゾクして……熱くなって……///」

結衣「……」

京子「ねぇ、キスって普通あんな感じがするものなのかなぁ?」

結衣「それは……」

京子「それとも、私の身体が変になっちゃったのかな……?///」





チュッ





結衣「……」ンチュー

京子「……!?んーっ!」ジタバタ



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:32:46.53 ID:hEZ0U1Y6O



結衣「……んはぁっ……で、どうだった?」

京子「ばっ、ばっかじゃねえの!?何急にキスして……///」

結衣「お前も千鶴さんに突然キスしたんだろ?じゃあ条件は一緒じゃん」

京子「だからってお前……!!///」

結衣「なぁ、どうだったんだよ?ピリピリした?熱くなった?」



京子「それは……しなかった……けど……」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:34:06.32 ID:hEZ0U1Y6O

結衣「やっぱり」

京子「や、やっぱりってなんだよ!?答え分かっててキスしたのかよ!?」

結衣「むしろ、お前がなんでわかんないのかが分からないんだけど?」

京子「わ……わかんないもんはわかんないよ……///」

結衣「嘘つけ、自分でも薄々気付いてるんだろ?なんで千鶴さんとのキスと私とのキスが違うのかって」

京子「それは……///」



結衣「わかってるなら、もう今日は家に帰れ……な?」



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:36:40.79 ID:hEZ0U1Y6O

京子「なんで……?」

結衣「なんでって、なんでもだよ」

京子「……そこまで言うなら帰るけど」




ガチャ


京子「……あ、結衣」

結衣「なんだよ、忘れ物でもあったか?」

京子「いや……さっきのキスの時、結衣はどんな感じだったのかなぁって思って」



結衣「そんなの……無我夢中でわかんなかったし」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:37:27.98 ID:hEZ0U1Y6O

京子「そ、そっか……じゃあな、今日はありがと」




バタン…





結衣「……///」


結衣(……すげえ悲しかった……だなんて、口が裂けても言えないよな)



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:38:44.32 ID:hEZ0U1Y6O


…………………


~千歳の部屋~


トントン…ガチャッ



千鶴「姉さん……いい?」

千歳「あ、千鶴……いいよ、おいで」ニコッ



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:39:55.40 ID:hEZ0U1Y6O

千歳「こうやって二人で寝るんも、なんや久しぶりやねぇ」

千鶴「そうかな」

千歳「最近は千鶴が来てくれんから、寂しかったんよ?」

千鶴「もう……姉さんたら///」




千歳「……なぁ千鶴、なんかあったん?」



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:40:56.41 ID:hEZ0U1Y6O

千鶴「えっ」

千歳「えらく辛そうな顔しとるから……なんか悩んどるん?」

千鶴「う、うん……///」

千歳「うちでよかったら、話くらい聞くで?」

千鶴「それが……///」




カクカクシカジカ…




千歳「ほうか……」

千鶴「歳納の奴、自分からキスしておいて……!///」



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:42:53.06 ID:hEZ0U1Y6O

千歳「その……キスした時に不思議な感じがしたっちゅうのは……」

千鶴「なんか、普通にしたキスよりも全然違う感じに身体が火照って……びくびくして……///」

千歳「……で、その『普通にしたキス』っていうのは、誰とのキスなんかな~?」ニコニコ

千鶴「あっ……いや、べつに誰でも……!!///」アセアセ




千歳「……うちやろ?」

千鶴「!?」ギクッ



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:43:50.80 ID:hEZ0U1Y6O

千歳「一緒に寝とる時に、うちにキスしよること……知っとるよ」

千鶴「あ、あれはぁ……///」カァー

千歳「別にうちは悪い気しとらんからいいよ?」ニコッ

千歳「ただ、なんでうちが寝とる時だけなんかなぁーって思って」



千鶴「……///」



41 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:44:51.60 ID:hEZ0U1Y6O

千歳「……で、話戻すけど、うちとの『普通のキス』はいつもどんな感じなん?」

千鶴「姉さん、言い方に棘が……」アセッ

千歳「どんな感じなんかなぁ?」

千鶴「うっ……あ、あの……姉さんにキスするのは……姉さんの寝顔があまりにも可愛くてつい出来心で……///」



千歳「言い訳しろって言うとるわけちゃうよ?うちはその感想を聞きたいんや」

千鶴「ね、姉さんとのキスは……唇柔らかいなぁとか……顔がかわいいなぁとか……///」

千歳「それで、身体がゾクゾクしたりはせえへんかったんやね?」

千鶴「うん……」



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:46:04.13 ID:hEZ0U1Y6O

千歳「うちとのキスは、言ってしまえば姉妹同士のキスや」

千歳「それとは違ったっちゅうことは……それはやっぱり……」

千鶴「い、いや、歳納とはそんな……!!///」

千歳「けど、普通に友達とするキスでもそんな口がピリピリなんかせえへんで?」

千鶴「けど……それは……///」



千歳「自分の心はごまかせても、身体は正直やったっちゅう話やねぇ」ニコニコ

千鶴「なんか……言い方が卑猥……///」



46 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:47:24.80 ID:hEZ0U1Y6O

千歳「まぁ、明日気持ちに余裕ができたんなら、歳納さんときちんと話してみ?」

千鶴「う、うん……」




千歳「……はぁー、けどうちは複雑な気持ちやなぁ」

千鶴「なんで?」

千歳「大事な妹が大人になってゆく嬉しさと、もう寝とる間にうちにはキスしてくれんのやろなぁってゆう寂しさがごっちゃになってな……」クスッ



千鶴「もう……!///」



48 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:48:33.60 ID:hEZ0U1Y6O


…………………


~翌日、学校~


京子「お、千歳~!おはっ……よ……///」

千歳「歳納さん、おはようさん~」ニコニコ

千鶴「……///」



京子「さ、先に教室行ってるから!///」ダダッ

千歳「あっ……ふふっ、ありゃあ歳納さんも千鶴とのキスで大分参っとるみたいやね」

千鶴「あのバカ……!///」



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:49:55.26 ID:hEZ0U1Y6O



~そして時流れ、ごらく部部室~



京子「……」ポー



あかり「ねぇ、結衣ちゃん……京子ちゃん、何かあったのかなぁ……?」

ちなつ「ぼんやりして、なんだか京子先輩らしくないんですけど……?」

結衣「あ、あぁ……ちょっとね」アハハ…



京子「……」



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:51:22.66 ID:hEZ0U1Y6O

結衣「……おい京子、ごらく部にいる間くらい元気出して……」

京子「よしっ!決めたっ!!」スタッ




ちなつ「京子先輩、どこか行くんですか?」

京子「うん、ちょっとケジメつけにね!」グッ

結衣「ケジメって……まぁ、頑張れよ」



あかり「二人が何の話をしてるのか、全然わかんないよぉ~」

ちなつ「私も……きぃーっ!結衣先輩と秘密の共有とか、京子先輩が羨ましいっ!」

京子「ちなちゅ、私と秘密の共有を……」ンチュー

結衣「馬鹿やってないで早く行ってこい!」ゲシッ

京子「ああん、結衣に蹴られた……」



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:53:16.83 ID:hEZ0U1Y6O

京子「じゃ、行ってくるわ!」

結衣「どこにいるかわかってるのか?」

京子「多分……昨日とおんなじ場所で待っててくれてんだろ」

結衣「そっか……じゃ、私たちは先に帰ってるから」

京子「おう!」ダダッ





ちなつ「行っちゃいましたね……」

あかり「どこに行ったかわかんないけどね……」

結衣「あいつは……またキスしに行ったんだよ」

ちなつ「え、誰にです?」

結衣「……さぁ?」ニコニコ



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:54:53.94 ID:hEZ0U1Y6O


~図書室~



千鶴「……///」ペラリ



千鶴(思わずタイトルに『キス』って入った本を手に取ってしまった……普段読まないような恋愛小説を……)

千鶴(ああもう……私がこんなにおかしくなってるのも、絶対あいつのせいだ……)



千鶴(今日は……来ないのかな……?)



千鶴「……///」ドキドキ



54 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:56:42.38 ID:hEZ0U1Y6O




京子「……ちっづるー……よっ」

千鶴「……!」



千鶴「な、なんだ、いつもの抱き着いてきてたのに、今日はどうしたんだ?///」

京子「べ、別に……///」

千鶴「……///」ドキドキ



55 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:57:32.44 ID:hEZ0U1Y6O

京子「今日は何読んでんの?」

千鶴「あ、これは……///」カァー

京子「これ……へぇ、千鶴も恋愛小説読むんだ」

千鶴「た、たまたま手に取ったのがこの本だっただけだ!///」

京子「……の割には、タイトルに『キス』って///」



千鶴「……///」カァー



56 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:58:37.73 ID:hEZ0U1Y6O


ガララッ


京子「どっこいしょっと……」

千鶴「おま……!と、隣に座んなっ!」

京子「いーじゃん別に……千鶴の本読んでる顔、見てたいんだよ」



千鶴「……///」



57 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 00:59:55.94 ID:hEZ0U1Y6O

京子「なぁ……本読みながらでもいいから、聞いて欲しい話があるんだけど……」ジー

千鶴「……///」ペラリ



京子「昨日はその……ごめんなさい」ジー

千鶴「……///」ペラリ

京子「こっちから勝手にキスして……何も言わず逃げちゃって……」ジー





千鶴「……もう、わかったから横顔じろじろ見てくんなっ!恥ずかしいだろっ!///」



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:00:41.30 ID:hEZ0U1Y6O

千鶴「別に……今はそんな怒ってないから……///」

京子「そっか……でさ、謝りついでに千鶴に一つお願いがあって……」

千鶴「私にお願い?」

京子「うん……まぁ、嫌だったらはっきりと断ってほしいんだけど……」





京子「もう一度、ちゃんとした形でキスさせてほしい……」





59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:02:03.64 ID:hEZ0U1Y6O

千鶴「……はぁっ!?な、何言ってんだお前!?///」

京子「おかしなこと言ってるとは自覚してるんだけどさ……」

千鶴「昨日、私がどんな気持ちでいたかわかってんのか!?お前からキスされたあと……私は……!!///」

千鶴「そんな気持ちまで全部押し込めて、その上で昨日のことは水に流してやろうと思ってたのに……お前と言う奴は……!!///」



京子「けど、千鶴ももう一度キスしたいって、そう思ってるでしょ?」

千鶴「!?」

千鶴「なんで……そんなこと……///」

京子「実は今日、千歳に聞いたんだ……」テヘヘ

千鶴「姉さんのバカ……///」



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:03:57.19 ID:hEZ0U1Y6O

京子「じゃあ、こっち向いて……」

千鶴「だからなんでもうキスする流れになってんだよ!///」

京子「けど……なんだかんだ言って、千鶴もちゃんとこっち向いてくれんじゃん」クスッ

千鶴「……ああもう!やるならさっさとやってくれっ!///」カァー

京子「もうちっとムードってもんをさぁ……」

千鶴「うっさい!///」



京子「じゃあ、目を閉じて……?///」

千鶴「ん……///」ドキドキ


京子「……///」ドキドキ

千鶴「……///」バクバク



チュッ




63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:05:43.03 ID:hEZ0U1Y6O

京子「んっ……ちゅっ……///」

千鶴「……!!///」ゾクゾクッ



千鶴(あっ……また……ゾクゾクってぇ……!!)

千鶴「……んんんんんーっ!!///」ビクビクッ




京子「……んはっ!ちょ、ちょっと!千鶴大丈夫!?」

千鶴「ん……あ……///」トローン

京子「……!!///」ドキッ



64 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:06:51.32 ID:hEZ0U1Y6O

京子「千鶴……もう一回、キスしよ?///」

千鶴「あ……ちょっ……///」




チューッ


千鶴「んちゅっ……ちゅぱ……ちゅっ……///」

京子「んんっ……ちょ、ちょっと……千鶴はげしっ……んっ///」



ピリピリッ



京子(あ……またピリピリしてフワフワして……!!)



67 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:08:15.62 ID:hEZ0U1Y6O


~数十分後~



京子「はぁー……はぁー……///」グッタリ

千鶴「あっ……ああん……///」チュッチュ



京子「い、今何時だよ……///」

千鶴「んっ……わかんない……ちゅ///」

京子「ちょ、お前、まず一回落ち着けっ!!」

千鶴「ああん……もう、なんだよ……」



69 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:09:51.61 ID:hEZ0U1Y6O

京子「もう外暗くなってんじゃん……」

千鶴「……」

京子「とりあえず、もう帰ろうぜ?」

千鶴「……てない……」ボソッ

京子「え?何?」



千鶴「気持ちよくなりすぎて……立てない……///」カァー

京子「……どうすんだよ」

千鶴「ちょっと休憩させて……」

京子「わかった、じゃあちょっと座って話そっか……」



70 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:11:14.16 ID:hEZ0U1Y6O

千鶴「そういえば……なんでまたキスしようとか言い出したんだ?」

京子「あー、それは……なんか昨日したキスが変な感じでさぁ、何でなのか調べたくって」

千鶴「……で、何で変だったかわかったのか?」



京子「うーん、いまいち!」キリッ

千鶴「じゃあ私はキスされ損かっ!!」ウガー

京子「いや、今回も変な感じだったし、それに……」

千鶴「それに……なんだよ?」



京子「キスした時の千鶴がかわいいから、これからもキスは継続してしよっかなぁーって……///」

千鶴「お前って奴はぁ……!///」フルフル



72 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/02(金) 01:12:38.20 ID:hEZ0U1Y6O

京子「嫌だったかな……?」

千鶴「……ふんっ!か、勝手にしろっ!///」

京子「じゃあ、勝手にしまーす!」ニコッ




京子「へへへっ、ちっぢゅる~!!」ダキッ

千鶴「おまっ!キスは勝手にしろって言ったけど、抱き着いていいとは言ってねえからな!?///」



京子「キスはオッケーなのにハグはダメとはこれいかに……!?」ガーン

千鶴「ふんっ///」ツーン






おしまい!





[ 2012/03/02 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。