SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。
-別アーカイブ  [ 2012-11- ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雅枝「自販機の下から腕が抜けへんくなってもうた」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/29(木) 18:22:25.83 ID:zwc4t9KD0

この一家ははまるの大好きですね



6 名前: 代行ありがとうございます 投稿日: 2012/11/29(木) 18:25:32.00 ID:SHwZBn930

雅枝「くそっ!うちとしたことが・・・」グイグイ

雅枝「落ちた100円玉を拾おうとしたら、まさかこんなことになるとわ・・・」グイグイ

雅枝「・・・せやかて、100円は100円や」

雅枝「100円ポイ捨てはさすがに・・・」

グイグイグイグイ・・・

雅枝「・・・あかん、抜けへん・・・」



8 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/29(木) 18:30:09.62 ID:s3tTTG120

今度は母親ですか



9 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/29(木) 18:32:19.23 ID:lPqcWmwmP

これはエロ展開ですわ



10 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/29(木) 18:32:46.50 ID:y0TYqu3N0

あの悪の女幹部みたいな服装ではまってるのか……


スポンサーサイト
[ 2012/11/30 ] SS | TB(0) | CM(0)

霞「…」 京太郎「…」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/29(木) 23:36:30.56 ID:fqpXmt9zO

霞「…」

京太郎「…」

霞(あら、向こうから歩いてくるのは清澄の男子部員ではなかったかしら)

霞(…よく見たら、背が高くて顔だちも整っているのねえ)ジー

京太郎(…?あの人永水の大将だよな…?なんで俺は見つめられてんだ…?)



6 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/29(木) 23:42:43.71 ID:fqpXmt9zO

霞(…はっ!いけないつい見つめてしまっていたわ)スレチガイ

京太郎(…?でもなんだか可愛らしい人だったな)



14 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/30(金) 00:20:26.45 ID:rKJHzgNqO

霞「…ということがあったのだけれど」

巴「霞さんが男性に興味を持つなんて珍しいじゃないですか」

春「確かに」ポリポリ

小蒔「Zzz」

初美「姫様もちゃんと霞ちゃんの話聞いてくださいー」

小蒔「はっ!ごめんなさい寝てました!」

霞「人当たりもよさそうだったし、男性と話をすることもあまりないから、一度お話してみたいわねぇ」


[ 2012/11/30 ] SS | TB(0) | CM(0)

結衣「京子は角砂糖3つ」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/29(木) 21:46:38.28 ID:u8LQpkE30

京子「さびい」

結衣「あ、おはよ」

京子「結衣~部屋がさむい~!!」

結衣「急に冷え込んだな」

京子「さむいさむいさむい!!」

結衣「服着ろよ、風邪ひくよ」

京子「だって私のパーカー結衣が着てんじゃん」

結衣「ああ。脱ぎ散らかしてあったから、適当に羽織った。寒いし」

京子「え、返してよ」

結衣「私の服でも羽織ってなよ。ほら、そこ」


[ 2012/11/30 ] SS | TB(0) | CM(0)

白望「ラブレター?・・・ダルい」



2 :NIPPERがお送りします(京都府) :2012/11/06(火) 20:56:56.07 ID:xhpcpXhr0

全国なんて、ましてや地区予選にすら、
出れると思っていなかった頃のこと。

いつものように私たち三人は部室に集まっていた。

塞「お待たせー」

胡桃「これで全員揃ったね」

白望「では全員揃ったところで」

塞&胡桃「!?」


[ 2012/11/29 ] SS | TB(0) | CM(0)

亦野「失われた威厳を取り戻す!」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/28(水) 17:53:19.76 ID:/Vv+faxO0

私は自分で言うのもなんだが、後輩や同級生からは慕われていたし、上級生からも頼りにされていたと思う。

しかし、どうも今年のインターハイ以来、私の威厳が失われている気がする。

何か言われたりしたわけじゃない、陰口を聞いたわけでもない。

それでも、どこかナメられているような雰囲気を感じるのだ。

たとえば、こんなことがあった。

部活が終わって帰宅の準備をしている後輩のA子に向かって

「今日もお疲れ様サマA子!」

と話しかけたところ、しばらく間を空けてから心なしか目を逸らして

「えっと……はい、お疲れ様です……」などと気まずそうに返してくる。


[ 2012/11/29 ] SS | TB(0) | CM(0)

胡桃「そーゆーのいーから愛の告白!」 洋榎「あ……好きです……」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/27(火) 23:19:37.44 ID:BGWpoG1v0

社会に出て、昔を思い出すことが増えた。

いつもは主に、楽しかった高3の夏を思い出す。

岩手を出て散り散りになった友人達を思い返し、ふとメールをしたりするのだ。



でも最近は、言うほど年数が経っていない、大学時代のことを思い出す。

それはきっと、今日結ばれる貴女と、一緒に過ごした時代だから。

出会ったのは高校生の時だけど、やっぱり大学時代の仲間という印象が拭えない。

だからきっと、貴女との思い出を、一つ一つ思い出すため、あの頃を懐かしむのだろう。



迫り来る結婚式の開始時間。

それまでの時間つぶしのように、貴女との思い出に思いを馳せる――――


[ 2012/11/29 ] SS | TB(0) | CM(0)

絵理「安価で愛ちゃんの大声を治す?」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/27(火) 18:31:59.12 ID:5mJ3wonT0

わたしの名前は水谷絵理。
働いているところは876プロダクション。
今はアイドルとして、楽しく頑張ってる。

だけど最近、悩んでいることがある。それは…


愛「おっはよーございまーーーっす!!」ガシャーンパリーン


同期のアイドル、日高愛ちゃんのとにかく大きな声。

涼「あ、愛ちゃんおはよう…今日も元気だね…」
愛「はいっ! あたし、元気がとりえですからっ!」

ひぅぅ…さっきの声のせいで耳がキンキンする…。

いつもこの大声の中、わたしたちは仕事してる。
愛ちゃん自身はとてもイイ子で好きだけど、
この声だけはなんとかしないと、いつか耳がおかしくなっちゃう…。

こうなったら…わたしと涼さんで、愛ちゃんの声を治すしかない?

涼「…絵理ちゃん、こっち見てどうしたの?」

どうすればあのボリュームが治るのかな… >>4



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/27(火) 18:38:50.65 ID:h32aILy/0

とりあえずキスで口をふさぐ


[ 2012/11/28 ] SS | TB(0) | CM(0)

穏乃「吸血鬼伝説?」



7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/27(火) 19:00:39.84 ID:b/aBGQwb0

憧「知らないのしず!?この地域に昔からある伝承よ?」

穏乃「うーん・・・初耳だなー」

穏乃「どんな伝承なの?」

憧「・・・しずがよく行くあの山に、古い教会があるのは知ってるわよね?」

穏乃「うーん・・・?そんなのあったけ?」

憧「・・・まぁいいわ、とにかくそこに古い教会があるのよ」

穏乃「ふむふむ」

憧「でね、そこにいるらしいの・・・」

穏乃(何がって聞いた方がいいのかな?)クスクス

憧「・・・大昔に封印された、吸血鬼が・・・」ゾゾゾッ


[ 2012/11/28 ] SS | TB(0) | CM(0)

唯「私の誕生日だからこそ!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/27(火) 01:17:18.30 ID:UgC/5Tzb0

唯「ねえ憂」

憂「なあにお姉ちゃん」

唯「ちょうど日付も変わって・・・」

唯「今日は11月27日!私の誕生日だよ」

憂「知ってるよ、おめでとうお姉ちゃん」

唯「ありがと~」

唯「それでね、私やりたい事があるんだ」

憂「やりたいこと?」

唯「うん」


[ 2012/11/27 ] SS | TB(0) | CM(0)

咲「私も和ちゃんの…」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/26(月) 23:53:37.28 ID:cPYU5xLzO

咲「……」ジー

和「咲さん、どうかしたんですか?」

咲「えっ?う、うん。ちょっとね」

和「何か気になるものでもあったんですか?……あっ」


竜華「怜ー、少しは落ち着いた?」

怜「うん……大分楽になってきたわ。いつもごめんな、竜華」

竜華「気にせんでええよ。ゆっくり休み」ナデナデ

怜「ん……。竜華のひざまくらは気持ちええなあ」ゴロゴロ

竜華「あははっ、くすぐったいからあまり動かんとってやー」


[ 2012/11/27 ] SS | TB(0) | CM(0)

怜「つら……」 シロ「だる……」



2 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/26(月) 23:50:37.89 ID:tS5xTQ340

怜「……」トコトコ

怜「…………」トコトコ……

怜「……あー……」

怜(りゅーかとはぐれてもうた……)

怜(みんな東京来たからってはしゃぎすぎやわ)

怜(ウチのこと忘れて……)

怜「………」

怜(ウチが勝手にフラフラしてたのも悪いんやけどな)

怜「…………」キョロキョロ

怜(ここどこなんやろ……)


[ 2012/11/27 ] SS | TB(0) | CM(0)

憩「お見舞いに来たでー」 智葉「帰れ」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/26(月) 21:49:14.75 ID:0tI8P1gY0

一年前 インターハイ終了後

とある病院の一室

憩(1年)「ふぅ、今年のインターハイも終わってもうたなあ」

憩「団体戦は予選で負けてもうたけど、個人戦では2位になれてよかったなぁ」

憩「まあ決勝卓で宮永さんにぼっこぼこにされてしもうたけれども・・・」

憩「コークスクリューで病院送りにされるとは思わんかったわぁ」

憩「ほんまあの人は人やないでー」

憩「4位と3位の子らも同じ病院に運ばれたはずやけど・・・」

憩「ちょっと遊びに行ってみようかな・・・」


[ 2012/11/27 ] SS | TB(0) | CM(0)

えり「近年巷では捨てちゃちゃのんが増えて問題となっています」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/25(日) 20:22:55.35 ID:ll+5pAso0

えり「iPS細胞によって大量生産され、ペットとしてブームになったミニちゃちゃのんですが」

えり「最近では飼い主によって捨てられる、いわゆる「捨てちゃちゃのん」が増えて問題となっています」

えり「捨てる理由は泣き声がうるさい、ペット禁止のアパートに引っ越した、飽きた」

えり「勝手に増えてしまった など様々ですが……」

咏「そんな勝手な言いぶん通るわけないよねー、知らんけどさ」プンプン

えり「そうですね」

咏「あたしも買ってるけどさ、あんなかわいいのに捨てるとか信じらんねー」フリフリ

えり「ブームを煽ってしまった我々メディアも反省しなければいけませんね」

えり「それではまたあした」


豊音「そうなんだー、捨てるなんてひどいよー…」

ガチャ

エイスリン「コンニチハ…ヨッコイショ」ダンボールカカエ

豊音「あ、エイスリンさん!…あれ、その箱は?」

エイスリン「ヒロッタ!」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんじゃー」ヒョコン


[ 2012/11/26 ] SS | TB(0) | CM(0)

吉野屋「ゆのさんと宮子さんは付き合ってるのですか?」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/25(日) 19:05:08.57 ID:8Ta0BXMP0

ゆの「ええ!?」

吉野屋「聞きましたよ~やまぶき祭で二人ともアツアツだったらしいじゃないですかぁ!」

宮子「そうだよ吉野屋せんせ~」

ゆの「え?宮ちゃん!?」

宮子「ゆのっちと私は付き合ってるんだよ~ね~」ムギュー

ゆの「宮ちゃん////」

吉野屋「キャー!先生嫉妬しちゃいますう!もっと詳しく!」

校長先生「吉野屋先生」ユラリ

吉野屋「ふええ~校長先生~」

校長先生「下校中にすいませんねえ…さ、吉野屋先生には仕事がたくさん残ってますよ」ブルブル

吉野屋「イヤ~」

校長先生「それではさようなら」ブルブル

宮子「さよ~なら~」



40 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/25(日) 21:01:26.34 ID:Qc0i/PbT0

しえん
yunomiyako


[ 2012/11/25 ] SS | TB(0) | CM(0)

怜「お泊り」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/22(日) 00:15:22.14 ID:0gy5r5Yp0

清水谷家
――竜華の部屋

怜「なー竜華」

竜華「んー」ピコピコ

怜「暇ー」

竜華「ちょい待ってな、今オーラスやから」ピコピコ

怜「………」


[ 2012/11/25 ] SS | TB(0) | CM(1)

塞「ダルがりすぎてスライムっぽくなった!?」 シロ「…うん」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/24(土) 19:09:07.59 ID:FT5e5bAu0

塞「うん、って……」

シロ「……」てろーん

胡桃「なんかあれだね、たれぱんだ思いだすね」

シロ「うん」とろーん

塞「いやいやいや、そんなのんきなこと言ってる場合じゃないでしょ!」

シロ「…?」ぷにょーん

塞「それ!もとにもどさないと!ほんとにやばいかんじじゃん!」

シロ「もどれるよ」ぽよん

塞「!?」

シロ「こう、ちからこぶみたいなかんじで」

胡桃「なるほどねー」

シロ「……ダルいからもういい?」ぷよよん

塞「だめっ」

シロ「……」とろーん

塞「あっ、こら、だめだってば」


[ 2012/11/25 ] SS | TB(0) | CM(0)

洋榎「家のトイレに閉じこめられてもうた」



絹恵「落とし穴に落ちて出られんくなった・・・」


7 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/23(金) 19:27:16.50 ID:OGNrgnmr0

洋榎「なっ、なんでや・・・」ドンドン

洋榎「こんな急にたてつけが悪なるんか?」ドンドン

洋榎「・・・くっ、あかん・・・なんでや?」ドンドン

洋榎「・・・」

洋榎(やばいでこれ・・・両親は昨日から二人で旅行)

洋榎(絹は友達の家に泊まりに行くとかで、出かけてる・・・)

洋榎(両方帰ってくんのは、早くても明後日・・・)

洋榎「・・・どないしよ」


[ 2012/11/25 ] SS | TB(0) | CM(0)

あかり「櫻子ちゃんが向日葵ちゃんに怯えてる…」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:36:28.62 ID:zOb4SHj/0

櫻子「・・・・・・」キョロキョロ

あかり「さーくらーこちゃんっ」ギュウ

櫻子「ひえぇっ!?」

あかり「あ、ご、ごめんなさい・・・」

櫻子「はぁ、はぁ、な、なんだ・・・あかりちゃんか・・・おはよう」

あかり「おはよう櫻子ちゃん」ニコ

櫻子「う、うん・・・」キョロキョロ

あかり「?」


[ 2012/11/22 ] SS | TB(0) | CM(0)

照「菫に犯された…」



菫「やってしまった…」



4 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/22(木) 00:31:38.76 ID:5bUUojqsO

照「………」

照(な…んで…)

菫「………あっ」

照(………)

照「これで……気がすんだ…?」

菫「…すまない」

照(ッ!?)


[ 2012/11/22 ] SS | TB(0) | CM(0)

淡「ホントたかみーはダメダメだね」 尭深「くっ…」



5 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/11/21(水) 23:12:29.02 ID:FShQx/fZ0

-白糸台高校部室-

尭深「……」モジモジ

菫「どうした?トイレなら早く行け」

尭深「そ、そうじゃ…ないんですが…」モジモジ

菫「?」

淡「たかみー調子悪いの?顔真っ赤だけど」ヒョコッ

尭深「え…?そ、そう?」

照「渋谷さん、風邪?」

菫「どれ、熱を測ってやろう」ピトッ

尭深「だ、大丈夫です…///」

淡「……チッ」イラッ


[ 2012/11/22 ] SS | TB(0) | CM(0)
プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。