SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梓「雪国の中野梓」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 22:49:26.57 ID:V9GJAGTx0

梓「さ……」

梓「寒い……」ガチガチ

梓「これ程までとは……」

梓「雪国……舐めてた……」

梓「でも頑張らないと……」

梓「…………」

梓「……はっ、ぼーっとしてた」

梓「何か考えてないと危ない……えーっと」

梓「そもそも、何でこんな所まで来たんだっけ……?」

梓「えっと――」



2 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 22:53:38.47 ID:V9GJAGTx0

梓「――え? 何ですか?」

律「だからぁ、雪国」

梓「雪国って、あの雪が降り積もって大変な事になる雪国ですか?」

律「そうだよ。それ以外あるか?」

梓「まぁないですけど……どこに行くんですか?」

紬「私の別荘よ~。結構積もるから、雪だるまでもかまくらでも何でもできるの」

梓「……要するに遊びに行くんですか?」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 22:59:23.72 ID:V9GJAGTx0

律「ちっがーう! 冬期合宿だ!」

澪「一面の銀世界……うん、いい詩ができそうだな」

唯「もちろんあずにゃんも行くよね!」

梓「まぁ、そういうことでしたら構いませんけど……」

唯「やった~」

律「よーし、決定だな。ムギ、手配を頼む!」

紬「かしこまり~」

唯「ねえねえ、りっちゃん。スキーとスノボ、どっちにしようかな?」

律「今年はスノボにするかー」

梓「……遊びに行くんですか?」

澪「毎度の事だ、諦めよう――」



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:05:12.60 ID:V9GJAGTx0

梓「――そうだった、そうだった」

梓「それでいつも通りになし崩しで来たんだった」

梓「うぅ、寒い」ブルッ

梓「雪、いいや吹雪で視界が……」

梓「ああ、それでどうして今現在私は、こんな猛吹雪の中を行脚してるんだっけ?」

梓「えっと確かあれは別荘に着いてから――」



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:10:11.59 ID:V9GJAGTx0

唯律「――着いたー!」

紬「着いた~」

澪「いやー……何というか」

梓「もう疲れましたね……雪道を歩くのって神経使いますね」

澪「少し積もってるだけでもそうなのに、この積雪だからなぁ」

唯「それじゃあ~、何する何する!?」

律「そうだなぁ、それじゃあ早速スキーでも――」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:14:54.95 ID:V9GJAGTx0

澪「何しにきたんだ!」スパァン!

律「こ、これからの放課後ティータイムの動向会議と、連携の強化合宿であります……」

唯「あわわ……」

梓「でもあれじゃないですか? これだけ雪が積もってる中で演奏しても大丈夫なんですか?」

唯「ふぇ? なんで~」

梓「よく言うじゃないですか。大きな音を出したら雪崩が起きるって」

唯「えぇっ、そうなの!? どうしようムギちゃん、私この年で氷漬けになっちゃうの!?」

紬「大丈夫よ、唯ちゃん。この別荘の防音設備は完璧だから」

唯「でもでも、ムギちゃんを疑うわけじゃないけど、それでも完璧じゃなかったりするし……」

律「ムギが大丈夫っていうんだから大丈夫なんじゃないか」

唯「りっちゃん……」



12 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:19:26.65 ID:V9GJAGTx0

澪「それに、その雪崩云々は都市伝説って聞いたことあるぞ」

梓「えっ、そうなんですか?」

澪「ああ。詳しくは知らないんだけど、大げさに取られた結果というか」

唯「へえぇ~、澪ちゃん物知りさんだね! 歩く生き字引さまだよ~」

梓「さすがです、澪先輩」

澪「おいおい、ちょっと褒めすぎじゃないか。はっはっはっ」

律(あれは多分、心配になって調べたんだろうな……)



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:24:25.59 ID:V9GJAGTx0

律「それよりさー、温泉行こうぜ。温泉」

唯「おおっ、りっちゃん隊員、いい提案ですね!」

梓「温泉ですか?」

唯「この辺に温泉が何ヶ所かあるんだって。ねぇ、ムギちゃん」

紬「うん。いろんな効能の温泉があるの」

澪「へぇ。どういうのがあるんだ?」

紬「結構立ち寄る人が多いみたいで、パンフがあるの。はい」

唯「わぁ~、本当にいっぱいあるね」

梓「そうですね」

律「!」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:27:33.62 ID:V9GJAGTx0

澪「? どうした、律」

律「ちょっと用事を思い出して!」ダダッ

澪「お、おい! 全く……」

唯「わ~、ここ、おっきいね~」

梓「やっぱりお客さん多いんですかね?」

紬「そこはスキー場が近いから、そっちから流れる人が多いかも」

梓「なるほど。それに、ここからじゃ遠いですしね」

澪「私はあんまり人がいない所の方がいいかな」

梓「その方がゆっくりできますもんね」

唯「ほかの人いたら泳げないもんね~」

梓「そういう意味じゃないですし、泳ぐのは唯先輩くらいですよ」

唯「えぇ~、そんなことないよ。ねぇ、澪ちゃん」

澪「する訳ないだろ!」

唯「えぇ~」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:31:36.98 ID:V9GJAGTx0

紬「ふふ……それじゃあ、どこにしようか?」

梓「そうですね……近くのこれなんかどうですか」

澪「悪くないな」

梓「あ、でもここ、混浴って書いてありますね……」

澪「ここ、こ、混浴!?」

唯「ムギちゃん、こんよくって?」

紬「男湯と女湯に分かれてなくて、一緒に入る所よ」

唯「おお! 大人の階段二、三歩駆け上がれそうだね!」

澪「ぜぜぜ、絶対行かないからな!」

梓「わ、私も遠慮したいです」

唯「えぇ~、何事もチャレンジだよ~」

紬「今日は吹雪いてるから、誰もいないかもね」

唯「ほら、澪ちゃん!」

澪「い・や・だ!」

唯「えぇ~」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:37:17.13 ID:V9GJAGTx0

梓「そこは無しとして、隣のここにします?」

澪「混浴じゃないならそこでいいよ」

紬「じゃあそこに決める?」

律「ちょっと待ったー!」バーン!

唯「わっ、びっくりした」

澪「どこに行ってたんだ」

律「温泉を決めるのはまだ早い! こんなとこもあるぞ!」

唯「おぉ~」

澪「なんかカラーコピーしたみたいな紙……怪しい」

紬「これって……」

唯「伝説の秘湯だって! わくわくするね!」

澪「ますますもって怪しい」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:42:10.12 ID:V9GJAGTx0

梓「裏にも何か書いてありますよ」

唯「あ、ホントだ。なになに……効能みたい」

澪「どれどれ、神経痛、筋肉炎、冷え性、肩こり、うちみ、くじき、疲労回復、豊胸効果……か。何か最後だけ手書きじゃないのか?」

梓「!!!」ガタッ!

唯「ど、どうしたのあずにゃん!?」

梓「あ! い、いえ! 澪先輩、その温泉ってどこにあるんですか?」

律「きたきた」ニヤニヤ

澪「えっ、場所か? えっと……何だ、手書きの地図? おい律、これって――」

梓「ありがとうございます!」バッ

澪「――お前の……って、梓!」

梓「私が先行して見つけてきます! お気になさらずにー!」バタン

唯「あずにゃん!?――」



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:48:10.85 ID:V9GJAGTx0

梓「――そうだった……伝説の秘湯を探してたんだった……」

梓「しかし、今にして思えば非常に怪しい」

梓「カラーコピーに手書きの地図って……」

梓「律先輩もニヤニヤしてた気がするし」

梓「でもここまで来たら引き返せない」

梓「というか、どっちが前でどっちが後ろかもわからない……」

梓「もう駄目かも……くじけそう……」

梓「あぁ……」

梓「お父さんお母さん、先立つ不幸をお許し下さ……」

梓「…………」

梓「…………はっ!」

梓「……今のは本当に危なかった……」

梓「何でもいい! 何か楽しい事でも考えてないと!」

梓「えーっと、えーっと――」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:51:50.55 ID:V9GJAGTx0

梓「――うわぁ……それにしても、見事に積もってますね」

澪「これだけ積もってたら、確かにかまくらでも何でもできそうだな」

紬「それじゃあ雪だるま作らない!?」

律「生き生きしてるなー、ムギ」

紬「私、みんなと雪だるま作るのが夢だったの~」

澪「はは、まぁ構わないけどな」

梓「それじゃあ私、頭作りますね」

唯『甘い! 大甘だよあずにゃん!』

梓「唯先輩?」

紬「声はすれど、姿は見えず……」

澪「こっちの方から聞こえた気が……」

梓「唯先輩、どこですか?」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/24(金) 23:56:05.62 ID:V9GJAGTx0

唯『ここだよ、あずにゃん!』

律「ここって」

澪「雪山、だよな」

梓「まさか」

唯『今出るよ! ちょっと下がっててね』

梓「やっぱり」

唯『う、うううう、ううううぅぅぅぅん!』ガラガラガラガラガラ

律「うわっぷ!」

澪「お、おい!」

唯「ぷわぁ~」

梓「唯先輩、あの――」

唯「あずにゃん!」

梓「は、はい!」

唯「雪を舐めてたら大怪我するよ!」

梓「どの口で言ってるんですか……」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:00:43.80 ID:5GNXXyil0

唯「――いや~、一時はどうなることかと」

紬「はい、唯ちゃん。暖かいお茶よ」

唯「わ~、ありがとうムギちゃん」

梓「どうして埋もれてたんですか?」

唯「えっと、もっと上の方から見下ろそうと思って移動して」

律「ふむ」

唯「折角だから雪だるま作ろうと思って」

澪「うん」

唯「上から転がせば楽なんじゃないかな~、って思って」

紬「ふんふん」

唯「気付いたら自分が転がって、そこの木に激突して、木に積もってた雪を被った次第でして」

梓「身をもって雪山の恐怖を体験しないで下さい……」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:07:19.34 ID:5GNXXyil0

唯「まぁ、そういうわけだからみんなも気を付けてね~」

紬「わかった! 唯ちゃんの敵は私が取るね!」

澪「よくわからん捉え方をしてるな」

律「まぁ確かに折角だから、各々雪だるま作ってみるのも面白いかもしれないな」

梓「各自で作るんですか?」

澪「また突然に……」

唯「よ~し、今度こそ作るぞ~!」

紬「私も頑張る!」

梓「ノリいいなぁ……やらなきゃダメですか?」

律「あったり前! おやぁ~、梓ちゃんは自信ないのかなぁ~?」

梓「むっ。いいですよ、やってやりますよ!」

澪「結局なし崩しだな……」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:12:42.64 ID:5GNXXyil0

律「普通に作っても面白くないからさー、右隣の人に似せた雪だるまを作ること!」

唯「おっけ~。じゃあ私は頑張ってあずにゃん3号を作ります!」

梓「張り切らなくて結構ですよ。私は澪先輩ですね」

澪「私が律で」

律「私がムギ」

紬「それで私が唯ちゃんを作ればいいのね」

律「では各自スタート!――」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:18:51.05 ID:5GNXXyil0

律「――どうだー、あらかたできたか?」

梓「はい、できました」

澪「私もできたぞ」

紬「ばっちりできたわ~」

律「唯は?」

唯「うーん、ちょっと気に入らないことがあって……」

律「ふん? じゃあ、梓から順番に見ていこうか」

梓「いいですよ。はい、どうぞ」

律澪紬「おお~」

律「これは結構……」

澪「私に似てる……かも」

紬「特徴を良く捉えてるわぁ。上手いわね、梓ちゃん」



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:24:07.21 ID:5GNXXyil0

梓「えへへ……澪先輩の写真を常に眺めてますからね、それはもう」

澪「え?」

律「なるほどなー、それじゃあ次は澪の番だぞ」

澪「いや、ちょっとサラっと怖いこと言わなかったか?」

紬「いいからいいから~」

澪「う、うん……それじゃあ、はい」

律紬梓「おお~」

律「これは……」

梓「律先輩のおデコが強調されてて」

紬「特徴を良く捉えてるわぁ。上手いわね、澪ちゃん」

澪「そ、そうか? あ、ありがとう」

律「なんか釈然としねー」



33 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:28:54.54 ID:5GNXXyil0

梓「まぁまぁ、律先輩。こんなに上手く作れるのって澪先輩だけですよ」

紬「やっぱり二人はベストフレンドね~」

律「う……そ、そんなことねーし!」

澪「さ、もういいだろ。次はムギの番だな」

紬「は~い。さぁ、召しませ~」

律澪梓「おお~」

律「これは確かに」

澪「唯なんだけど」

梓「何で裸像なんですか……」

紬「それは趣味……コホン、芸術を追求してみました~」

律「まぁ、単なる雪の像でここまで表現したのは見事だけどさ」

澪「邪な匂いがする……」

梓「このピンク色の禍々しさが、文章では伝えきれないのが残念です」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:32:26.13 ID:5GNXXyil0

律「……じゃ、じゃあ、気を取り直して。唯、そろそろいいか?」

唯「うーん、うーん」

梓「何をそんなに悩んでいるんですか?」

澪「梓の像が二つ……どっちも上手く出来てるじゃないか」

紬「本当~、唯ちゃん上手ね」

唯「えぇ~、そう、かなぁ」

律「なーにが不満なんだよ」

唯「こっちのあずにゃんはここら辺がぐいんっ、ってなっててさー」

律「はい?」

唯「本当はそうじゃなくて、ばーっんとして、どーっんってさせたいんだよ~」



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:35:13.23 ID:5GNXXyil0

澪「……唯、こっちのは?」

唯「こっちはこっちでよくできたんだけど、肝心のこの部分がぱりっとしててさー」

紬「ふむふむ」

唯「こっちみたいにぐにってならないの。もっとがりがりさせたいのに~」

律「さっぱりわからん」

梓「要するに、どっちも甲乙つけがたくて悩んでるんですか?」

唯「そうなんだよ~。どうしようか?」

律「どっちでもいいわい」

唯「よくないよ~!」

梓「はぁ……まったくもう……」



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:40:55.32 ID:5GNXXyil0

澪「それで、律」

律「うん?」

澪「一応出揃ったけど、これでどうするんだ?」

律「え、いやー……あー」

澪「何も考えてなかったのか……」

律「あははは……と、とりあえず転がそうか」

梓「え!? そんな、折角作ったのに」

紬「さんせ~い」

梓「えぇ!?」



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:45:29.95 ID:5GNXXyil0

唯「まぁ、仕方ないよね。どっちのあずにゃんも私にとっては大切な宝物だよ!」

梓「何かいい話にしようとしてるけど、おかしいですって!」

澪「じゃあ転がすぞ、せーのっ」

唯律澪紬「えいっ」ゴロゴロゴロゴロ

梓「えっ、ええぇっ!」ゴロゴロゴロゴロ

唯「お~、今宵のだるまはよく転がる転がる」

梓「な、何で私の方に転がすんですかー!」

律「お、当たりそうだな」

紬「私、一回人間ボーリングしてみたかったの~」

梓「わああああぁぁぁ~!――」



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:49:08.27 ID:5GNXXyil0

梓「――はっ!」

梓「考えながら歩いてたら、木にぶつかって埋もれてた……」

梓「もっと注意して歩こう」

梓「…………」

梓「…………」

梓「うぅ……」

梓「くじけそう……」

梓「雪だるまとか考えるからよくなかったんだ」

梓「もっとあったかくなれる事を考えよう」

梓「えっとえっと――」



41 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:52:11.30 ID:5GNXXyil0

梓「――ムギ先輩、どこに行くんですか」

紬「あ、梓ちゃん」

梓「そんなに着込んで……外に出るんですか?」

紬「うん、かまくら作ろうと思って」

梓「まぁ、これだけ雪があれば大きいのも作れそうですね」

紬「でしょう。私、かまくらの中でお餅焼いて食べたかったの~」

梓「ムギ先輩、そういうの好きそうですもんね」

紬「うん、大好き! じゃあ行って来ま~す」

梓「ちょちょ、ちょっとムギ先輩!」

紬「え? なぁに」

梓「まさか一人で行くつもりですか!?」

紬「そ、そうだけど」



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:56:04.95 ID:5GNXXyil0

梓「どんな大きさのを作るのかわかりませんが、一人だと大変ですよ」

紬「えっと、大体部室位の大きさにしたいかな?」

梓「でかっ! じゃなくて、それを一人でっていうのが難しい話ですよ」

紬「そうかしら……でも、みんなも何かしら忙しそうだし」

梓「……わかりました」

紬「?」

梓「私も手伝いますよ」

紬「えっ、いいの?」

梓「はい。ムギ先輩の事ですから完成するまで帰ってこないでしょうし」

紬「梓ちゃん……」

梓「氷漬けのムギ先輩なんか見たくないですしね」

紬「梓ちゃん……ありがとう!」

梓「お礼は完成してからで結構ですよ。さぁ行きましょう」

紬「は~い――」



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 00:59:15.02 ID:5GNXXyil0

紬「――出来ました~」

梓「……」

紬「どうしたの、梓ちゃん?」

梓「いやー……思いの外早かったなぁ、って」

紬「それは梓ちゃんが手伝ってくれたお陰よ~」

梓「いやいや、私は全体の五分の一もやってないですから」

紬「そ、そう?」

梓「一人でも簡単に出来そうでしたね」

紬「ま、まぁ、何はともあれ完成したから! 早速入ってみましょう」

梓「あ、はい」



44 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:01:46.95 ID:5GNXXyil0

梓「はぁー……暖かいですね」

紬「作った甲斐があったわ~」

梓「ふふっ」

紬「うん? 何かおかしかった?」

梓「あ、いえ! そんなんじゃないです!」

梓(さすがにはしゃいでるムギ先輩が可愛くて、なんて言えないよ)

紬「梓ちゃん?」

梓「あ、あぁ、ほら、ムギ先輩! 中でお餅焼くんでしょう!」

紬「う、うん」



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:06:19.03 ID:5GNXXyil0

梓「あれ? ムギ先輩、お餅はどこに置いてあるんですか?」

紬「よいしょ……っと、はい」ドン

梓「臼と杵……? ま、まさか」

紬「そして、はい、餅米」

梓「これ、まさか今からつくんですか!?」

紬「そうよ~、私、餅つきも一回やってみたかったの!」

梓「え、えーっと、ムギ先輩」

紬「あぁ、大丈夫よ。梓ちゃんは返しをやってくれたらいいから」

梓「いや、そうじゃなくてですね」



46 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:09:40.55 ID:5GNXXyil0

紬「はい、蒸し完了~。それじゃあ、つきま~す!」

梓「いつの間に!? というか、かまくらの中でやるんですか!?」

紬「そ~れ~」ブンッガツッ

紬梓「あ」

梓「あわわわわ」ガラガラガラガラ

紬「梓ちゃん、ごめ~ん。勢い付けすぎて天井に杵をぶつけちゃったぁ」ガラガラガラガラ

梓「そ、そんな悠長に謝ってる場合じゃないですよ! 早く逃げないと……!」

紬「う~ん、手遅れじゃないかしら」

梓「あぁ……そんなあああぁぁぁぁぁぁ…………――」



48 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:13:44.94 ID:5GNXXyil0

梓「――…………ああぁぁぁぁ」

梓「…………はっ!」ガバッ

梓「い、いけないいけない」

梓「変なこと考えてたせいか、軽く生き埋めになってた」

梓「途中までは楽しかったのに……」

梓「ううぅ、冷えてきたなぁ」

梓「かまくらー、暖炉ー、こたつー」

梓「寒いよぉー……」

梓「もっともっとあったまる、楽しいこと考えないと」

梓「えーっと――」



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:19:47.79 ID:5GNXXyil0

律「――それでは、今から雪合戦を行いたいと思いまーす!」

澪「また唐突に……」

梓「中学生じゃないんですから、そんなの誰が喜んで――」

紬「わぁ~、私一度やってみたかったの!」

唯「チーム分けどうしよう、チーム分け!」

梓「――やってます……ね」

澪「多数決って怖いな……」



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:24:28.65 ID:5GNXXyil0

律「えーっと、それじゃあ唯・梓チームと、澪・ムギチームに決まりましたー」

澪「律はどうするんだよ」

律「私は審判でーす」

澪「……腑に落ちないところはあるけど、人数足りないから仕方ないか」

律「そうそう」

紬「澪ちゃん、頑張ろう!」

澪「凄いやる気だな……」

唯「あずにゃん、私たちも頑張るよ!」

梓「その頑張りをいつもの練習でもお願いしますよ」

唯「あぁ~ん、それは言わないでぇ~」

梓「まったくもう……でも」

唯「うん?」

梓「やるからには勝ちに行きますよ!」

唯「お、おぉ~」



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:27:51.74 ID:5GNXXyil0

律「陣地と雪玉の準備はできたなー? 始めるぞー」

唯澪紬梓「は~い」

梓「雪玉は私が投げますから、唯先輩はこの雪壁に隠れてて下さい」

唯「それであずにゃんに玉を補給しつつ渡せばいいんだね。まっかせてよ~」

梓「では速攻で行きますよ……それっ――」ヒュッボカーン

梓「――な、何今の……石の塊……? 唯先輩……」クルッ

唯「あ、あずにゃん……」

梓「唯先輩!? これはひどい……致命傷だ」



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:32:51.64 ID:5GNXXyil0

澪「よし、ムギ。その調子だ」

紬「よ~し、次は梓ちゃんね」

梓「タイム! ちょっとタイムです!」

律「なーんだよ。勝手にルール作るなよな」

梓「いやいや、明らかにおかしいでしょう、ムギ先輩の雪玉!」

澪「え、そうか?」

紬「普通に握って投げただけだけど……」

梓「雪の壁で作ったバリケード貫通したんですよ!」

澪「そういう事もたまにはあるんじゃないか?」

梓「直撃した唯先輩が昏倒してるんですよ!? 絶対おかしいです! 異議有りです!」



53 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:36:43.96 ID:5GNXXyil0

律「あーわかったわかった、神経質だなぁ。ムギ、悪いけど玉割って見せてくれよ」

紬「構わないけど……えいっ」バガァン!

澪「……ほら梓、何の変哲もない普通の雪玉だろ?」

梓「普通の雪玉はそんな音で割れませんよ!」

律「これで満足したろ? じゃー再開でー」

梓「ちょっ、まだ解決して――」

紬「投げま~す」ビュオッ

梓「わああぁ! ち、近いです!」

澪「ムギ、私も攻撃に参加するぞ」ヒュッ

梓「痛っ、いたたっ」



54 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:40:12.86 ID:5GNXXyil0

律「ついでに私も参加しちゃいまーす」ヒュッ

梓「痛い! な、何で律先輩も……」

唯「あずにゃん覚悟~!」ヒュッ

梓「ど、どうして唯先輩まで敵になってるんですかー!」

澪「あっ、逃げたぞ」

律「集中砲火だ! 火力を一点に集中しろー!」

紬「あいあいさ~」

唯「ふんす!」

梓「あ、あの、これは本当に、シャレにならな……あうっ」

梓(あぁ……意識が朦朧と――)



56 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:44:24.40 ID:5GNXXyil0

梓「――痛い痛いっ! 本当に痛い!」

梓「いつの間にか霰が降ってるし!」

梓「痛っ! もう雹じゃないの!?」

梓「ううぅ、顔面に命中しちゃったよ」

梓「とりあえずどこかに身を隠さないと」

梓「あっ、あんなとこに明かりが」

梓「小屋か何かかな?」

梓「とにかくお邪魔させてもらおう」

梓「すみませーん……って、あれ?」



57 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:49:19.44 ID:5GNXXyil0

梓「ここって……脱衣所? じゃあ……」

梓「見つけたのかも、伝説の秘湯」

梓「これでやっとミッション達成かぁ……あれ、でも」

梓「秘湯の割に先客が、えっと一、二……四人も」

梓「しかもどこかで見た服……」

梓「……これは!?」

梓「み、澪先輩の下着……!」

梓「という事は、私は律先輩に一杯食わされたって事か」

梓「けど、なんだろう」

梓「この状況、すごーく嫌な予感が――」ガラガラ



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:52:22.64 ID:5GNXXyil0

唯「――あ~、いいお湯だった~」

澪「そうだな」

紬「でも、梓ちゃんに悪い事しちゃったわね」

律「まさか本気にするとはなぁ……あれ?」

唯「あずにゃん?」

梓「律先輩、勘弁して下さいよ。死ぬかと思いましたよ!」

唯「……」

律「……」

澪「」

紬「わあぁ……」

梓「ど、どうしたんですか、皆さん」



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:55:37.33 ID:5GNXXyil0

律「いやぁ……どうしたっていうか」

唯「それ……」

梓「え……あっ」

澪「わ、私の、パ、パ、パ」

梓「いや! これはそのそういうつもりじゃ!」

紬「梓ちゃん……鼻血」

律「梓……そこまでに達していたか……」

澪「」

梓「あああああのその、これもその違うんです! そういうんじゃないんです! さっきぶつけちゃって……」

唯律澪紬「…………」

梓「あ……あああぁぁぁ!!!」バタン!



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/02/25(土) 01:59:23.63 ID:5GNXXyil0

唯「あ、逃げた」

律「お、おーい梓!」

澪「梓ぁ! わ、私の……ぱんつ返してくれえぇぇぇぇ!」

梓「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいいいぃぃぃぃぃぃ!!」

梓「あっ」ガツッ

梓「ああああぁぁぁ……」ゴロゴロ

唯「転げ落ちた」

律「こりゃあ……」

紬「雪だるま~」

澪「…………ぱんつ」




おしまい!





[ 2012/02/25 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。