SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宥「あったか耳かき屋さんです」



玄「おも・・・」 憩「とある病院のお話!」



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 03:57:24.61 ID:aHjSipRI0

皆さんこんにちは、松実宥です

・・・えっーと・・・

・・・玄ちゃんいつも、なんて言ってたっけ・・・

・・・えっと・・・、松実家の長女をしています

・・・あれ?

こういうのでいいのかな?

・・・どうしよう、わかんないや・・・

玄ちゃん、助けてー・・・ ガタガタ



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 03:59:53.97 ID:aHjSipRI0

あっ、あのぅ・・・ ガタガタ

・・・耳かき屋さん始めたので

よろしかったら、いらっしゃってください ペッコリン

・・・お店開けますね・・・

・・・

・・



(私一人でも、ちゃんとできたやぁー)パァア



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:01:52.93 ID:aHjSipRI0

宥「あったか耳かき屋さんです」

宥「玄ちゃんのマネしちゃった」テヘッ

宥「一人でこういうお店するのは、少し不安だけど」

宥「少しでも多くの人に、あったかくなって欲しいな」ポワワァ~ン

宥「・・・」

宥(お客様、来てくれるかな?)ガクガク

宥「・・・考えても仕方ないよね」

宥「・・・頑張ろ」

お客様安価>>10



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:03:09.66 ID:SGsa64gy0

菫ちゃん



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:08:18.94 ID:aHjSipRI0

ガラガラ

宥「!?」

宥(おっ、お客様だ・・・)ドキドキ

菫(・・・なんだここ、随分と暑いな)ムワッ

宥「いらっしゃいませ・・・!?」

宥「あなたは・・・」

菫「お前は!?たしか・・・」

宥 菫「・・・」

宥「・・・いつぞやは、大変・・・」ペッコリン

菫「・・・もうあの事はいい」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:13:03.81 ID:aHjSipRI0

宥「あっ、ありがとうございます・・・」

菫「・・・で、ここはなんなんだ?」

宥「・・・えっ?耳かき屋さんですけど・・・?」

菫「耳かき屋・・・?」

宥「あの、表の看板・・・」

菫「いや、すまない」

菫「何か強烈に惹かれるものを感じて、寄ってみたんだが・・・」

菫(・・・雰囲気は、完全に風俗店だな)タラッ

宥「?」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:19:34.29 ID:aHjSipRI0

宥「・・・あの、耳かきやられていかれませんか?」

宥「あなたなら、お代のほうはいらないので・・・」

宥「せめて少しでもなにか・・・」

菫「いや、私は・・・」

宥「・・・」ウルウル

菫「!?」

宥「・・・そうですよね、・・・私に耳かきなんてやって欲しくないですよね」(涙目)

菫「いや、ちょっと待て!」

菫「そういうことじゃなくて・・・」アセアセ

宥「・・・」ウリュウリュ



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:24:30.32 ID:aHjSipRI0

菫「・・・耳かき、してもらってもいいか?」

宥「・・・!はい!」パァア

菫(あんな顔見せられたら、断れないだろ・・・)

宥「それじゃあ、こちらにどうぞ~」トントン

菫「ひっ、膝枕か・・・」

宥「嫌ですか・・・?」ウルウル

菫「いや、違う!」

菫「少し驚いただけだ!!」



24 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:30:48.43 ID:aHjSipRI0

宥「かゆい所がございましたら、お気軽におっしゃってくださいね~」

菫「・・・あっ、あぁ」膝枕状態

菫(なんでこんなことになってるんだ?)

宥「それじゃあ始めますね~」

カキカキ

菫「ひゃうっ!?」

宥「!?」ビクッ

宥「とっ突然動いたら、あっ危ないですよ?」ドキドキ

菫「・・・」はぁはぁ

菫「・・・すまない」はぁはぁ

菫(・・・なんだ今のは・・・)はぁはぁ



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:36:34.22 ID:aHjSipRI0

菫(体に電流が走ったみたいな・・・)ドキドキ

宥「・・・次は、急に動いたりしないでくださいね?」

菫「・・・あぁ、すまない」はぁはぁ

宥「それじゃあ、もう一度・・・」

カキカキ

菫「くっ・・・」ギュウゥッ

コチョコチョ

菫「くきゅぅっ・・・」グウゥッ~

カリカリ

菫「はぁうぁ!」ヴィクッ!



28 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:43:13.23 ID:aHjSipRI0

宥「おかゆい所は、ございませんか~?」

菫「・・・へっ?」はぁはぁ

カキカキ

菫「ふぁっ・・・ふぁっ・・・」ゾクゾク

コリコリ

菫「あっ・・・あっ・・・」ビクビク

スリスリ

菫「あぁっ~~~っ・・・そこっ・・・」ゾクッ

菫(なんだこれ・・・)はぁはぁ

菫(これ本当に、ただの耳かきなのか・・・)はぁはぁ

宥「・・・」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:50:01.23 ID:aHjSipRI0

宥「・・・あの、もしよかったらもっとあったか~いことしませんか?」

菫「・・・ふぁっ?」

シュルシュルスルスル

菫「!?」

菫「おっおい!どうして服を脱いでるんだ!」カァアッー

宥「・・・ここの部屋私に合わせて、すっごく暖かくしてるんです」

宥「じゃないと私、こんな格好できないから・・・」

菫「・・・おっおい、早く服を・・・」

宥「あなたも脱ぎませんか?」

菫「!!」

宥「汗でびっしょりですよ?」



37 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 04:57:00.10 ID:aHjSipRI0

菫(あれ?なんだろ?)ボッー

菫(暑さのせいか?なんだか、ボッーとしてきた・・・)フラフラ

宥「・・・大丈夫ですか?」

菫「・・・大丈夫だ」チラッ

菫(こいつ・・・エロい体してるよな・・・)ゴクッ

菫(なんだかこいつ見てたら・・・)ドキドキ

ジワッ・・・

菫「!?」

菫(私、今・・・!!)カァアッー

宥「・・・もっとあったかいこと、しますか?」

菫「・・・・・・・・・する」コクン



42 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:04:22.30 ID:aHjSipRI0

ちゅぱっ・・・じゅるっ・・・

菫「ひやっ!・・・ふぅぁっ!・・・」ビクッ

宥「お綺麗な体ですね・・・」

ぺろっ・・・もみっ・・・

菫「いっ、いちいちそんなこと言うな!・・・」はぁはぁ

もぎゅっ

菫「ひやぁん!!」ビクン

宥「・・・こっちはどうですか?」

サワサワ

菫「!?」ビクッ!

菫「おっ、お前・・・そこはぁ・・・」クネッ

ナデナデ



47 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:11:45.09 ID:aHjSipRI0

宥「なんだか湿ってますね、汗ですか?」サワサワ

菫「おっ、お前・・・わかってるくせに・・・」はぁはぁ

菫「なかなかにいい性格してるじゃないか・・・」はぁはぁ

宥「えへへっ・・・」サワサワ

クチュッ・・・

菫「ふぁっ・・・」ゾクッ

クチュクチュ・・・

菫「あっ・・・あん!・・・ふぅあっん!!」クネックネッ

宥「・・・気持ちいいですか?」

菫「ふにゃっ!・・・・ふぅぁ!」コクコク



50 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:18:23.13 ID:aHjSipRI0

宥「いっぱい、あったか気持ちよくなってください」ニコッ

クチュクチュ

菫「いにゃっ!・・・あっ・・・わたしぃ・・・」ピクッピクッ

ペチャペチャ

菫「ふぅぁっ!・・・きもちいい!」ビクン

宥「そろそろ、おわりですね・・・」

グチュグチュッ!

菫菫「ふああああ~~ん!!」ビクンビクン

はてっ・・・



52 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:24:01.33 ID:aHjSipRI0

一時間後

菫「あの・・・こういう時、なんて言ったらいいのか・・・」

菫「あの・・・ありがとう・・・」カァアッー

宥「こちらこそ、こんなことしかできなくて」

宥「ありがとうございました、菫さん」ニコッ

菫「えっ、あぁっ・・・」ドキッ

菫(下の名前で呼ばれた・・・)ドキドキ

宥「またよかったら、いらしてくださいね」ニコッ

菫「・・・うん、ありがとう」

菫「・・・宥」ボソッ



57 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:29:24.86 ID:aHjSipRI0

宥(とりあえず、初めてのお客様は終わったね)

宥(・・・あったか~くなってもらえたかな?)

宥(・・・でも、一番最初のお客様があの人で良かった・・・)フフッ

宥(少し自信もついてきたや)グッ

宥(よしっ!次も頑張ろう!)ニコッ

お客様安価>>60



60 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:30:31.92 ID:LkoBLpkI0

戒能良子



62 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:33:18.82 ID:2NUKl8KL0

これはまた・・・



63 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:34:03.84 ID:g+2O6M8u0

なかなかのなかなか



64 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:37:10.54 ID:aHjSipRI0

ガラガラ

良子「はろー、耳かきやってもらえる?」

宥「はい、どうぞ」

良子「せんきゅー」

ぽてっ

宥(この人随分、慣れた雰囲気みたい・・・)

良子「いつも行く耳かき屋さんが、今日はおやすみでね」

良子「そしたらここに、ちょうどいい感じのお店があったからね」

宥「そうなんですか・・・」



65 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:42:09.79 ID:aHjSipRI0

良子「耳かきだけは、昔から誰かにやってもらわないと落ち着かなくてね」

良子「耳かき屋なんてものがあるなんて、ナイスな時代になったよねー」

宥(こっこれは、私の腕が試されている・・・?)

良子「じゃあお願いね」

宥「はっ、はい」

コチョコチョ

良子「・・・」



67 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:49:22.40 ID:aHjSipRI0

カキカキ

良子「・・・」

宥(あれっ?もしかして私の耳かきじゃ、駄目なのかな?)涙目

宥「あっあの、おかゆい所はございませんか?」

良子「・・・ん、ノープロブレム」

宥「そっ、そうですか・・・」シュン

カリカリ

良子「・・・」

良子(何この耳かき!)ゾワゾワッ



68 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 05:55:03.10 ID:aHjSipRI0

良子(こりゃ、本当に耳かきなの?)

良子(耳を掻かれる度に、エクスタシーなんだけど!)ゾクゾク

良子(・・・やっ、やばい)

良子(耳かきしにきたのに、これって・・・)

ジワッ・・・

良子「・・・あっ」もぞもぞ

宥「!?」

宥(良かった~、気持ちよくなってくれてるみたい)ぱぁあ

良子(この店・・・)はぁはぁ



71 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:01:42.39 ID:aHjSipRI0

良子「・・・あの」はぁはぁ

宥「・・・えっ?」

良子「ここって、マジで耳かき屋さん?」はぁはぁ

良子「よく見たら、雰囲気すごくエロティックなんだけど・・・」

良子「・・・ただの耳かき屋さんじゃないよね?」

良子(元傭兵のカンがそういってる・・・)はぁはぁ

宥「・・・」

宥「・・・もっとあったかいことします?」

良子「ホットなこと・・・?」はぁはぁ



72 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:07:23.30 ID:aHjSipRI0

宥「多分お客様が今、もっともして欲しいサービス提供できると思います」

良子「サービス・・・」ゴクリッ

ジワッ・・・

良子(・・・たまにはこういうのも、オッケーだよね?)

良子「・・・・・・・お願いしようかな」

宥「はい」ニコッ

チュッ

良子「!?」ドキッ

良子(いきなりキス!?)ドキドキ

レロレロチュルチュル

良子(しかも、かなりエロい!!)ふぅわっ



74 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:15:11.18 ID:aHjSipRI0

宥「ぷはぁっ・・・どうですか?」

良子「・・・うん、ベリーベリーグッドだね・・・」はぁはぁ

宥「お洋服、脱がさせてもらいますね・・・」

ヌギヌギ

良子(いいね・・・こういうの・・・)ドキドキ

宥「・・・モデルさんみたいなお身体ですね」

宥「・・・キレイ」

サワッ

良子「んっ・・・」ビクッ

宥「・・・どうしましょうか?」

良子「・・・おまかせするよ」はぁはぁ

宥「・・・はい」

もにゅっもにゅっ

良子「んんっ!」ピクッ



75 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:22:33.41 ID:aHjSipRI0

ぺろっぺろっ

良子「あんっ・・・そこっ・・・」

なでっなでっ

良子「んっ・・・はぁっ・・・」

ジュチュッジュチュッ

良子「はぁうっ!・・・はぁっ・・・んくっ・・・」

宥「おかゆい所はございませんか?」

クチュックチュッ

良子「んあっ!・・・そっ・・・そこぉっ・・・」フニュウッ・・・

グチュッグチュッ

良子「ひぃん!・・・んなぁっ!・・・んあっ!」クネックネッ



78 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:29:24.34 ID:aHjSipRI0

宥「少し失礼します・・・」

クチャアッ・・・

良子「ふんぁっ・・・そんなひろ・・・」

ペロッ

良子「ふんぁっ!あっ!・・・あん!」ゾクッゾクッ

宥「あったか気持ちよくなってくださいね」ニコッ

ベロンベロンチュパッチュパッ

良子「あぁ~~・・・んんんっ~~~・・・」ビクビク

レロレロレロレロ

良子「んはっ!・・・はっ・・・はやい・・・」はぁはぁ



80 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:37:45.61 ID:aHjSipRI0

宥「あったかいですか?」

クチャックチャッ

良子「いぇやっ・・・いえ・・・いえす・・・っ」ふぅぁふぅぁ

宥「それは良かったです」ニコッ

ジュッルルルルウ・・・

良子「んああぁぁぁっ・・・・・」ううぅっ

ジュウウッ~~~

良子「ひぃんんんんん・・・」グゥッ

良子「・・・もっ、もう・・・」はぁはぁ

宥「・・・そうですね」

宥「そろそろ終わりましょうか」ニコッ



82 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:43:37.58 ID:aHjSipRI0

良子「おっ、おわり・・・」はぁはぁ

ちゅぅっ~~~ぽん!

良子「んんんんっ!!」ピクッピクッ

宥「フィニッシュです」ニコッ

クチュクチュクチュゥッ!!

良子「んあああああっーーーー・・・」ビクンビクン

はてっ・・・



84 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:50:05.51 ID:aHjSipRI0

一時間後

良子「せんきゅ~」

良子「ベリーナイスでベリーグッドなお店だったよ」

宥「ありがとうございます」ペコリ

宥「またぜひ、いらしてください」ニコッ

良子「んー、気が向いたらね」

良子「それじゃあ、バーイ」

宥「ありがとうございました」



86 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:56:11.63 ID:aHjSipRI0

宥(ふぅ・・・)

宥(二人目のお客様も終わった・・・)

宥(初めはすごく不安だったけど、少しずつ慣れてきたかな・・・)

宥(さっきのお客様、喜んでもらえたみたい・・・)

宥(・・・良かった)ホッ

宥(次も頑張ろっ!)

お客様安価>>90



90 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 06:58:25.63 ID:CyLaVjEj0

穏乃



92 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:03:37.51 ID:aHjSipRI0

ガラガラ

宥「いらっしゃいませ」

穏乃「!?」

穏乃「宥さん!?」

宥「あらっ、穏乃ちゃん」

穏乃「何してるんですか、こんな所で!?」

宥「えっ、あのっ、耳かき屋さんだけど・・・」

穏乃「・・・」

宥「表の看板見なかった?」

穏乃「そうだったーー!!」

宥(フフッ、穏乃ちゃんかわいい)クスクス



95 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:10:20.73 ID:aHjSipRI0

穏乃「・・・ということは、ここは宥さんのお店?」

宥「うんそうだよ、穏乃ちゃんはどうしてここに?」

穏乃「いや~見たこと無いお店があったから、ちょっとした興味本位で」エヘヘ

穏乃「でもまさか、宥さんのお店だったとは・・・」

宥「穏乃ちゃんも耳かきしていく?」

穏乃「宥さんがしてくれるんですか?」

宥「うん、そうだよ」

穏乃(・・・宥さんの耳かき・・・)ゴクッ



96 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:15:37.47 ID:aHjSipRI0

穏乃(きっと気持ちいいだろうな~)ポワワ~ン

宥「穏乃ちゃん、おいで?」

宥「膝枕もしてあげるよ?」ポンポン

穏乃(・・・宥さんの膝枕・・・)ゴクッ

穏乃(きっと柔らかいだろうな~)ポヤヤ~ン

宥「どうする?」

穏乃(でも・・・)

穏乃(少し恥ずかしいかも・・・)カァアー

宥「・・・穏乃ちゃん?」



98 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:21:24.12 ID:aHjSipRI0

宥「もしかして、私に耳かきされるの・・・嫌?」涙目

穏乃「ちっ、違いますよ宥さん!」

穏乃「・・・あのっ、・・・そのっ」

宥「?」

穏乃「高校生にもなって、膝枕で耳かきって」

穏乃「少し恥ずかしいかなって・・・」カァアー

宥「・・・」クスッ

穏乃「・・・宥さん?」



99 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:28:38.60 ID:aHjSipRI0

ぎゅううっ

穏乃「ひぃやっ!ゆっ、宥さん!?」

穏乃(いきなり抱きつかれた!?)ドキドキ

宥「穏乃ちゃんはまだ、高校一年生なんだよ?」ナデナデ

宥「まだまだ甘えていい年頃なんだよ?」ヨシヨシ

穏乃「・・・宥さん」

穏乃(宥さんあったかいなぁ・・・)

穏乃(いい匂いもするし・・・)ドキドキ

宥「・・・それとも、もっとあったかいことする?」

穏乃「えっ?」ドキドキ



101 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:34:50.72 ID:aHjSipRI0

宥「おいで、穏乃ちゃん・・・」

穏乃「・・・宥さん、何を・・・」

チュッ

穏乃「!?」

穏乃(キスされた!?しかも唇に!?)ドキドキ

宥「大丈夫・・・私に任して」

穏乃「わっ、私は・・・」ドキドキ

宥「穏乃ちゃんの服、脱がしてあげるね」

ヌギヌギ

穏乃「!?」



103 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:42:01.89 ID:aHjSipRI0

穏乃「まっ・・・待ってください!!」はぁはぁ

宥「・・・穏乃ちゃん?」

穏乃「どうしたんですか宥さん!!」

宥「・・・えっ?」

穏乃「こんなの宥さんらしくありませんよ!」

宥「・・・私、らしく・・・?」

穏乃「こんなの、こんなのまるで・・・」

穏乃「・・・玄さんみたい・・・」

宥「・・・玄ちゃん?」



106 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:49:44.30 ID:aHjSipRI0

穏乃「そうですよ!宥さん言ってたじゃないですか!」

穏乃「私はずっと、待ってるって!」

穏乃「なのに!宥さんがこんなことしちゃあ・・・」

宥「・・・」

宥「・・・穏乃ちゃん、今の私、玄ちゃんみたいかな?」

穏乃「・・・えっ?」

宥「・・・私がこんなお店始めたのは、玄ちゃんのことを知ろうとしたからなの」

穏乃「玄さんを・・・?」



108 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 07:58:30.68 ID:aHjSipRI0

宥「・・・でも、私は思うの」

宥「玄ちゃんと私は違うって・・・」

穏乃「・・・どうしてですか?」

宥「玄ちゃんのお客様は、みんな嫌がりながらだった」

宥「でも、私のお客様はみんな自分から望んで、最後は笑顔になってくれた」

宥「玄ちゃんのやっていたことは、ただの自己満足・・・」

穏乃「・・・だから、今の宥さんのやってることはいいことで」

穏乃「玄さんのような、間違ったことじゃないと?」

宥「・・・そんな、かしこまったこと言いたい訳じゃないけど」



109 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:05:22.05 ID:aHjSipRI0

宥「でも、私のしているサービスみたいなお仕事は、実際他にもあるでしょう?」

宥「私はそうやって、いろんな人にあったか気持ちよくなって欲しいの・・・」

穏乃「・・・でもここは、耳かき屋さんですよね?」

宥「それはそうだけど・・・」

宥「・・・まぁでも、そういうのもあるってことで・・・」

穏乃(・・・それならそういうべきだよ!)

宥「・・・でもこのお仕事、大変だけどすごいと思うよ?」

穏乃「えっ?」



111 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:11:10.66 ID:aHjSipRI0

宥「どんな形であれ、人を幸せにするお仕事・・・」

宥「人には言いにくいお仕事だと思うけど、私はすごいと思うな」

穏乃「・・・」

宥「・・・おしゃべりはもう、このくらいでいいかな」

宥「・・・穏乃ちゃんはどうする?」

穏乃「えっ?」ドキッ

宥「私にお仕事やらしてくれる?」



113 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:17:45.00 ID:aHjSipRI0

穏乃「・・・私は・・・」

宥「・・・もう一つ、言ってないことがあるの」

穏乃「何ですか?」

宥「私、穏乃ちゃんのことが好きなの」

穏乃「・・・えっ?」

宥「だからかな?他のお客様の応対と違うっていうか・・・」

宥「・・・やっぱり、今の私はお仕事してないのかもしれないね」

宥「玄ちゃんと一緒、結局自己満足だ・・・」

穏乃「・・・宥さん」



114 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:21:28.32 ID:aHjSipRI0

宥「ごめんね、穏乃ちゃん」

宥「こんなこと言って、言い訳ばかりで、ずるい女で」

宥「・・・ごめんね」グスッ

穏乃「・・・」

宥「ありがとう穏乃ちゃん、気づかせてくれて」

宥「私これからは・・・」

穏乃「待ってください!!」

宥「!?」



115 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:27:14.59 ID:aHjSipRI0

穏乃「さっきから聞いてたら、なんですかそれ?」

穏乃「自分から誘って、自分から理由説明して、自分で勝手に反省して・・・」

宥「・・・ごめんなさい」シュン

穏乃「私の気持ちは・・・」

穏乃「・・・ほんとに、宥さんはずるいです・・・」

穏乃「私のこの胸の高鳴りはどうしてくれるんですか!!」ドキドキ

宥「穏乃ちゃん・・・」

穏乃「・・・責任とって下さい」



116 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:33:25.53 ID:aHjSipRI0

宥「えっ、でも・・・いいの?」

穏乃「自分じゃどうしていいのかわかりません、宥さんがどうにかしてください」

宥「・・・でも、憧ちゃんが・・・」

穏乃「今憧のことは関係ありません!!」

宥「・・・」

穏乃(ごめん憧、今の私絶対変)

穏乃(でも、私どうしたらいいか・・・)

宥「ごめんね、穏乃ちゃん」

チュッ

穏乃「あっ・・・」トローン

宥「そして・・・ありがとう」



117 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:39:38.88 ID:aHjSipRI0

穏乃「宥・・・さん・・・」はぁはぁ

宥「大丈夫だよ、私にまかせて・・・」

ちゅぅううっ~~~

穏乃「ひにゃっ!んにゅぅ~~~~・・・・」ンググッ・・・

宥「あぁっ・・・穏乃ちゃん・・・かわいいよぉ・・・」はぁはぁ

穏乃「ふなぁ・・・わっ・・・あぁっ・・・」ビクッ

ぺろぺろコリコリ

穏乃「ふぁ・・・ああっ・・・」ピクッ

宥「敏感なんだね、優しくしてあげるね」はぁはぁ

コリコリ

穏乃「んああっ!」ビクン



121 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:46:16.82 ID:aHjSipRI0

宥「あれ?穏乃ちゃん、毛が生えてないね」

穏乃「はぁっ・・・はぁっ・・・」

宥「かわいいね、いっぱいあったかくしてあげるね」

ぺろぺろ

穏乃「あん!・・・あっ・・・あっ・・・あん!」ビクビクッ

ずぅ~~~っ

穏乃「んあっ!・・・すっちゃっ・・・吸っちゃやだぁ・・・」ゾクゾクッ

宥「穏乃ちゃん、とってもあったかそうな色だよ」はぁはぁ



122 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 08:52:55.44 ID:aHjSipRI0

にちゃぁっ

じゅるじゅる~ぅ

穏乃「いやぁっ!・・・そんな所汚いですよぉ・・・んはぁっ!」ビクウッ

宥「穏乃ちゃんに、汚い所なんてないよ」

はむっ、はぐはぐ・・・

穏乃「んくうっ・・・」もじもじ

宥「ここはもういいのかな?」はぁはぁ

宥「それじゃあ、もう一度こっちかな・・・」はぁはぁ

チロチロ

穏乃「ひにゃぁっ!」ピクン



124 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:00:53.69 ID:aHjSipRI0

宥「穏乃ちゃん、気持ちいい?」はぁはぁ

ぺろぺろレロレロ

穏乃「ひゅっぅ・・・ひゅうぅぅ・・・ひゅうん」コクン

宥「私も気持ちいいよ」はぁはぁ

宥「穏乃ちゃん、大好きだよ」ボソッ

穏乃「!?・・・ひにゃっ・・・じゃぁ・・・じゃぁめぇ・・・」ひぃーひぃー

宥「穏乃ちゃん・・・!」

ぎゅうぅ~~~~っ

穏乃「あっ!あっ!・・・こっ!・・・こんな・・・のっ!」ビククゥッ



125 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:06:56.38 ID:aHjSipRI0

穏乃「はぁー・・・はぁー・・・あっ・・・あっ・・・」ピクピク

穏乃「こっ・・・こっ・・・これっ・・・これっ・・・」ピクピク

宥「穏乃ちゃん、もう限界そうだね・・・」はぁはぁ

宥「私も・・・」はぁはぁ

宥「はぁっ・・・ふぅぁっ・・・」はぁはぁ

ちゅうぅ~~~~~っ

穏乃「んにゃやぁぁあああーーーーーん!!」ビクンビクン

はてっ・・・



127 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:15:03.83 ID:aHjSipRI0

一時間後

穏乃「Zzz」スヤスヤ

宥「穏乃ちゃん・・・こうして見るとちっさいね・・・」

穏乃「Zzz・・・んっ、やめてよ憧・・・」ムニャムニャ

宥「フフッ、寝言言ってる」フフッ

宥「・・・ふぅあ、私も少し眠たくなっちゃった」ゴシゴシ

宥「・・・お休み、穏乃ちゃん・・・」クスッ

穏乃「Zzz・・・んっ・・・」ぽりぽり

宥「・・・・・・・Zzz」スヤスヤ

穏乃「Zzz・・・ごめんね・・・」ムニャムニャ

穏乃「ごめんね・・・・・・憧・・・」ツゥー・・・

・・・

・・





129 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:22:38.22 ID:aHjSipRI0

?「・・きて・・ねぇ・・・ばっ・・・」ゆすゆす

宥「Zzz」スヤスヤ

?「起きて、ねぇ起きてってば」ゆすゆす

宥(Zzz・・・んっ・・・誰?)パチッ

?「ねぇ起きてってば、おねーちゃん!」ゆすゆす

宥「・・・・・・・玄ちゃん?」

玄「もー、こんな所で寝てちゃ風邪ひくよー!」

宥「あれっ、ここ・・・」

玄「もー、おこたで寝ちゃ駄目っていつも言ってるでしょー」もー

宥(・・・夢?)



131 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:29:38.45 ID:aHjSipRI0

宥(あれでも、私・・・・)

玄「折角私が帰ってきたのに、おねーちゃんったらー」プンスカ

宥(そうだ、玄ちゃんが病院から帰って来たんだった・・・)

宥「ごめんね、玄ちゃん」

宥「でっでも、玄ちゃんが帰ってきてもう1ヶ月だよ?」

玄「・・・おねーちゃんは、私がいなくなっても寂しくないの」ウルウル

宥「そっ、そういうことじゃなくて・・・」アワアワ

玄「・・・ふふっ、冗談だよ♪」ニコッ



132 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:35:51.00 ID:aHjSipRI0

宥「もー、玄ちゃんったらー」フフッ

玄「ふふふっ、あっ!そういえば!」

宥「どうしたの?」

玄「今日もいいの?」

宥「何が?」

玄「お店だよー、私がいない間にやってたんでしょ?おねーちゃん一人で」

玄「ええっーと・・・何屋さんだったけ・・・」ウーン

宥「・・・」

玄「・・・!そうだよ、耳かき屋さん!」

玄「あったか耳かき屋さん!」



135 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:41:55.56 ID:aHjSipRI0

玄「私が帰ってきてから、一度もお店開けてないよね?」

宥「・・・うん、私はもういいかなって・・・」

玄「どうして?」

宥「ちょっとやってみたかっただけだから・・・」

宥「・・・もう私は、満足なんだ・・・」

玄「?」

宥(私はもう・・・)



136 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:49:14.76 ID:aHjSipRI0

宥「・・・それに私がお店やってたら、玄ちゃんもやりたくなるでしょう?」

玄「!?」ギクッ

玄「そそそっ、そんなことないよ~」アハハッ・・・

玄「私はもうあんなのこりごりだよー」ウンウン

宥「・・・そうだよね」

玄(言えない・・・)

玄(今また新たに、おもちBarなるものを考えているだなんて・・・)ドキドキ

玄「あははは、もーおねーちゃんは心配性だなー」キョロキョロ

宥「?」



138 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 09:56:48.08 ID:aHjSipRI0

私がやってたことは、多分人に話せるようなことではありません

でも、私自身はいい経験ができたと思っています

ああいったお仕事の偏見は、少なくとも私の中にはなくなったからです

だから、あったか耳かき屋さんをしたことを後悔はしていません

・・・所詮それは私の自己満足ですが

・・・私がお店を開けない理由はもうひとつあります

それは・・・穏乃ちゃんです



139 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/27(土) 10:08:38.44 ID:aHjSipRI0

実は穏乃ちゃんは、あの時のことを覚えてないようなんです

彼女の記憶はどうなったのでしょうか、それとも忘れたフリをしているのでしょうか・・・

きっと私には一生わからないことなんだと思います

・・・私の気持ちは多くの懺悔と、少しの安堵です

彼女にとって、あんなこと無かった方が良かったんでしょう

・・・自分の好きな人を裏切ることなんて・・・

だから私も、もうお店はやりません

私は別に、ああいう行為がしたくてお店を開いた訳ではありません

だって私のしたいことは・・・

・・・だれかを幸せにすること、ですから・・・

カン





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351277629/
玄「おもちbar!」


[ 2012/10/27 ] SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。