SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花子「また櫻子は食べたら食べっぱなしだし……」ブツブツ



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:09:54.88 ID:ZgQWIKi+O

花子「片づける身にもなれし」

花子「……使用済みスプーン」

花子「……」ゴクッ



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:12:39.15 ID:ZgQWIKi+O

花子「あっ! 服まで脱ぎっぱなし!!」

花子「自分で脱いだものくらい片せし……」ブツブツ

花子「……パンツ」

花子「……」ゴクッ



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:16:49.14 ID:ZgQWIKi+O

花子「ん?」

【櫻子の部屋】

花子「……きっと部屋も汚いにきまってるし」

花子「ついでだから掃除してやるし。そうすれば――」

花子『櫻子! 花子が片づけてやったし!!』

櫻子『マジで!? さすが花子、愛する妹だ!』

花子『これからもちょくちょく見てやるし』

櫻子『花子大好きー!!』

花子「よし、お宝発掘だs――え!?」



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:22:14.31 ID:ZgQWIKi+O

花子「なにこの小綺麗なお部屋」

花子「意味わからん。ここまでバカと思わなかったし」

花子「仕方ない、とりあえず適当に荒らして……」ガチヤガチャ

花子「よし、これで櫻子が帰ってくる時間まで掃除してれば――」

櫻子『ただいまー。ん? なにやってんだ花子』

花子『あまりにも汚いから掃除してやってるし』

櫻子『やだ。恋しちゃう』

花子『抱っこさせてやってもいいし』

花子「ふふふ。じゃあ張り切って掃除すr」

向日葵「い……いったいなにを」

花子「ひま姉!?」



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:24:54.22 ID:ZgQWIKi+O

花子「……どこから?」

向日葵「……ひきだしの中身をまき散らしているところから」

花子「……」

向日葵「……」

花子「……」スッ

向日葵「??」

花子「どうか黙っていてくださいし」

向日葵(なんて美しい土下座ッ! さすがは大室の一族ですわね)



11 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:29:49.96 ID:ZgQWIKi+O

向日葵「と、とにかく顔をあげて?」

花子「ばれたら櫻子以下になっちゃうし……人間の尊厳が消失しちゃうし」

向日葵「大丈夫、言いませんわ」

花子「ほんと?」

向日葵「ええ、もちろん」

花子「あ、ありがとだし!」

向日葵「だからその左手のバールのようなものを置いて下さいな」



13 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:33:52.94 ID:ZgQWIKi+O

向日葵「まぁ……宗教上の理由でしたの」

花子「決して櫻子に可愛がられたいからじゃないし」

向日葵「大変ですわね……ん? このお茶もしかして」

花子「櫻子の下着を煮出したお湯だし」

向日葵「やっぱり。でも私の淹れたときより香りがふくよかな気がしますわ」

花子「たぶん櫻子が入った後の残り湯をつかったから?」

向日葵「なるほど」

花子「でも香りはあるけど甘みがいまいちだし」

向日葵「でしたらこの使用済み割りばしも足しましょうか」

花子「なんでそんなの持ってるし」

向日葵「櫻子、よく箸を忘れますから」



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:38:21.57 ID:ZgQWIKi+O

花子「ところでひま姉は何しに来たし?」

向日葵「忘れ物取りに来ましたの」

花子「見つかったし?」

向日葵「ええ。このバールのようなもの」

花子「あっ、それ櫻子の部屋にあったし」

向日葵「櫻子の部屋を物色した際、一緒に片づけてしまったようですの」

花子「ああ、だからあんなに整頓されてたし」

向日葵「だから荒らしてもらってプラスマイナスゼロですわね」

花子向日葵「あははははははは」



16 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:44:32.85 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「ただいまー」

花・向「お帰り(なさい)」

櫻子「あ! 二人だけでお茶してずるい!! 私も!」

向日葵「はいはい」

花子「帰ってくるなりやかましいし」

櫻子「なにー!!」

向日葵「妹をいじめないの! はい、櫻茶」

櫻子「まったく――薄っ! なにこれお湯じゃん!?」

花・向「はぁ」

櫻子「なんだよその『この味音痴』って顔――あれ? なんかねむ……」

向日葵「市販の睡眠薬もバカにできないですわね」

花子「櫻子はバカだからたぶん人一倍効果があるんだし」



18 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:48:29.88 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「ん?」

向日葵「あら、お目覚めですの?」

櫻子「お前、何飲ませ――え? なにこれ? なんで裸で縛られてんの?」ジャラジャラ

花子「縛るとはちょっと違うし」

櫻子「花子!? なんだお前そのマスク、舞踏会か」

花子「調教するときにはコレをつけるのが礼儀だし」

向日葵「最近ではそうでもないようですわ」

櫻子「いや、調教って漫画じゃあるまいし……」

花子「えっ、じゃあついでに着替えてくるし。この格好動きづらいし」

向日葵「しばしご歓談を」

櫻子「おい、外せよ!!」



19 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:51:43.81 ID:ZgQWIKi+O

向日葵「お待たせしましたわ」

花子「逃げなかったのは褒めてやるし」

櫻子「拘束されてて逃げられるわけないだろ」ジャラジャラ

花子「今の花子の服装を見て一言」

櫻子「私があげた服だな」

向日葵「ちょっと嗅がせてくださる?」

櫻子「ひまちゃんこわい」

向日葵「こ、この白いシミは……」ゴクリ

花子「櫻子の恥ずかしいシミだし」

櫻子「お前、牛乳こぼしたろ」



21 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 04:57:21.39 ID:ZgQWIKi+O

花子「まぁ冗談はこのくらいにして」

櫻子「ようやく解放か」

向日葵「大人の時間ですわ」

櫻子「撫子ねえちゃーん!!」

向日葵「静かになさい!! ほら、これでもくわえてなさいな」

櫻子「ムゴゴ」

花子「ひま姉、なにをねじ込んだし?」

向日葵「キャンディよ。さぁ、静かになった隙に――」

櫻子「ガリガリ」

花子「あ! こいつ噛み砕いたし」

向日葵「大丈夫、キャンディはまだありますわ」

櫻子(早く終わんないかなぁ)



22 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:01:01.48 ID:ZgQWIKi+O

花子「くっ……まさか全部食べられるなんて……」

向日葵「このほしがりさんめ」

櫻子「のどかわいた」

向日葵「お茶ならありますけど」

櫻子「それでいいよ」

花子「ほら、口開けろし」

櫻子「ゴクゴク !? おま……」

向日葵「おやすみなさい」

花子「ほんとに学習しないやつだし」



23 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:04:29.69 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「ん?」

向日葵「あら、お目覚めですの?」

櫻子「お前――あれ? さっきと変わってない」

花子「眠っているやつに手を出すのは卑怯だし」

櫻子「薬を盛るのも十分卑怯だよ」



25 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:07:36.82 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「もう満足しただろ? いいかげんコレ外してよ」

向日葵「これからが本番ですわ」

花子「たっぷりなぶってやるし!」

櫻子「そんなに私のこと嫌いなのかよぉ……」

花・向(キュン)

向日葵「ちょっとトイレに」ハァハァ

花子「ちょっと部屋に」ハァハァ

櫻子「なにがしたいんだお前ら」



26 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:10:45.46 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「もう好きにしろよ」

花・向「では遠慮なく」

櫻子(うぅ……きっとおっぱいとかアソコとかいじられるんだろうなぁ……)


櫻子「……」

花子「櫻子の腋、櫻子の腋、櫻子の腋、櫻子の腋、櫻子の腋、櫻子の腋……」ハァハァ

向日葵「櫻子の足、櫻子の足、櫻子の足、櫻子の足、櫻子の足、櫻子の足……」ハァハァ

櫻子「とことん変態だな、お前ら」



27 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:14:02.16 ID:ZgQWIKi+O

花・向「え?」

櫻子「いや、ふつうこういう状況だったら(ってなんかこれじゃ私が変態じゃん)」

向日葵「……本気で襲っていいんですの?」

櫻子「??」

花子「櫻子が嫌がると思って避けてたし。でも櫻子がそういうなら……」

櫻子「え、いや、待った。やっぱダm」

花・向「もう遅い」

櫻子「ちなつちゃーん!! あかりちゃーん!!」



29 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:43:33.03 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「……」

花子「櫻子のおへそ、櫻子のおへそ、櫻子のおへそ、櫻子のおへそ、櫻子のおへそ……」ハァハァ

向日葵「櫻子のうなじ、櫻子のうなじ、櫻子のうなじ、櫻子のうなじ、櫻子のうなじ、……」ハァハァ

櫻子「救えねぇ」



30 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:47:38.94 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「……」

花子「この先、どうするんだし?」

向日葵「櫻子、次はなにすればいいのかしら」

櫻子「教えてあげるから外そうか」

花・向「はーい」



31 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:51:32.18 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「久しぶりの自由だ」

花・向「ワクワク」

櫻子「よし、まずは向日葵を拘束」

向日葵「いやらしい」

櫻子「花子は私の膝の上に座りな」

花子「し、仕方ないし!」

櫻子「さあ、お仕置きの時間だ」



32 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 05:58:33.24 ID:ZgQWIKi+O

花子「も、もうやめ……」

櫻子「ん? 違うよね、さっき教えただろ。ココはなんていうんだっけ?」

花子「ク、クリトリあ、や」

櫻子「正解。じゃあご褒美」

花子「や――あ、イ、イ、ぅうあ、やぁっ!」

櫻子「はいストップ」

花子「ッ――え? また……」

櫻子「お仕置きだよ?」

花子「も、もう許し――」

櫻子「スタート」

花子「やぁっ」



34 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 06:03:05.25 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「じゃあ大きい声で言って見ようか」

花子「ハァハァ さ、櫻子……」

櫻子「『さま』は?」

花子「ヒィッ 櫻子さま、大好きだし!!」

櫻子「まぁいいか、ほらイっていいよ」

花子「――ッ ッ!」

櫻子「花子かわいい」



35 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 06:06:44.63 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「おまたせ」

向日葵「ヒギィィィッッッもう許してくださいぃぃぃ」

櫻子「……」

向日葵「も、もうイギだぐないですぅぅぅぅ」

櫻子「いや、まだなにもしてないよね」

向日葵「発声練習を」

櫻子(一気に萎えたなぁ)



36 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/10/20(土) 06:11:54.80 ID:ZgQWIKi+O

櫻子「や、やっと終わった……」

花子「ハァ ハァ」

向日葵「Zzz」

櫻子「もういいや、とりあえず寝よう……」


撫子「ただいまー」

撫子「?? 誰もいな――おお、こりゃまた……」

撫子「櫻子だな、まったく」


撫子「食べたら食べっぱなしなんだから」



おわり





http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350673794/
[ 2012/10/20 ] SS | TB(0) | CM(1)
お後がよろしいようで
[ 2012/11/30 00:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。