SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和「今日もお美しいですね、咲さん」 咲人形「・・・」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 17:54:44.70 ID:a520RMFR0

和「おはようございます、咲さん」

和「今日もいい天気ですね」

和「昨日はよく眠れましか?」

和「・・・私はあまり眠れませんでした」

和「咲さんが、隣にいたから・・・」ポッ

和「咲さんがうちにきてから私、ずっと寝不足です」フフッ

和「・・・あっ、そろそろ学校に行かないと」

和「それでは咲さん、行ってきますね」

タッタッタッタ・・・

咲人形「・・・」



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:00:54.19 ID:a520RMFR0

清澄高校麻雀部

放課後

和「ふぁっ・・・」(あくび)

久「あら和、寝不足?」フフッ

和「あっ、すいません」カァーッ

まこ「少し寝とくか?」

和「いえ、私がいないと打てませんし・・・」

久「うちは4人しか部員がいないもんねー」

京太郎「部長!俺もいますよ!」

久「須賀くんじゃ団体戦には出られないでしょ?」

優希「お前はマネージャーだろ、犬!」

京太郎「とほほ・・・」



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:06:37.95 ID:a520RMFR0

まこ「しかし、ほんまあと一人どうするかのう・・・」

久「須賀くん、麻雀打てる女の子の知り合いとかいないの?」

京太郎「いたら連れてきてますよ・・・」

優希「全く!使えない犬だじぇ!」

京太郎「うぅっ・・・」

久「優希、言い過ぎよ」

まこ「じゃが、ほんまにどうするんじゃ?」

まこ「このままじゃ、試合が始まる前から試合終了じゃ」

久「ほんと、そうなのよねー・・・」

和「・・・」



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:11:22.72 ID:a520RMFR0

和「・・・部長、実は私にひとつあてがあるんですけど・・・」

久「えっ!もしかしてうちの麻雀部に入ってくれる子がいるの!?」

和「ええまぁ」

まこ「これは朗報じゃの」

優希「も~、のどちゃんそういうことは早く言うべきだじぇ」

京太郎「和の知り合いなのか?」

和「はい、とっても仲良くさせてもらっています」

久「なんていう子なの?」

和「咲さん、宮永咲さんです!」

優希「!?」

久 まこ 京太郎「へー」



15 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:20:06.31 ID:a520RMFR0

久「同じクラスの子?」

和「いえ、そうではないんですが・・・」

京太郎「そんな子、一年にいたっけなー・・・」うーん・・・

まこ「まぁなんにせよ、待望の5人目じゃ」

久「そうね、その子はうちの麻雀部に興味あるの?」

和「はい、とっても麻雀が好きで、いつも家で二人で打ってます!」

久「そう、随分と仲がいいのね」

京太郎(くぅ~、俺も和の家にお呼ばれしたいぜ!!)

優希「・・・」

まこ「それじゃあ、明日にでもここに連れてきんさい」

和「はい!咲さんもきっと喜んでくれます!」

優希「・・・部長、このあと少し残ってほしいんだじぇ」

久「えっ?どうしたの?」

優希「・・・大事な話があるじょ」

久「?」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:26:24.45 ID:a520RMFR0

麻雀部部室

部活終了後

久「・・・さて、みんなは帰ったわ」

久「なぁーに優希?大事な話って?」

久「もしかして、私に告白とか・・・」クスクス

優希「・・・」ずーん

久「・・・ちょっと、どうしたのよ優希?」

久「さっきからあなた様子がおかしいわよ?」

優希「・・・部長、のどちゃんの言ってたことなんだけど・・・」

久「ん?咲って子の事?」

優希「その咲って子は・・・」

優希「・・・実在しない人なんだじょ・・・」

久「・・・えっ?」



20 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:33:07.98 ID:a520RMFR0

久「えっ・・・?ちょっと待って、優希」

久「それってどういう・・・」

優希「・・・咲ちゃんは、のどちゃんがかわいがってる人形だじょ・・・」

久「・・・えっ?」

優希「・・・まっ、そういう意味では実在してるのかな?」ハハッ・・・

久「・・・ちょっと待って、私の頭の処理が追いついていないわ」えっ?えっ?

優希「無理もないじぇ、私も最初見たときはそんな感じだったじぇ・・・」

久「・・・優希、あなた前からその事を・・・」

優希「・・・」

優希「あれは、私が初めて和ちゃんの家に遊びに行った時だじぇ・・・」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:38:54.23 ID:a520RMFR0

~回想~和と優希の中学時代

和の家

優希「おっじゃましま~す♪」

和「はい、どうぞ」

優希「いやー、立派なお宅だじぇ~」ふむふむ

和「なんですかそれ、テレビの人みたい」クスクス

優希「今日は家の人は誰もいないのか?」

和「両親は仕事ですが、咲さんがいますよ」

優希「・・・さきさん?」

和「あとで紹介しますね、私の部屋で待っててくれています」

優希(ペットかなにかなのかな?)



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:46:02.33 ID:a520RMFR0

和の部屋

優希「ほほ~、のどちゃんらしくてかわいらしい部屋だじぇ」ジロジロ

和「優希、紹介しますね」

和「彼女が咲さんです♪」

優希(さ~て、犬かな?猫かな?・・・和ちゃんの性格を考えると猫か・・・)

咲人形「・・・」

優希「・・・えっ?」

和「咲さん、彼女は片岡優希さんです」

和「こっちにきて、咲さんの次に仲良くなった人ですよ♪」

優希(あれって・・・)ゾクッ

優希(人形?マネキン?・・・)ゾゾゾッ

~~~~~~~~

優希「それが、私と咲ちゃんの初めての出会いだじぇ・・・」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 18:53:22.79 ID:a520RMFR0

優希「その後ものどちゃんは、その咲と名付けた人形に話しかけてたじぇ・・・」

優希「そう、まるで本物の人間と接するように・・・」

久「・・・」ゴクリ

優希「あとから、のどちゃんのお父さんやお母さんに話を聞いたら」

優希「のどちゃんが長野に来て、友達いなくて寂しくなったからって自分で買ったものらしいじぇ」

優希「のどちゃんの両親は、ただの人形遊びだからって言ってたけど・・・」

優希「・・・私にはそんなレベルのものとは思えなかったじぇ」カタカタ

久(優希のこの感じ、どうやら嘘ではないようね・・・)

久(・・・もう少し、詳しく話を聞いてみるか・・・)



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 19:01:37.18 ID:a520RMFR0

久「それって、エトペン的なものではないの?」

優希「そういう趣味的なものとは、違うベクトルのものだじぇ・・・」

優希「のどちゃんのあの目は、まるで本物の人間を愛するかのような・・・」カタカタ

久(・・・病的なものって事かしら)

久「・・・どうして、私にこの話を?」

優希「・・・部長たちに、のどちゃんの事を誤解してもらいたくなくて」カタカタ

久「え?」

優希「・・・のどちゃんは普段はとっても優しい子だじょ」

優希「私ともとっても仲が良くって・・・」グスン

優希「・・・だから、今聞いた話の全部をのどちゃんだとは思ってほしくないんだじょ」グスッ

優希「そうじゃなきゃ、私は今でものどちゃんと友達じゃないじょ・・・」ひぐひぐ

久「優希・・・」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 19:10:16.28 ID:a520RMFR0

優希「私もいつか、のどちゃんが普通の子になると思ってたけど・・・」

優希「・・・ついに、ここまできちゃったじょ・・・」グスグス

久「・・・ここまで?」

優希「部長、のどちゃんは今まで自分から咲ちゃんの事を言うことはなかったんだじょ」

久「!?なんですって・・・!?」

優希「・・・もしかしたら、自分の中でセーブをかけてたのかもしれない・・・」

優希「・・・でも、今ののどちゃんは完全に咲ちゃんというあの人形に」

優希「心を支配されてるんだと思う・・・」

久「・・・ようするに、病は今も進行しているという訳ね」

優希「・・・部長、そんな言い方しないで欲しいじぇ・・・」グスン

久「あっ、・・・ごめんなさい」シュン

優希「・・・のどちゃんは、ほんの少しあの人形に心奪われてるだけなんだじぇ・・・」



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 19:19:40.92 ID:a520RMFR0

優希「のどちゃんの中では、咲ちゃんという子は実在する・・・」

優希「・・・のどちゃんにとっては、それが常識であり当たり前なんだじょ」うぅっ・・・

久「・・・」ふぅ

久(まさか、和にそんな一面があったとはね・・・)

久「・・・ということは、明日和は人形を連れてくるのかしら?」

優希「そうなるじぇ・・・」

久「・・・それは、困った事態ね・・・」

優希「部長、もし明日のどちゃんが人形を連れてきても普通に対応して欲しいんだじぇ」

久「どういうこと?」

優希「実は、のどちゃんのお母さんが一度勝手に人形を片づけてしまった事があるんだけど」

優希「その時のどちゃんが、大暴れしたらしいんだじぇ」

優希「『咲さんはどこ!咲さんを返して!!咲さんが誘拐された!!!』って・・・」

久「・・・あの和が・・・?」



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 19:27:48.92 ID:a520RMFR0

優希「他にも、お父さんが人形をぞんざいに扱うのを見て暴れたり・・・」

久「本当に?あの和が?」

優希「私も話だけだから・・・詳しいことは・・・」

優希「・・・でも、実際にのどちゃんの家で起こった事らしいじぇ」

久「・・・分かったわ、明日は和をできるだけ刺激しないようにするわ」

久「まこと須賀くんにも、私からこの事は伝えておく」

優希「ありがとうだじぇ、部長・・・」

久「・・・新入部員がどうだこうだ言ってる場合じゃないわね」

優希「・・・部長、のどちゃんは・・・」

久「大丈夫、分かってるわ」

久「和はうちの大切な部員よ」ニコッ

優希「・・・部長~~~!!」うえ~ん

久(そうよ・・・みんなわざわざうちに集まってくれた・・・)ダキッ

久(大切な・・・部員・・・)よしよし



39 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 19:38:36.88 ID:a520RMFR0

翌日

京太郎「昨日のメールの話、本当なんですか部長?」

久「私も優希から聞いただけだから、半信半疑だけど・・・」

優希「・・・のどちゃん」ポツン

まこ「・・・優希の様子を見る限り、どうやら本当のことのようじゃな」

京太郎「・・・でも俺、信じられません」

京太郎「そんな、あの和が・・・人形に依存してしまっているなんて・・・」ゴクッ

久「・・・和が今日ここにくればすべてわかることよ」

キュラキュラキュラ

まこ「ん?なんの音じゃ?」

久「・・・車いすかしら」

優希「・・・来た」

ガチャッ

和「みなさんお待たせしました、こちらが咲さんです」

咲人形「・・・」



41 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 19:47:00.40 ID:a520RMFR0

久 まこ 京太郎「!?」

京太郎(まじかよ!!マジで人形じゃねえか!!!)ゾクッ

まこ(わざわざうちの制服まで着せて・・・、こりゃマジモンの・・・)ゴクッ

久(随分きれいにお手入れされてるようね、遠目から見たら本物の人と見間違いそうね・・・)

咲人形「・・・」

和「咲さん、左の方が部長の竹井久さんですよ」

和「そしてその隣にいるのが、一つ上の先輩の染谷まこさん」

和「あちらの男の人が、須賀京太郎くん」

和「そしてあの子は知ってますね、片岡優希」

和「咲さんとももう、お友達ですもんね♪」ニコッ

優希(・・・前よりきれいになってる)

優希(本物の人間みたい・・・)

咲人形「・・・」



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 19:57:55.94 ID:a520RMFR0

和「えっ?何ですか咲さん?」

和「みんなと?・・・ふんふん、麻雀を打ちたい?」ふむふむ

京太郎(和のやつ、ほんとに人形に話しかけてる・・・)(呆然)

和「部長!咲さんがみんなと打ちたいと言っているんですが・・・」

久「そっ、そうね!せっかく来てくれたんだし一局打ちましょうか!」ドキッ

久(みんな、いつも通りよ、いつも通り・・・)パチッ(アイコンタクト)

まこ 優希 京太郎「・・・」コクン

まこ(あの様子見たら、ほんまにおとなしくしておいた方が良さそうじゃ)ドキドキ

優希(のどちゃんを刺激しないように、のどちゃんが暴れ出さないように・・・)ドキドキ

京太郎(っくしょう!!もう帰りてえよぉ!!)(涙目)

和「それじゃあ、早速打ちましょうか♪」ニッコリ

咲人形「・・・」



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 20:06:58.29 ID:a520RMFR0

京太郎「あれ?和と・・・咲ちゃんは、一緒に打つのか?」

和「咲さんがどうしても私と一緒に打ちたいと・・・」

和「だめですか?」

京太郎「えっ・・・いや、そんなことは・・・」オロオロ

ゲシッ

京太郎「いてっ!」

優希(刺激するんじゃね!バカ犬!)ギロッ

京太郎(わっ、わかってるよ・・・)イテテッ・・・

久「それじゃあ、私とまこと優希と和&咲ちゃんペアでとりあえず打ちましょうか」

和「咲さん、頑張りましょうね♪」

咲人形「・・・」

まこ(こんな状態で麻雀を打てっていうんか!?)

まこ(わしゃ無理じゃぞ!こんな気色悪い状態で・・・)(涙目)

久(みんな、我慢して・・・私だってほんとは・・・)ドキドキ

咲人形「・・・」



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 20:19:44.75 ID:a520RMFR0

東一局

和「ツモ、嶺上開花です」

和「やりましたね咲さん!さすがです!」キャッキャッ

咲人形「・・・」

久(いつもの和のデジタルな打ち方とまるで違う・・・これは何?)

優希(のどちゃん・・・のどちゃんの世界には、咲ちゃんが・・・)

まこ(うぷっ・・・、あかん・・・気がやられてしまう・・・)

和「咲さん、次もお得意の嶺上開花見せてくださいね♪」

咲人形「・・・」

久(もう完全に、人形に心を支配されている・・・)

優希(のどちゃん、私は知ってるじょ?・・・この姿がのどちゃんの全てじゃないって)うるっ

まこ(こりゃぁ、もう駄目かもしれんのう・・・)

京太郎(こんな和、見たくなかったぜ・・・)



58 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 20:27:59.68 ID:a520RMFR0

東四局

和「咲さん、今日はこれあがってもいいですよ」ニコッ

久 まこ 優希「!?」

和「カン!もいっこカン!ツモ!」

和「四暗刻です!」

和「わー!すごいです咲さん!咲さんがトップですよ!」

和「さすが私の咲さんです!」うきうき

咲人形「・・・」

久 まこ 優希「・・・」

まこ(もういやじゃ・・・これ以上打ちとおうない・・・)

優希(のどちゃん・・・中学の時よりひどいじぇ・・・)

久(正直・・・気が狂いそうだわ・・・)

咲人形「・・・」



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 20:37:30.17 ID:a520RMFR0

和「部長!どうですか?」

久「えっ?どうって・・・」

和「咲さんの麻雀の強さはご覧の通りです!」

和「ぜひうちの麻雀部にはいってもらいましょう!!」

久「ええっと、それは・・・」

和「・・・駄目ですか?」

和「どうしてですかなんでですかさきさんはすばらしいひとですぜひうちのまーじゃんぶに」

和「はいってともにぜんこくをめざしましょうさきさんがいればひゃくにんりきですだって・・・」

久「ひっ・・・」ビクッ

まこ「・・・あれは完全に病人の目じゃ」ゾクッ

京太郎「あぁっ・・・和・・・」(絶望)

優希「のどちゃん・・・」うっ・・・

和「さきさんがはいればうちはぜんこくゆうしょうできますだってさきさんですから・・・」

咲人形「・・・」



68 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 20:44:21.08 ID:a520RMFR0

優希「・・・のどちゃん!!もうやめるんだじぇ!!」カッ!

和「!?」

久「優希・・・」

優希「のどちゃん!それは人形だじぇ!咲ちゃんなんて人はこの世にいないんだじょ!!」

京太郎「おい!ばか!刺激すんなってお前が・・・」あわわわ

和「・・・優希?何を言っているんですか?」

和「咲さんはここに・・・」

優希「それは人形だじぇ!!・・・こんなもの!!」ガシッ!

久 まこ 京太郎「!?」

和「優希!!何をするんですか!!咲さんを離してください!!!!」

優希「こんな・・・こんな人形なんか・・・!!」

ぽー一いっ

ひゅ~~~~

はてっ・・・



74 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 20:50:01.06 ID:a520RMFR0

和「!!?!?!?!?!!?!?」

まこ「窓から・・・」

久「投げ捨てた・・・」

優希「はぁ・・・はぁ・・・」

優希「あんな人形・・・あることがいけないんだじぇ・・・」はぁはぁ

和「あっ・・・あっあ・・・ああぁ・・・」(呆然)

優希「あんな人形・・・あんな人形があるから・・・!」うぅっ・・・

ガッ!!

優希「!?」

和「・・・」ググググッ

久「何をしてるの和!!」

京太郎「優希の首を絞めてる・・・」あわわわ

まこ「やめんさい!!和ぁ!!!」

和「この・・・人殺しが・・・!」ググググッ



78 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 20:58:38.83 ID:a520RMFR0

和「絶対に許さない・・・!!」ググググッ

優希「がっ・・・あがっ・・・のどぉじゃん・・・」かはっ・・・

久「須賀くん!すぐにあの人形を取りに行って!」

京太郎「えっ・・・」

久「和はわたしたちが止めるから!!はやく!!!」

京太郎「はっ・・・はい!!」

ダッダッダッダ・・・!!!

久(あの窓の下は花壇だったはず、それに高さもそこまであるわけじゃない)

久(おそらく人形は無事なはず、あの人形が和の元に戻れば・・・!!)

まこ「和ぁ!!優希を離しいい!!!」グイッ

和「許さない!人殺しぃ!咲さんを・・・咲さんを・・・!!」ふぅーふぅー!

和「あぁっ・・・咲さん・・・」ひくひく

久「優希!大丈夫!?」

優希「なっ、なんとか・・・」ゲホゲホ



82 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 21:06:00.17 ID:a520RMFR0

和「あぁぁぁあっ!!ゆうきぃぃっ!!!」がああああ

久「のっ、和・・・」ビクッ

優希「・・・」ケホッ

優希(のどちゃん・・・これほどまでにあの人形を・・・)ぜーぜー

優希(やっぱり、あの人形は・・・)ギリッ・・・!

和「ああああああああ!!!咲さああああああん!!!!」うがががが

まこ「和ぁ!!落ち着きんさい!!和ぁ!!」ぎゅぅっ!

和「ああああああ!!ゆうきいいいい!!!」はーはー

まこ(駄目じゃ・・・全く聞こえとらん・・・)ぎゅぅっ!

久「これが・・・本当にあの和なの・・・」あぁっ・・・

まこ「ぼさっとしてんと押さえんの手伝いい!!」グイグイ

久「・・・はっ!ごめんなさい!」ぎゅっ!

優希「・・・のどちゃん・・・」

和「ゆうきいいいいい!!!さきさああああああんんん!!!!」ジタバタ



87 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 21:13:36.39 ID:a520RMFR0

久「くっ・・・!須賀くんはまだなの・・・!!」ぎゅうぅ!

和「さきさああああああん!!さきさああああああん!!!」ジタバタ

タッタッタッタッタ・・・

まこ「来た!」

京太郎「部長!お待たせしました!」はぁーはぁー

咲人形「・・・」はてっ・・・

和「咲さん!!!」ぱぁぁ

優希「!?」

和「あぁぁ・・・咲さん・・・無事で良かった・・・」ホッ・・・

優希「・・・京太郎・・・それをこっちに貸すじぇ・・・」

京太郎「えっ?」ぜぇーぜぇー

優希「・・・その人形をぶっこわすじぇ・・・!!」

和「!?」



89 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 21:19:24.83 ID:a520RMFR0

京太郎「なっ・・・、お前いったい何を・・・」

優希「そんなもんがあるからいけないんだじぇ・・・」

優希「そんな人形があるから・・・!!」ギリッ・・・!!

ぱしっ!

京太郎「あっ!和!!」

優希(くっ、人形を取られた!)

和「咲さん!逃げましょう!!!」

咲人形「・・・」

タッタッタッタッタ

優希「待つんだじぇ!のどちゃん!!」

タッタッタッタッタ

京太郎「・・・行っちまった」

まこ「何ぼーっとしとるんじゃ!!」

久「二人を追いかけるわよ!!」



93 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 21:26:42.08 ID:a520RMFR0

学校外

和「はっはっはっ・・・」タッタッタ

咲人形「・・・」

優希「待つんだじぇのどちゃん!!」タッタッタ

和(まさか優希があんなことをする子だったとは・・・)はぁはぁ

咲人形「・・・」

和「咲さん、大丈夫ですよ」ニコッ

和「私が・・・私が絶対に守ってあげますから・・・!」はぁはぁ

咲人形「・・・」

優希「くっ、のどちゃん・・・」はぁはぁ

優希(あの人形を消さない限り、のどちゃんはずっと・・・!!)



98 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 21:35:26.21 ID:a520RMFR0

和「・・・どうして誰も分かってくれないんでしょうか」はぁっはぁっ

和「お父さんもお母さんも友達も・・・」

和「咲さんは・・・こんなに愛おしく、美しく、素晴らしいのに・・・」

和「誰も私たちを認めてくれない・・・」

和「・・・でも、もういいんです・・・もう」

和「私は・・・咲さんだけがいればそれでいいんです」ニコッ

咲人形「・・・」

咲人形(・・・ありがとう・・・和ちゃん・・・)

和「えっ?」

和(今、咲さんの声が一瞬・・・)



100 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 21:42:04.76 ID:a520RMFR0

優希「!?」

優希「のどちゃん!!あぶないじょー!!!」

プオーーン!!!

和「!?」

和(トラックが・・・)

優希「のどちゃーぁぁぁぁん!!!」タッタッタ

ドン!

和「優希!!!」

和(このままじゃ優希が・・・)

咲人形「・・・」

ふわっ・・・

ボォーン!!



102 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 21:51:01.47 ID:a520RMFR0

\・・・スガクン!ハヤクキュウキュウシャヲ!!/

和(あれ?私確かトラックに・・・)ボーッ

\ユウキ!シッカリシンサイ!ユウキ!!/

和(そうだ優希が・・・私を助けようとしてくれて・・・)

優希「・・・」グッタリ

和(優希・・・!血が・・・)

\ソウデス!キヨスミコウコウチカクノコンビニマエデス!ハヤクキテクダサイ!/

和(・・・咲さんは・・・)

咲人形「・・・」ズタボロ

和「さぁっ・・・きっ・・・さぁ・・・ん・・・」フッ・・・

・・・

・・





105 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 22:05:09.79 ID:a520RMFR0

病院

和「・・・あれっ?・・・ここは・・・」パチッ

久「ようやくお目覚めね・・・」ほっ

まこ「良かった・・・本当に良かった・・・」うるっ

和「・・・!」ハッ!

和「咲さん!咲さんはどうなったんですか!!!」

久「・・・!!」ギリッ!!

パチン!!

和「!?」ビクッ

京太郎「部長!ケガ人ですよ!?」

久「こんなの、優希に比べたらただのかすり傷よ・・・」

和「あっ・・・」

久「和、目覚めた第一声が人形の心配?」

久「・・・違うでしょ?」

和「・・・ごめんなさい」



107 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 22:13:26.59 ID:a520RMFR0

和「・・・優希は?」

久「・・・隣よ」クイッ

優希「Zzz」スヤスヤ

和「優希・・・!良かった・・・」あぁっ・・・

久「少し頭を切ったけど軽傷よ、・・・あなたもね」

和「そうですか・・・」

久「今日一日は二人とも入院よ、おそらくすぐに退院できるわ」

和「・・・」

久「・・・和、どうして優希が無事だったと思う?」

和「えっ・・・」

久「・・・あの人形のおかげよ」



111 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 22:23:46.06 ID:a520RMFR0

和「咲さんの・・・?」

久「あの人形がトラックの間に入ってクッション代わりになったのよ」

久「・・・それがなかったら、今頃優希は・・・」

和「咲さんが・・・」

久「和、もうあの人形は帰ってこないわ・・・もう原型も無くなるほどの損傷だったから」

和「そんな・・・」あぁっ・・・

和(やっぱりあれは夢じゃなかった・・・)

久「でもね和、あの人形は優希を守ってくれたの」

久「和、人の命と人形・・・」

久「どっちが大事なものかくらい、あなたにも分かるわよね?」



113 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 22:32:26.57 ID:a520RMFR0

和「私は・・・」

久「わかんなかったとしたら考えなさい」

久「優希を救ったのがあの人形なら、あなたを救ったのは誰?」

久「・・・もうあの人形はいないの、今のあなたならもう大丈夫なはずよ」

和「・・・」

久「優希があなたを救ったという事、それを絶対に忘れないで」

和「優希・・・」

優希「Zzz・・・のどちゃん・・・」

久「・・・じゃあ、私たちは帰るから」

久「一夜の間に、優希の隣でよく考えなさい」

久「これからのあなたはどうするかを・・・」

和「はい・・・」

まこ「ほいじゃあな、また部活で!」

京太郎「和!無事で良かったな!ほんとに!」

和「はい・・・今日はご迷惑をおかけしました」ぺっこりん



114 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 22:38:49.05 ID:a520RMFR0

深夜

和「・・・」

優希「Zzz・・・」

和「優希・・・」

優希「のどちゃん・・・Zzz・・・」

和「優希・・・ごめんなさい・・・」ぎゅぅっ

和「私のせいで、こんな・・・」うぅっ・・・

和「私はもう大丈夫です・・・あなたのおかげです、優希・・・」ポロッ

和「ありがとう優希・・・これからはもう・・・私・・・」

優希「Zzz・・のどちゃん・・・」

和「咲さんのことは・・・忘れます・・・」



118 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 22:46:59.45 ID:a520RMFR0

和「・・・」

優希「Zzz」

和「私もそろそろ寝ましょうか・・・」

コツコツ・・・

和「ん?・・・足音?」

コツコツ・・・

和(こんな時間に・・・看護士さんの巡回でしょうか?)

コツコツ・・・

コツ・・・

和(ここの部屋の前で止まった・・・)

和「あの・・・どなたですか?」

?「・・・」

?「私だよ、和ちゃん」

和「!?」ビクッ



120 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 22:53:19.03 ID:a520RMFR0

和「えっ・・・?」

和(この声・・・!?)

?「和ちゃん、大丈夫だった?」

?「私心配だから来ちゃったよ」

?「和ちゃんケガしてないかなって、和ちゃん大丈夫かなって」

和「あっ・・・あなたは・・・」カタカタ

?「和ちゃん、ドア開けるね?」

がちゃっ・・・

和「!?」

がたっ!

?「!?」

?「和ちゃん痛いよ・・・手がドアにはさまっちゃってる・・・」グイグイグイグイ

?「ここを開けて、和ちゃん・・・」ガタガタガタガタ



125 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 23:01:34.63 ID:a520RMFR0

和「どっ、どうして!どうしてあなたがいるんですか!」ググググッ

?「・・・どうして?私は和ちゃんに会いに来たんだよ?」グイグイ

和「だって、だって・・・!あなたは!」ググググッ

?「和ちゃん、私だよ?この声でもわかんない?」ガタガタ

和「あなたはだって・・・人形でしょう・・・」あっぁあっぁ

?「痛いよ、痛いよ和ちゃん・・・手がちぎれちゃう・・・」ガタガタ

和「あなたは!誰なんですか!!」はぁーはぁー

?「私だよ和ちゃん、本当にわかんないの?」グイグイ

?「・・・和ちゃん、もう離して血が出ちゃうよ・・・」ギイギイ

和「人形のあなたが!血なんて!!」ガクガク

・・・ぽたっ

和「えっ?」



128 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 23:06:59.82 ID:a520RMFR0

和(ドアに挟まってる手から血が・・・)

和「赤い血が・・・」

?「うぇーん和ちゃあーん、痛いよー」グスグス

?「お願い、ここを開けて!」

?「私だよ、咲だよ!」

和「咲さん・・・?」ストン

咲「・・・あっ、ようやく離してくれた」

がちゃっ

咲「もー、和ちゃんのせいで手首のところがボロボロだよー」

和「あっ・・・あっ・・・」(後ずさり)

咲「和ちゃん、会いに来たよ♪」



131 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/20(火) 23:15:33.51 ID:a520RMFR0

一ヶ月後

久「さぁ!いよいよ来週から県予選よ!私たちは個人も団体もでるわよ!」

まこ「いやぁーようやくじゃな、やっと五人そろったのう」

優希「全く待ちわびたじぇ!目指すはみんなで全国優勝だじぇ!」

京太郎「よーっし!俺も頑張るぞー!!」メラメラ

優希「犬!お前はマネージャーだじぇ!」

ワイワイガヤガヤ

咲「ははっ、みんな楽しそう」クスクス

和「最初は諦めてましたからね、団体戦」

和「・・・咲さん、絶対に全国へ行きましょうね!」

咲「うん!!」グッ

拳を握った咲の手首には、癒えたばかりの傷が浮かんでいた・・・

カン





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353401311/
[ 2012/11/21 ] SS | TB(0) | CM(2)
ひぃ…どなたか…解説を…
[ 2012/11/21 03:29 ] [ 編集 ]
元ネタは世にも奇妙な物語であったお話(ただしうろ覚え)とのことです。
[ 2012/11/28 03:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。