SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紬「オードブルでは満足できないのよ♪」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 22:48:07.06 ID:hO838QHH0


       ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /i
      ;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
      '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄


  -┼、\  -┼-   ヽ     , ヽ、   i   、
  / |    - ヽ-  , ヽ 、  ム--、  |   ヽ
 ./  J    ヽ_`   i  ノ ヽ   _ノ  ヽ/  '



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 22:52:45.69 ID:hO838QHH0

紬「今日は奮発しちゃった♪」

澪「お菓子の話か?」

紬「んー、食材の話かな」

澪「食材? 部室で何か作るの?」

紬「ある意味作るとも言えるわね」

澪「??」

紬「澪ちゃん早速だけど前菜はいかが?」

澪「前菜? お昼も食べたしそんなに一杯食べるのは……」

紬「むちゅっ!」

澪「んむ!?」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 22:58:29.82 ID:hO838QHH0

紬「ん……ちゅ、れろ、れろろ」

澪「」

澪「」

澪「……はっ! む、んぷ、ちょ!」

紬「ぷは。えへへ////」

澪「えへへじゃない! いきなり何してるんだ!」

紬「ごめんなさ~い」

澪「にこにこしながら謝るなよ……っていうかこれが前菜って」

紬「大丈夫、ちゃんとした食べ物を持ってきているから」

澪「ホッ……いやいや、でも冬はお肉ついちゃうし」

紬「食べるのは下のお口だから大丈夫よ♪」

澪「そうか、それなら安心ってうおおーい!」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:01:18.54 ID:um4O2Y1TO
澪紬か!?



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:05:08.45 ID:hO838QHH0

紬「ほら、新鮮なきゅうり」

澪「ひっ」

紬「これに1キロ3000円のお味噌をつけまーす」

澪「うえっ!? 高い……」

紬「その分おいしいのよ。はいあーん」

澪「な、なんだ普通に食べるのかびっくりした……あーん」

澪「もぐ」

紬「噛んじゃだめよ?」

澪「ふも……?」

紬「このきゅうり1本200円なの~」

澪「ふごっ!!?(高っ!!?)」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:11:21.68 ID:hO838QHH0

紬「高級だから良く味わってね」

澪「ん、んん……」

紬「ほらもっと舐めて?」

澪「んええ……ぺろ」

紬「どうかしら」

澪「ん……みそ、おいひい」

紬「よかった~」ヌポヌポ

澪「ん、ひょっほムギ、あんまいうごかはないで……」

紬「こうしたらもっと味わってもらえるかと思って」ヌポヌポ

澪「ん、んぷ、ちゅ……んはぁ」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:17:16.47 ID:hO838QHH0

紬「ふふふ」ヌポヌポヌポヌポ!

澪「っ! ん、んお~!」

澪「んっ、じゅるっ! ん、ぐ、んほっ、へぁえ……ちゅぶ、ちゅふふっ」

澪「~~~~!! シャキッ! えほえほっ! ぐぷ、やめろっ!」

紬「ああ~噛んじゃった」

澪「はぁはぁ、ムギがきゅうりを無理矢理出し入れするからだろっ」

紬「美味しかった?」

澪「……そりゃあまあ」

紬「よかった~」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:23:13.26 ID:hO838QHH0

紬「次はコレなんていかが?」

澪「……なにそれ」

紬「おいも」

澪「なんだか細長いんだけど」

紬「長いもだから~」

紬「じゃあ……」ガシッ

澪「ど、どうして私の手を押さえるんだ?」

紬「まあまあ……それじゃあパンツ脱がせてあげるね」

澪「……へっ?」

紬「とりゃ~~!」スポーン!

澪「ひゃあああああ!?」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:29:07.47 ID:hO838QHH0

紬「召し上がれ♪」シュッシュッ

澪「ひうっ!? ちょ、やめろぉ!」

紬「さっき言ったじゃない、下のお口に食べさせてあげるって」

澪「じょ、冗談じゃなかったのか……んっ」

紬「あれ、入らないなぁ」シュリシュリ

澪「やめ、ん……っ!」

紬「ローションでもいいんだけど、でも私はオリーブオイル」トロトロ

紬「食べ物だしこっちの方がよさそうよね。どうかな」ニュリリリ

澪「ひゃっ! つめた、あ、う、や……あうっ!」ジュプ

澪「あ、うそ、入っちゃった……うっ、あっ」ゾクゾク

紬「よく味わってね~」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:35:38.72 ID:hO838QHH0

紬「この長いもも高かったの」ニュプニュプ

澪「んあっ、やめ、動かさないで……いぅ、ん!」

紬「いくらだと思う?」

澪「わ、わかんないよぉ……200グラムで200円くらい?」

紬「グラムに換算したら200グラム400円かしら」

澪「んあああああっっ!!」ビクビク

紬「ふふっ、高いとわかったらあからさまに反応が良くなったわ♪」

澪「あううっ、ん、ちがっ……」

紬「違うの?」ヌポヌポ

澪「ふああっ、あ、ち、がう……ッ!」

紬「あら? 計算を間違えてたわ。この長いも200グラム500円ね」

澪「ひぐっっっ!! あが――……あッ!!! んんんンッ!」ガクッガクッ



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:41:53.78 ID:hO838QHH0

紬「ほらやっぱり」

澪「ア、あ――あひっ、くふぅ……んは」

澪「……ぁ? あれ、かゆ、かゆい……んっ……アソコがかゆい……?」

紬「長いもだからね」

澪「あ、やだぁ……中がかゆいよぉ……んっ、はっ、はぁぁ」

紬「これは大変ね♪ 待ってて今かいてあげるから」

澪「んっ……」

紬「でも、澪ちゃんさっきから嫌そうにしているし私がいじらない方がいいのかも」

澪「そ、そんな……くっ、あ、だめ……」

紬「ここにナスがあるけれど迷惑よね」

澪「くぁ……それじゃないと奥までかけない……から……だから……」

紬「だから?」

澪「か……かいて下さい////」

紬「わかったわ!」



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:47:07.23 ID:hO838QHH0

紬「えいっ! このナスもいい値段だったわ!」ニュポーン

澪「きゃふうううううぅぅううっ!!」

紬「どう澪ちゃん!? おいしい? ナスおいしい?」

澪「はあっ、お、おいひいっ! ナスおいしいっ!」

紬「そうよねそうよね! こんなにおいしいナス中々食べられないよねっ」

澪「うんっ、うんっ!」

紬「麻婆ナスにしちゃいたいわ!」

澪「はぁんっ、んぁ、まぁぼーなすぅ……んんっ!!」



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/29(水) 23:53:05.91 ID:hO838QHH0

紬「こっちもしてあげる」

紬「澪ちゃん、汚れるといけないから制服脱がせるね」

澪「え……え?」

紬「ふふ、いつ見ても大きなマスクメロン(×2)」

澪「へ、変な呼び方するな……あんっ」

紬「ほぐしてあげるね、このオリーブオイルで」トロロロ

澪「わああっ!?」

紬「んっ、ぬるぬるね。澪ちゃん冷たい?」

澪「あうぅ……つめたい……はずかしぃ」

紬「やわらかい」ヌリヌリ

澪「ンッ、あ……やだ、やめ……くふぅ」

紬「『へた』がピンピンになってる」クリクリ

澪「ふぁ!? そ、こ、だめぇ……ふうぅ、うふぅ」



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:00:06.73 ID:LwxUVuMv0

紬「澪ちゃんの大きくて食べきれないわ」

澪「ああぅ……んふ、ふぁ」

紬「まだ冷たい?」

澪「はぁ、あん……もう冷たくない……手が、あったかいから」

紬「よかったぁ」

澪「ふぅ……ふぅ……あ、あンっ! ん、はぁぁー……はぁぁ……」

紬「そろそろデザートに行く?」

澪「んん、ちょうだぁい……デザートほしい……」



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:06:02.68 ID:LwxUVuMv0

紬「それじゃあ……えいっ」ズブブッ

澪「はくぅっ!!!」

紬「澪ちゃんのここトロトロで簡単に入っちゃった。これならオリーブオイルいらないね」

澪「な、にこれ……!」

紬「い、ち、ご」

澪「こ、これがいちご……? こんな、あ、あ……!?」

紬「2粒目入れちゃった♪ 3つくらい入るかな? えいっ」ニュブブブ

澪「あ、ああ……」ガクガク

紬「このいちごね、『初恋の香り』っていう白いいちごなの」

澪「……え、うそ」

紬「食べた事ある?」

澪「な、いけど……でも、知ってる……高級ないちごだって」ビクビク

紬「よく味わってね。せっかくだから値段も教えてあげる」



54 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:12:03.94 ID:LwxUVuMv0

澪「う、あっ、やめ、耳元で喋るなぁ……!」

紬「このいちご」ハァァ

澪「ふぅぅぅ……!」ゾクゾク

紬「一粒」

澪「っ、あ……あ……!」

紬「……1500円なの」

澪「ひッ――――!!」ビクンッ

澪「いっぐ……! ふああああああああああああああぁぁアぁぁ――――!!」

澪「あァ! ――っ!! ……あ、が……ッッ! ぅ、ふぅうぅ……!!」ビクッビクッ

紬「どうかしら、おいしかった?」

澪「あぅ……んにゅ……おいひかったぁ……////」



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:18:12.61 ID:LwxUVuMv0

紬「ふふっ、おそまつさまでした。お腹いっぱい?」

澪「ん……うん」

紬「私も胸がいっぱい。澪ちゃんの初恋フルコースを堪能しちゃった。甘酸っぱい香りがいちごみたいに……ええと」

澪「何うまい事言おうとしてるんだ。全然言えてないけど」

紬「むぅ……澪ちゃんって意外と現金よね、高級食材だけに!」ドヤァ

澪「言えてない言えてない」

紬「えぇ~。澪ちゃんばっかりうまい事イってずるいわ!」

澪「ぐあぁぁやめてくれぇぇ……」

紬「それにこのくらいで満足してちゃダメよね。今のはほんのオードブルだわ」

澪「え゛っ」

紬「今度はもっとおいしい物を持ってくるね」



63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:25:11.69 ID:LwxUVuMv0

澪「もっとって……今日の食材も十分高級だと思うけど」

紬「耳をかして?」

澪「え、うん」

紬「美人姫っていういちご知ってる?」コショコショ

澪「ンッ……知らないけど」

紬「一粒……5万円なの」

澪「っ……!」ゾクゾクッ

紬「楽しみにしててね♪」

澪「あ、うん……」

澪(お金持ちと恋人になると生活のギャップというか刺激的?な事が多いな)

澪(でも、悪くない……かも////)



END



64 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:25:27.52 ID:ME58Cl0S0
律「(すごいものを見てしまった……………ちょっと梓とやってみるか…)」



69 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:27:14.28 ID:PUFqDP810
>>64
スーパーの安売り品買ってきて梓に罵倒されながらも喜ぶドM律が目に浮かぶわ




66 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:26:25.09 ID:lKAKvdaQ0

恋人関係だったのか




70 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/03/01(木) 00:27:15.24 ID:Uc/ePYV90

使った食材はあとでちゃんと食べろよー






[ 2012/03/01 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。