SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

淡「ホントたかみーはダメダメだね」 尭深「くっ…」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:12:29.02 ID:FShQx/fZ0

-白糸台高校部室-

尭深「……」モジモジ

菫「どうした?トイレなら早く行け」

尭深「そ、そうじゃ…ないんですが…」モジモジ

菫「?」

淡「たかみー調子悪いの?顔真っ赤だけど」ヒョコッ

尭深「え…?そ、そう?」

照「渋谷さん、風邪?」

菫「どれ、熱を測ってやろう」ピトッ

尭深「だ、大丈夫です…///」

淡「……チッ」イラッ



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:13:41.32 ID:FShQx/fZ0

菫「ふむ…熱はないようだな…」

淡「…たかみー、保健室にいく?ついてってあげるよ~」イソイソ

菫「大星、お前はまたそうやってサボろうと…」

尭深「だ、大丈夫…だから……」

淡「いいからいいから~」グイグイッ

尭深「きゃっ!ひ、引っ張らないで…」

照「あ、淡!…行っちゃった…」

菫「…はぁ、まったく…騒々しいやつだ」



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:16:08.75 ID:FShQx/fZ0

照「…ところで亦野さんは?」

菫「釣り」

照「そ、そうなんだ…。それよりもおやつのプリン食べていい?」

菫「渋谷と大星が帰ってきてからにしろ」

照「菫のケチー」

菫「…照、お前プリンいらないみたいだな。私が二個食べるとしよう」

照「ちょっ…!」


~~~~~~~~~~~



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:18:37.06 ID:FShQx/fZ0

~~~~~~~~~~~

-保健室-

ガラッ!

淡「しつれーしまーす」

シーン…

淡「…うん、先生はいないみたいだね、ちょうどいい…のかな?」

尭深「う、うん…」

淡「…それとも、人いたほうがよかった?」

尭深「……」モジモジ

淡「ま、いっか」

淡「じゃっ、スカートたくしあげて」

尭深「……はい…」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:21:59.76 ID:FShQx/fZ0

尭深「こ、これで…いい……ですか…?」オズオズ

淡「足で隠そうとしちゃダメでしょ。ちゃんと見えない」

尭深「ご、ごめんなさい…!」ビクッ

淡「…やっぱり」ジロジロ

尭深「……」

淡「ねぇたかみー、ローターの電源入れてないみたいだけど……どうして?」

尭深「そ、それは…」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:26:50.96 ID:FShQx/fZ0

淡「ねえたかみー…なんで私の命令ちゃんとできないの?」

尭深「だ、だって……ローターの電源入れたら先輩たちに音でバレちゃうから……」

ペチンッ

淡「私の命令よりも自分の立場が大事ってこと? ふぅん……」

尭深「っ!ご、ごめんなさい…」

淡「謝らなくていいよ。言う事を聞かないペットなんて私知らないもん」クルッ

尭深「ま、待って淡ちゃん!」

淡「……『淡ちゃん』?へー…」

尭深「あっ……」

淡「二人っきりのとき、どう呼ぶのかも忘れちゃったの?はぁ~ぁ…がっかりだよ、たかみー」

尭深「ま、待ってください……ご、ご主人……様…」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:29:49.97 ID:FShQx/fZ0

淡「…反省してるの?」

尭深「…はい」

淡「なにがいけなかったのか本当にわかってる?」

尭深「わ、私が…ご主人様の命令を無視…したから…です」

淡「わかってるじゃない。なんでちゃんとしなかったの?そんなに私の言うこと聞きたくないの?」

尭深「くっ……」

淡「それともできないの?こんな簡単な命令もできないくらいたかみーってダメなの?」

尭深「ごめん……なさい…」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:32:53.37 ID:FShQx/fZ0

淡「本当に反省してるならどうやって謝るのか言ってみて?」

尭深「なんでも……します…だから許して…ください…」グッ…

淡「なんでも?じゃあ死んで、今ここで」

尭深「え…?そ、そんな……」

淡「できないの?なんでもするんじゃなかったの?」

尭深「うぅ……」

淡「ハァ……いい?たかみーはね?なにもできないダメな子なんだよ?」

淡「そんな子が『なんでもする』なーんて偉そーな口を聞いちゃだめでしょ?」

尭深「くぅ……」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:38:16.88 ID:FShQx/fZ0

淡「だからね?私の命令に従っていればいいの、わかった?」

尭深「うぅ……」

淡「返事は?」

尭深「わかり…ました…」

淡「本当にわかったの?じゃあどうやって謝ればいいのか理解できたの?言ってみて?」

尭深「はい…わ、私にできる範囲でどうやって償えばいいのか…こ、この…この………」

淡「この?早く言ってよ、そーやっていても時間のムダだよ」

尭深「この……馬鹿でダメな尭深に…謝り方を…教えて…ください…」グスッ…

淡「そう。それでいいの。たかみーはなにも考えちゃダメ、考えてもムダなんだよ?全部私に聞けばいいの。わかった?」

尭深「くっ……」

淡「返事ッ!!」バンッ!

尭深「はい…」ビクゥッ!



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:44:35.21 ID:FShQx/fZ0

淡「そうねぇ~…ダメダメなたかみーでもできること……」ウーン

淡「ウーン…?たかみーでもできること…?なんだろーな~…?思いつかないな~…」ウーン

尭深「そんなに…馬鹿じゃないもん…ダメじゃ…ないもん…」ボソッ…

淡「なんか言った?」

尭深「なにも…言ってません…」ビクッ

淡「ま、そーゆーことにしといたげるよ、お馬鹿でダメダメなたかみちゃん」

尭深「っ…!」

淡「そうだね…足舐めてもらおっかな、それくらいならできるでしょ?」

尭深「……はい」

淡「手は使っちゃだめ、靴下を脱がすのも全部口だけね」

尭深「……」

淡「返事ッ!」

尭深「はい……」ビクゥッ



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:54:06.51 ID:FShQx/fZ0

淡「よいしょっと…今日最後の授業が体育だったから靴下にたっぷり汗しみこんでるよ。よーく味わってね」

尭深「……」

淡「ほら、早くしなさい」プラプラ

尭深「そ、それでは…今からご主人様の足を…舐めます」

淡「『無能で命令もちゃんとできない馬鹿な私が』でしょ?やり直し」

尭深「そ、それでは…無能で…命令もちゃんとできない…馬鹿な私が…今からご主人様の足を…舐めさせて…いただきます」

淡「言われたことをオウム返しで言うのはだれでもできるの。自分の言葉で言い直しなさい。やり直し」

尭深「くっ…!」キッ…!

淡「…なにその反抗的な目?」

尭深「な、なんでも…ありません…」

淡「どーでもいいから早くしてよのろまで愚図なたかみーちゃん」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:00:08.49 ID:4ZApyFgQ0

尭深「…ど、どうか…なにをやってもダメな…この私が…ご主人様の足を舐めて綺麗にすることをお許し…ください…」

淡「ん~…まぁ合格点…かな?次からは一回でやってね」

尭深「…はい」

淡「ほら、早くやって」グイッ

尭深「ハムッ…うえぇっ…ゲホゲホ…」

淡「…ご主人様の靴下くわえて咳き込むって…失礼すぎるよたかみー」

尭深「ごめんなさい…!」

淡「謝れば済むと思ってるの?だからたかみーはダメなんだよ?」

尭深「うぅ……」

淡「なんでもいいから早くして、のろまなたかみちゃん。私をこれ以上イライラさせないで」

尭深「…はい…ハムッ…ぅ…」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:03:34.18 ID:4ZApyFgQ0

~~~~~~~~~

淡「ねぇ、後輩の足をはいつくばって舐めてるのってどんな気分?本当にプライドないの?」

尭深「……」ペロペロ…

淡「ねえ、たかみー…」

淡「たかみーは私がいなきゃなんもできないグズでのろまなちんちくりんなの、わかってる?」

淡「だから私がわざわざ躾してあげてるの、わかる?」

尭深「……」ピタッ

淡「誰が舐めるのやめていいって言ったの?」

尭深「ご、ごめんなs…」

淡「ペットがしゃべるな!」ブンッ

ペチンッ

尭深「っ!…」ビクッ



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:07:45.37 ID:4ZApyFgQ0

淡「こうしてると最初のころを思い出すね」

淡「たかみーが私にお茶をこぼしちゃって、私が冗談で『舐めてきれいにして』って言ったら本当にしちゃうんだもん」

淡「たかみーってマゾってやつだよね?いわゆるヘンタイ」

尭深「ぅ…」

淡「アハッ、怒らないの?ここまで言われてるのに反論もできないの?」

淡「…どうしてたかみーが怒らないか、私わかるよ。私の言ってることが全部ホントだから」

淡「ヘンタイでマゾで…そして私のペット…」

淡「反論しようがないんだもん。全部本当のことだってのを本能で悟っちゃってるんだよ、たかみーは」クスクス

尭深「……」ペロッ…ペロッ…



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:10:05.50 ID:4ZApyFgQ0

淡「ふふっ、ねえどうして罵られてるのにそんなに嬉しそうな顔してるの?」

尭深「そ、そんなこと…」

淡「ペットはしゃべらない!」

ペチン

尭深「っ…!」ビクッ

淡「そーそー。そうやって、私の言うこと聞いてればいいの」

尭深「くぅ……」

淡「私の…私だけの命令に従ってればいいの。それがたかみーにとって一番幸せなんだからね」



38 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:13:45.77 ID:4ZApyFgQ0

淡「一言だけ喋ってもいいよ、今どんな気持ち?」

尭深「……嬉しい…です…」ハァ…ハァ…

淡「…そう、よかった」

尭深「……」ペロペロ…

淡「ちゃんと指の間もなめてね」

~~~~~~~~~~~



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:16:49.73 ID:4ZApyFgQ0

~~~~~~~~~~~

淡「もういいよ、よくできましたっと」

尭深「ハァ…ハァ…うぷっ…ありがとう……ございます…」

淡「それじゃあご褒美あげる」ゴソゴソ

尭深「…ご、ご褒美…ですか…?」

淡「じゃ~ん!新しいローターだよ、こっちのリモコンで遠隔操作できるんだってさ!」

尭深「え………」

淡「これ使ったらおもしろいことできるね~」

尭深「そ、そんなことしたら…本当にばれちゃう…」

淡「……へー」

尭深「あ……えっと…そ、その…」オドオド



43 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:20:35.92 ID:4ZApyFgQ0

淡「ねぇ…たかみーってさ、まだ自分の立場よくわかってないの?」

尭深「そんなことは…」ビクビク…

淡「今度こそしっかりとわからせてあげる、ちょーっとくすぐったいけど……これくらい我慢できるよね?」キュポン

尭深「マジックでなにを…?」ビクビク…

淡「ふんふふ~ん~~♪」キュッキュ~

尭深「んくっ…!」ピクッ

淡「ん~……っと…たかみー、どれいってどう書くんだっけ?」

尭深「え…えっと…女偏に又、隷は…」

淡「ん~?メンドーだからカタカナでいいや」キュッキュ…キュッキュ~

尭深「あ……」ピクン…



45 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:25:17.89 ID:4ZApyFgQ0

淡「…よし、できあがり!おなかに書いたからたかみーも見えるよね?」

尭深「えっと……『大星淡の所有物でペットでドレイのたかみ』…?」ゾクッ…

淡「これでたかみーは私のものだってわかってくれた?」

尭深「所有…物…」ゾクゾクッ…

淡「ホントは刺青でいれてあげたいんだけどね、今はこんなもんでしょ」

尭深「奴隷…淡ちゃんの…あ…ぁ…」ゾクゾクッゾクッ…

淡「気に入ったみたいだね」

淡「安心して、大切に使ってあげるから」

尭深「は…はい…」ニヘラッ



46 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:28:41.10 ID:4ZApyFgQ0

淡「次はたかみーでどう遊ぼっかなー……ってもうこんな時間!?早く戻らないと菫に怒られちゃうよー」

尭深「あの…続き…」モジモジ

淡「ん?どしたの?」ニヤニヤ

尭深「な、なんでも……ないです…」

淡「…わかってる、続きは部活の後でね」

尭深「……はい、ご主人…様…///」


~~~~~~~~



49 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:32:17.39 ID:4ZApyFgQ0

~~~~~~~~


菫「遅いな…もう30分も経ったぞ」イライラ

照「すーみーれー、プーリーンー」

菫「はぁ…仕方ない、先に食べるか」

照「菫、食べさせて、アーン…」アーン

菫「…い、一回だけだぞ。ほら、あーん…」

ガラッ!

淡「もどったよー」

尭深「戻りました…」



51 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:35:03.68 ID:4ZApyFgQ0

菫「!!?お、遅いぞお前たち!」

照「おかえりー」ダルーン

淡「もしかしてプリンの食べさせあいっこでもしてたの?あついねーお二人さん、ひゅーひゅー」

菫「ちゃ、茶化すな!!」

照「えへへ」

淡「……チッ」

尭深「……」チラッ



59 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:54:14.11 ID:4ZApyFgQ0

菫「で、どうだった?…って渋谷、大丈夫か?なんなら早退しても…」

尭深「だ、大丈夫です!多分…」

照「無理はしないでね?」

淡「……」カチカチ

尭深「くぅ…は、はい…ありがとうございます、先輩方ぁっ…!」ピクッ…!

照「?…本当に大丈夫なの?」



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:57:33.15 ID:4ZApyFgQ0

尭深「はい、ご心配かけまし…」

淡(…私以外と仲良く話しちゃダメだよー、たかみーは私のものなんだから)カチカチ

尭深「んひっ!」ビクゥッ!

菫「ほ、本当に大丈夫か?」

尭深「らいじょうぶ…ですぅ…」

淡「しゃっくり?」カチカチカチカチ

尭深「ん…!う…うん…っ!」ビクンッ



63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:02:22.51 ID:4ZApyFgQ0

尭深「ハァ…ハァ…///」

菫「本当に大丈夫か?なんだか息が荒いぞ?」

尭深「大…丈夫です…っ」ビクンッ

淡「たかみーもこういってるんだから大丈夫なんじゃないの?」ニヤニヤ

菫「……自己管理も実力のうちだからな。無理はするな」

淡「ねーねーたかみー!ちょーっとこっちにきてくれる?」グイッ

尭深「う、うん…」



64 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:05:31.27 ID:4ZApyFgQ0

淡「我慢しないとばれちゃうよ」ボソボソ

尭深「…」

淡「もしかしたらもうバレちゃってたりして」ボソボソ

尭深「…」

淡「こんなことするヘンタイだってばれたらみんなたかみーのこと嫌いになっちゃうだろーなー」ボソボソ

尭深「…」

淡「でも、安心して。私はたかみーのご主人様なんだから」ボソボソ

淡「みんながたかみーのこと嫌いになっても私だけはたかみーの味方でいてあげるよ」ボソボソ

尭深「…でも…」ボソボソ

淡「でも?」ボソボソ

尭深「なんでも…ないです…」ボソボソ

淡「ま、いっか」ボソボソ



65 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:09:44.32 ID:4ZApyFgQ0

菫「今日の渋谷はなんだか調子悪いそうだな…なにかあったのだろうか?」

照「私もなんだかだるい」

菫「お前のは仮病だから安心しろ」

照「キスしてくれたら今すぐ治るかも」

菫「ば、馬鹿なことを…」

菫「部活終わったら…その…いくらでもしてやる…から…」ゴニョゴニョ…

淡「え!?テルたちってもうキスしちゃってるんだ~、きゃーきゃー」

菫「さ、騒ぐな!」



67 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:14:07.19 ID:4ZApyFgQ0

照「毎日してるよ。ね、菫?」

菫「あぅ……///」

照「淡はまだしたことないの?」

淡「うん。だってキスって大好きな人としかしたくないんだもん。たかみーもそうだよね」

尭深「え?う、うん…」

照「そうなんだ。渋谷さんも淡も早くそんな相手が見つかるといいね」

淡「アハハッ!そーだね」

淡「そー…だね…」シュン…

尭深「……」



71 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:18:43.04 ID:4ZApyFgQ0

~~~~

淡「……ハァ…」

尭深「ど、どうした…の?さっきから上の空だけど…なにかあった…?」

淡「……」

尭深「それに…さっきからリモコンも……その…」モジモジ

淡「…なんでもない」

尭深「本当に…どう…したの?」

淡「なんでもない」

尭深「でも…」

淡「なんでもないってばっ!」ドンッ!

尭深「ご、ごめんなさいっ…」

菫「どうした。いきなり大きな声を出して」

淡「あっ…な、なんでもないよ~」

菫「まったく…」

淡「……たかみー、部活終わったらヒマでしょ?私の家に来て。話したいことがあるから…」

尭深「うん…」コクン



75 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:22:21.56 ID:4ZApyFgQ0

-淡自室-

淡「……」

尭深「……あの…」

淡「……もうこんな関係、終わりにしよっか?」

尭深「え…?」

淡「……」

尭深「え………?」

淡「たかみーも…ホントはいやなんでしょ?私といるの」



78 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:28:26.79 ID:4ZApyFgQ0

淡「最近……テルと菫が急に仲良くなったよね………付き合ってるの、たかみーも知ってるよね?」

尭深   コクン

淡「……」

尭深「……」

淡「テルも菫も、私を…私だけを見てくれるって約束してくれたのにさ…」

淡「…なのに…なのにっ…!」ウルウル

淡「きっとすぐに私のことなんか忘れちゃうんだ!テルも菫も大嫌い!」グスン…

淡「…たかみーをペットにしようと思ったのは一人になりたくなかったから…なの…」

尭深「……」



80 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:34:36.45 ID:4ZApyFgQ0

淡「…でも…でもね。なんかね、急にバカらしくなっちゃった」

淡「アハッ…あ~ぁ、なにやってたんだろね私…」

淡「……今までごめんね。私の馬鹿なわがままに付き合ってもらって…もうたかみーは自由だよ、ばいばい」

尭深「ねえ、淡ちゃん…」

淡「なに…?」

尭深「…」ダキッ

淡「……」

尭深「…淡ちゃんってあったかいね…」ギュゥ…

淡「……離れてよ」

尭深「やだ…」ギュゥ…



82 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:37:57.16 ID:4ZApyFgQ0

淡「……」

尭深「…初めはね、私…嫌だったんだ…」

尭深「あんなふうに扱われて…」

淡「でも…!だったらなんで…」

尭深「……なんでだろ?多分、淡ちゃんが寂しそうな目をしてたから…かな?」

淡「……」

尭深「私って自分に自信なかった……でもそんな私を必要として、頼ってくれる人がいた…」

淡「それって…」

尭深「そう、淡ちゃんだよ…」

尭深「私みたいな人間を必要としてくれて…ありがとう」

尭深「だから…だからね……」



84 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:39:03.77 ID:4ZApyFgQ0

尭深「私じゃ宮永先輩とか弘世先輩の代わりになれないかもしれないけど…」

尭深「でも…いっしょにいても…いいかな?」

淡「うん」ギュッ…

尭深「ずっと、ずっとだからね…」

淡「うん」ギュゥ…

尭深「いやだって言われてもいっしょにいるんだから……」

淡「うん」ギュゥゥ…


~~~~~~~~~~~~~~



87 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:42:42.45 ID:4ZApyFgQ0

~~~~~~~~~~~~~~

尭深「…もうそろそろ離れない?」

淡「やだ」ギュゥゥ

尭深「私はここにいるよ…いなくなったりしないよ…」

淡「…そうだね…わかった」パッ

尭深「ふふっ…」

淡「えへへ」

淡「ねぇ…」

尭深「なぁに?」

淡「たかみー…ずっといっしょにいてあげるからね」

尭深「うん…」



89 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 01:50:21.94 ID:4ZApyFgQ0

淡「ちょっと目閉じてくれる?」

尭深「え…?わかった、これでいい?」

淡「開けちゃダメなんだからね!」

尭深「なにをしてくれるのかな……」ドキドキ

淡「開けちゃダメなんだから!」

尭深「はいはい」

淡「…」チュッ

尭深「…」チュッ

淡「も、もういいよ!」

尭深「うふふ、ありがと///」

淡「さ、さぁなんのこと?」

尭深「それじゃ、お返しにこっちからも…」ズイッ

淡「は、恥ずかしいからキスは一日一回まで!///」

カン





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353507027/
[ 2012/11/22 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。