SS属性

SSまとめ。旧はらぺこ属性。
[ アイドルマスター ] のtagを含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

P「思い出の街、横浜」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/23(木) 22:11:01.10 ID:AE7aQit4O

――765プロ事務所
――17:30

P「あ~、明日は土曜日かぁ…」チラッ

P「…」

P「…久しぶりに、横浜にでも行くか」ボソッ

小鳥「あらプロデューサーさん?明日はお出掛けですか?」クスッ

P「…ははっ。聞こえてましたか」

小鳥「えぇ。ばっちり」クスクス

P「横浜には、思い出がたくさん詰まっているんですよ。思い出の街、ですかね…」

小鳥「あら、そんな遠い目をしちゃって」

P「そんな目…してました?」

小鳥「何て言うのかな?昔を懐かしむ感じ?あっ!もしかして~?
    ふふっ。女の子との思い出とか?」クスクス


[ 2012/08/24 ] SS | TB(0) | CM(0)

律子「なぜか事務所にアイドルマスターがあるんですけど」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/23(木) 10:31:37.28 ID:J8N6iE0o0

\デッデッデッデッデッデッデデデデッ/

小鳥「……社長?」

社長「うむ」

\デッデッ デデッデー/

小鳥「……なんですかこの筐体」

社長「うむ」

\オオーソコノキミ ソウキミダ チョット コッチニキナサイ/

社長「かつてこのゲームは一つの流行を背負ってアーケードに舞い降りた
    その姿はマンネリ化を迎えたアーケードに差し込む一閃の雷光にすら見えた
    残念ながら、大好評とまでは届かなかった、だがしかしこのゲームには他にはないオーラが!」

小鳥「買っちゃったんですね?」

社長「はい」

\ホウ ナントイイツラガマエダ ピーントキタ!!/

小鳥「いくらですか、これ」

社長「12万です」

小鳥「……」


[ 2012/08/24 ] SS | TB(0) | CM(0)

P「伊織に"大好き"と言わせたい」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/23(木) 15:14:56.05 ID:oGETgxc1i

P「オレンジジュースは?」

伊織「まあ、好きね」

P「うさちゃんは?」

伊織「好きよ」

P「やよいは?」

伊織「大好きよ」



P「よっしゃ! 言ったよ!」

P「って……違う違う!」

P「俺に言って欲しいんだよ!」


[ 2012/08/23 ] SS | TB(0) | CM(0)

美希「五人揃って、アイドルレンジャー!!」



春香「5人揃って、アイドルレンジャー!!」
千早「5人揃って、アイドルレンジャー!!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/23(木) 00:05:25.55 ID:MoIpy/n50

伊織「はぁ……今日こそ舐め腐ってるあいつらをとっちめてやらなきゃ」

???「ふっふっふ、困っているようだね」

伊織「……」

伊織「さて、今日は高見盛、発情期作戦で行こうかしら」

???「えっ!? 何?無視!? っていうか何その作戦!?」

伊織「あ、やば、そういえば家にある”真美の妹がこんなに可愛いわけがない”って
    ラノベの1巻と2巻、置き場所間違えたかも! 確認してこなきゃ!」

???「それそんなに重要!? ねぇ! 自分も作戦に参加したいぞ!?」

伊織「ふぅ、なんとか撒いてやったわ。さて、そろそろ行かなきゃ」


[ 2012/08/23 ] SS | TB(0) | CM(0)

P「あずささん、この後はお暇ですか?」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/21(火) 23:12:06.38 ID:xbsNuS9eO

――765プロ事務所
――18:30

P「お疲れさまでした。あずささん」

あずさ「ふふっ。プロデューサーさん、今日もお迎え…ありがとうございました」ペコッ

P「いえいえ。俺もあずささんを迎えに行くの、結構楽しいので気にしないでください」

あずさ「あらあら。プロデューサーさん?そんな事言っていると、私…勘違いしちゃいますよ?」クスクス

P「ははっ。あずささんになら、勘違いしてもらっても構いませんよ」

あずさ「ふふっ。ほんと、お上手なんですから」クスッ

P「…」チラッ

あずさ「どうしました?」キョトン

P「あずささん、この後はお暇ですか?」


[ 2012/08/22 ] SS | TB(0) | CM(0)

美希「『夏!恋人たちを大胆に』?」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/18(土) 01:23:55.14 ID:3f12a9if0

ミーン ミーン ミーン ミーン

美希「あついなぁ……」

美希「むしむしして気持ち悪いの……ハニー、まだかなぁ」

P「おーい、美希!」

美希「! ハニー、遅いよー」

P「すまんすまん。って、外で『ハニー』はホント勘弁してくれ……」

美希「ぶー、遅刻した人には何も言う権利は無いの!」

P「うぐ……と、とりあえず帰るか」


[ 2012/08/18 ] SS | TB(0) | CM(0)

千早「5人揃って、アイドルレンジャー!!」



春香「5人揃って、アイドルレンジャー!!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/18(土) 00:20:24.21 ID:o1+ly0mS0

春香「わっほい!おはよう千早ちゃん!」

千早「いんいちが、いち。いんにが、に。いんさんが、さん
    あっ、おはよう春香。今日は元気なのね」

春香「なんで九九の1の段数えてたの……」

千早「素数を数える意外の落ち着けるものを見つけていたのよ」

春香「そ、そっか……って!そんなことより見て千早ちゃん!」

千早「ど、どうしたの春香……そ、それ」

春香「なんだか昨日、頼んでおいたらしい贅肉バイバイ君Ⅱが届いたの!」

千早「な、なにそれ……っていうからしいって何?」


[ 2012/08/18 ] SS | TB(0) | CM(0)

P「あなたの知らない世界」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/15(水) 00:22:51.93 ID:VjUUKIjq0

―エレベーターに閉じ込められる―


ガシャン、と音がした

亜美「あれ?」

照明が落ちた

亜美「……何コレ?」

亜美「……止まった……?」

亜美「エレベーター止まったの……?」

暗さが辺りを支配する

亜美「いやいやいや、ないっしょ→」


[ 2012/08/15 ] SS | TB(0) | CM(0)

伊織「あわわわ……」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/10(金) 02:57:01.69 ID:orLUOMMt0

伊織「あわわわ……どうしよう、小鳥のデスクからイケない本を発掘してしまったわ」

伊織「……こんなの持ってくるなんて、小鳥ったらレディーの風上にも置けないわねっ!」

伊織「……」チラ

伊織「ちょ、ちょっとだけ……これは、そう、後学の為よ」

ペラ

伊織「こ、これは……!」

伊織「ふお、ふおぉおお……っ! そんな、これ……えっ、まさかこんなところに……」

伊織「お尻の穴と、その……男性器の間に、私の知らない穴が……!」

伊織「あわわわわ……」


[ 2012/08/10 ] SS | TB(0) | CM(0)

小鳥「晩ごはん、何が食べたいですか?」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/07(火) 22:02:13.02 ID:FCq1j/ZuO

――765プロ事務所
――15:30

小鳥「あ、プロデューサーさん?」チラッ

P「どうしました?」カタカタ

小鳥「今夜、何が食べたいですか?」

P「夕食ですか?昨日は何でしたっけ?」

小鳥「うぅっ…一生懸命作ったのに、忘れちゃったんですか?」ヨヨヨ...

P「ははっ。うそうそ。覚えてますって!」

小鳥「じゃあ問題。昨夜は私は、何を作ったでしょうか?」クスクス

P「酢豚!」

小鳥「ふふっ。あたり」クスクス

P「小鳥さんと暮らすようになって、毎日美味しいごはんが食べれてますからね。もう小鳥さんのいない生活は考えられないですよ」

小鳥「もぅっ!プロデューサーさんったら!///」テレテレ


[ 2012/08/08 ] SS | TB(0) | CM(0)

P「例えば、こんな情事」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 21:23:33.75 ID:Ed/YG7D1i

~春香~


春香「ふふ…ふぉうへふか?」


ジュプジュプ


P「おぉ…いいぞ」

春香「ふふ……ふぁ…」

春香「へくちっ!」ガブリ



P「ギャアアアァァァ!!」



春香はおっちょこちょいだね!


[ 2012/08/07 ] SS | TB(0) | CM(0)

P「スピードラーニングのせいで貴音が英語しか喋れなくなった」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/06(月) 17:44:14.58 ID:68/UAbVu0

貴音「……」

P「おーい貴音!」

貴音「Mysterious・・・」

P「どうしたんだ?貴音」

貴音「Why・・・Why・・・」

P「?」

貴音「It became impossible to talk except English.」

P「!?」

貴音「Very mysterious.」

P「あの……貴音さん?」

貴音「What do you understand whether I should do?」

P「一体どうしたってんだ貴音!?そんな流暢に英語でしゃべりかけるなんて……!」

貴音「I do not understand, either.」

P「冗談はよしてくれよ……。これも演技か何かの特訓か?」

貴音「……」


[ 2012/08/07 ] SS | TB(0) | CM(0)

美希「あついの~」 伊織「じゃあ離れなさいよ!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 20:35:34.13 ID:HRwkhJJR0

美希「はおぉ~」グデーン

伊織「だから重いってば~…」

美希「いい匂いなの~」スンスン

伊織「あぁ、もうっ!暑っ苦・し・い・のよぉ!」コツコツ

美希「ん、ん…もうでこちゃん…ミキのおでこに意地悪しちゃヤなの~」

伊織「誰がでこちゃんよ!いいから離れなさい!暑いんでしょう!?」

美希「でこちゃんの体温なら耐えられるの!」

伊織「私が耐えられないのよ」

美希「よいではないか~…よいではないか~…」ノッシリ

伊織「…はぁ…もう好きになさいよ」

美希「それでこそでこちゃんなの!やさしくてかわいいの」ナデナデ

伊織「……」

伊織「…///」ニヘラ


[ 2012/08/05 ] SS | TB(0) | CM(0)

千早「やよいおり/如月千早」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/05(日) 13:10:25.05 ID:rVG5/qDl0

千早「…はるちはなら容易いけれど」

千早「ちはやよは許されない」

千早「恋したこと」

千早「ほめ春香さえ」

千早「選んだのは」

千早「自分だから」


[ 2012/08/05 ] SS | TB(0) | CM(0)

P「冷蔵庫が壊れた…」 美希「なんてこったいなの…」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/04(土) 21:32:29.13 ID:dV990vVc0

P「ただいまー、と」

美希「ただいまなのー」

P「あっついなー…あ、適当に荷物置いといてくれな」

美希「はーい。苺ババロア、冷蔵庫に仕舞っておくね」

P「おー、頼むわ。遅いしさっさと飯も喰っちゃおう」

美希「うん!すぐ作っちゃうから、ちょっと待ってて」ガチャ

美希「…なのぉ!?」ムワッ

P「んあ?どうした、美希?」

美希「は、ハニー…冷蔵庫の中の物、ダメになってるの…」

P「なんだと…」


※この美希は覚醒しています。本編から数年が経過しております。


[ 2012/08/05 ] SS | TB(0) | CM(0)

小鳥「はぴねす、足りてます?」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/03(金) 22:19:04.22 ID:DSkfYBeNO

――765プロ事務所
――19:00

P「…」カタカタ、カチカチ、カタカタ、カチカチ

P「…」カタカタ、

P「…ふぅ」フゥ...

小鳥「ふふっ。お疲れみたいですね?プロデューサーさん。どうぞ、お茶が入りましたよ」コトン

P「あぁ、小鳥さん。ありがとうございます」ズズズ

小鳥「ふふっ。あの頃は、まだまだ新人!って感じだったのに…。今じゃもう巷で話題の売れっ子プロデューサーなんですね」クスクス

P「ははっ。よしてくださいよ。小鳥さんにそう言われると、何だかむず痒いです」

小鳥「あら?それは、どういう意味です?」クスクス

P「何て言うのかな…最初からずっと小鳥さんと一緒にやってきたので、今の成功は、俺だけの成果じゃないというか、なんというか…」

小鳥「ふふっ。ありがとうございます」ズズ


[ 2012/08/04 ] SS | TB(0) | CM(0)

やよい「憧れのアイドルになれたらイイナ!」



3 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/08/01(水) 01:27:11.93 ID:CnATgkpm0

―――

長介「ここが『夢ヶ丘市』かぁ……内緒で来ちゃったけど、大丈夫かな」

長介「姉ちゃんがアイドルやってる所……やっぱり生で見てみたいもんな」

長介「えーと、地図の場所は……」

長介「…………」

長介「……人に聞こう」

長介「あ、すいませーん……!」

―――

P『やよい悪い!美希がいつものように寝坊しやがって……』

P『場所はこの前確認したと思うから、先に行って待っててくれ……悪いな!』

ピッ

やよい「夢ヶ丘市のデパート……ここですねー」

やよい「あうぅ~、みんなの前でうたうなんて、きんちょうします……」

やよい「でもでも……あこがれのアイドルさんになるためなら……頑張っちゃいますよー!」


[ 2012/08/01 ] SS | TB(0) | CM(0)

春香「事務所のみんなが偽名でエッチなゲームに出てる!!!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/26(木) 22:33:38.58 ID:ekO5uYmo0

春香「みんな見てみて、これ!」

ヌポヌポアォォー!

伊織「ちょっと何よこれ。どうみてもあずさの声じゃない!」

やよい「何でこの人はこんな声出してるんですかぁー?」

貴音「面妖な。まさか765プロがこのような裏稼業を行っていたなどと……」

響「うわっ、ホーミー連呼しちゃってるぞ///」



雪歩「えっちなゲーム……うっ……頭が……!」



2 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/26(木) 22:34:02.57 ID:yj0QAgFm0
お前も出てるだろwwww


[ 2012/07/28 ] SS | TB(0) | CM(1)

P「思い出酒場」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/26(木) 23:57:50.50 ID:ClpOdnXPO

――765プロ事務所
――PM19:00

P「はぁ…今日も疲れた…」ハァ...

P「…こういう時は…よし。あそこに行くか」

―――
――



[ 2012/07/27 ] SS | TB(0) | CM(0)

春香「5人揃って、アイドルレンジャー!!」



1 名前: VIPがお送りします 投稿日: 2012/07/23(月) 16:14:11.38 ID:t2Xkhzkl0

伊織「おーほっほっほ、今日こそ世界征服をしてやるわ!」

「待ちなさいっ!!」

伊織「!? 誰!?」

「「「 とうっ 」」」シュバッ

スタッ……

伊織「な、何者よアンタ達!」

千早「悪の秘密結社の……えっと、その、ねぇ、春香、なんでしたっけ?」ボソッ

春香「……ごめん、知らない」ボソッ

伊織「知らないで来ちゃったの!?」


[ 2012/07/23 ] SS | TB(0) | CM(0)
プロフィール

はらみこ

Author:はらみこ

更新休止

一時からするとだいぶ咲熱治まりましたが、毎回アンケは二重丸で出してます。

~特に応援中~
松実姉妹、京咲、照菫
あと、黒髪モブ子さんが大好き
チョコレも大好き

感想コメント大歓迎大募集
どうぞお気軽に

ブログについて
Twitter(更新情報)

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。